エンド・オブ・ザ・ワールド

エンド・オブ・ザ・ワールドの画像・ジャケット写真
エンド・オブ・ザ・ワールド / キーラ・ナイトレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「エンド・オブ・ザ・ワールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

地球滅亡が目前に迫る世界を舞台に、ひょんなことから2人旅に繰り出す男女の道行きを綴る異色のロマンティック・ロード・ムービー。主演は「ゲット スマート」のスティーヴ・カレルと「プライドと偏見」のキーラ・ナイトレイ。監督は本作がデビューとなるローリーン・スカファリア。小惑星の衝突による人類滅亡まで、あと21日となった地球。突然、妻に去られたドッジは、両親に会えないと泣き崩れる隣人の女性ペニーと初めて言葉を交わす。翌日、彼女のもとに誤って送られていたドッジ宛ての手紙3年分を渡される。やがて、その中に彼が今でも想い続ける高校時代の恋人オリヴィアからの手紙を見つける。彼はオリヴィアに一目会いたいと、ペニーと一緒に旅に出るが…。

「エンド・オブ・ザ・ワールド」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORL

「エンド・オブ・ザ・ワールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

エンド・オブ・ザ・ワールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
101分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MPF11301 2013年06月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

【Blu-ray】エンド・オブ・ザ・ワールド(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
101分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MPF11302 2013年06月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

悲壮感なしの終末映画

投稿日:2013/05/21 レビュアー:ミルクチョコ

「未体験ゾーンの映画たち2013」
世界滅亡を21日後に控えた世界で、最愛の人に会いに行くことを決めた中年男と隣人女性の不思議な旅と恋の行方を描きます。
「世界が終わるとしたら一体何をしていたいか」という問いに関して、主人公のドッジ(スティーヴ・カレル)は、妻に去られても、一人、普段の生活をしようとします。
小惑星衝突で地球滅亡が決定的となったある日、ドッジは同じアパートに住むペニー(キーラ・ナイトレイ)に高校時代の恋人・オリヴィアからの手紙を渡されます。ドッジは彼女に会うためにペニーのクルマで出発します。

地球滅亡を描く映画が多いですね。近年では『メランコリア』『4:44 地球最期の日』のように、静かに滅亡を受け入れるものが増えてるような気がします。
パーティでの乱痴気騒ぎや、ペニーの恋人の描き方など無駄にドタバタしてしまっているのが、ちょっと勿体ないですね。
暴動や略奪などシーンもあるけれど、さほど悲壮感はなく、ノリは軽いです。
むしろ、悲しみよりも、その瞬間の満ち足りた感動の方が大きいような気がしました。
最初は互い助け合うだけの近所の顔見知りなドッジとペニーが、次第にその人柄に惹かれ、最後は慈しみ合うようになる姿が凄く自然で、ハーモニカの秘密など、伏線もしっかり仕込まれていて上手いです。
印象的だったのは、主人公の家政婦さん。彼女のようにいつもと変わらない日常を過ごせたら、それが一番なのかもしれませんね。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

余韻が・・・なんか泣けちゃったんですけど

投稿日:2013/08/29 レビュアー:飛べない魔女

私にはすごく良かったです。
アルマゲドン計画が失敗に終わって、小惑星の衝突を避けることが出来なくなった人類は
終末へのカウントダウンを始めます。
カウントダウンが始まったとたんに、自分の元を去った妻。
一番好きな人と過ごすために出て行ったのでしょう。
自分が妻にとって大切な存在ではなかったことで、自暴自棄になりそうだけど、
保険の営業をしているドッジは、普通の日常を過ごそうとします。
隣人のベニーは、家族の元にどうしても帰りたいのに、最終便(本当の意味での最終です)が出てしまい
帰ることが出来なくなり悲しみにくれます。
そんな赤の他人の二人が、カウントダウンの中、本当の愛を見つけていくという、ロマンチックロードムビーです。

暴動を起こす人もいれば
いつもと変わらず普通に仕事している人もいる。
乱交パーティーで誰かれとなくセックスしちゃう人や
乱痴気騒ぎをして気を紛らそうとする人や
のんびり海辺で寝そべって家族とともに過ごす人もいる。
自分の余命が判っているのなら、あえてじたばたせずに穏やかにそのときを迎えようとする冷静な人たちです。
来るはずの無い来週を知っているのに、ではまた来週・・と笑って言える人もいます。

残された限りある時を誰とどうやって過ごすのか
その時を迎えたときに幸せな気持ちで迎えられることが出来るのか
人それぞれでしょうけど、私もやっぱり一番大切な人たちと一緒にいたいと思います。
人類オール滅亡ならば、みんな一緒なら、ちっとも怖くないのかもしれませんね。
万が一生き残ったりしたら、その方が地獄かもしれません。

ラストの余韻がすごくて、涙が自然と頬を伝っていきました。
感情移入しすぎです、わたし・・(;^_^A


このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

地球滅亡ロマンティック

投稿日:2013/04/03 レビュアー:よふかし

 最近本当に地球滅亡ものが多いですね。
 この映画は小惑星の衝突が避けられなくなり地球最後の日が迫るという定番のお話を、ロマンティック・コメディ&ロード・ムービー風に描こうという発想の作品。意外とうまくまとまっていて、なかなか面白かったです。
 最後に滅亡がくることは分かっているのですが、なんとなく現実感が持てないというか、暴動に加わったり自殺したりもしないとしたら、じゃあ何をしたらいいのか。昔の恋人や家族に会いに行くわけですね。
 こういうジャンル映画を視点を変えて描くというのがシャマラン以降ずっと流行していますが、この作品の功労者はなんといってもスティーブ・カレルじゃないでしょうか。
 内面の焦りや葛藤があまり表面に出ず、ジワリ出てきてユーモアに変換される。その淡々とした持ち味が、うっかりすると単なるギャグ映画に堕ちかねないこの題材を見事に制していると思います。
 この人はやっぱりナンセンスなコメディより、こういう人情劇というか本質的には悲劇のコメディのほうが合う人なんじゃないでしょうか。
 相手役のキーラ・ナイトレイは、珍しく(?)割合と普通の女の子役。でもどこか神経質な感じが出ているのも、カレルとの相性がいいんじゃないかと思いました。この二人だと、なぜかあまり性的な感じがでないんですね。
 終盤の展開はちょっとうーん甘すぎるかなあと思わないでもない(ナイトレイを飛行機に乗せるマーティン・シーンがらみの話)のですが、淡々と進んできた分、ラストのふたりのシーンは大変印象に残るものになりました。
 安易なハッピーエンドに逃げないのは当然ですが、メジャー作品ではできないですね。60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

地球最期な感じがしない、地球最期の日映画。

投稿日:2013/06/26 レビュアー:MM3

地球最期、滅亡を描いた映画って
こう、もっと悲壮感、絶望感たっぷりで
どんよりしてるのばっか観たけど
これは、それとは対極。

まったく、悲壮感も絶望感も感じない(笑


劇中では「最後だ」って言ってるけど
この登場人物がそう感じない(笑

スティーブカレルが演じるこの男は
もう、滅亡しちゃってもいいと思ってるから(笑

ってことで、ちょっと珍しい気もしたんだけど
なんか眠気が襲ってくるんですよね・・・
なんでだろう・・・・


でも、ひょんなことから
ロードムービーに転じるのは
面白いかったかな・・・と思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

死ぬまでにしたい事柄

投稿日:2013/06/22 レビュアー:恋次郎

エンド・オブ・ザ・ワールドという同名作品を3作借りてみました。
一番よかったのが、これでした。

40歳の童貞男のスティーブ・カレルが主人公。悲惨な物語にはならないだろうとうかがい知れます。
ヒロイン相手役には現代劇は最近珍しいキーラ・ナイトレイ。コメディエンヌとはいきませんが、そんなに重くなく昔のウィノラ・ライダーが得意そうなずぼらな感じがスティーブ・カレルと似合いでした。

地球は昔ならメテオ、チョイ前ならハルマゲドンやディープ・インパクトな小惑星衝突により滅びようとしている状況での庶民の話です。

もうすぐ地球はお終いになるかもって時も勤める保険会社にいくカレルの気持ち、ちょっとわかりますね。
もうすぐみんな死ぬんだってセックスやドラッグに走る人たちや暴動を起こす人、自殺してしまう人など
もうすぐもうすぐとタイムリミットが近づくにつれ誰と一緒に最期を迎えたいか
に集約されてきます。ただの隣人だった二人がだした結論に、いいね と思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全25件

エンド・オブ・ザ・ワールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる