リアル鬼ごっこ THE ORIGIN

リアル鬼ごっこ THE ORIGINの画像・ジャケット写真
リアル鬼ごっこ THE ORIGIN / 本郷奏多
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」 の解説・あらすじ・ストーリー

山田悠介のベストセラー小説をTVドラマ化した第3巻。西暦3000年、20人にひとりが佐藤姓を持つ時代。150代目の王は佐藤を減らすため、全国の佐藤に鬼ごっこをさせる政策を発令する。佐藤翼は、そのニュースを大学で知るが…。第5話と第6話を収録。

「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リアル鬼ごっこ THE ORIGINのシリーズ商品


1〜 6件 / 全6件

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN Vol.1

  • 旧作

山田悠介のベストセラー小説をTVドラマ化した第1巻。西暦3000年、20人にひとりが佐藤姓を持つ時代。150代目の王は佐藤を減らすため、全国の佐藤に鬼ごっこをさせる政策を発令する。佐藤翼は、そのニュースを大学で知るが…。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
47分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR2954 2013年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN Vol.2

  • 旧作

全国の佐藤に鬼ごっこをさせ、捕まれば処刑されるという「リアル鬼ごっこ」を描いた山田悠介原作によるTVドラマ第2巻。大学生の佐藤翼、両親の離婚により離れて暮らす妹・佐藤愛、翼の親友・佐藤洋の生き残りを懸けた戦いを描く。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
47分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR2955 2013年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN Vol.3

  • 旧作

山田悠介のベストセラー小説をTVドラマ化した第3巻。西暦3000年、20人にひとりが佐藤姓を持つ時代。150代目の王は佐藤を減らすため、全国の佐藤に鬼ごっこをさせる政策を発令する。佐藤翼は、そのニュースを大学で知るが…。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
47分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR2956 2013年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN Vol.4

  • 旧作

全国の佐藤に鬼ごっこをさせ、捕まれば処刑されるという「リアル鬼ごっこ」を描いた山田悠介原作によるTVドラマ第4巻。大学生の佐藤翼、両親の離婚により離れて暮らす妹・佐藤愛、翼の親友・佐藤洋の生き残りを懸けた戦いを描く。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
47分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR2957 2013年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN Vol.5

  • 旧作

山田悠介のベストセラー小説をTVドラマ化した第5巻。西暦3000年、20人にひとりが佐藤姓を持つ時代。150代目の王は佐藤を減らすため、全国の佐藤に鬼ごっこをさせる政策を発令する。佐藤翼は、そのニュースを大学で知るが…。第9話と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
47分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR2958 2013年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN Vol.6

  • 旧作

全国の佐藤に鬼ごっこをさせ、捕まれば処刑されるという「リアル鬼ごっこ」を描いた山田悠介原作によるTVドラマ第6巻。大学生の佐藤翼、離れて暮らす妹・佐藤愛、翼の親友・佐藤洋の生き残りを懸けた戦いを描く。第11話と最終第12話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
47分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR2959 2013年07月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

1〜 6件 / 全6件

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

DISC 1 ジャストサイズ

投稿日:2014/08/03 レビュアー:みなさん

『リアル鬼ごっこ』のTVドラマ版。先立ってリリースされたナヴィゲーション・ディスクを観て萎えていた気持ちを奮い起こして試聴。
正直、『序章』のレベルだったら「とても12話は完走できないな」と思っていた。拷問と同じだ。戦場を駆け抜けたランボーでも、この苦痛にはたえられないだろう。(笑)
でも、意を決して観始めたら、これが意外と良い出来映えだった。(第1話だから?)

第 1話
西暦 3,000年、若くして即位した王様の許に“佐藤”姓が 500万人に到達した、との報告がなされる。自分も“佐藤”であることから、これを忌み嫌った王様は、“佐藤”を減らす計画を立てる。それが“リアル鬼ごっこ”だった。
期間は1週間。毎日午後11時から深夜0時までの1時間行われる。佐藤は車や電車などで逃亡してはならない。“鬼”に捕まった者は収容され、抵抗した者は殺される。佐藤でない者でも逃亡を幇助した者は厳しく罰せられる。
1週間生き延びた者には王様から“褒美”がつかわされる。
……というお話し。
主人公の佐藤翼は、陸上部のエース。彼は、父親とは別居し、独り暮らしをしている、という設定。
演じるのは、本郷奏多くん。華奢すぎて運動部員に見えないのが、難点。走る姿も美しくない。バネも感じられなかった。
クレジットを見ると、スーパーパイザーもついたようだが、あまり効果はなかったようだ。基本的な運動能力や体の使い方には生来のものがあるから、ちょっとくらい指導されたからと言って、変わるものでもない。
もっと走る姿が美しい役者さんが良かったなぁ。(笑)

第 2話
寸でのところで1日目を生き延びた佐藤翼。目の前で犠牲になった“佐藤”の姿を見てショックを隠せない。
夜が明けて、翼は父親の消息を確かめに実家を訪れる。父親は生きていた。けれど、相変わらず酒浸り。それが原因で家族はバラバラになったと言うのに……。
いたたまれなくなって町に出た翼は、洋と再会する。彼もまた“佐藤”だった。
……というお話し。
ここで佐藤翼の生い立ちや妹の存在などが明かされる。
途中、知り合いになった万引き少女が妹の佐藤愛かと思っていたら、どうも違うらしい。いまどきの女の子は制服姿だと見分けがつかないな。(笑)
また、友人の佐藤洋が、翼の心情を代弁する役回りになっている。けれど、キャラが立っていないことと、翼の台詞なのか洋の台詞なのか区別がつかない稚拙な脚本のため、ちょっと存在感が薄い。幽霊みたいだ。明らかに脚本と演出の失敗だ。

或る意味、TVがジャストサイズのシリーズなのかも知れない。映画としてスクリーンにかけるには、この素材は小粒なのだ。TVと言っても、居間に置くような大画面ではなく、個人の居室に置くような小さいサイズがいい。20インチ以下がベストな気がする。
それなら、発色も保てるし、クリアだ。内容的にも皆でワイワイ観るようなものでもない。どちらかと言えば、深夜に1人で観るものだ。
そういう点では、企画の成功と言えるだろう。

ちょっぴりオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DISC 6 最後の願い

投稿日:2014/08/21 レビュアー:みなさん

『リアル鬼ごっこ』のTVドラマ版のディスク6。最後の1枚である。
これで映画版の1作目から始まったシリーズも、ようやく完結。長かったぁ。(汗)

第11話
赤鬼に妹の愛を連れ去られた翼は、洋と再会する。鬼に捕まった後、護送車から逃げて来たのだと言う。
意気消沈していた翼だったが、洋に励まされて再び走り抜く決意をする。
一方、王宮に連れて来られた愛は、反抗的な態度を崩さない。けれど、王様はそんな愛を気に入り、結婚すると言い出す。
……というお話し。
予算がないのは理解しているが、衣装のチープさは、ちょっと哀しい。或いは、イメージの貧困さが為せるワザか……。いずれにせよ、このチープさが、足を引っ張ったのは事実だ。
また、脚本の稚拙さもブレーキになった。再三再四述べて来たことだが、登場人物を活かせなかったことは大きなマイナスだろう。
それに、終盤になって鬼ごっこ政策の社会への影響だの説明されたって、説得力はない。そもそも、あんな王様を生かしておくこと自体、間違っているんだってことに早く気づけよ。おとぎ話じゃないんだからさ。どう考えても、もっと早い段階で暗殺されているな。(笑)

第12話
7日目、最後の鬼ごっこが始まる。逃げ延びれば、願いが叶えられる。翼は、親友の犠牲を礎に走り抜ける。
けれど、“佐藤”さん1人に何千人もの鬼が解き放たれている。到底、勝ち目はなかった。翼は陸橋の上で力尽き、鬼たちに取り囲まれる。
その頃、王宮では、王様を殺そうとした愛が、拘束されていた。
……というお話し。
翼の最後の願いが何のか、製作サイドは、その興味だけで引っ張って来たつもりだろうが、成功したとは言い難い。あのクライマックスは、「ああ、やっぱりそうか」と思ってしまった。もうちょっと驚かせて欲しかった。(笑)
全体を通して生ぬるい演出と脚本は、僅か12話のTVドラマでは致命的だと言える。アクション・シーンをみても、畑ちがいの監督さんであることは明白だった。アクション演出に秀でた監督さんだったら、もっと違うイメージに仕上げられたかも知れない。

主人公の佐藤翼を演じたのは、本郷奏多くん。たまに見せる拗ねた目つきが好きではないが、頑張って走っていた。
ただ、とても長距離を走るフォームに見えなかったのはザンネン。さりとて短距離の瞬発力も感じられなかった。演出の問題もあるだろうが……。

親友の佐藤洋を演じたのは、横浜流星くん。まるでホストのような名前とルックスが切ない。ちゃんとした役者になるには、イメチェンが必要だろうなぁ。どうするんだろ。(笑)

本作品で一番の収穫だったのは、清水富美加さんだろう。佐藤翼の妹の愛を演じていた。
演技を云々するよりも、そのキャラクタに惹かれるものがあった。美人ではないしスタイルがいいわけではない。むしろ、等身大の女の子を演じてムリがないって感じだった。他の作品も観てみたい。(笑)

余韻の残るエンディングに、ちょっとだけオススメにしておきましょう!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

幾つになっても鬼ごっこは…

投稿日:2013/07/12 レビュアー:サランヘ

そのネーミング故に、コミック、映画、テレビドラマ、ゲームにまで様々なバージョンが展開されています。
原作は山田悠介氏の同名小説で、中・高生には絶大な人気らしいですが、小説としては口語形が多用され、おっさん世代には意味不明な部分も多く支持されにくいのではないかと思います。
ただ、これが映画になりますと意味不明だった表現の部分が解説されていますし、内容的にも鬼ごっこ世代の私たちでも十分楽しめましたので、小説よりも映画の方が我々世代ではポイントが高いと思います。
そしてそれをさらにブラッシュアップしたのがドラマとなります。原作を忠実に再現しながら、映画の良いところを吸収して、より娯楽性の高い作品に仕上がっていると思います。
何と言っても日本人の姓で最も多い“佐藤”と名乗る者とっ捕まえて殺してしまうというのですからセンセーショナルですし、私の隣にいる“佐藤さん”は大丈夫なのかなんて思ってしまいます。



おまけ:ドラマとは直接関係ありませんが、朝鮮半島に“李氏朝鮮王朝”を興した李成桂(イ・ソンゲ)は、自らが倒した高麗王朝の反逆を恐れ、自国の安全を守るため高麗王朝の王一族と同姓の“王”という姓をもつ者を皆殺しにする命令を発したそうです。そこで“王”という姓の庶民は“王”につながる“全”“玉”“田”等の姓に改姓して難を逃れたそうです。
日本での“佐藤”の姓は元々“藤原”でしたが、平安時代にあまりにも“藤原”が多くなりすぎたため、地名や職業、役職などに“藤原”を組み合わせて新しい名字を作ったというものです。地名では佐渡の藤原氏、役職名では、佐(スケ)や左衛門尉(さえもんのじょう)という役職にくっつけて“佐藤”と名乗ったものもあるそうです。
因みに、日本で二番目は“鈴木”、三番目は“高橋”となります。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DISC 5 シンプルなストーリーと巧みな伏線をご所望です

投稿日:2014/08/15 レビュアー:みなさん

『リアル鬼ごっこ』のTVドラマ版のディスク5。
物語も大詰めだが、収束して行く気配はない。(笑) 新しい登場人物が出て来ては1話で消えて行く。ヘタクソだなぁと思う。思い返してみると、本作品は最初からそうだ。万引き少女やヘンなサラリーマン、洋の職場の先輩、佐藤隆幸……、1話完結のドラマじゃないんだから、もっとキャラクタを大切にすべきだと思う。連続ドラマの利点を活かせていないなぁ。

第 9話
“鬼ごっこ”政策も残すところ2日となった。王様は、新しいルールを発令し、“佐藤”さんを追い詰める。
一方、翼は、着替えを取りにアパートに戻ったところ、吉田と再会する。陸上部の仲間だ。翼の苦しみを他人事のように考える陸上部に愛想を尽かして辞めた、と言う。
助けになりたい、と言う吉田の言葉に甘える翼だったが、そんなに簡単に他人を信用するものではない、と愛にたしなめられる。
……というお話し。
“鬼ごっこ”が、王様が打ち出した“政策”であると知ってビックリ。(笑) 或る意味、政策と言ってしまうところにダイアローグの稚拙さがうかかえる。人間、勉強しないといけないなとしみじみ思った。
父親が教えてくれた逃走経路も、大して役に立たなかったことも不満。手引きがあったとはいえ、あっという間に鬼に踏み込まれてしまう。(笑)
わざわざ愛の入浴中にカプセルに入れて投げ込むほどの価値はあったのか? 郵送じゃダメだったのか?
そう言えば、最初の赤鬼もミッションに失敗して殺されてしまう。アイテムやギミックやキャラクタを大切できないのは、駄作の証だな。

第10話
赤鬼から逃げる途中で崖から落ちた翼と愛。気を失った愛を抱えて、翼は何とか廃屋にたどり着いた。
けれど、まだ鬼ごっこの最中だ。じわじわ包囲網が縮まっている。幸いなことに赤鬼の姿はない。
動けない愛から鬼たちを引き離すため、翼はオトリとなって走り始める。
何とか彼らをまいて小屋に戻って来ると、そこに赤鬼が待っていた。
……というお話し。
翼と愛が子供の頃の話しをする。それがエンディングに繋がる。それはそれで善いが、翼が家庭を欲する描写を第1話から丹念に描き込んで欲しかった。そうすれば、翼が父親を嫌い、愛を探す動機が納得出来ただろう。(父親との和解も描けたんじゃないかなぁ)
王様の演技がこなれて来て、面白くなって来た。

シンプルなストーリーだからこそ、登場人物には凝って、伏線を張り巡らせて欲しいと思う。ここに来て、ようやく興味を惹く謎が散りばめられたので、ちょっと見直した。(笑)
例えば、
赤鬼の正体とか、
どうやって赤鬼になることを説得したのかとか、
最後の願いは何なのかとか、
――最後まで引っ張る工夫がなされている。

せめて、これぐらいはして貰わないとオススメ出来ないな。最後くらいは締めて欲しい。ガンバレ!(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DISC 4 兄と妹のちょっとアブナイ関係

投稿日:2014/08/13 レビュアー:みなさん

『リアル鬼ごっこ』のTVドラマ版のディスク4。
物語に展開が見られるものの、監督さんの演出としては底が透けて見えた感じ。スリラーとしての面白さを演出する力は、おそらくないだろう。

第 7話
熱を出して倒れた愛を看病する翼は、窓の外に不審な人物を見掛ける。ハンチング帽をかぶった男は、翼に見咎められて直ぐに逃げてしまう。しかし、その男は3日目の鬼ごっこの時に愛を助けた男と似ていた。
翌日、愛が入浴していると、逃走経路を記したメモが投げ込まれる。
その筆跡から2人は父親が生きていることを確信する。愛を助けた男も、ハンチング帽の男も父親だったのだ。
……というお話し。
前半は、まるでオタクくんが妄想する妹系のラブコメ。(笑) それはそれで楽しくて良いけどね。然も、入浴シーンというサービス付き。たぶん、監督さんか脚本家の嗜好なのだろう。何だかヘンな方向に寄り道しているなぁと思える1話だった。
清水富美加さんが演じる愛のサバイバリティが光る脚本だった。(アニメっぽいが……)

第 8話
吐血した父親を病院に運び込んだ翼と愛。しかし、父親は肝臓癌で余命も僅かだった。
“佐藤”に協力したと思われたくない病院側を説得して何とか父親を入院させた翼と愛。
しかし、案の定、鬼ごっこが始まると、病院は鬼に取り囲まれてしまう。2人は、病院内での鬼ごっこを乗り切るために計画を立てる。
一方、王宮では佐藤愛を捕まえるために、鬼ごっこに“赤鬼”を投入する。
……というお話し。
鬼に捕まった人たちは、直ぐに抹殺されるわけではないらしい。公式発表ほどには“佐藤”さんは減っていないようだ。こうした誤謬は、現実の世界も虚構の世界も同じなんだと感心してしまった。(笑)
病院内での“鬼ごっこ”は面白そうな設定だったのに、ドタバタするだけで緊張感のカケラもなかった。……もうちょっと、ちゃんとした演出をしようよ、監督さん。(溜息)

“鬼ごっこ”をサスペンスフルにスリリングに描くことが、本作品の目的だったはず。いつかは面白いアクションが見られるだろうと期待していたが、どうやら、その可能性も潰えてしまったようだ。

監督は、副島宏司さん。『リアル鬼ごっこ2』で助監督をなさっていた方で、そんなところから今回の抜擢なのだろうが、どうも“畑”が違うような気がする。

この際だから、兄と妹のちょっとアブナイ関係を描いたラブコメ路線に昇華させた方が、無難かも知れない。(笑)

このままでは、オススメ出来ないかなぁ。ザンネン!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN

月額課金で借りる

都度課金で借りる