ほんとにあった!呪いのビデオ 64

ほんとにあった!呪いのビデオ 64の画像・ジャケット写真

ほんとにあった!呪いのビデオ 64

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ほんとにあった!呪いのビデオ 64」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

一般投稿による心霊映像を集めた人気作「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第64弾。16年目を迎え、ますますパワーアップした恐怖映像に背筋が凍り付く。一般ユーザーから寄せられた反響も交え、全国から続々と届く衝撃映像を多数収録。

「ほんとにあった!呪いのビデオ 64」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: 日本

「ほんとにあった!呪いのビデオ 64」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

製作: 張江肇鈴木ワタル

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

今後も目は離せないけど...。 ネタバレ

投稿日:2015/08/23 レビュアー:土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

62巻から3本に渡った「スケープゴート」が完結。
3分割が「ほん呪いの〜」夏季シーズンの恒例行事になって来た感がある。
この夏の「恐怖映像〜」って銘打ってるテレビ番組でも、早々にオンエアされてたけど、
ここまでくれば、明らかに新しい路線を歩んでいるって事なのかとも思われる。
(恐怖映像って言ってる時点で、心霊じゃ無いって事なのか?...。)
これまでも「ヒルコ神」、「おしらさま」とか民間伝承系路線に力を注いで来た
経緯もあり、今後もこの方向性で行くには、ある意味において正しい判断だと思う。
ただ、流される画像に関しては、どれも「あれもこれも」と少し詰め込み過ぎの感が漂う。
怪異は、そんなしょっちゅう発生するモノでも無い。
状況を説明する様な、幽霊の出方とかが、ちょっとくどい気がする...。
これが確信的なのであれば、それはそういったモノだと言う風潮のなかでの
「ほん呪いの〜」シリーズのポジショニングってモノを宣言している様にもとれるが...。
まあ、このジャンルの草分けで、今後も目は離せないけど...。
昔ながらの、ちゃんとした心霊番組も見てみたいな、と言った気がする今日この頃...。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

微妙だった

投稿日:2015/08/09 レビュアー:(´・ω・)

前々作がマシになってきたので期待して借りたら元のクオリティに戻っててガッカリ。 8月の心霊モノは黙ってても借りられるってイメージがあるので低予算&雑な作りでも問題ないってい感じなんですかね。ラストがこれじゃ3部作が台無し(毎年だけど) 来年からは6月にナンバーシリーズ、8月に2時間のスペシャル復活で出してほしいです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

今回も ネタバレ

投稿日:2015/08/29 レビュアー:ロシ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スケープゴートがどういう結末を迎えるのか?
とっても気になりますが、やはり今回も投稿者の彼氏が実際に行方知れずのまま終わるという中途半端な結末でした。

でもそれは、本当に見つからないのなら仕方のないこと。
でっち上げられた脚本通りに行かないのがホンノロシリーズの
醍醐味なのかも知れませんね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ほんとにあった!呪いのビデオ 64

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

今後も目は離せないけど...。

投稿日

2015/08/23

レビュアー

土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

62巻から3本に渡った「スケープゴート」が完結。
3分割が「ほん呪いの〜」夏季シーズンの恒例行事になって来た感がある。
この夏の「恐怖映像〜」って銘打ってるテレビ番組でも、早々にオンエアされてたけど、
ここまでくれば、明らかに新しい路線を歩んでいるって事なのかとも思われる。
(恐怖映像って言ってる時点で、心霊じゃ無いって事なのか?...。)
これまでも「ヒルコ神」、「おしらさま」とか民間伝承系路線に力を注いで来た
経緯もあり、今後もこの方向性で行くには、ある意味において正しい判断だと思う。
ただ、流される画像に関しては、どれも「あれもこれも」と少し詰め込み過ぎの感が漂う。
怪異は、そんなしょっちゅう発生するモノでも無い。
状況を説明する様な、幽霊の出方とかが、ちょっとくどい気がする...。
これが確信的なのであれば、それはそういったモノだと言う風潮のなかでの
「ほん呪いの〜」シリーズのポジショニングってモノを宣言している様にもとれるが...。
まあ、このジャンルの草分けで、今後も目は離せないけど...。
昔ながらの、ちゃんとした心霊番組も見てみたいな、と言った気がする今日この頃...。

微妙だった

投稿日

2015/08/09

レビュアー

(´・ω・)

前々作がマシになってきたので期待して借りたら元のクオリティに戻っててガッカリ。 8月の心霊モノは黙ってても借りられるってイメージがあるので低予算&雑な作りでも問題ないってい感じなんですかね。ラストがこれじゃ3部作が台無し(毎年だけど) 来年からは6月にナンバーシリーズ、8月に2時間のスペシャル復活で出してほしいです。

今回も

投稿日

2015/08/29

レビュアー

ロシ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スケープゴートがどういう結末を迎えるのか?
とっても気になりますが、やはり今回も投稿者の彼氏が実際に行方知れずのまま終わるという中途半端な結末でした。

でもそれは、本当に見つからないのなら仕方のないこと。
でっち上げられた脚本通りに行かないのがホンノロシリーズの
醍醐味なのかも知れませんね。

1〜 3件 / 全3件

同シリーズ作品を借りる