リンカーン

リンカーンの画像・ジャケット写真
リンカーン / ダニエル・デイ=ルイス
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

47

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リンカーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」の巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。国が大きく分断された過酷な状況において、リンカーンはいかにして奴隷解放という大いなる目的を達成するに至ったのか、その知られざる政治の舞台裏を、理想のリーダー像という視点から丁寧に描き出していく。主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス。共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ。

「リンカーン」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: LINCOLN

「リンカーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リンカーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
166枚 15人 8人

【Blu-ray】リンカーン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
55枚 5人 4人

リンカーンの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:30:33 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2017年12月31日 23:59
レンタル:2017年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

かなり地味な展開

投稿日:2013/08/20 レビュアー:ミルクチョコ

スピルバーグ監督が製作に12年を費やした本作。南北戦争が泥沼化した1865年1月。第16代合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが奴隷制度を廃止を実現する憲法修正第13条を成立させるための苦悩の28日間を描いています。

ドラマテックなリンカーンの伝記を期待しましたが、奴隷廃止法案の憲法修正13条法案を通すための、国会駆け引きがメインの話で、かなり地味でした。
ストーリーは、南北戦争はほぼ大勢が北軍に有利になっている時点から始まり、冒頭の泥沼の中で南北両軍の戦士がもみ合い、殴り合う様が短いシーンなれど、迫真の戦場描写でした。
戦争終結の前に憲法上の奴隷制禁止条項を下院が可決しておくことが政治的課題になっていたという、その一点に絞ってドラマが進行していきます。
派手な見せ場は殆どないですが、政治的な駆け引きや妥協がメイン。ロビイストを使って民主党議員の切り崩しの駆け引きや、綺麗事だけではない部分も描いているところが面白いです。

話し合いが紛糾すると、ユーモラスなたとえ話を持ち出して、話題を自分の方に持って行ったり、とぼけた味わいなのに、したたかな政治家としての顔を覗かせ、物静かながら確固たる信念を持ったリンカーンの人物像は魅力的で、ダニエル・デイ・ルイスはリンカーンそのもの。
スティーブンスを演じたトミー・リー・ジョーンズの存在感も良かったです。
同時に妻とはすれ違い、息子と上手く向き合えずに北軍兵士に志願するのを制止できない普通の夫・父としての苦悩ものぞかせます。
採決方法が一人一人、名前を挙げて賛否もしくは棄権を宣言するのは興味深かったです。
共和党と民主党の立ち位置が現代とは正反対だったのが、ちょっとビックリでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 25人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何度観てもどっかで寝てしまうと思う。

投稿日:2013/09/13 レビュアー:パープルローズ

オバマ大統領だったか、夫人だったかが、
「大変素晴らしい映画なので、全ての学校にこの映画のDVDを置きましょう。」
と言っていたと聞いたので、小中学生でも理解できる内容なのかと思いきや、難しいです。
とくに最初の30分くらいが難しく、脱落しそうになりました。(理解という意味では脱落してたと思う・・・。)

歴史に疎い私のような者は、リンカーンって単純に奴隷解放のために尽力した英雄と思いがちですが、
この映画を観る限り、彼は白人と黒人が同じ権利を持つ人間と思っていたわけではなさそうです。
一家には黒人の使用人もいますし、この使用人に対して、「結局私はきみたちのことを本当に理解はできない。」というようなことを言っていました。

憲法13条の修正は、戦争を終結させるためにどうしても必要だった。
さらに、リンカーンと夫人の関係や、軍隊に志願しようとしていた息子の存在など
、個人的な事情も大きくて、必ずしも彼の信条に基づいたものではなかったわけですね。
一方で、生粋の平等主義者が、この法案を通すために自分の信念を否定するはめになったり、要は政治のかけひきのお話なのです。

そういえば、今年のNHKの大河「八重の桜」の第1回目の始まりがアメリカの南北戦争でした。
大河の方も政治のかけひきに興味が持てなくて脱落してしまったのですが、時を同じくしてアメリカも日本もおんなじようなことをしてたってわけですね。
パワーゲームにあまり興味の持てない私には、おもしろい映画ではなかったし、
何回チャレンジして、絶対どこかで寝てしまう自信があります(笑)。画面も暗いしね。

そっくりだと評判のダニエル・デイ・ルイス。
でも、実際にリンカーンが動く映像もみたことはないし、そっくりなのかどうか判断材料なし。
ラストシーンの血の気が失せてベットに横たわる姿は、ワシントンDCの巨大モニュメントにそっくりだとは思いました。

このまま、「声をかくす人」に繋がりますといっても全く違和感のない終わり方です。
あれもそれほどおもしろいと思えなかったし、リンカーンは当分いいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

先人たちの望んだ国に成れたのか?

投稿日:2013/11/27 レビュアー:ゆういちろう

噂には聞いていたが、想像以上にセリフ劇。延々と誰かが喋っている。
ビジュアルで見せる作品を作り続けてきたスピルバーグにとっては、新しいスタイルへの挑戦とも言えそうで、60代半ばという年齢を考えれば、それだけで頭が下がる。
正直、このスタイルのお陰でダイナミックさはなく、退屈ギリギリの仕上がりになっているのだが、僕は意外に見入ってしまった。

セリフは随分と練りこまれているのだろう。わずかなシーンしか登場しない人物も、断片的な言葉から政治的な信条や信念が読み取れる。それぞれのバックグラウンドを想像しながら観ると、没入感は一層高まると思う。

比較的書き込まれた人物の中で、特に印象に残るのはトミー・リー・ジョーンズ演じるスティーブンス議員。リンカーンよりもむしろ人物象が分かりやすく描かれており、それだけに感情移入しやすい。信念を成すために信念を曲げる姿には、ストレートに感動的させられた。

作品としてのトピックは、リンカーンが第13条の修正案を成立させるために演述を行うシーンというより、実は南部連合副大統領に対して語るシーンではないだろうか。
あのセリフは決してアメリカを誇っているわけではなく、リンカーンをはじめとする先人たちが大きな犠牲を払って目指した国に、現実には成れていないことへの懺悔であり、スピルバーグの祈りのように感じる。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大統領の孤独

投稿日:2014/08/14 レビュアー:こうさま

評価76点(100点満点)
主演ダニエル・ディ・ルイスがアカデミー主演男優賞を獲得した作品でアメリカ合衆国16代大統領の最後の4ケ月を描いた伝記ドラマ。
時代は南北戦争の末期ながら戦争シーンはほとんどなく完全な政治映画、リンカーンが目指す合衆国憲法修正案13条の議会での可決に至るまでの経緯が重苦しく描写されており、なかなか良い作品ながら決して「面白い」作品ではない。見終わった後にいささかの疲れを覚えてしまうのは歳のせいだけではなさそう。
「全ての人間は自由であるべき」というのはリンカーンの信念、奴隷問題を争点として勃発した南北戦争は4年を超え毎日多くの同胞の命が失われてゆく。当然戦争終結を求める声は高まってくる、しかしここで停戦すればリンカーンが発効した「奴隷解放宣言」が効果のないまま戦時中の立法として消滅してしまう。真に奴隷解放を目指すリンカーンにとっては合衆国憲法の修正13条を議会で可決しなければならない。修正案の可決と戦争終結、人間の自由と人間の命、このジレンマと戦いながらリンカーンは苦悩するのである。
議会での可決には当然賛成票が必要、共和党内部も決して一枚岩ではないうえに反対勢力から票を獲得しなければならない、ロビイストたちを使ってさまざまな工作が試みられる政治の世界の内幕、リンカーンの信念は揺るがない。
リンカーンは孤独とも戦わなければならない。息子を南北戦争で失った妻はつらくあたるし、もう一人の息子もとことん反抗的、片腕である国務長官にも全てを語れないし本当に彼を支えた人物も見当たらない。ダニエル・ディ・ルイスの重厚な演技が苦悩する疲れ切った大統領を鮮やかに表現している。
かくして奴隷制度は廃止されるがその後に根強い人種差別の時代が続き黒人大統領が就任するまで100年以上を要している。「自由な国」を叫ぶ現代のアメリカにどこか違和感を覚えるのは仕方のないところかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

自由になるのが先でしょ

投稿日:2014/11/10 レビュアー:裸足のラヴァース

ああ 旬は過ぎてるねと 冒頭の泥んこ場面で あ 駄目とわかるのだがしかし

ダニエルディルイスはすごいではないか 勿論「リンカーン」の演技がではないよ! マイケルマンの「ラストオブモヒカン」の
ルイス インディアン役のダニエルがです! 「リンカーン」前にアリバイ作りかよと思えるほど お利口さんなのである 
何故ならリンカーンなんて 黒人の権利なんてどうでもよく 悪く言えば 南北戦争終結のために黒人差別撤廃を利用したわけで 
どうでもよいインディアンは虫けらのように殺戮した歴史的人物なのである<そこまで言う

ダブルスタンダードのスピルバグの「リンカン」は 「戦火の馬」の冒険とうって変ってアカデミー賞獲りの もう一人のスピルバグの
シネマである 何の刺激もない物語と画面があるのだ ディルイスから脇役の皆様までが 黒沢明の演出を受けてるような制度的な
演技をしている

いかにもなリンカーンを コロッケのような物真似演技する ルイスはなかなかのタヌキだ 楽屋に来るダニエルはリンカンになりきって
いるよと言うスタッフは バカヤローおまえは本物のリンカンを知ってるのかよww

撮影・照明はボクの見る限りは駄目で とゆうか映画館の上映環境が悪かったんだけど ちなみに勝王さんと話したとき 
彼は良かったと言われていて?だったんだけど BLで見直すと さすがはカミンスキーでレベルは高いものでした 
がやはりむらがある 法廷の場面など肝心のシーンでは外光のコントロルなど照明に失敗しているのでした

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全47件

リンカーン

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。