テッド2

テッド2の画像・ジャケット写真
テッド2 / マーク・ウォールバーグ
全体の平均評価点:
(5点満点)

33

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「テッド2」 の解説・あらすじ・ストーリー

下品な中年オヤジに成長したテディベア・テッドと大人になりきれないダメ男の友情を描いたコメディの続編。愛するタミ=リンと結婚したテッドは、子どもを持ち父親となることを決意する。だが、政府はテッドを「人間ではなく物である」と判断し…。※R15+※一般告知解禁日:11月20日

「テッド2」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: TED 2

「テッド2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

テッド2の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 GNBR3518 2016年01月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
473枚 22人 21人

【Blu-ray】テッド2(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 GNXR1256 2016年01月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
173枚 6人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:33件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全33件

中年テディベアの珍道記

投稿日:2016/01/16 レビュアー:ミルクチョコ

今作のテッドは、バイト先で知り合った美女タミ・リンとまさかの結婚。
それだけでもクレイジーなのに、父親になろうと決意します。
人間として認められたいというテッドの裁判劇を中心に展開しつつ、子作りもテーマなので、下ネタ&ブラックジョークが満載。命を宿したぬいぐるみであるテッドが人間だと、いったいどうやって証明するのでしょう?

前作から懲りずにストーカーを続けているジョバンニ・リビシの腰振りダンス。冒頭のダンスミュージカルシーンのクオリティにビックリしました。
アマンダ・セイフライドの大きな目を「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムになぞらえてしまうなど、笑いの要素も豊富。
相変わらず面白いのが、米の有名人や映画オマージュ。人権を認められるには、名字が必要と言われ、「ロッキー3」でロッキーを倒した若手ボクサーの名字「クラバー・ラング」を使うなど、全てが分かる訳でもありませんが、何となく面白いのも良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

テッド2ネタバレ

投稿日:2015/11/30 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 テッドは結婚して幸せかと思いきや、奥さんと喧嘩ばかりで結婚失敗かと思ってたら子ども作ればいいとなるけど。そこから社会問題に発展していく話。

 可愛らしくて愛嬌のあるクマのぬいぐるみがガンガン下品なことをしていくというギャップはこの映画の魅力で、それが成功していると思いました。小さい身体で動き回るの可愛いのに「ファッキン」的な言葉を連発するのはお腹抱えて笑えました。それに応酬する周りのキャラクターもよかったです。
 冒頭のミッキーマウスのショーみたいなミュージカルシーンから楽しくてよかったです。

 メインのストーリーはテッドは人間か所有物かの裁判で、そこで出会う新米弁護士との出会いや裁判、大物人権派弁護士に頼むためのロードムービーとしての流れ。それにテッドを金儲けに使おうとする悪い人たちとの攻防があって…。

 その合間にドタバタがあってほとんどストーリーとは関係なくて全く停止してしまいますが、それでも面白いです。逆に言えばそれにハマらないと拷問の時間になると思いました。ノートパソコンを壊すというだけで結構長いこと描く必要あるのかな。精子バンクでのドタバタとかあんなに長い必要あるのかな。お笑い芸人いじめとかでお笑いライブで空気読めない発言をするシーンいるのかな。とか冷静に考えれば構成がおかしいとも思いますが、コメディなのでそれはアリだと思いました。ストーリーと関係なくてもテッドがスキューバーダイビングすればいいんだ。ストーリーと関係なくてもマークウォールバーグにとんでもないものがぶっかかってもいいんだ。アメリカでもオタクってどこかマイノリティでいじめの対象なんだと教えてくれる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

テッドはやっぱりヌイグルミ

投稿日:2017/01/06 レビュアー:みなさん

TVドラマ『刑事コロンボ』や『警部補古畑任三郎』にしても、映画『男はつらいよ』にしても、主人公は嫌なヤツである。自分勝手で、他人に迷惑をかけても意に介さない。散々騒いで帰って行く。実在したら、絶対に近く寄らないだろう。
本作品の主人公も、この系統に位置する。明らかに嫌なヤツなのだが、何だか許されてしまうのは、キャラクタのおかげだろう。
本作品は、観ている途中で、はたと我に返り、「何だコイツ?!」と思ってしまった。(笑) その後は、もうダメ。「ぬいぐるみなんだから、コインランドリーで洗濯して、遊んでくれる子供にくれちまえよ」と、ずっと思っていた。(『トイストーリー3』は正しい)

さて、本作品は、いまさら語るまでもないコメディ映画の第2弾。80年代の映画等のサブカルチャーのネタが満載。一方では下品で“毒”のあるジョークが連発される。

でも、今回は、「テッドは所有物か?」という観点が持ち込まれ、人種問題にまで広げてみせる。
考えてみれば、『ブレードランナー』や『A.I.』、はては『ターミネーター2』も、このテーマに取り組んで来た。結局、結論は出ないのだが、観客としては“結論が出ない”ことに安心できるから、それで良いのだろう。もし、結論が出てしまったら、私たちは自らの存在を疑わざるを得なくなる。トースターが意思を持ち、愛情を抱き、女性と結婚して子供を持ちたいと願ったら、私たちはどうなる?

力学的には、トースターに負けて失恋するヤツも出て来れば、「ちゃんと仕事しろよ」と職場で怒られるヤツもいるだろう。その時、「クソ、機械の分際で!」と十中八九思うはずだ。

意思があるからって人間と認めていいのか? 命があるから人間なのか? そもそも人間って何だ? 私には分からない。
それを、グダグダした展開のうちにモーガン・フリーマンが出て来て、法廷で余裕の演説をぶちかまし、観客を煙に巻いてしまった。それって、ズルくないか?

映画の作りとしては、『イースターパレード』のような豪華できらびやかなオープニングタイトルから、コミコンの派手な大乱闘に至るまで、見所が満載だ。けれど、その割りには、全体的には地味な印象なのは、不毛のテーマに正しく向き合っていないからではないかと思う。

前作は、ジョン・ベネット(マーク・ウォルバーグ)が主人公だった。彼が自立して行く姿を描いて共感することが出来た。しかし、本作品は、テッドが主人公で、彼が人間であるかどうかを問う。そのくせ、テッド自身は何の努力もしないから、観客としては共感が出来ない。
どう考えても、間違っているような気がする。
おかげで、J.ベネットを演じたマーク・ウォルバーグは、最初から最後まで精彩を欠いていた。

一方、サマンサ・L.ジャクソン弁護士を演じたアマンダ・セイフライドが、独りで弾けていたように見える。デスクの下から顔を出した初登場シーンから、彼女はノッていた。
そう、本作品で一番輝いていたのは、彼女かも知れない。

……いやいや、忘れていけないのは、リーアム・ニーソンだな。(笑)

テッドがどうやってHするのか明らかにしないのは、根底ではファンタジー映画だからだろうなぁ。(苦笑)

『マンマ・ミーア!』と『96時間』に免じて、ちょっとだけオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

下品

投稿日:2016/01/27 レビュアー:ビスケット

モーガンフリーマンの答弁は良かったですが、全体を通して笑えるところも少なく残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカ人の笑いのツボと日本人の感覚のズレ!!

投稿日:2016/01/22 レビュアー:カマンベール

良くも悪くもアメリカ的な映画(笑い)です。

ミュージカル映画的なショーのようなオープニングです。
楽しいのですが・・・
アメリカ人の大好きなヒットソングも、多数流れますけど
私にはそんな馴染みも無いし、
アメリカ人の大好きな法廷シーン(今回の主題は、何とテッドに人権が有るか?何ですから)
街を歩けばスターウォーズのコスプレに出会うし、
アメコミ・ヒーローのイベント会場が、アクションシーンの舞台だったり・・・
コミック・ヒーローのコスプレもたいして興味無いし・・・・。

何より驚くのは『ドラッグ吸引シーン』の余りの多さです。
アメリカ人ってドラッグがこれ程はびこっているのかしら?

というような理由で、ブラック・ユーモアとしても笑えなかったですね。
マーク・ウォルバーグとアマンダ・セルフライドのカップルは、
好きでしたね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全33件

テッド2