今日子と修一の場合

今日子と修一の場合の画像・ジャケット写真
今日子と修一の場合 / 安藤サクラ
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「今日子と修一の場合」 の解説・あらすじ・ストーリー

奥田瑛二監督が娘・安藤サクラと安藤の夫・柄本佑を主演に迎えて贈るヒューマンドラマ。同居する男に身も心も搾り取られる日々を送る今日子と、母を守るために事件を起こした修一。故郷・南三陸に戻れなくなったふたりは、東京で懸命に生きていたが…。

「今日子と修一の場合」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「今日子と修一の場合」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

今日子と修一の場合の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分 日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CFTD409 2014年05月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

絶望から希望へ

投稿日:2014/05/22 レビュアー:じゃじゃまる

安藤サクラと、柄本祐、夫婦なんですよね(笑)
でも、ストーリーは別々に進んでいきます。別に2部構成でもよかったのに。

今日子は、地震が起きたはずみで、同棲をしていたクズのような男を殺してしまう。いや、これは事故だ。料理してる時に、地震が起きて、怖がって抱き着いてきた男が、包丁めがけて倒れこんだのだ。今日子は東北出身で、義父母、夫、息子と暮らしていたが、働かない夫の代わりに保険の外交をして生計を立てていた。ところが、体でとってしまったため離縁されてしまった。
そして東京に来て、このクズに拾われたのだ。
元家族がいる東北が津波でめちゃくちゃになっていた。

父親のDVから母親を守るため、父を殺してしまった修一。出所後、遠く、東京で働くが、やはり父親を殺したことがばれて、嫌がらせを受ける。そして地震。東北にいる母の安否はわからない。でも故郷へ帰れない。
友人になった同僚、中学の時に壮絶ないじめを受け、相手を殺してしまう。
その友人とともに、友人は音大、修一は早稲田を受ける。修一は受かるが、友人は落ちる。しかし、友人はもう一度前向きに生きる決意をする。
修一も、ようやく故郷へ帰り、亡くなっているであろう母親に別れを告げに行く。そして前向きに生きる決意をする。

そして今日子は故郷へ帰り、義父と夫の死を知り、自分の犯した罪を自覚し、子供に会わず、修一と今日子はすれ違い、それぞれの道を歩いていく。


正直、今日子の殺人は、ちょっと焦点がぼやける。

修一の話だけの方がよかった気がします。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今日子と修一の場合ネタバレ

投稿日:2014/10/13 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 今日子は生保レディをしているけど、成績のために枕営業をやっていることがバレて、東京へ上京するけど。チャラい男に引っ掛かり、そのまま同棲しつつデリヘル嬢として生活をしていく。東日本大震災の地震のときに誤って同棲相手を刺殺してしまって、津波で破壊された故郷へ戻って家族を探す。
 一方の修一は父親を視察して鑑別所から出所、工場で働いてそこの同僚の女の子と恋に落ち、いじめで殺人事件を起こした男とも知り合う。大学を目指して勉強した後、修一も久居一で家族を探し始める。

 冒頭、夜明けの街を今日子が帰宅する姿を映し朝ごはんを作る。修一は鑑別所を出所する。この出だしは静かなスタートでよかったです。
 ただ時間軸が行ったりきたりしてわかりにくく、最後まで見て結局何がいいたいのかわからなかったです。
 
 震災の地震中に間違って包丁で刺し殺しちゃうというのが結構無理くりな事故なんじゃないかと入り込めなかったですし、修一が工場であういじめを受けてその主犯を刺し殺しちゃうとかピアノの才能があって結構長いこと描かれますが、果たして必要だったのか謎でした。130分も果たして必要だったのか。
 それぞれ社会の底辺のような場所で抗うわけでもなく、無表情で過ごしていく様子を描いていく大半。後半で被災地に行って津波でやられた街を2人は彷徨う。 

 安易な台詞で説明せずに映像で語る手法は面白いし、主人公2人とも衝動で殺人をしてしまう。けど震災で大事な人はあっさり死んでしまうという現実の辛さやるせなさ。みたいなのを少しでも描いてくれれば震災をモチーフにする意味があったと思える映画でした。
 大学の合格発表ってホームページで公開するんだと勉強になりました。 

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

今日子と修一の場合

月額課金で借りる

都度課金で借りる