パシフィック・リム

パシフィック・リムの画像・ジャケット写真
パシフィック・リム / チャーリー・ハナム
全体の平均評価点:
(5点満点)

124

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「パシフィック・リム」 の解説・あらすじ・ストーリー

日本のマンガやアニメ、特撮作品への造詣も深い「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、巨大怪獣と人型巨大ロボットとの戦いを圧倒的スケールで描き出したSFアクション大作。主演はチャーリー・ハナム、共演に菊地凛子。ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体“KAIJU”が現われ、人類は滅亡の危機を迎える。そこで人類は世界中の英知を結集し、2人のパイロットによって操縦する人型巨大兵器“イェーガー”を開発、KAIJUに対抗する。しかし、長年にわたる激闘でイェーガーの苦戦が続く中、かつてKAIJUとのバトルで兄を失い、失意のうちに戦線を離脱した名パイロット、ローリーが復帰を決意する。そしてその相棒には、実戦経験のない日本人研究者の森マコが大抜擢されるのだったが…。

「パシフィック・リム」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: PACIFIC RIM

「パシフィック・リム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

パシフィック・リムの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000440121 2013年12月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
136枚 5人 1人

【Blu-ray】パシフィック・リム(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000440126 2013年12月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
100枚 2人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:124件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全124件

100点(傑作)ネタバレ

投稿日:2013/10/03 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

巨額の予算1億8千万ドルで製作したSFアクション・アドベンチャー超大作!
し〜びれたぜ! 日本よ、これがロボットだ!

マジンガーZからトランスフォーマーまでの「大きさ」について
今までのロボットって「ロボットだから大きいんだ」と言うイメージが前提にあるからそう思わされたに違いない。
本作ではロボットが超重量感に溢れリアルにか〜なり「デカイ」ので迫力抜群!
走る事もせず動きが俊敏って訳でもなく正しく巨大ロボット相応の動き。
私だけかも知れぬが、ここまで大きいと感じさせられたロボはギレルモのイェガーだけ。描写が進化した瞬間、は過言か^^
大きさだけで100点つけた私の目は節穴^^いやいや、もう1回カネ払ってでも劇場で観たいと思ったからなのさ。

ところで、これはエヴァじゃないか! 「2人でシンクロ」って、エヴァQじゃないか!
菊池凛子の髪型は綾波レイを意識してる?そんな凛子が尊敬すると言う黒人の司令官は碇ゲンドウのつもり?政府はゼーレ^^
とにかく、おもいっきりパクリましたなぁ〜っはは^^ ちなみに芦田愛菜ちゃんはチョイ出演^^

人型巨大兵器ロボットをイェガーと命名したに対し、謎の生命体怪獣は日本に敬を称しそのまま「カイジュウ」と命名。
ギレルモはウルトラQやウルトラマンと怪獣が大好き。子供時代からそればっか観て育ったらしい。
世界各国では怪獣を悪の象徴にしているが、唯一日本だけは怪獣を善にも悪にも。
住まいとは別に2軒の家を買ってフィギュアをギッシリ住ませている程のマニア。
その怪獣マニアが「ヘルボーイ」に現れ、本作も誕生したと言う流れか。

内容は、宇宙から来たカイジュウを殲滅するため複数のイェガーが香港で大活躍。
数機のヘリがイェガーを吊るして戦闘現場へ運搬 (この吊るし方って何かのアニメで見かけた事あるなぁ)
ウルトラマンのように殴ってたら疲れたのか腕が噴射しロケットパ〜ンチ!(マジンガーZ^^)
中々倒れぬのでいよいよチェーン・ソーを繰り出し・・つまり戦隊物の刀でグサッ!ズバッ!
出来れば真昼の決闘にして欲しかったなぁ。ホラーのように暗いとこで戦うから肝心な破壊描写が良く見えない・・

ところが、何とカイジュウの住まいがマグマの下。その奈落の底がまるで・・勝手に名付けて「第3新香港市」^^
深海ではカイジュウの動きが俊敏過ぎて太刀打ちできず、仕方なく最悪な奥の手を・・イェガーの秘密は原子力・・
そうそう、雨降る市場通りぽい香港の町並みはブレードランナーを少し意識したでしょっ!?^^

近年ニュースでは環太平洋TPPネタが盛んであるが本作の題名をパシフィック・リム(環太平洋沿岸)
と命名したのは単なる偶然か洒落か!? 第2弾もあるようだがギレルモ監督じゃないと観る気しないなぁ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 38人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロボット映画の桃源郷

投稿日:2013/10/20 レビュアー:Bitter Sweet

ロボット好きの日本人としてはそれ自体知的生命体のトランスフォーマーでは
やっぱり何というか、どーも昇天できない。
見たくて仕方なかった宇宙戦をきっちり見せてくれた「スター・ウォーズ」。
見たくて仕方なかったリアルな未来都市をきっちり見せてくれた「ブレード・ランナー」。
見たくて仕方なかったサイバーアクションをきっちり見せてくれた「マトリックス」。

嗚呼そして。遂に遂に我々ロボット好き日本人が幼少の頃より機械の神様に願い続けた
本物の巨大ロボット映画が誕生した。それがこの「パシフィック・リム」なのだ。
まだ見ていないロボットオタクのそこのあなた。
この映画、うっかり油断すると冒頭のニュース映像やベケット兄弟の出撃準備の場面から
じわじわ滲み出してしまうほど失禁シーンの連続なので事前準備はしっかりされたい。
この監督、本当オタクだなぁーと感心する描写がいくつもあって、

ロボットおたく失禁ポイントその1…メカのディティールへのこだわり。
主人公機ジプシー・デンジャーに搭乗し分離されていたコクピットの頭部が
シャフトを滑り降りて胴体と合体すると、首廻りの装甲パーツがカチリカチリと
隙間をきっちり埋めていく(これで海に入ってもバッチリ!)シーンや
カイジューを港の縁ぎりぎりで押し戻した後、踵のショックアブソーバーが
ぷっしゅーっと減衰するシーンなど。

ロボットおたく失禁ポイントその2…メカのスペックやバックグラウンドへのこだわり。
オタクはメカの性能やその世界での専門用語、設定などに目が無い。
例えばスターウォーズのデススター攻略戦の出撃前、ゴールドリーダーから
「ルーク。君は通称Xウィング、T-65Bに搭乗しろ。私はBTLで行く。」
なんてセリフがもしあったらこれだけでびしょ濡れなのだが、
この監督ホントよく分かっていて、ドックでのイェーガー解説に手を抜かない。
「こいつは中国のクリムゾン・タイフーン、第4世代。パイロットは三つ子のタン兄弟
で奴らの必殺技は雷雲旋風拳だ。」(なんかよく分からないけど中国だしカンフーがカッコ
よさげ。)「こっちはロシアのチェルノ・アルファ別名T-90。第1世代の最後の生き残りだ。
ウラジオストクの壁を6年間一度たりともカイジューの侵入を許していない。」
(オタクはメカのジェネレーション別けにとても弱い。頭に発電所をそのまま載せた
無骨なデザインが素敵すぎ。)もー、これで完全にびしょびしょ。

ロボットおたく失禁ポイントその3…カイジュー退治に全身全霊をささげる。
オタクは倒したと思ったはずの怪獣が隙を突いて再び襲ってこないか心配で
しょうがない。この感性、デルトロも同じみたいで劇中こんなシーンがある。
接戦の末、何とか倒した怪獣を後に次の戦場に向かうジプシーだが主人公が言う。
「ねえ、マコ。多分倒したと思うけど念には念をいれておこう。」
そして一度はその場を立去る途中だった巨大ロボット、ジブシーはわざわざ振り返って
バッシュ、バッシュっとプラズマキャノンを既に虫の息の怪獣がぐちゃぐちゃになるまで
打ち込むのだ。古今東西、こんなしつこい描写、あんまり見たことない。

これらは普通、重要だけどストーリーには直接関係ないとの理由で削除される場合が多い
のだけど、デルトロ監督はドラマ部分を削ってでもまず自分自身が見たいと思う場面を
きっちり残した印象で本当に好感が持てるというか、いい年した親父が何やってんだ
というかとにかくアンタ、仕事忘れてるでしょう?って位、趣味全開のオンパレードなのである。

ストーリー自体は中学生でも思いつきそうな内容で、これまでの作品では意外としっとりした
人物描写が得意だったこの監督もやればやる程陳腐になりそうなドラマには敢えて時間を割かず
香港でのイェーガーとカイジューのバトルにこれでもかってくらいエネルギー
をつぎ込んでくれるので必見だ。

ロボットとカイジューの重量感と隅々までこだわり抜いたその挙動。最初に挙げた
その分野で映画の歴史を変えた3作品に並び、こいつはこの先ロボット映画において
「パシフィック・リム」以前と以後の切り口で語り継がれていくはず。
運悪く劇場で見落としたロボットオタクのあなたは死んでも観るべし。

このレビューは気に入りましたか? はい 30人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何故に菊池凛子?ネタバレ

投稿日:2013/12/05 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ギレルモ・デル・トロ監督が念願の企画を実現したモンスター・スペクタクル。攻撃的な巨大生命体に対して、人類が人型の兵器で戦うという、今までアニメーションでしか描けなかったビジュアルを、驚異の実写映像で展開させていて、迫力が凄いです。
デル・トロ監督は大変な親日家なんですね。日本のアニメや怪獣映画の特撮が大好きなんだと分かります。しかも、昭和の特撮やアニメをハリウッドの臨場感で再現してくれて、日本映画にオマージュを捧げてくれているのが分かりちょっと嬉しかったりします。しかも相手役に日本人を起用してくれるなんて、凄く嬉しい事ですよね。
けれど何で菊池凛子なの?!って思ってしまいます。彼女は別に英語が上手な訳でもないし、セクシーであの顔は欧米人が好む顔なのでしょうか?
大事な台詞が日本語というは捨て難いのと、太い眉がちょっと気になりました。

かつて怪獣との戦闘で兄を失った人型巨大兵器・イエーガーのパイロット・ローリー(チャーリー・ハナム)は、日増しに進化していく怪獣たちに復帰を決意。
研究者の森マコ(菊池凛子)と組み、旧式イエガーに搭乗します。
人型巨大兵器イェーガーは、2人の操縦者で乗り込み、パイロット同士の相性が重要となります。
あまりストーリーは重視せずに、あくまでバトルにこだわったの映像は圧巻でした。こんなに重量感を出している映画は、あまりないのじゃないでしょうか?
人間ドラマをちょっと入れてあるのは、息子を無くしたお父さんは気の毒でした。欲を言えば、二人の成長ぶりも見たかったです。

香港のダークさと猥雑さを出すためにずっと夜の映像を意識していたのでしょうか?
イエーガーと怪獣の対決シーンも夜間や海中ばかりでちょっと見づらいのが気になりましたが、大人向けにはせずに、そのまま童心に戻って楽しめる作品としては良かったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

童心に帰れた

投稿日:2013/12/12 レビュアー:QWERTY

イメージ通りの超おバカムービー。対象年齢10歳以下(笑)
ホント、子供がロボットと怪獣のオモチャで「ピシューピシュードカーン」と遊んでいるような感じの映画。

設定は、ほぼエヴァンゲリオン。パイロットがなぜか二人一組なのが違うくらい。
海底にある裂け目からやって来る異世界の怪獣を、ロボットで退治しつつ、裂け目をふさぐ
たったそれだけのストーリー。

最初の1時間ほどが軍隊青春ストーリー的な内容で結構退屈。
イヤミなライバルが出てきて主人公のローリーともめたり
ローリーとヒロイン凛子の薄っぺらいラブストーリーとか
なぜか棒術で決める新パイロットのトライアルとか
オタク系の二人組科学者がウダウダ技術的な能書きを垂れたりとか
ありがちな内容でつまんないけど、中身が無さ過ぎてガンガン早送りできるのでノープロブレム。

で、いざ怪獣と戦い始めると、これがかなり笑える。
ウルトラマンと同じで、格闘戦がメイン。
巨大ロボットと怪獣がポカポカ殴り合う姿がとってもキュート
建物倒壊などの二次被害の規模が半端じゃないのも同じ。
そして、ロボット、パイロット共にポンコツ
まず操縦する姿が間抜け過ぎ。かなりカッコ悪い。
発射までやたらと時間がかかるプラズマキャノン、しかも威力弱っ!!
中国人とロシア人も弱っ!!
「やっぱ頼りになるのは日米同盟コンビ(笑)だよねー」て感じだけど
ローリーは凛子に指摘されるまで最強武器が装備されているのに気付かないおバカさん
てな感じで次々とおバカシーンをたたみかけてくるので笑いが止まんなかった。
終盤の展開もだいたいどんな展開になるか簡単に読める内容だったけど、逆にありがち過ぎて笑えた。

マイナス点は、CGをごまかすためか戦闘シーンが夜間、海底と画面が暗いことと、美女不在なこと。

まあとにかく大雑把なおバカ映画だけど面白かった。
「マジメで説教臭い映画は大嫌い!!」とか「賞をもらうような映画はクソだ!!」
と思っているそこの君にオススメだ!!(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

デルトロのオタク気質に潤沢な資金がつくとこんなスゴイ映画が出来る

投稿日:2013/10/12 レビュアー:みむさん

製作が決まったときは「デルトロがロボット映画だと!?」と
半信半疑だったんだけども、
これがものすごい良かったです。

というか、これは劇場で観るほうが断然いいですね。
あのどーーーーーーーーんと踏み潰される感を劇場で味わったほうがいいです。

しかも、ロボットメインのTVCMをやってたせいで、
完全に女性客を逃してる気がしてならない・・・・
(映画好きの女子は当然観に行ってましたが)

菊池凛子、芦田愛菜推しだったけど、
これ主役はチャーリーハナムですから!!!
イケメンですよ。
ヒースレジャー似で手足が長くて。爽やかで。

それと、本作のよいところは
タイトルに「パシフィックリム」とあるように、
環太平洋の国が協力してカイジュウ襲来に挑むってことで、
ハリウッド映画にありがちな、「アメリカ万歳」的ではないところが良いのです。

メインの舞台は香港ですし(笑

で、イエーガーと呼ばれるロボットの操縦には
心身ともにかなりの労力を要するため
パイロット2人でシンクロして操縦する(ドリフトする)っていう設定もイイ。
正確に操縦するためには2人の意識をシンクロさせるため、
同乗者の過去の記憶やトラウマまでもが共有されてしまう。
ゆえに、2人ともがメンタルを強く持ち、
同じビジョンを持っていないと操縦はうまくいかないのです。

この設定がドラマを生むってのがイイよねえ。

大切な人を失った者同士、トラウマを持ったもの同士が
それを乗り越え、危機に立ち向かう様はかなりアツいですよ。

売りになってたイエーガーのバトルは十分すぎる迫力。
気分を盛り上げる音楽とともこちらもアツくなります。

それだけでなく、スペインホラーで名を馳せてるデルトロさんだけあって
ちょいちょいネチョっと映像が出てくるのもイイ感じ。

もっと描いて欲しい部分はあったけど、
続編もあるようなので、
今回はこれで十分満足です。

ちなみに、これの後
世界でイエーガー作ったら&ドリフトするなら誰?みたいな
各国俳優ドリフトペア妄想が某所で盛り上がっていて
オーストラリアのイエーガーなら
ヒュージャックマンとラッセルクロウ(NZだけど)だろう、とか
イギリスならマイケルファスベンダーとジェームスマカヴォィが
悲しく美しいトラウマを共有して涙とか・・・(笑

イエーガーフランス代仕様は
ジュネ監督にデザインして欲しいとか(笑


そんな風にいくらでも、この映画ネタで後々楽しめるのもよいところ。


爆音上映や、IMAX凱旋上映が決定しているようなので、
未見の方は映画館で見れるうちに観てみては???

サントラもバカ売れらしいので、そちらもあわせてどうぞ♪


※他にツボッた描写、あの兄弟がドリフトしたイエーガーが海から上がってくるところ・・・(笑
「トロールハンター」の画ヅラを思い出したわ(笑) サイズ的にも。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全124件

パシフィック・リム