デビルズ・ノット

デビルズ・ノットの画像・ジャケット写真
デビルズ・ノット / コリン・ファース
全体の平均評価点:
(5点満点)

17

  • DVD
ジャンル:

「デビルズ・ノット」 の解説・あらすじ・ストーリー

アメリカで起こった“ウエスト・メンフィス3事件”を元に描くサスペンスミステリー。1993年初夏。ウエスト・メンフィスで児童の猟奇殺人事件が発生。16歳から18歳の3人を逮捕するが、私立探偵のロンは独自で調査を開始する。アトム・エゴヤン監督作。※PG12

「デビルズ・ノット」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: DEVIL’S KNOT

「デビルズ・ノット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

デビルズ・ノットの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DABR4818 2015年06月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
52枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

全米を震撼させた猟奇殺人事件

投稿日:2015/06/12 レビュアー:ミルクチョコ

1993年にアメリカで実際に起こった未解決事件で、逮捕された3人の少年に対する史上最悪の冤罪事件とも言われる「ウェスト・メンフィス3事件」を、関係者の視点からスリリングに描いた群像劇。
アメリカ南部アーカンソー州の田舎町で3人の児童が遺体で発見され、犯人として10代の少年3人を逮捕し、有罪判決が下されたものの、警察当局の初動ミスや証拠品の紛失、自白の強要など次から次へと明らかになる不祥事に、史上最大の冤罪事件と議論を巻き起こし、今なお真相は闇の中です。

なんという杜撰な捜査に裁判!これが実話だというからやりきれません。
最初から一つの結論が提示されていて、公平な立場であるはずの裁判官でさえ、事件の経緯を精査しようという態度がありません。20年前の事件なので、科学的な捜査もできたでしょうに。この話が、もっと前の時代の話ならいざ知らず、信じられません。
調査員ロン・ラックス(コリン・ファース)は、逮捕された若者を初めから犯人に仕立てようとする警察と世間の偏見に疑問を抱き、証人や被害者遺族についても調べていきます。被害者の母親パム・ホッブス(リース・ウィザースプーン)も、最初は犯人を憎むあまり死刑を望んでいましたが、犠牲者の遺族として同情をかうよう強要されたりと、次第に裁判自体に疑問を抱くようになります。
保守的な土地柄が生む偏見や人々の思い込みがいかに恐ろしいか?という集団心理にメスを入れた作品だとは思いますが、今なお真相は闇の中。何ともしっくり来ない話でした。
デハーン君も生かされてなかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もっと真犯人に迫る気迫が欲しい!

投稿日:2015/07/03 レビュアー:カマンベール

1993年の犯罪事件で、アメリカの近年の冤罪事件と、疑われてるとか。

証拠が、ほとんど有りません。
犯人とされた3人のティーンエイジャーは、地元の不良。
悪魔崇拝者で、ヘビメタ好きの問題児たち。

そして警察の杜撰な捜査、容疑者は、低所得者層。
アメリカでは、低所得者層の有罪率が、異常に高い・・・
と、聞きます。日本も、同じですが、
この事件は法廷にテレビカメラが入った、最初の事件と、聞きます。

CSI科学捜査班を、いつも観ている私には、警察のあまりの無能さに、
驚くばかりですが、CSIは2000年から放送が始まったのですね。
昔はこうだった・・・では、済まないです。
それにしても何で監督はアトム・エゴヤンだったのでしょう?
黒白付けるのが嫌いな人ですよね。
国語の先生が数学を教えてるみたいな、違和感です。
もっとしつこく(オリバー・ストーン並みに)犯人に迫って、
欲しかったです!

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「冤罪はいかにして生まれるのか」について淡々と語る映画ネタバレ

投稿日:2015/06/17 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画館で見ました。
実際にあった、3人の少年の猟奇殺人事件についてのノンフィクションを映画化した作品。

謎解きモノではなく、サスペンス要素、娯楽性なしのシリアスで地味な映画でした。
冤罪はいかにして生まれるのか?故意に作られていく過程が淡々と描かれています。
大きな力が歯がゆく思われる映画でした。

キャストはうまい人ばかりで、見ごたえありました。
コリン・ファースは弁護士ではなく、協力する「調査員」で、裁判では発言できない立場の人でした。
このような人たちの知られざる努力があるのですね。

リース・ウィザースプーンは被害者の少年の母親役で
平凡な田舎のお母さんになりきってました。オバサン体型にもびっくり。
何か賞をあげたくなるほどの熱演でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

娯楽的な結論のない、核心。

投稿日:2015/08/11 レビュアー:ちゅく

1993年のUSA。

「デビルズ・ノット」(2013年、アメリカ、カラー、114分)。

アトム・エゴヤン(1960〜)は、エジプトで生まれたカナダの監督だが、父祖はアルメニア。
「アララトの聖母」(2002)が印象に残る。

この映画を見たいと思ったのは、コリン・ファース(「英国王のスピーチ」「裏切りのサーカス」)
リース・ウイザースプーン(「ウォーク・ザ・ライン」)の共演。
ブルース・グリーンウッド、クリストファー・ヒギンズ、イライアス・コティーズ、スティーブン・モイヤーという脇の癖のある男優たち。

1993年5月、合衆国アーカンソー州で起こった、三人の児童の行方不明、殺害事件。
はっきりした結末がない。未解決事件だから。

結末をはっきりして、娯楽映画に転換するには、脚本段階で、完全にフィクションにすべきと思う。
この映画は、未解決事件をノン・フィクションとして進める手法を選択したのだから、最後のもやもやを云々しては、本来、いけないのです。
フィンチャーの「ゾディアック」も、この方向でした。
娯楽的な解決より、事件の底を覗く。
リースとファースが、少しずつ核心に迫る。しかし、解決はない。

2015年からは、22年前の世界。

この映画を語るために、時代をつかんでおく必要があると思いました。

そこで、逸脱します。
1993年のUSAについて、少し学習したいと思ったのです。

共和党のジョージ・ブッシュの任期(1989年1月20日〜1993年1月20日)、湾岸戦争が終わり、
民主党のビル・クリントンの任期に入った(1993年1月20日〜2001年1月20日)。

同年、2月26日に、ニューヨークの世界貿易センタービル(WTC)の地下駐車場の爆弾事件が起こる。
中西部の大洪水(4月〜10月)。
変革ではなく、政権交代の直後であった。

最初の期待、それ以上の組織の混乱、浮足立った、学習しない無能な政治家と、野心のある補佐官。

日本の同時代もそうであり、5年、あとにずれているのが、まずい。
ここが、不幸であった。

クリントンの任期で、アメリカのセキュリティは緩んだ。「9.11」は着々と準備されていた。
大きい政府は、大衆迎合がのために、セキュリティ予算をカットする。

セクシュアルな任期に準備し、最も効果的、遺恨のあるあの大統領の息子に変わったとき、起こす。
2001年9月11日(火曜日)に、ニューヨークの世界貿易センタービル(WTC)に、ハイジャックされた飛行機が2機、入る。

ジョージ・ウォーカー・ブッシュ(2001年1月20日〜2009年1月20日)の任期に入った年の9月。
映画に戻ります。

この映画もオカルト、犯罪歴、悪魔崇拝、ヘビィメタ、……警察の先入観で、3人の10代の若者が逮捕され、検挙される。
知らない人が、先入観をもつ。

後半は、裁判劇。
子供を殺された母が、リース。
被告側の弁護人が、ファース。
裁判長が、ブルース。

本来、被害者の検察側、容疑者の弁護側は、対抗する。
それが裁判のシステム。
この映画は、リースとファースが、少しずつ核心に迫るのが、特異点があり、抜けていると思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

モヤモヤストレス!だけど実話なのでリアルかも

投稿日:2017/03/17 レビュアー:ムービードリンク

デビルズ・ノット
アーカンソー州のウェスト・メンフィスの片田舎(1995.5.5実話ニューヨーク基づく)

小学生、自転車で子供3人が遊ぶ。

時間に戻らない息子。心配する母親と妹。

同時刻レストランに血まみれの黒人

テレビで取り上げられやっと本腰に動き出す(★彡動くのが遅すぎてイラッとしました。)

森で全裸で殺されていた子供達。

その後は白魔術や破壊行為、ヘビーメタル、宗教や暴力的な者から可能性がある容疑者を、割り出し聞き込み

3人の若者を逮捕するが動機が今ひとつ。
3人の弁護士が各々協力し死刑を宣告された若者を弁護士する方向に。(中盤から法廷と調査を見せて徐々にわかってくる真相)

犯人は誰なのか?

◯68点。イライラ+モヤモヤ感が増す内容!

◯ずさんな捜査とデッチ上げ。
大事な証拠や証言をうやむやにしてしまい、犯人を決めつけ法廷で無理くり固めていく
!(★彡頭の硬い裁判官には本当イラッとしました。こと人を終身刑にしたいですね。)

◯被害者の母親の気持ち
犯人が決まらないと気持が治らないのと先に進めない状況で大事な証言や映像を見せてもらえないもどかしさもあるのだが真実に目をつぶってしまった事もわかる様な…

◯結末のその後!
ネットで軽く調べました。
後半でてきたナイフの血痕が被害者の義理の父の有力説や警察ともつるんでいる説、虐待や暴力的だった事や、死体の歯型など有力な証拠もありながら犯人は未だに捕まらない!

18年も服役した少年達もアーカンソー州を訴えない事で釈放された理不尽さ!

◯2度目の鑑賞
2回目を見ると主人公の義理の父や子供の友人の義理の父の言動や仕草に違和感あり楽しめる。(しかし、真相はモヤモヤ実話なので仕方ないゾディアックの時もモヤモヤでした。)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

デビルズ・ノット

月額課金で借りる

都度課金で借りる