フライト・ゲームの画像・ジャケット写真

フライト・ゲーム / リーアム・ニーソン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

76

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「フライト・ゲーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン主演、『アンノウン』のジャウマ・コレット=セラ監督によるサスペンスアクション。航空保安官のビルは、警備のために乗り込んだ旅客機の中で匿名の脅迫メールを受け取る。やがてひとりの乗客が殺害され…。※一般告知解禁日:10月24日

「フライト・ゲーム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2014年

製作国:

アメリカ

原題:

NON−STOP

「フライト・ゲーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

タイタンの戦い(2010)

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

復讐は我が胸に

トゥルー・ディテクティブ 猟奇犯罪捜査

ユーザーレビュー:76件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全76件

原題は“NON-STOP”

投稿日:2014/12/23 レビュアー:ミルクチョコ

高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機という密室空間で繰り広げられる戦いを描いたサスペンスアクション。
トイレから戻って来たビル(リーアム・ニーソん)の携帯に送信者不明のメール。「この回線への侵入は連邦犯罪だ」と伝えると「機内トイレの喫煙も犯罪だ」と。
犯人は機内にいる!
そして「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す」と脅迫メールが。事態不明のまま20分刻みの“最後通諜”を突きつけられたビルはどうするのか?

異変を察知した途端、機内での犯人探しに奮闘するビル。けれども、今回は絶対絶命のピンチにスーパーヒーローのニーソンではなくて、ちょっと弱みを見せる彼も新鮮でした。
冒頭、我慢できずにアルコールをあおるニーソン、時折浮かべる虚ろな表情は何かしら過去を引きずっている様子を伺わせます。
そして、保安局が調べると送金指示された口座は何と「ビル名義」。保安官は一転、第一容疑者になってしまいます。

敵が見えない、というより146人の乗客乗員は誰もが怪しく、全員が敵に思える恐ろしさが複雑極まりないです。
ビルの隣に座る謎めいた熟女ジュリアン・ムーア。彼女は果たして敵か、味方か?
乗客の一挙手一投足が事件解決のヒントになるという緻密なシナリオが面白いです。
そして、主人公が犯人である可能性を決して否定しないところが最後までドキドキさせられました。
機内での張り詰めた緊張感を保ちつつ、ニーソンと一緒に犯人探しが出来たのは面白いです。
怪しいと思っていた乗客が、実は味方だったりと、二転三転するストーリーは原題どおり“NON-STOP”でした。

このレビューは気に入りましたか? 32人の会員が気に入ったと投稿しています

窓際の女

投稿日:2014/11/13 レビュアー:裸足のラヴァース

優秀なジャウマの4本目はさて どうでしょうか アクション映画仕様だが 私ご贔屓ジュリアンムーアが役柄以上に
突出しています 半分マクガフィン的人物のようでいて 最後まで彼女は何物かは不明 リーアムは マム(奥さん)と
言うしかない きわめて映画的な人物像で説明しないのは不気味ともいえる 特定のペルソナを持った人でなく 
映画的な動体のような物として存在している

それでいえば 最後はヒーローの副機長カイルも唐突な決断をするし 犯人も軍人に見えなかったり 緻密な計画の割には 
金の事しか頭になかったりして それも映画なのだ的 行動のつじつまは合うが 心理的因果的なものはどうでもよい
との設定(ネタバレにならないようミスリードさせてるよw)

ノンストップなんだから深い犯人像などいらない リーアムでさえいかにもなトラウマヒーローで そのマイナス面は
すべてジュリムアが魅力的にミステリアスに引き受けるのである 他は記号 アラブ人黒人などステロタイプな記号的配置
の中に エスターのように生々しい人間を混ぜいれるのだ

クラシカルなホラーを極めると思っていたら ノンストップサスペンスで動的な映画の方も出来ると実証したわけ 
もともとその素質は垣間見られていたけどね 原題のノンストップは ノンストップアクションのいいではなくして 脚本段階から 
映画の動性を現場での調整をからめて どう構成するのかの意志のそれである

ところで冒頭のリーアムの不安は 雨・霧・飲料などの液体の主題で表されているので ラストに美しく撮られている 
ジュリアンの素顔に小雨を降らすなどしてもらえたら 細部の主題として一貫するんだけどね

さてジャウマの作品を通して再見したのだけど 「蝋人形の館」の結束する兄妹 「エスター」の賢い妹など 
ブラザーフッドのテーマがあることに気が付いたのね ポストポスト9・11の不安をはっきいり背景に持っているこの映画の
テーマも 遠くから密かに聞こえてくる まだ見知らぬ友の足音とゆうことだろう

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

みんなあやしく見えました。

投稿日:2014/11/11 レビュアー:パープルローズ

ニューヨークからロンドンに向かう旅客機に乗り込んだ航空保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)の携帯に、
犯行予告メールが届く。
それは1億5000万ドルを指定口座に入金しなければ、20分おきに乗客、乗員をひとりずつ殺害するというものだった。
犯人は一体誰なのか?

乗客乗員はみんなあやしく思えるのだけど、いちばん怪しいのはマークス本人。
なにしろ、乗務前から酒は飲んでるし(「フライト」のデンゼル・ワシントンみたい)、
機内のトイレに煙草は吸うし(ガムテープで目張りすれば大丈夫なの?)、
なによりも最初の犠牲者はマークスが殺した形になってしまったこと。
ひょっとしてこれは自作自演?はたまた彼の精神疾患?
どこに行きつくのか予測がつかなくてハラハラしました。

マークス以外で私が怪しいと思ってたのが、
「それでも夜は明ける」の女奴隷女ルピタ・ニョンゴ演じるフライトアテンダント。
結局どうでもいい役でしたが。

初めてのひとりフライトの少女、まさかこの子が犯人ってことはないだろうね。
いや、「エスター」の監督だもん、わからないよね。と、あちこち疑ってましたが、そっかそうだったのね。

マークスが乗務する前、カーラジオから流れてくるニュースが、
「航空保安官ほど楽な仕事はない」と言ってましたが、いや〜、とんでもなく大変です。

おもしろかったです。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

面白かった

投稿日:2015/01/08 レビュアー:QWERTY

サスペンス要素が強いので内容については書かないが
いわゆる“ハイジャック系サスペンス”

予告編とか、あらすじとか全然見ずに
全米興収ランキングのみを判断材料にして選んだので
予想外の出来事ばかりで、かなり面白かった。

結局、事件の真相はあまりにもバカバカしいし
解決の仕方も、リーアム・ニーソンの他の代表作みたいに
雑なアクション映画になってしまっていたけど
これはこれで結構笑えて面白かった。
僕は邦画によくある
主人公が犯人を延々と説教&説得してグダグダに解決
というパターンがヘドが出るほど大嫌いなので。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

面白かった!

投稿日:2015/01/18 レビュアー:カマンベール

リーアム・ニーソンは今一番ステキ。映画館で観たかった!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全76件

フライト・ゲーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:76件

原題は“NON-STOP”

投稿日

2014/12/23

レビュアー

ミルクチョコ

高度1万2000メートルを飛ぶ旅客機という密室空間で繰り広げられる戦いを描いたサスペンスアクション。
トイレから戻って来たビル(リーアム・ニーソん)の携帯に送信者不明のメール。「この回線への侵入は連邦犯罪だ」と伝えると「機内トイレの喫煙も犯罪だ」と。
犯人は機内にいる!
そして「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺す」と脅迫メールが。事態不明のまま20分刻みの“最後通諜”を突きつけられたビルはどうするのか?

異変を察知した途端、機内での犯人探しに奮闘するビル。けれども、今回は絶対絶命のピンチにスーパーヒーローのニーソンではなくて、ちょっと弱みを見せる彼も新鮮でした。
冒頭、我慢できずにアルコールをあおるニーソン、時折浮かべる虚ろな表情は何かしら過去を引きずっている様子を伺わせます。
そして、保安局が調べると送金指示された口座は何と「ビル名義」。保安官は一転、第一容疑者になってしまいます。

敵が見えない、というより146人の乗客乗員は誰もが怪しく、全員が敵に思える恐ろしさが複雑極まりないです。
ビルの隣に座る謎めいた熟女ジュリアン・ムーア。彼女は果たして敵か、味方か?
乗客の一挙手一投足が事件解決のヒントになるという緻密なシナリオが面白いです。
そして、主人公が犯人である可能性を決して否定しないところが最後までドキドキさせられました。
機内での張り詰めた緊張感を保ちつつ、ニーソンと一緒に犯人探しが出来たのは面白いです。
怪しいと思っていた乗客が、実は味方だったりと、二転三転するストーリーは原題どおり“NON-STOP”でした。

窓際の女

投稿日

2014/11/13

レビュアー

裸足のラヴァース

優秀なジャウマの4本目はさて どうでしょうか アクション映画仕様だが 私ご贔屓ジュリアンムーアが役柄以上に
突出しています 半分マクガフィン的人物のようでいて 最後まで彼女は何物かは不明 リーアムは マム(奥さん)と
言うしかない きわめて映画的な人物像で説明しないのは不気味ともいえる 特定のペルソナを持った人でなく 
映画的な動体のような物として存在している

それでいえば 最後はヒーローの副機長カイルも唐突な決断をするし 犯人も軍人に見えなかったり 緻密な計画の割には 
金の事しか頭になかったりして それも映画なのだ的 行動のつじつまは合うが 心理的因果的なものはどうでもよい
との設定(ネタバレにならないようミスリードさせてるよw)

ノンストップなんだから深い犯人像などいらない リーアムでさえいかにもなトラウマヒーローで そのマイナス面は
すべてジュリムアが魅力的にミステリアスに引き受けるのである 他は記号 アラブ人黒人などステロタイプな記号的配置
の中に エスターのように生々しい人間を混ぜいれるのだ

クラシカルなホラーを極めると思っていたら ノンストップサスペンスで動的な映画の方も出来ると実証したわけ 
もともとその素質は垣間見られていたけどね 原題のノンストップは ノンストップアクションのいいではなくして 脚本段階から 
映画の動性を現場での調整をからめて どう構成するのかの意志のそれである

ところで冒頭のリーアムの不安は 雨・霧・飲料などの液体の主題で表されているので ラストに美しく撮られている 
ジュリアンの素顔に小雨を降らすなどしてもらえたら 細部の主題として一貫するんだけどね

さてジャウマの作品を通して再見したのだけど 「蝋人形の館」の結束する兄妹 「エスター」の賢い妹など 
ブラザーフッドのテーマがあることに気が付いたのね ポストポスト9・11の不安をはっきいり背景に持っているこの映画の
テーマも 遠くから密かに聞こえてくる まだ見知らぬ友の足音とゆうことだろう

みんなあやしく見えました。

投稿日

2014/11/11

レビュアー

パープルローズ

ニューヨークからロンドンに向かう旅客機に乗り込んだ航空保安官ビル・マークス(リーアム・ニーソン)の携帯に、
犯行予告メールが届く。
それは1億5000万ドルを指定口座に入金しなければ、20分おきに乗客、乗員をひとりずつ殺害するというものだった。
犯人は一体誰なのか?

乗客乗員はみんなあやしく思えるのだけど、いちばん怪しいのはマークス本人。
なにしろ、乗務前から酒は飲んでるし(「フライト」のデンゼル・ワシントンみたい)、
機内のトイレに煙草は吸うし(ガムテープで目張りすれば大丈夫なの?)、
なによりも最初の犠牲者はマークスが殺した形になってしまったこと。
ひょっとしてこれは自作自演?はたまた彼の精神疾患?
どこに行きつくのか予測がつかなくてハラハラしました。

マークス以外で私が怪しいと思ってたのが、
「それでも夜は明ける」の女奴隷女ルピタ・ニョンゴ演じるフライトアテンダント。
結局どうでもいい役でしたが。

初めてのひとりフライトの少女、まさかこの子が犯人ってことはないだろうね。
いや、「エスター」の監督だもん、わからないよね。と、あちこち疑ってましたが、そっかそうだったのね。

マークスが乗務する前、カーラジオから流れてくるニュースが、
「航空保安官ほど楽な仕事はない」と言ってましたが、いや〜、とんでもなく大変です。

おもしろかったです。

面白かった

投稿日

2015/01/08

レビュアー

QWERTY

サスペンス要素が強いので内容については書かないが
いわゆる“ハイジャック系サスペンス”

予告編とか、あらすじとか全然見ずに
全米興収ランキングのみを判断材料にして選んだので
予想外の出来事ばかりで、かなり面白かった。

結局、事件の真相はあまりにもバカバカしいし
解決の仕方も、リーアム・ニーソンの他の代表作みたいに
雑なアクション映画になってしまっていたけど
これはこれで結構笑えて面白かった。
僕は邦画によくある
主人公が犯人を延々と説教&説得してグダグダに解決
というパターンがヘドが出るほど大嫌いなので。

面白かった!

投稿日

2015/01/18

レビュアー

カマンベール

リーアム・ニーソンは今一番ステキ。映画館で観たかった!

1〜 5件 / 全76件