映画「闇金ウシジマくんthe Final」

映画「闇金ウシジマくんthe Final」の画像・ジャケット写真

映画「闇金ウシジマくんthe Final」 / 山田孝之
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「映画「闇金ウシジマくんthe Final」」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

真鍋昌平の人気コミックスを山田孝之主演で実写化した人気シリーズの劇場版第4弾にして完結編。闇金業者・丑嶋(ウシジマ)の中学時代の同級生が登場し、ウシジマの知られざる過去の因縁が明らかとなっていく。監督は引き続き山口雅俊。違法な高金利で金を貸し付けるアウトローの金融屋“カウカウファイナンス”。ある日、社長ウシジマの前に中学時代の同級生・竹本が金を借りに現われる。しかしウシジマは、かつての友といえども情に流されることなく冷たく追い返す。そんな竹本に巧みに近づいてきたのが、ウシジマとの因縁根深い極悪三兄弟の二男、鰐戸二郎。竹本は二郎に紹介されるままに“誠愛の家”に入居する。こうして、行き場のない弱者を食い物にする鰐戸三兄弟の貧困ビジネスに取り込まれていく竹本だったが…。 JAN:4562205584991

「映画「闇金ウシジマくんthe Final」」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「映画「闇金ウシジマくんthe Final」」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

工業哀歌バレーボーイズ THE MOVIE

生理ちゃん

連続ドラマW コールドケース 〜真実の扉〜

アゲイン 28年目の甲子園

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

期待どおりの面白さ

投稿日:2017/01/31 レビュアー:みなみ

パート3に引き続き面白かった♪
ウシジマの中学校時代の同級生が金を借りに来るところから始まり、
学生時代を振り返りながら展開していく。
一本筋が通ってて、何事にも動じないウシジマがかっこいい。
自分のスタイルを貫くけど、心の底は人情味がある。

それにしても、返せない金は借りちゃいけないよね…

ケンカ映画は野蛮だと思ってたけど意外と面白くて、ハマりそうな予感…。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

泣いた

投稿日:2017/03/28 レビュアー:すいそ

ウシジマ君の過去を知ることで、友情とか母親への愛とか、強さとか優しさとか、今のウシジマ君に繋がった。
最後の表情が気になって、2回もみたけど、自分なりの解釈で終えた。
山田孝之さん、素晴らしい俳優だなと、またもや、感動。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

クズはクズのままなのか?

投稿日:2017/03/24 レビュアー:Dama_Darma

原作コミックの映画作品では、きわめて再現度が高い作品。
主演の山田孝之は言わずもがな、子供時代の配役から脇役に至るまで、ハマり度合いが素晴らしい。

さてファイナルと題された本作では、お金を借りに来る、いわゆる「救いようのない人たち」とは毛色が違った「お客」が登場します。
このお客、自分のためではなく他人のためにお金を借りに来たという。
仕事もない、金もない、でも誰かを助けたいと思っている。
力もないくせに言うことばかりは立派で、何もできない。
そんな甘ったれた人間が、社会の最下層で心が腐らずに生きていけるのか。
貧困の負の連鎖というものは確かにあって、どれだけ自分がまっとうに生きようとしても、周りの人間に影響されて腐っていく事が往々にしてある。

暴力的なシーンが多く、苦手な人はちょっと受け付けないかもしれません。

それにしたって、最下層の生活はまさしく生き地獄のよう。
こうはならないようにしよう、と見ていて本当に怖くなってくる。
現代地獄絵図。といった感じで実に面白い。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

遂にファイナル

投稿日:2017/05/16 レビュアー:カマンベール

YouTubeで全編やっていた。
中国語字幕でコマーシャルをスキップして、
2時間10分全部観れた。
新作なのに、いいのか?まぁ観てる方も同罪だけど・・・。

ファイナルはウシジマ君の中学生時代に遡って、因縁の相手、ガクト3兄弟や、逆恨みの茜、それにとてつもなく善意の男、
同級生の竹本((永山絢斗)の話が中心になっている。

闇金を天敵とカモにする弁護士。
竹本の働く貧困ビジネスに巣食う人々。

だいたい竹本のような男は、NPOでもつくって、
リーダーになる器だし、血も涙もないウシジマ君は、
仲間内だけで美味い飯を食べている。

ウシジマが、虚しい人生を送るのは、自業自得だ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ダメな奴は簡単に変われない

投稿日:2018/05/12 レビュアー:こうさま

劇場版としては完結編、ウシジマくんの中学時代が明らかにされる。
つまりウシジマくんのルーツになっていると思われる時代である。
カウカウファイナンスの社長に納まっているウシジマくん、10日で5割という法外な金利、ミナミの帝王だって驚くようなレベルであるが目先の必要に迫られて借りに来る人間はいる。
本作はウシジマくんの中学時代の同級生竹本が登場し、その時代にクラスを仕切っていた柄崎が今では彼の部下になっているというエピソードや、その時の因縁で今もウシジマくんに恨みを抱くガクト三兄弟の存在も紹介されている。
人のよい優しい竹本だがガクト三兄弟の仕切る貧困ビジネスの罠にどっぷりと漬けられてしまっている。
なんとか貧困ビジネスの罠にはまって抜け出せない人たちを救おうと奔走する竹本、それが彼の生き方なんだろう。
悪徳弁護士も絡んでウシジマくんにピンチが訪れるがなんとか切り抜ける。
竹本は仲間を救うために命を懸けて責任をとることに、それを見送るウシジマくん、昔を思い出して鬼の心も少し揺れたようだが自分の生き方としての信念を貫く。
見返りを要求すれば善は偽善に変わる、ダメな奴は簡単には変わらない、簡単に手にした金は直ぐになくなる、闇金融をしながらいろんな人生を見てきたウシジマくん、その生き方としての信念は決してブレない。
やはりこのシリーズねザ・ファイナルが一番よかった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全12件

映画「闇金ウシジマくんthe Final」

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

期待どおりの面白さ

投稿日

2017/01/31

レビュアー

みなみ

パート3に引き続き面白かった♪
ウシジマの中学校時代の同級生が金を借りに来るところから始まり、
学生時代を振り返りながら展開していく。
一本筋が通ってて、何事にも動じないウシジマがかっこいい。
自分のスタイルを貫くけど、心の底は人情味がある。

それにしても、返せない金は借りちゃいけないよね…

ケンカ映画は野蛮だと思ってたけど意外と面白くて、ハマりそうな予感…。

泣いた

投稿日

2017/03/28

レビュアー

すいそ

ウシジマ君の過去を知ることで、友情とか母親への愛とか、強さとか優しさとか、今のウシジマ君に繋がった。
最後の表情が気になって、2回もみたけど、自分なりの解釈で終えた。
山田孝之さん、素晴らしい俳優だなと、またもや、感動。

クズはクズのままなのか?

投稿日

2017/03/24

レビュアー

Dama_Darma

原作コミックの映画作品では、きわめて再現度が高い作品。
主演の山田孝之は言わずもがな、子供時代の配役から脇役に至るまで、ハマり度合いが素晴らしい。

さてファイナルと題された本作では、お金を借りに来る、いわゆる「救いようのない人たち」とは毛色が違った「お客」が登場します。
このお客、自分のためではなく他人のためにお金を借りに来たという。
仕事もない、金もない、でも誰かを助けたいと思っている。
力もないくせに言うことばかりは立派で、何もできない。
そんな甘ったれた人間が、社会の最下層で心が腐らずに生きていけるのか。
貧困の負の連鎖というものは確かにあって、どれだけ自分がまっとうに生きようとしても、周りの人間に影響されて腐っていく事が往々にしてある。

暴力的なシーンが多く、苦手な人はちょっと受け付けないかもしれません。

それにしたって、最下層の生活はまさしく生き地獄のよう。
こうはならないようにしよう、と見ていて本当に怖くなってくる。
現代地獄絵図。といった感じで実に面白い。

遂にファイナル

投稿日

2017/05/16

レビュアー

カマンベール

YouTubeで全編やっていた。
中国語字幕でコマーシャルをスキップして、
2時間10分全部観れた。
新作なのに、いいのか?まぁ観てる方も同罪だけど・・・。

ファイナルはウシジマ君の中学生時代に遡って、因縁の相手、ガクト3兄弟や、逆恨みの茜、それにとてつもなく善意の男、
同級生の竹本((永山絢斗)の話が中心になっている。

闇金を天敵とカモにする弁護士。
竹本の働く貧困ビジネスに巣食う人々。

だいたい竹本のような男は、NPOでもつくって、
リーダーになる器だし、血も涙もないウシジマ君は、
仲間内だけで美味い飯を食べている。

ウシジマが、虚しい人生を送るのは、自業自得だ。

ダメな奴は簡単に変われない

投稿日

2018/05/12

レビュアー

こうさま

劇場版としては完結編、ウシジマくんの中学時代が明らかにされる。
つまりウシジマくんのルーツになっていると思われる時代である。
カウカウファイナンスの社長に納まっているウシジマくん、10日で5割という法外な金利、ミナミの帝王だって驚くようなレベルであるが目先の必要に迫られて借りに来る人間はいる。
本作はウシジマくんの中学時代の同級生竹本が登場し、その時代にクラスを仕切っていた柄崎が今では彼の部下になっているというエピソードや、その時の因縁で今もウシジマくんに恨みを抱くガクト三兄弟の存在も紹介されている。
人のよい優しい竹本だがガクト三兄弟の仕切る貧困ビジネスの罠にどっぷりと漬けられてしまっている。
なんとか貧困ビジネスの罠にはまって抜け出せない人たちを救おうと奔走する竹本、それが彼の生き方なんだろう。
悪徳弁護士も絡んでウシジマくんにピンチが訪れるがなんとか切り抜ける。
竹本は仲間を救うために命を懸けて責任をとることに、それを見送るウシジマくん、昔を思い出して鬼の心も少し揺れたようだが自分の生き方としての信念を貫く。
見返りを要求すれば善は偽善に変わる、ダメな奴は簡単には変わらない、簡単に手にした金は直ぐになくなる、闇金融をしながらいろんな人生を見てきたウシジマくん、その生き方としての信念は決してブレない。
やはりこのシリーズねザ・ファイナルが一番よかった。

1〜 5件 / 全12件