ドム・ヘミングウェイ

ドム・ヘミングウェイの画像・ジャケット写真
ドム・ヘミングウェイ / ジュード・ロウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

4

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ドム・ヘミングウェイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ジュード・ロウが中年ギャングを演じたクライムコメディ。ボスの代わりに12年間の刑期を終えて金庫破りのドム・ヘミングウェイが出所。彼は報酬の大金を奪われ、娘・イヴリンの下へ転がり込むが…。監督・脚本はリチャード・シェパード。※一般告知解禁日:11月20日

「ドム・ヘミングウェイ」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: イギリス
原題: DOM HEMINGWAY

「ドム・ヘミングウェイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ドム・ヘミングウェイの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
94分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR60476 2015年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 1人 0人

【Blu-ray】ドム・ヘミングウェイ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
94分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR60476 2015年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

コメディと書いてあるが、まったく笑えない

投稿日:2015/02/15 レビュアー:飛べない魔女

まず、すっかり老けてしまったジュード・ロウにひたすらショック!
弛んでしまったぽっこりお腹、
締まりのない胸板、
ぴちぴちでズボンが張り裂けそうな太もも、
後退した髪は許せるとしても、全裸になったときの体の弛みに愕然とした。
あのジュードが!あのステキだった(すでに過去形となる)ジュードが!
いや、いや、許せない!こんなのいや!
汚らしい髭面も嫌!
落ちぶれた中年男という役どころのための役作りかもしれないけど、
ジュードファンとしては、この変化にはショックが大きすぎる!

ドム・ヘミングウェイは金庫破りの名人。
ボスの罪を被って12年の刑務所暮らしを終えて出所してきた。
12年を犠牲にした代償をボスに請求するドム。
代償をまんまとせしめたものの、羽目を外し過ぎて一文なしになってしまう。
12年前に別れたきりの娘を尋ねていくものの、娘は冷たい。
さあ、どうしたものか。
お金は取り返せるのか?
娘とは和解出来るのか?

終始お下劣用語満載。
翻訳する人もさぞ赤面したことでしょう。
おまけに話の焦点が最後まで見えてこず、
泥棒の再起の話にしたいのか?
家族の愛を取り戻したい男の話にしたいのか?
どっちつかずだし、これというクライマックスもない。
ドムというハチャメチャな男にはさっぱり共感できず、
最期まで正直なところ退屈な映画でした。
お下劣言葉連発で笑わせようとする最近のイギリスのコメディは、私にはさっぱり笑えないなぁ。


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

歯切れの悪いコメディ

投稿日:2015/04/19 レビュアー:ポッシュ

しょっぱなから過激なお下劣トークでかましてくるジュード・ロウにびっくり。
12年の刑期を終えて出所した金庫破りのプロ、ドム・ヘミングウェイ(J・ロウ)のハチャメチャな数日間が描かれる。

うーん、「ワールズ・エンド〜」(2013)なんかもそうだったけど、いい歳したオッサンが暴れまくるって、いたたまれない気分。
大人がキレるにはそれなりの正義が欲しいかな。
「アイ・アム・ニューマン」(2012)のレビューにも書いたけど、我欲オンリーの感情に任せた「無軌道さ」って
「若さ」で魅せないと身も蓋もないと思う。
もちろん、コメディだから敢えてのムチャクチャなんだろうけど。

で、だったらもう、どこまでも「お子さま」で突きぬけちゃえば良かったのに、
「娘との絆」なんてエピソードも入れて感動をプラスしようとするから歯切れが悪くなるのだ。

あと、この作品の最大の失敗はボスのキャスティングじゃないかと。
ロバート・デ・ニーロをちょっと若返らせた感じのイイ男なんだけど(役者さん知りません)、
この人が「見た目は紳士だけどキレたら恐ろしい」って、「触るなキケン」オーラをばりばり出してないと、
コメディとして成立しないと思う。そこが弱い。決定的に弱い。
ここはもう、出オチ感たっぷりな大物俳優を使ってほしかったなぁ。それこそデ・ニーロ本人とか。

結論としては、主人公のキャラと、話の方向性がチグハグなのがヨロシクないと思います。
やっぱりね、オジサンの「夜郎事大」はイタ過ぎ。観ていて辛くなっちゃう。
オジサンには「トホホ」が似合うと思う。
しかしトホホなジュード・ロウってのもあんまり見たくないか(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

だいぶ笑いました・・

投稿日:2015/02/27 レビュアー:ひつじ(・×・)

ジュード・ロウは本当にいろんな役ができるんだなーと感心しました。
しょっぱなから、ものすごい下衆で下品なシーンなんですけど最高です。
とにかく主人公は品がないし下衆だしアホですが憎めないキャラクターです。
個人的にはとても面白く観ましたが、合わない人には合わないでしょう。
美しいジュード・ロウを期待するなら観ない方がいいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生賛歌

投稿日:2017/08/06 レビュアー:leo

ダメ男ドム・ヘミングウェイ。
運がなくても、金がなくても、愛を上手く得ることができなくても、それでも人生は続き、ドム・ヘミングウェイはドム・ヘミングウェイ流のやり方でもがいて人生を切り拓いてゆく。
そんな、ドム・ヘミングウェイに私は励まされました。
明日も自分なりに頑張ろう。私は私だ。

ジュード・ロウの演技力、懐の広さに感心感服いたしました。
役者さんだなとおもいます。
体型、歩き方から完全にクレイジーなダメ男ドム・ヘミングウェイです。
あと、台詞が好きです。
とても面白いユニークな表現だったり、ハッとするような印象的なセリフだったり。
どこか舞台劇のようなセリフが好きです。
ドムとリチャード・E・グラント演じる友人ディッキーの絶妙なやり取りもすごく素敵で笑えます。

評価の低いレビューが多いので、個人的に好きな映画の一つとなったので敢えて書いてみました。好き嫌いの分かれる映画ではあると思いますが。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

ドム・ヘミングウェイ