心霊ドクターと消された記憶

心霊ドクターと消された記憶の画像・ジャケット写真
心霊ドクターと消された記憶 / エイドリアン・ブロディ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「心霊ドクターと消された記憶」 の解説・あらすじ・ストーリー

エイドリアン・ブロディ主演によるサスペンスミステリー。娘を亡くした悲しみから立ち直ろうと、仕事に復帰した精神分析医・ピーター。ある日彼の下を訪れた少女からメモを渡されたピーターは、そのメモから自分の患者たちの奇妙な共通点に気付き…。

「心霊ドクターと消された記憶」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: オーストラリア
原題: BACKTRACK

「心霊ドクターと消された記憶」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

心霊ドクターと消された記憶の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
90分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DZ9584 2016年10月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

最初は惹きこまれるが・・

投稿日:2017/03/07 レビュアー:飛べない魔女

うーん、どうなんでしょ。これ。
真相が判ってくるにつけ
霊にそんな力があるのなら
とっくに犯人をやってしまえばいいのに!
わざわざピーターに見つけさせるという
回りくどいことをする必要もないんじゃないの?
なんて、突っ込み入れたくなるんですよねぇ。
結局、霊頼みみたいな結末は、なんだかなぁ。
それに真犯人も、なんだかなぁ。
なんでこの人がこんなことしたのか全く不明で描かれてないので
モヤモヤ感が沸き立ってきたところで、
ラストのピーターと奥さんの会話。
これが、また謎。
「何を考えてるの?」
「こどもたちのことさ」
そして、微笑む奥さん・・・ジ・エンド。

は??????
こどもたち?
たちって何さ?
うーん、もやもや感が倍増してしまいましたよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦題何とかならなかったのかね

投稿日:2016/12/05 レビュアー:きゃしー

邦題だけ見ると楽し気な雰囲気だけど、
シリアスなお話です。

あー何だろうな〜全体的に薄いんだよな〜
ホラー感もミステリー感も薄いんだよ〜
主人公と霊との結びつきも、
キーパーソンである少女の霊以外は薄いんだよ。

良かったのは一つ一つ真実が明らかになって、
主人公の記憶と結びついていく過程。
後半は引き込まれるスピード感があって面白かったです。
ラストも好きです。全部終わったけど、なんとなく悲しみと悔しさが
残されているような…不思議な余韻を味わえました。

あとエイドリアン・ブロディの雰囲気ね。彼の元々の顔立ちが
主人公の悲愴感と合っている。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心霊・精神分析。このキーワードが好きな方なる十分楽しめる。

投稿日:2016/11/08 レビュアー:pulupa

派手な映画ではないけれど、こうゆう映画は大好きです。
雰囲気もいいし、セットも街の風景の撮り方も好みです。
俳優も違和感なく楽しめました。
ただ、核心の出来事をもう少し掘り下げて表現して欲しかったかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

よくできた作品とは思いますが

投稿日:2016/12/26 レビュアー:にも

いつみても何だか哀しげな印象のあるエイドリアン・ブロディ。
そんな彼が演じるのは、娘を失った精神科医の役どころ。
ただなぜ娘を失ったかの記憶はなくし、苦しんでいるという設定。

お話自体は真面目な作りで、最後まで勢いのまま観ることができるよい作品とは思いますが…。
なんといっても邦題がねえ。
なんだか違うジャンルの作品をイメージしてしまってました。
エイドリアン・ブロディが好きな人には良いかと。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

A・ブロディ、個性的な悪役を演じてみたら?ネタバレ

投稿日:2016/11/18 レビュアー:哲郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜ん、『シックスセンス』とか、いくつかの有名ホラー・サスペンスの定番プロットによっていて、目新しさはないですね。
全体として及第点はあげられる出来だけど、やや手抜きっぽいところがあり残念。

まず、ピーターが彼の恩師(サム・ニール)と会ってる件。恩師もすでに死去している幽霊なわけで、自宅?で話してる場面はまだしも、大学の研究室でふつうに会っているのは不自然ですよね。それからピーターの故郷の友人バリー。様子からすると、彼もまた幽霊に悩まされてたようなんだけど、そこら辺の事情を明示せずに現場で首吊り自殺させてしまっている。さらに決定的なのは、亡霊たちが、とくにエリザベスがなぜ死の原因をつくったピーターの父に直接とり憑かず、ピーターの記憶を呼び起こすことで復讐しようとするのかということ。ピーターの娘の死がそのキッカケになってるとのことだけど、それならその事故の起きたその時から映像をはじめるのがよかったかなと思いますね。

それと、主役のエイドリアン・ブロディね。この役にはあまり合ってないと思うなぁ...医者っぽくない。むしろピーターの恩師、大学の教授役を演じたサム・ニールの若い頃、そう『オーメン/最後の闘争』の頃の彼なんかだったらイメージにぴったり。
エイドリアンはいろいろな役柄を演じているけど、私の中では代表作といえるものはないように思われる。『戦場のピアニスト』が有名だけど、これも私にはあまり印象に残ってない。
個性的な悪役を演じてみたらどうかなぁ。アンソニー・ホプキンスの代名詞ともなった“ハンニバル・レクター”、ああした役柄が演じられれば、彼の評価はもっと高まるだろうと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

心霊ドクターと消された記憶

月額課金で借りる

都度課金で借りる