バトルフロント

バトルフロントの画像・ジャケット写真

バトルフロント / ジェームズ・フランコ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

31

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「バトルフロント」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

チャック・ローガンの犯罪小説をシルヴェスター・スタローン脚色、ジェイソン・ステイサム主演で映画化したクライム・アクション。家族との静かな生活を求めて田舎に引っ越した元麻薬潜入捜査官が、思いがけず犯罪組織との抗争に巻き込まれていく。共演はジェームズ・フランコ、ケイト・ボスワース、ウィノナ・ライダー。監督は「ニューオーリンズ・トライアル」のゲイリー・フレダー。元麻薬潜入捜査官のフィルは、ある事件をきっかけに現役を引退し、一人娘のマディと2人で、亡き妻の田舎で静かな生活を送ろうと決意する。そんな矢先、マディが学校でいじめっ子とケンカしてしまう。ところが、そのいじめっ子は町を裏で牛耳る麻薬密売人ゲイターの甥だったことから、フィルは彼に目を付けられてしまい…。

「バトルフロント」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: HOMEFRONT

「バトルフロント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

127時間

ザ・シールド ルール無用の警察バッジ 2ndシーズン

LOCK,STOCK&TWO SMOKING BARRELS

11.22.63

ユーザーレビュー:31件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全31件

始まりは子供の喧嘩

投稿日:2014/11/26 レビュアー:ミルクチョコ

主人公の元麻薬捜査官フィル・ブローカーを演じるのは、スタローンの後継者とも言われているジェイソン・ステイサム。
妻に先立たれ、幼い娘との穏やかな暮らしを望むものの、捜査官時代の因縁に頭を悩ませることになります。
ステイサムの屈強な男に扮してアクションスターぶりをこれでもかと、見せつけながら、今まで父性の欠片もない役が多かったですが、今回は娘思いの父親という人間味を漂わせ、新境地を開いているように思います。
始まりは他愛ない子供の喧嘩です。町を裏で牛耳る麻薬密売人のゲイター(ジェームズ・フランコ)が、捜査官時代にフィルによって息子を殺された麻薬王ダニーの存在を知り、フィルに恨みを持つダニーを焚き付け、陥れようと画策します。

ステイサムの無敵の活躍ぶりが、安心して見れます。
悪のスケールは思ったよりあっさりしていました。本来フィルの敵となるべきゲイターとシェリルが意外と腰が引けた小物でした。
ジェームズ・フランコの悪役は、 意外とショボかったですが、悪くないと思います。
ケイト・ボスワースのモンスター・ママとウィノナ・ライダーの場末の娼婦。かつての青春ものの主役だった彼女たちの衰えぶりにビックリでした。
ステイサムの誠実さがじんわり響いているところは、今までと一味違う顔を見せていました。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

子供の喧嘩に親が出る

投稿日:2014/10/17 レビュアー:裸足のラヴァース

「トランスフォマロストエイジ」と 基本おんなじ話です ダメ親父が娘を守るために レベルの違う相手と戦う つうな内容

このレベルって事に関して言えば 小さなもめごとから大きな状況へと 収拾がつかなくなるってことで それは「ランボー」
なので スタローンの脚本は単純かつお利口さんなものです

スティサムは 元インターポルで市民生活を希求する 対するは ジェムスフランコは ケチな田舎のヤクの売人で 
よせばいいのにスティサムとギャングとの 三つ巴の戦いを背負い込む まきこまれ型サスペンスなわけなのだが 
」プロのスティサムにとっては 小状況にレベルダウン フランコにとってはレベルアーップ 実は巻き込まれるのは Jフランコなのだ

演出はまあまあ スタローンの本と 撮影照明隊が優秀 ラストの橋の上のヘリによる 俯瞰撮影と投光器の効果も折り込んだ照明が 
ちょっと「ダーティハリー」のように興奮させてくれる 小品の普通の映画で好感が持てる 三ツ星

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

初めてなのに、観たことあるよな感じ

投稿日:2014/12/04 レビュアー:QWERTY

全体的な印象は80年代、90年代くらいにたくさんあったような地味系アクション映画。
つまらなくはないけど、かなりありがちな内容なので先の展開がミエミエ
初めてなのに観たことあるような感覚になるのは否めない感じ。

だから内容については特に書くことが無い・・・
でも、ステイサムの格闘アクションは相変わらずキレが良いね。
潜入捜査の時はロン毛のヅラをかぶっていたので一瞬誰か分かんなかったけど(笑)

それにしても、あんな小さくて細身の女の子にボコられて親に泣きつくイジメっ子が情けなさすぎる・・
親も親で、あんなに大騒ぎするのは本来なら恥の上塗りにしかならないんだけど
このケンカが事の発端なので、まあ、多少無理がある話だけどここはしょうがないかな・・

あと、ウィノナ・ライダーの落ちぶれっぷりにもビックリした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

楽しかったです

投稿日:2014/11/15 レビュアー:よふかし

 ステイサムはスタイリッシュな『ハミングバード』もなかなか面白かったですが、比べれば普通のアクション映画であるこちらも楽しかったです。
 「忘れた過去が追ってくる」というよくあるお話なんですが、田舎の不良兄妹(ジェームズ・フランコ&ケイト・ボスワース)が絡んでくるあたりが目新しいところ。
 この兄妹&妹のダメな旦那をはじめ、やがてやってくる悪役一味とか、ステイサムを守って戦ってくれる隣の黒人とか、役者がいい顔で面白いです。
 狂った演技が楽しそうなフランコや、意外にも見せ場の多くて儲け役のケイト・ボスワースに比べると、ウィノナ・ライダーはこんな役をやるようになっちゃったんだなあ……という感慨がないでもないですけど。
 アクションそのものには、ステイサム的安心感(絶対負けない)が漂ってしまってイマイチだし、やや終盤慌ただしい感じもしますが、こまかな工夫(ラストのボートなど)もいろいろあって、退屈しません。
 65点。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと物足りないかも

投稿日:2014/12/05 レビュアー:カマンベール

あっさりサクッと見れて、それなりに面白いんだけど、
今ひとつかな。ステイサム・ファンとして全作品見てるけど、
彼もそろそろ50代にさしかかる。
セクシー度を期待しても無理かな。
寡黙な役、暗い目が好き。
時々、知的に見えるとことか。

ステイサム作品には、お姫様を護るナイト・・・という
パターンがあると思う。
トランスポーターとかトランスポーター2、ハミングバード
も近いかな。

今回のお姫様はお嬢ちゃん。
イマひとつ可愛く無いんだな。
めちゃめちゃ可愛い子だったら、盛り上がっただろうな。
ステイサム初の父親役とか・・・

ステイサムがジェームス・ブランコをボコボコにして
額に銃口を突きつけた時、めちゃめちゃ怯えていた。
現実にこんなお父さんだったら、イヤだ。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全31件

バトルフロント

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:31件

始まりは子供の喧嘩

投稿日

2014/11/26

レビュアー

ミルクチョコ

主人公の元麻薬捜査官フィル・ブローカーを演じるのは、スタローンの後継者とも言われているジェイソン・ステイサム。
妻に先立たれ、幼い娘との穏やかな暮らしを望むものの、捜査官時代の因縁に頭を悩ませることになります。
ステイサムの屈強な男に扮してアクションスターぶりをこれでもかと、見せつけながら、今まで父性の欠片もない役が多かったですが、今回は娘思いの父親という人間味を漂わせ、新境地を開いているように思います。
始まりは他愛ない子供の喧嘩です。町を裏で牛耳る麻薬密売人のゲイター(ジェームズ・フランコ)が、捜査官時代にフィルによって息子を殺された麻薬王ダニーの存在を知り、フィルに恨みを持つダニーを焚き付け、陥れようと画策します。

ステイサムの無敵の活躍ぶりが、安心して見れます。
悪のスケールは思ったよりあっさりしていました。本来フィルの敵となるべきゲイターとシェリルが意外と腰が引けた小物でした。
ジェームズ・フランコの悪役は、 意外とショボかったですが、悪くないと思います。
ケイト・ボスワースのモンスター・ママとウィノナ・ライダーの場末の娼婦。かつての青春ものの主役だった彼女たちの衰えぶりにビックリでした。
ステイサムの誠実さがじんわり響いているところは、今までと一味違う顔を見せていました。

子供の喧嘩に親が出る

投稿日

2014/10/17

レビュアー

裸足のラヴァース

「トランスフォマロストエイジ」と 基本おんなじ話です ダメ親父が娘を守るために レベルの違う相手と戦う つうな内容

このレベルって事に関して言えば 小さなもめごとから大きな状況へと 収拾がつかなくなるってことで それは「ランボー」
なので スタローンの脚本は単純かつお利口さんなものです

スティサムは 元インターポルで市民生活を希求する 対するは ジェムスフランコは ケチな田舎のヤクの売人で 
よせばいいのにスティサムとギャングとの 三つ巴の戦いを背負い込む まきこまれ型サスペンスなわけなのだが 
」プロのスティサムにとっては 小状況にレベルダウン フランコにとってはレベルアーップ 実は巻き込まれるのは Jフランコなのだ

演出はまあまあ スタローンの本と 撮影照明隊が優秀 ラストの橋の上のヘリによる 俯瞰撮影と投光器の効果も折り込んだ照明が 
ちょっと「ダーティハリー」のように興奮させてくれる 小品の普通の映画で好感が持てる 三ツ星

初めてなのに、観たことあるよな感じ

投稿日

2014/12/04

レビュアー

QWERTY

全体的な印象は80年代、90年代くらいにたくさんあったような地味系アクション映画。
つまらなくはないけど、かなりありがちな内容なので先の展開がミエミエ
初めてなのに観たことあるような感覚になるのは否めない感じ。

だから内容については特に書くことが無い・・・
でも、ステイサムの格闘アクションは相変わらずキレが良いね。
潜入捜査の時はロン毛のヅラをかぶっていたので一瞬誰か分かんなかったけど(笑)

それにしても、あんな小さくて細身の女の子にボコられて親に泣きつくイジメっ子が情けなさすぎる・・
親も親で、あんなに大騒ぎするのは本来なら恥の上塗りにしかならないんだけど
このケンカが事の発端なので、まあ、多少無理がある話だけどここはしょうがないかな・・

あと、ウィノナ・ライダーの落ちぶれっぷりにもビックリした。

楽しかったです

投稿日

2014/11/15

レビュアー

よふかし

 ステイサムはスタイリッシュな『ハミングバード』もなかなか面白かったですが、比べれば普通のアクション映画であるこちらも楽しかったです。
 「忘れた過去が追ってくる」というよくあるお話なんですが、田舎の不良兄妹(ジェームズ・フランコ&ケイト・ボスワース)が絡んでくるあたりが目新しいところ。
 この兄妹&妹のダメな旦那をはじめ、やがてやってくる悪役一味とか、ステイサムを守って戦ってくれる隣の黒人とか、役者がいい顔で面白いです。
 狂った演技が楽しそうなフランコや、意外にも見せ場の多くて儲け役のケイト・ボスワースに比べると、ウィノナ・ライダーはこんな役をやるようになっちゃったんだなあ……という感慨がないでもないですけど。
 アクションそのものには、ステイサム的安心感(絶対負けない)が漂ってしまってイマイチだし、やや終盤慌ただしい感じもしますが、こまかな工夫(ラストのボートなど)もいろいろあって、退屈しません。
 65点。

ちょっと物足りないかも

投稿日

2014/12/05

レビュアー

カマンベール

あっさりサクッと見れて、それなりに面白いんだけど、
今ひとつかな。ステイサム・ファンとして全作品見てるけど、
彼もそろそろ50代にさしかかる。
セクシー度を期待しても無理かな。
寡黙な役、暗い目が好き。
時々、知的に見えるとことか。

ステイサム作品には、お姫様を護るナイト・・・という
パターンがあると思う。
トランスポーターとかトランスポーター2、ハミングバード
も近いかな。

今回のお姫様はお嬢ちゃん。
イマひとつ可愛く無いんだな。
めちゃめちゃ可愛い子だったら、盛り上がっただろうな。
ステイサム初の父親役とか・・・

ステイサムがジェームス・ブランコをボコボコにして
額に銃口を突きつけた時、めちゃめちゃ怯えていた。
現実にこんなお父さんだったら、イヤだ。

1〜 5件 / 全31件