仮面ライダーウィザード

仮面ライダーウィザードの画像・ジャケット写真

仮面ライダーウィザード / 白石隼也

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「仮面ライダーウィザード」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

魔法を巧みに操るヒーロー・仮面ライダーウィザードの活躍を描く特撮ヒーローアクション第13巻。白い魔法使いの前でウィザードに変身した晴人。違う方法でコヨミを救おうと戦いを挑むが、強烈な一撃で変身を解除され…。第50話から最終第53話を収録。

「仮面ライダーウィザード」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本
原題: KAMEN RIDER WIZARD

「仮面ライダーウィザード」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スーパー戦隊シリーズ 烈車戦隊トッキュウジャー

スーパー戦隊シリーズ 動物戦隊ジュウオウジャー

女の子ものがたり

美少女戦士セーラームーン

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

良い意味で裏切ってはくれなかった

投稿日:2016/06/12 レビュアー:ron

平成シリーズとしては実に平凡な出来の作品。
もっとも、昨今はその平凡なレベルすら維持できていない作品も多い中では、ずいぶんましな方だと思う。

まず登場人物達にはだいたい好感が持てた。
主人公の晴人は、自分自身重たい過去を背負いながらも決して諦めることをせず、絶望しそうな人達の希望となるべく戦うという、実に仮面ライダーの主人公らしい主人公だった。
物語中、ほとんどブレることのない信念のもと戦う姿勢は好感が持てた。
ドーナッツ好き(ただしプレーンシュガーのみ)という設定も、キーアイテムである指輪に絡めた上で、良い感じに場を和ませる役目として機能していた。
仲間達とのドタバタも楽しかった。
主人公が好きになれる作品はそれだけで救われる。

しかし残念なことにストーリーがあまりにも平凡すぎた。
ある程度歳のある人(中学生ぐらい?)なら、途中で先が読めてしまう。
「あいつの正体は、実はあいつで、あいつはあの子のソレで、あの子を○○するために、ファントムを産み出してるんだろうなぁ・・・」「でも、いくら何でもそう予想通りに行くわけないよなぁ、きっと何か隠された新事実でもあるんだろうなぁ・・・」とか思ってた時期もあったのですが・・・
そんなものはなかった!
それ以外も、予想通りの展開に次ぐ展開で、悪い意味で裏切り続けてくれました(笑)

とは言え、「面白くない!」と言う程悪い作品ではなかったと思います。
ただし、最終52話と53話(実質的な最終回は51話)については驚かされました。
おそらく賛否両論でしょうが、個人的には嬉しかったです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ショータイム

投稿日:2015/03/29 レビュアー:魔法使

オシャレな変身☆☆☆

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

指輪

投稿日:2014/05/31 レビュアー:とらを

付け替えるの面倒くないんかなぁ?

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

仮面ライダーウィザード

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

良い意味で裏切ってはくれなかった

投稿日

2016/06/12

レビュアー

ron

平成シリーズとしては実に平凡な出来の作品。
もっとも、昨今はその平凡なレベルすら維持できていない作品も多い中では、ずいぶんましな方だと思う。

まず登場人物達にはだいたい好感が持てた。
主人公の晴人は、自分自身重たい過去を背負いながらも決して諦めることをせず、絶望しそうな人達の希望となるべく戦うという、実に仮面ライダーの主人公らしい主人公だった。
物語中、ほとんどブレることのない信念のもと戦う姿勢は好感が持てた。
ドーナッツ好き(ただしプレーンシュガーのみ)という設定も、キーアイテムである指輪に絡めた上で、良い感じに場を和ませる役目として機能していた。
仲間達とのドタバタも楽しかった。
主人公が好きになれる作品はそれだけで救われる。

しかし残念なことにストーリーがあまりにも平凡すぎた。
ある程度歳のある人(中学生ぐらい?)なら、途中で先が読めてしまう。
「あいつの正体は、実はあいつで、あいつはあの子のソレで、あの子を○○するために、ファントムを産み出してるんだろうなぁ・・・」「でも、いくら何でもそう予想通りに行くわけないよなぁ、きっと何か隠された新事実でもあるんだろうなぁ・・・」とか思ってた時期もあったのですが・・・
そんなものはなかった!
それ以外も、予想通りの展開に次ぐ展開で、悪い意味で裏切り続けてくれました(笑)

とは言え、「面白くない!」と言う程悪い作品ではなかったと思います。
ただし、最終52話と53話(実質的な最終回は51話)については驚かされました。
おそらく賛否両論でしょうが、個人的には嬉しかったです。

ショータイム

投稿日

2015/03/29

レビュアー

魔法使

オシャレな変身☆☆☆

指輪

投稿日

2014/05/31

レビュアー

とらを

付け替えるの面倒くないんかなぁ?

1〜 3件 / 全3件