1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. コメディのDVDレンタル
  5. しあわせはどこにある

しあわせはどこにある

しあわせはどこにあるの画像・ジャケット写真

しあわせはどこにある / サイモン・ペッグ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

旧作

ジャンル :

「しあわせはどこにある」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

フランス人精神科医、フランソワ・ルロールのベストセラー小説をピーター・チェルソム監督が映画化。美人の恋人と何不自由のない生活を送っていた精神科医・ヘクターは、ふと人生に幸せを感じられなくなってしまい、ひとり旅に出ることを決意する。

「しあわせはどこにある」 の作品情報

作品情報

製作年:

2014年

製作国:

イギリス/ドイツ/カナダ/南アフリカ

原題:

HECTOR AND THE SEARCH FOR HAPPINESS

「しあわせはどこにある」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

TSUNAMI 津波

ドラキュリア

王になろうとした男

シャフト

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

中年男の成長物語

投稿日:2015/12/12 レビュアー:ミルクチョコ

美人でしっかり者のクララ(ロザムンド・パイク)とロンドンで不自由のない生活を送る精神科医のヘクター(サイモン・ペッグ)。しかし、患者たちの不幸話を聞き続ける日々の中、自分自身の人生に疑問を感じるようになります。本当の幸せとは何か、その答えを求め、ヘクターはイギリスから中国、チベット、アフリカ、そしてアメリカへと旅に出ます。

サイモン・ペッグといえば、「ワールズ・エンド」の大人になりきれない中年男性が印象的でしたが、今回も幼い頃から「タンタン」に憧れる中年男性役で、その歳で自分探しの旅に出るとはイタいような気がしました。

旅で出会うさまざまな人々の視点を学んで見えてくる本当の幸せ。
ヘクターの元カノのアグネス(トニ・コレット)がいいです。愛する家族の声に耳を傾け、過度な欲を持たず、地に足の着いた生き方をしているだけです。そこでヘクターはクララの存在の大きさに気付きます。
幸せは身近にあることに気付くってあまりに当たり前すぎるような気がしましたが、後味爽やかなのと、有名どころも出ていたので、よしとしましょう。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

ゆる〜いコメディです。

投稿日:2016/01/01 レビュアー:カマンベール

最近目立ってるサイモン・ペッグ。
『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』でも、
トム・クルーズより儲け役だった彼と、『ゴーン・ガール』の
イメージを払拭したいロザムンド・パイクの共演です。

精神科医のヘクター(サイモン・ペッグ)が、長いパートナーの
クララ(ロザムンド・パイク)との生活と仕事に迷い、
《しあわせの青い鳥はどこ?》と、
中国、アフリカそして、初恋の女性。
と、世界中を飛び回ります。

いい年をして贅沢な悩みだし、全体に《お金持ち臭》が、
鼻につきます。
興行的にも、大コケだったみたいです!!
ロザムンド・パイクのコメディ・センスの無さも、チョットね(^_^;)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

男性版「食べて、祈って、恋をして」

投稿日:2016/01/09 レビュアー:パープルローズ

精神科医という安定した仕事と、しっかりものの恋人との生活。
恵まれているはずの日常に違和感を感じた主人公が、幸せさがしの旅にでるというお話。

最初は、「う〜ん、なんかこんな話、観たことあるなあ・・・」と思っていたんですが、
そっか、あれだ!!ジュリア・ロバーツの「食べて、祈って、恋をして」!!
どちらもご本人の手記が元のようですし。
しかし、「食べて・・・」ほど嫌みにならなかったのは、
主役がサイモン・ペッグだからだと思います。

実際後半の展開はなかなかよかったです。
特によかったのは飛行機の中で病人を助けるくだり。
Listening is Lovingって名言だなあと思いました。
「青い鳥はうちにいた」的展開は陳腐ではありますが、
キャストも豪華だし、まあまあ楽しめると思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

気づかせてくれる、些細だけど幸せと思えるひとつひとつの瞬間

投稿日:2016/07/19 レビュアー:飛べない魔女

真面目な演技のサイモン・ペッグって珍しいです。
だから、最後まで、本当は違う人なのでは?似ているけど・・なんて思いながら観ていましたが
やはり間違いなくサイモンでした(笑) (←当たり前!)
「幸せとは何か」を世界に探しに旅に出る精神科医のヘクター。
行く先々で出会った人々から、その答えを少しづつ教えられていくのです。
中国では謎のチャイニーズ美女から、寺の僧侶から、
アフリカでは旧友の医者から、その地を仕切るマフィア的ボスから、
そしてロスに行く飛行機の中では、脳腫瘍の女性から
ロスでは元カノのアグネスから、
それぞれから、素敵な言葉の数々をもらうのです。

そして、「幸せの青い鳥は家にいた」の童話のごとく、身近なところに幸せがあることを知るヘクターは、40歳を過ぎてもどこか幼稚で、大人になりきれないボーイのままだったのですね。
人々から与えられる様々な幸せの定義の言葉がいちいち良いのです。
私も書き留めておけばよかった!
なんか妙にジーンときちゃった映画でした。
私は結構好きです、これ。
そして、サイモン・ペッグが割とハンサムに見えるというのも、ある意味貴重な作品ですw

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

勝ち組の幸せ探しと言われてもなぁ?

投稿日:2016/01/03 レビュアー:双葉三十郎

社会的勝ち組の精神科医が何不足ない美人の恋人とマンネリ化して幸せ探しの旅に出てもピントこないし、共感ゼロ。良かったねと言うしかない?
原作の評判に引きずられて作られた駄作?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

しあわせはどこにある

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

中年男の成長物語

投稿日

2015/12/12

レビュアー

ミルクチョコ

美人でしっかり者のクララ(ロザムンド・パイク)とロンドンで不自由のない生活を送る精神科医のヘクター(サイモン・ペッグ)。しかし、患者たちの不幸話を聞き続ける日々の中、自分自身の人生に疑問を感じるようになります。本当の幸せとは何か、その答えを求め、ヘクターはイギリスから中国、チベット、アフリカ、そしてアメリカへと旅に出ます。

サイモン・ペッグといえば、「ワールズ・エンド」の大人になりきれない中年男性が印象的でしたが、今回も幼い頃から「タンタン」に憧れる中年男性役で、その歳で自分探しの旅に出るとはイタいような気がしました。

旅で出会うさまざまな人々の視点を学んで見えてくる本当の幸せ。
ヘクターの元カノのアグネス(トニ・コレット)がいいです。愛する家族の声に耳を傾け、過度な欲を持たず、地に足の着いた生き方をしているだけです。そこでヘクターはクララの存在の大きさに気付きます。
幸せは身近にあることに気付くってあまりに当たり前すぎるような気がしましたが、後味爽やかなのと、有名どころも出ていたので、よしとしましょう。

ゆる〜いコメディです。

投稿日

2016/01/01

レビュアー

カマンベール

最近目立ってるサイモン・ペッグ。
『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』でも、
トム・クルーズより儲け役だった彼と、『ゴーン・ガール』の
イメージを払拭したいロザムンド・パイクの共演です。

精神科医のヘクター(サイモン・ペッグ)が、長いパートナーの
クララ(ロザムンド・パイク)との生活と仕事に迷い、
《しあわせの青い鳥はどこ?》と、
中国、アフリカそして、初恋の女性。
と、世界中を飛び回ります。

いい年をして贅沢な悩みだし、全体に《お金持ち臭》が、
鼻につきます。
興行的にも、大コケだったみたいです!!
ロザムンド・パイクのコメディ・センスの無さも、チョットね(^_^;)

男性版「食べて、祈って、恋をして」

投稿日

2016/01/09

レビュアー

パープルローズ

精神科医という安定した仕事と、しっかりものの恋人との生活。
恵まれているはずの日常に違和感を感じた主人公が、幸せさがしの旅にでるというお話。

最初は、「う〜ん、なんかこんな話、観たことあるなあ・・・」と思っていたんですが、
そっか、あれだ!!ジュリア・ロバーツの「食べて、祈って、恋をして」!!
どちらもご本人の手記が元のようですし。
しかし、「食べて・・・」ほど嫌みにならなかったのは、
主役がサイモン・ペッグだからだと思います。

実際後半の展開はなかなかよかったです。
特によかったのは飛行機の中で病人を助けるくだり。
Listening is Lovingって名言だなあと思いました。
「青い鳥はうちにいた」的展開は陳腐ではありますが、
キャストも豪華だし、まあまあ楽しめると思います。

気づかせてくれる、些細だけど幸せと思えるひとつひとつの瞬間

投稿日

2016/07/19

レビュアー

飛べない魔女

真面目な演技のサイモン・ペッグって珍しいです。
だから、最後まで、本当は違う人なのでは?似ているけど・・なんて思いながら観ていましたが
やはり間違いなくサイモンでした(笑) (←当たり前!)
「幸せとは何か」を世界に探しに旅に出る精神科医のヘクター。
行く先々で出会った人々から、その答えを少しづつ教えられていくのです。
中国では謎のチャイニーズ美女から、寺の僧侶から、
アフリカでは旧友の医者から、その地を仕切るマフィア的ボスから、
そしてロスに行く飛行機の中では、脳腫瘍の女性から
ロスでは元カノのアグネスから、
それぞれから、素敵な言葉の数々をもらうのです。

そして、「幸せの青い鳥は家にいた」の童話のごとく、身近なところに幸せがあることを知るヘクターは、40歳を過ぎてもどこか幼稚で、大人になりきれないボーイのままだったのですね。
人々から与えられる様々な幸せの定義の言葉がいちいち良いのです。
私も書き留めておけばよかった!
なんか妙にジーンときちゃった映画でした。
私は結構好きです、これ。
そして、サイモン・ペッグが割とハンサムに見えるというのも、ある意味貴重な作品ですw

勝ち組の幸せ探しと言われてもなぁ?

投稿日

2016/01/03

レビュアー

双葉三十郎

社会的勝ち組の精神科医が何不足ない美人の恋人とマンネリ化して幸せ探しの旅に出てもピントこないし、共感ゼロ。良かったねと言うしかない?
原作の評判に引きずられて作られた駄作?

1〜 5件 / 全6件