ほんとにあった!呪いのビデオ 57

ほんとにあった!呪いのビデオ 57の画像・ジャケット写真

ほんとにあった!呪いのビデオ 57

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ほんとにあった!呪いのビデオ 57」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

一般投稿による心霊映像を集めた人気作「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第57弾。一般ユーザーから寄せられた反響も交え、全国から続々と届く心霊映像を多数収録。カメラが映し出した恐怖の真実に、思わず背筋が凍り付くこと間違いなし。

「ほんとにあった!呪いのビデオ 57」 の作品情報

作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「ほんとにあった!呪いのビデオ 57」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

製作: 張江肇鈴木ワタル

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

質感が変わったな〜 ネタバレ

投稿日:2014/06/15 レビュアー:土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近の「ほん呪」の傾向として、幽霊の質感が変わったな〜と言うのが、
なんとなく思うところである。
映っているモノが訳のわからないモノではなく、誰もが想像する幽霊なのである。
見る側としては、「すごく良く映ってる!」と、ハッキリと見る事は出来るのですが、
その分、映画を見ているような感覚になり、怖さが半減してしまうのです。
今回も、次作まで引っ張るネタは入っていますが、なんとなく展開が読めてしまいそうなのは
自分だけでは無い筈...。
(予定調和と言われればそれまでですが...。)
今回の作品で、怖さを感じるのは「棲んでいる」と「予兆」ぐらいでしょうか。
近頃の霊界のトレンドなのか、露出が多くなって来ましたね...。
「穴場」とかは、いかにも、「ここに打ち上げられました。」って感じなので、以前あったあった手だけとかの方が
不気味だし、「からみつく」の霊は質感が生きてる人間で、且つ、カメラ意識しすぎ。
「お焚き上げ」は、表情があるのがちょっと出来過ぎ感があります。 
(注文をつけるのも変ですが...。)

決まり文句の「・・・とでも言うのだろうか。」の「・・・」の部分に関して、想像を巡らす内容が減って来たのは残念。
今後の、努力を期待したいと思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

これ、エピソードが少なすぎでしょ…。(汗)

投稿日:2014/06/15 レビュアー:キヨ

演出が菊地くんに代わったんですね〜。
まぁ、成長は嬉しいのですが、構成がイマイチですな。
それにエピソードが少なすぎる。(汗)

一番気になったのはドキュメント。
とにかく時間を稼ぐばかりで面白くない。

岩澤くんがインパクト強くて面白かったなぁ〜。
って、比べちゃいけないんですけどね。

リアルだったのは「穴場」。
まったく分からなかったのは「お焚き上げ」。
それにしても、今回は作り物っぽすぎてちょっと萎えたわ。(汗)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

どうしたんだろ

投稿日:2014/08/03 レビュアー:たら

全体的に作り物感が出過ぎてて残念でした
一番最初のだけインパクトはありましたけどね
もうちょっと頑張ってもらいたい

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ほんとにあった!呪いのビデオ 57

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

質感が変わったな〜

投稿日

2014/06/15

レビュアー

土豆

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近の「ほん呪」の傾向として、幽霊の質感が変わったな〜と言うのが、
なんとなく思うところである。
映っているモノが訳のわからないモノではなく、誰もが想像する幽霊なのである。
見る側としては、「すごく良く映ってる!」と、ハッキリと見る事は出来るのですが、
その分、映画を見ているような感覚になり、怖さが半減してしまうのです。
今回も、次作まで引っ張るネタは入っていますが、なんとなく展開が読めてしまいそうなのは
自分だけでは無い筈...。
(予定調和と言われればそれまでですが...。)
今回の作品で、怖さを感じるのは「棲んでいる」と「予兆」ぐらいでしょうか。
近頃の霊界のトレンドなのか、露出が多くなって来ましたね...。
「穴場」とかは、いかにも、「ここに打ち上げられました。」って感じなので、以前あったあった手だけとかの方が
不気味だし、「からみつく」の霊は質感が生きてる人間で、且つ、カメラ意識しすぎ。
「お焚き上げ」は、表情があるのがちょっと出来過ぎ感があります。 
(注文をつけるのも変ですが...。)

決まり文句の「・・・とでも言うのだろうか。」の「・・・」の部分に関して、想像を巡らす内容が減って来たのは残念。
今後の、努力を期待したいと思います。

これ、エピソードが少なすぎでしょ…。(汗)

投稿日

2014/06/15

レビュアー

キヨ

演出が菊地くんに代わったんですね〜。
まぁ、成長は嬉しいのですが、構成がイマイチですな。
それにエピソードが少なすぎる。(汗)

一番気になったのはドキュメント。
とにかく時間を稼ぐばかりで面白くない。

岩澤くんがインパクト強くて面白かったなぁ〜。
って、比べちゃいけないんですけどね。

リアルだったのは「穴場」。
まったく分からなかったのは「お焚き上げ」。
それにしても、今回は作り物っぽすぎてちょっと萎えたわ。(汗)

どうしたんだろ

投稿日

2014/08/03

レビュアー

たら

全体的に作り物感が出過ぎてて残念でした
一番最初のだけインパクトはありましたけどね
もうちょっと頑張ってもらいたい

1〜 3件 / 全3件

同シリーズ作品を借りる