天使の処刑人 バイオレット&デイジー

天使の処刑人 バイオレット&デイジーの画像・ジャケット写真
天使の処刑人 バイオレット&デイジー / アレクシス・ブレーデル
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「天使の処刑人 バイオレット&デイジー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハンナ」のシアーシャ・ローナンと「旅するジーンズと16歳の夏」のアレクシス・ブレデルが10代の美しき殺し屋を演じたバイオレンス・クライム・コメディ。共演はジェームズ・ガンドルフィーニ、ダニー・トレホ。監督は「プレシャス」の脚本でオスカーを獲得し、これが初メガフォンとなるジェフリー・フレッチャー。バイオレットとデイジーは、ニューヨークに暮らすティーンエイジャーの仲良し2人組。その正体は、なんと殺し屋。普段はお手軽な殺ししか請け負わない2人だったが、憧れの“バービー・サンデー”の新作ドレス欲しさから、報酬アップの仕事に手を出してしまう。とはいえ、仕事の内容自体は今回も至極簡単なもの。こうして、ターゲットの部屋への潜入にも楽々と成功した2人だったが…。

「天使の処刑人 バイオレット&デイジー」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: Violet&Daisy

「天使の処刑人 バイオレット&デイジー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

天使の処刑人 バイオレット&デイジーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
88分 日・吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
90DRJ20684 2014年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 1人

【Blu-ray】天使の処刑人 バイオレット&デイジー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
88分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
90XRJ20039 2014年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

可愛い殺し屋・ヴァイオレット(スミレ)とデイジー(ひな菊)…

投稿日:2019/09/18 レビュアー:コタロウ(!)

ヴァイオレットとデイジーは十代の女の子。
彼女たちの仕事は殺し屋だ。
しかも、デイジーは18歳になったばかり。
二人は、スターのバービー・サンデーが大好きだ。
彼女たちが「バービーのドレス」を買う金欲しさから引き受けた仕事は、
重い病を患い死を望む穏やかな「男」の殺害だった。
高校生の娘を持つ「男」との触れ合いは、彼女たちの心に変化をもたらす…

ヴァイオレットとデイジーの仕事ぶりはプロどころか、素人以下。
彼女たちが所属する組織、敵対する組織、どちらもどこか牧歌的で間が抜けている。
本作が、ある種のファンタジーであることがすぐにわかる…
良い話みたいにしているが、そんなに良い話ではない。
「男」的には、デイジー達は天使や阿弥陀如来のような存在だったのかもしれんが…

ガムを噛みながら人の命を奪い、遺体の顔を踏みつけるヴァイオレット。
彼女の心は複雑で壊れた部分があるようだ…
かつての相棒・ローズの死も原因の一つらしいが、語られることなく終わる。
「薔薇(ローズ)は赤く、スミレ(ヴァイオレット)は青い」って、
リリカル・ムードを出したかっただけなのか…

ヴァイオレット(アレクシス・ブレデル)、デイジー(シアーシャ・ローナン)、
二人の青い瞳が美しい。
特に、シアーシャの横顔は絵画の様に端正で素晴らしかった。
彼女たちに仕事を紹介する男・ラス(ダニー・トレホ)の安定感よw

ヴァイオレット(スミレ)とデイジー(ひな菊)では、インパクトが薄い。
コンビ解消した方がいいと思います…
パパの待つおうちに帰った方がいいと思うの…うん…

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんだろこれ・・・・どこが殺し屋だ・・・(笑

投稿日:2014/03/29 レビュアー:MM3

「テルマ&ルイーズ」や「処刑人」なんて作品をちらつかせておきながら
この甘さとキャピキャピ感はなんだ・・・!!???

シアーシャローナンはかわいいから目の保養にはなるかもだけど・・・。

シアーシャさん、「ハンナ」に引き続き、
見事に見る前の淡い期待を裏切ってくれました・・・(苦笑
(シアーシャさんが悪いわけじゃないんだけど)


このバイオレットとデイジーは10代の殺し屋。
尼さん(?)の格好してるけど、
そんなに関係ないみたい、これ。
単にコスプレしてるだけらしい。

で、10代の女の子らしく
「あのブランドのドレスがほしい!」ってことで
小遣い稼ぎに殺しのミッションを引き受ける。
指令をだしたボス役にダニートレホ。

このキャッキャした女の子2人に
顔圧炸裂のトレホさんという画ヅラがなんともいえないシュールな感じがしますw

で、ミッションを遂行すべくターゲット宅に行った2人、
これが、殺し屋とは思えない言動ばかりするんですよ(笑

だんだんこのあたりから
「あれ?この映画なんか変!?もしかして珍映画!?」とか思い始めちゃいました。

だって、殺し屋っていうくらいだから
キッチリターゲットに迫り、
キッチリ仕事して
さっさと姿消す
が鉄則だと思うし
それに至る行動には抜かりがあってはいけないんだけど、
この子たち、穴だらけ・・・・・・

これ、殺し屋稼業成立する前に
捕まるって!!!!!

もう、いろんなところがおかしくて、
逆に面白い映画なのかもしれませんね。

挙句の果てにデイジーは実はいつも・・・・のくだりで
「なんじゃそれ・・・」
ってなりましたw

もう、殺し屋じゃない!これ、処刑人でもない!!(笑

で、なんでこんなストーリーに?
としばし考えてみたりしたんですが、
もしかして、これって、すべて霊や妄想の話だったりして!!!!
って考えに至っちゃいましたわ。

けっこう突飛な場面もあるし・・・・
デイジーの以前の相棒が云々、というくだりもあるし・・・・


なんて・・・・そこまで考える映画じゃないのかもしれないけど。

監督・脚本はジェフリー・フレッチャー。本作が初監督みたいですね。
「プレシャス」で脚本を手がけた方でした。
そう思うと、途中途中に入る突飛なシーンや描写は「プレシャス」の空想部分のようでもありますな。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

可愛い顔して殺し屋とは…

投稿日:2014/03/06 レビュアー:しづちゃん

バイオレットとデイジーは仲の良いお友達。
いつも二人でつるんでいます。 そして何をしているかと言えばバービー・サンデーのドレスが欲しくてアルバイトをしています。
そのバイトとは…殺し屋。 ドレスの為に平気で殺しをするが、銃殺のみ。 決して絞殺や撲殺等の直に手を触れる殺し方はしません。

そんな彼女たちが指示されて出向いた家は…留守。 デイジーは眠いから家人が帰ったら起こしてねと頼むが、バイオレットも眠ってしまった。
そこへ家人が帰宅。 可愛い少女二人が眠っているのを見て、優しくショールを掛けてあげる。 なんて優しいおじ様なのでしょう。
そんなおじ様を彼女たちは殺せるのでしょうか。 このおじ様とデイジーはバイオレットが出かけている間、お喋りを楽しむ。

なんだかバカバカしい内容ですが、後半からやはり十代の少女。 優しい父親を思い出すのか、デイジーの眼差しが変わる。
少女達とおじ様の心温まる交流と、最後のシーンでの以外な出来事に何故か泣ける内容でした。 観たい映画がないけど見てみたいと思われる方にお薦めです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アクション映画ではなく人間ドラマ

投稿日:2014/03/05 レビュアー:カプチーノ

女の子ふたりの殺し屋となると、グラインドハウス系のなんでもありの派手なヴァイオレンス・アクションかと思っていたら、
意外に静かなドラマ性の強い作品でした。最後はじーんと胸を打たれます。
殺し屋として生活する二人の少女に与えられた仕事の標的が、ごく普通のおじさん。
人間味溢れる初老の男と少女たちの数時間の交流が映画の中心。
おじさん役が「ソプラノズ」で悩めるマフィアの親分を演じたジェイムズ・ガンドルフィーニ。彼の演技が素晴らしい。
酸いも甘いも噛み締めてきた人生を総括するような堂々とした立ち居振る舞いが良い。
貫禄の演技で二人の少女を圧倒します。表情も動作も素晴らしい。
いぶし銀のプロの役者の演技力を観ることができます。
彼の昨年の早すぎた死が惜しまれます。
アクション映画を期待すると肩透かしですが、設定は奇天烈なものの、静かな感動を呼ぶ好作。
音楽もいいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私は好き

投稿日:2014/10/17 レビュアー:MONLO

評価低いみたいだけど、私は好きでした。

バスバスっと人を殺していくのが好きな人には拍子抜けだろうけど。

おじさんの演技と女の子二人の無邪気さと無知さ。無知の葛藤。

「やっぱ最後は殺すんだ・・。」
と思ったけど、なぜか
「そうか・・・。」
君の決めたことならいいよ的な、寂しいような切ないような気持ちになってしまった。

いや、おじさんとクッキー屋さんでも開いちゃいなよ!と思ったけどさ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

天使の処刑人 バイオレット&デイジー