BONES −骨は語る− シーズン9

BONES −骨は語る− シーズン9の画像・ジャケット写真
BONES −骨は語る− シーズン9 / エミリー・デシャネル
全体の平均評価点:
(5点満点)

15

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「BONES −骨は語る− シーズン9」 の解説・あらすじ・ストーリー

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第10巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第19話と第20話を収録。※一般告知解禁日:8月20日

「BONES −骨は語る− シーズン9」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: BONES

「BONES −骨は語る− シーズン9」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

BONES −骨は語る− シーズン9のシリーズ商品


1〜 10件 / 全12件

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.1

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第1巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第1話と第2話を収録する。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
87分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63352 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
47枚 2人 1人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.2

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第2巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第3話と第4話を収録する。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63354 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 3人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.3

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第3巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第5話と第6話を収録する。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63355 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
39枚 0人 0人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.4

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第4巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第7話と第8話を収録する。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63356 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
34枚 2人 1人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.5

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第5巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第9話と第10話を収録する。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63357 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 0人 2人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.6

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第6巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第11話と第12話を収録。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63358 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
39枚 0人 0人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.7

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第7巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第13話と第14話を収録。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
88分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63359 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
39枚 2人 0人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.8

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第8巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第15話と第16話を収録。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
87分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63360 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
41枚 0人 1人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.9

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第9巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第17話と第18話を収録。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
87分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63361 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 1人 0人

BONES -骨は語る- シーズン9 vol.10

  • 旧作

骨のカケラから事件を追う科学捜査ドラマの第9シーズンの第10巻。宿敵・ペラントはブースによって倒されるが、ブレナンは悪夢に悩まされながらも彼が残したヒントで新たな連続殺人犯、ゴースト・キラーの未解決事件に挑む。第19話と第20話を収録。※一般告知解禁日:8月20日

収録時間: 字幕: 音声:
87分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63362 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 1人

1〜 10件 / 全12件

関連作品

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

面白かったです。

投稿日:2014/11/16 レビュアー:take

面白かったです。
ブレナンと結婚へ

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DISC 4 キャスト3

投稿日:2016/03/15 レビュアー:みなさん

入れ替わり立ち代わり実習生が登場するが、彼らは、いつになったら博士になって独り立ちするのだろう。

ブレナン博士と一緒に発掘調査に行ったり、一番独り立ちの可能性が高かったデイジー・ウィックを演じるのは、カーラ・ギャロ。『幸せのキセキ』で動物園の職員として出演していたが、TVドラマが中心のようだ。若く見えるが当年40歳。年齢不詳の方だな。
今シーズンはまだ、これといった出番がない。(笑)

実習生で苦学生のウェンデル・ブレイを演じるのは、マイケル・グラント・テリー。結構、あちこちのTVドラマで見掛けるが、ゲスト出演ばかりだ。
ウェンデルは、様々なバイトをしながら博士を目指している設定だが、本人も、この役そのままみたいに苦労している。

第 7話 完璧なハネムーン
ハネムーン中のブレナンとブース。ブエノスアイレスで、のんびり過ごすブースとは対照的に、ブレナンは早々に飽きてしまう。
仕方なくブースはブレナンを地元の遺体安置所に連れて行く。そこでは集団墓地から発掘された遺骨の調査がされていた。
ところが、その遺骨の中から新しい骨をブレナンが見つけてしまったことから、事態は想わぬ方向へと転がって行く。
ブレナンとブースは、地元警察の協力を得ながら殺人事件の解明に取り組むことになる。
……というお話し。

“旅先で事件に巻き込まれる”というシチュエーションは、『刑事コロンボ/闘牛士の栄光』を思い出す。テッド・ポストの監督作品だった。この2つ、似たような感じだと思う。

第 8話 ダムの中の死体
ビーバーのダムの中から遺体が見つかる。被害者はモデルをしていた男性だった。
彼は、精子バンクを通じて子供を欲しがる夫婦に精子の提供をしていたことが判る。しかし、学歴詐称がバレて、契約を解除されていた。
一方、ブレナンは、作品についてミステリー作家のテス・ブラウンと対立していた。けれど、周囲からの説得でブレナンは和解しようとするが、何故か溝が深くなってしまう。
……というお話し。

マスコミを利用して商品の販売部数を伸ばそうとするのは、洋の東西を問わず同じらしい。話題づくりと言えば聞こえはいいが、実のところ、ヤラセ、マヤカシ、嘘八百だもんね。……いまのTV番組は皆、似たようなものか。(笑)

根暗な変わり者の実習生コリン・フィッシャーを演じるのは、ジョエル・ムーア。『アバター』でノーム役を演じた。もしかしたら、フィルモグラフィの長さだけなら、本シリーズの出演者の中ではトップクラスかも知れない。キャラと同じように才人で、監督業もこなす。
今シーズンでは、いまのところ出番は少ない。

カミールと交際中の実習生アラスト・バジリを演じるのは、ペジ・ヴァーダト。いまのところ本シリーズが当たり役だな。
バジリは、イスラム教のイラン人であるが故に、ときどき差別の対象になるが、その悔しさを表に出さない。そんな人格者を演じている。

実習生の中では最も多くの博士号を持つオリバー・ウェルズを演じるのは、ブライアン・グラッグマン。『クローバーフィールド/HAKAISHA』『モーテル2』に出演していた。
コヨーテの巣から遺体の首を回収して華々しく(笑)登場したオリバーだったが、イヤな性格がたたって、あまり活躍できていない。近くにいたら苛立つ男だと思うが、TVで観ている分には面白い。残念。(笑)

・特別収録『キリング/26日間』第1話

少しだけオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ついにシーズン9!

投稿日:2015/03/30 レビュアー:きゃしー

このドラマの凄いところは
ここまで続いてるのに全く色褪せない面白さを保ち続けていること。


主要キャラクター全員大好き。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DISC12 シーズン・フィナーレ

投稿日:2016/04/17 レビュアー:みなさん

第9シーズンは、総じて出来が良くなかったような気がする。イマイチ焦点が定まらず、ボンヤリしていた。
連続活劇に用いられた“クリフハンガー”で、前シーズンから本シーズンに繋いだわけだが、何となくノレなかった。(苦笑) 最近の海外ドラマの多くがこの手法を用いているため、飽きて来たのかも知れない。どれだけショッキングな幕引きで次シーズンへの興味をひいたとしても、「またか……」という感じである。(溜息)
こんな状態だから、むしろシーズン最終話を大団円で終えたら、「え?! 終わるの? 次のシーズンはないの?」と思うんじゃないか? 気になって、次シーズンの情報をネットで検索して期待を膨らませるような気がする。
いまは、「いつまで続くんだよ」と、第11シーズンの情報をあさっている有り様だ。(笑)

■第23話 井戸の中のコーチ
井戸の底から水泳部のコーチをしていた男の遺体が見つかる。彼は、水泳部内で横行していたイジメについて、学校の記者に密告していた。
一方、上層部の仕事で忙しいブース捜査官に代わって、スイーツが本事件の指揮を執ることになる。スイーツは張り切って現場を仕切り始める。
しかし、ラボに新しく入って来た実習生のジェシカ・ウォレンと積極性にタジタジとなる。彼女は、スイーツに興味津々だった。
……というお話し。

スイーツってキャラクタは、いわゆる“いじられ”キャラだが、意外と女性に好かれるらしい。(羨)
でも、いつも似たような女性だな。デイジーもそうだったが、今回のジェシカも積極的で自分の欲望に対しては正直なタイプ。「真面目な人はベッドではスゴイんです」と言っていたが、そういうことなんだろうなぁ。気の毒に……。(苦笑)

■第24話 陰謀の影
ドイツ赴任前の公聴会を間近に控えた或る日、見知らぬ男からブース捜査官宛てに電話がかかって来る。マクナマラ家の情報を持っていると言う。
ブースは、待ち合わせ場所に急行するが、男は焼死体で発見される。明らかに情報が漏れることを恐れ、口封じに殺されたのだ。
マクナマラ家の事件にはFBIが関与していると睨み、ブースは内密に捜査を開始する。
一方、公聴会はブースの軍歴に触れ、彼がスナイパーだったことに言及。公聴会は一気に紛糾する。
……というお話し。

第9シーズンの最終話。でも、ブース捜査官のドイツ赴任の話しに違和感を禁じ得ない。あろうことか、ブレナン博士は「あなたは有能な人材よ。当然よ」みたいなことを言う。然も、「ドイツにも私の仕事はあるわ」なんて言い出す。
なんじゃそりゃ、――って感じである。(笑)
降って沸いたような話しに疑いもせず、夫婦揃って迎合するなんて、バカにしか見えなかった。脚本が甘いな。
今回も“クリフハンガー”で第10シーズンに話しを繋ぐ。
ホント、厭きたな。ブースは何回撃たれたんだ?

本シーズンは、ブレナンのプロポーズに応えられないブースの居たたまれない日常からスタートした。仇敵ペラントの圧力だったわけだが、それも早々に解決。結婚式を挙げてしまう。
また、中盤を待たずしてペラントを退治した後は、“ゴーストキラー”で視聴者を興味をひっぱる。でも、不確かな案件でしかないから、これにアイデンティティを与えてキャラクタにまで成長させるのに制作サイドは苦労したようだ。
その苦労が如実に現れたシーズンだった。

・特別収録『TYRANT(原題)』第1話

気合いを入れて第10シーズンも見なければ……。(溜息)

少しだけオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DISC11 日本語吹替版

投稿日:2016/04/16 レビュアー:みなさん

TVドラマは日本語吹替版で観ることが多い。たまに字幕も付ける。声優さんの滑舌が悪いのか、スピーカーの品質が悪いのか、はたまた私の耳が悪くなったのか、たまに聞き取れなくて「?」と思うことがあるからだ。特に名前や固有名詞で、それが顕著だ。
だから、私にとって、音声と字幕の切り替えの操作性は、かなり重要なのだ。

翻訳:下大澤百合子
演出:久保宗一郎
制作:東北新社

声の出演
ブレナン  湯屋敦子
ブース   木下浩之
アンジェラ 北西純子
ホッジンズ 鈴木正和

高橋理恵子 近藤 隆
河相智哉  定岡小百合
佐々木誠二 鈴木秀香
宮本崇弘  藤高智大
後藤光祐  東 和良

#9AKY19 The Cold in the Case 

■第21話 不死を夢見る人々
住宅開発地の沼で遺体が見つかる。しかし、遺体に付いた虫からは、複数の死亡時期が推測され、ラボの面々は戸惑う。
遺体は骨髄バンクに登録していた女性で、娘の治療を巡って離婚した夫と揉めていた。
また、遺体の臓器が“割れて”いたことから、ブレナン博士らは、彼女が超低温で保存されていたことを突きとめる。
一方、カミールは、バジリから両親と一緒に食事をして欲しいと頼まれ、戸惑う。
……というお話し。

とっちらかって出来の悪い1話だった。
幾つかのアイデアを繋いだは良いものの、推敲が足りず、自然な物語の流れを作れなかった。そのため、ご都合主義に陥ってしまった感じだ。
特に、何のエピソードもなく、突然、バジリの両親が和解に訪れる場面では鼻白んでしまった。バジリも母親の説明台詞だけで納得するなよな。(苦笑)

■第22話 付け爪の謎
森の中でキャンプをしていた家族が、木に吊されていた遺体を発見する。遺体には爪がなかった。
カミールは“ゴーストキラー”の事件との類似性から、担当にエジソン博士を指名する。
しかし、外されブレナン博士が納得するわけもなく、現場に乗り込んで来てしまう。彼女は、その場で遺体の特徴から被害者がマクナマラの姉、ステファニーであることを見抜く。
……というお話し。

たまにブレナンの行動が癇に触ることがある。本作品で、現場に乗り込んで来た時の彼女が、そうだ。きっと娘が成長したらモンスター・ペアレントになるんだろうなぁと思ってしまった。ドラマだからこそ笑って見ていられるが、実際にこんなヤツがいたら近づきたくもないに違いない。(笑)
彼女に限らず、TVドラマの主人公ってイヤな人物が多い。やっぱり戯画化されるからだろうな。

翻訳:下大澤百合子
演出:久保宗一郎
制作:東北新社

声の出演
ブレナン  湯屋敦子
ブース   木下浩之
アンジェラ 北西純子
ホッジンズ 鈴木正和

高橋理恵子 近藤 隆
磯辺万沙子 利根健太朗
加藤亮夫  ふくまつ進紗
長尾明希  北田理道
たなか久美 花輪英司

#9AKY20 The Nail in the Coffin

サブタイトルの原題が表記されているところが面白い。

・特別収録『glee/グリー踊る♪合唱部!?』第1話

少しだけオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全15件

BONES −骨は語る− シーズン9

月額課金で借りる

都度課金で借りる