崖っぷちの男

崖っぷちの男の画像・ジャケット写真
崖っぷちの男 / エリザベス・バンクス
全体の平均評価点:
(5点満点)

74

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「崖っぷちの男」 の解説・あらすじ・ストーリー

「タイタンの戦い」のサム・ワーシントン主演のサスペンス・アクション。NYの高層ビルから飛び降りようとする男が、説得を試みる女刑事を相手に緊迫のやりとりを繰り広げる中、次第に男の隠された狙いが明らかとなっていくさまを、予測不能の展開でスリリングに描き出す。マンハッタンの高級ホテル。ひとりの男が21階の窓枠を乗り越え、幅わずか30cmの縁に立ち、いまにも飛び降りようとしていた。街中が騒然とする中、男は交渉の相手として女性刑事リディアを指名する。やがて男の素性が、30億円のダイヤ横領の罪で服役中に脱獄したNY市警の元警察官ニックと判明する。ヤジ馬が見守る中、リディアに対し自らの潔白を証明しようとするニックだったが…。

「崖っぷちの男」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: MAN ON A LEDGE

「崖っぷちの男」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

崖っぷちの男の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日 英 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDR1407 2013年01月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 0人

【Blu-ray】崖っぷちの男(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR1407 2013年01月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:74件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全74件

崖っぷちに立つ男の本当の目的とは?

投稿日:2013/01/08 レビュアー:ミルクチョコ

NYの由緒あるルーズベルトホテル。その21階の窓の外、幅35センチの外壁に突如、ある男ニック(サム・ワーシントン)が立ち尽くします。男は自殺志願者と見なされ、騒ぎを聞きつけたNY市警は近辺を封鎖し、マスコミまでもが彼の動向に注目し始めます。実は、私このホテルに泊まったことがあります。しかも3・11の地震が起きた時に、このホテルからニュースをTVで食い入るように見ていました。場所は便利なところにありますが、中は古いですよ。カチンカチンと音を立てるスチームが故障していて、度々修理を依頼しました。暖房が切れると物凄く寒かったです。このホテルが舞台になっているなんて!ちょっとビックリでした。

男は、部屋に戻る事を促す刑事に、交渉人として最近仕事に失敗した女性刑事リディア(エリザベス・バンクス)を指名します。彼女の説得も始まりますが、男は要求や理由を明かそうとしないまま、ただ時間を潰すばかり。。。
男はダイアモンド横領罪で収監されていた元警官。再び姿を現したのは高層ビルの上でした。野次馬の関心を集め、時間を稼ぐ男は、周囲を巻き込んで計画が始まります。
男を罠に嵌めた真犯人をいかに出し抜くのか?その駆け引きが面白かったです。
どうも、ダイヤ横領事件には裏があり、彼は濡れ衣を着せられているのだと分かります。リディアに情報を小出しにして濡れ衣と分からせるプロセスが上手いです。
徐々に明らかになっていく男の真意と自殺に見せかけた陰で繰り広げられる手に汗握る侵入劇。
己の無実を証明すべく、緻密に練られた驚愕の計画とは?

突っ込みどころは多々ありますが、リアリティ無用の娯楽映画として楽しめました。 
エド・ハリスの安定した悪人ぶりや、脇の役者さんも、派手さはないですが良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 25人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

90点(秀作)ネタバレ

投稿日:2013/02/03 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

か〜なり「ひやひや」させられた。
「高所の恐怖」を思う存分に演出させた腕前がペカリと光る!
セット舞台で演じたのをVFXやCGを使って処理した場面もあるけれど
実際に21階の窓外で命綱をつけながら演技したってんだから驚きだ。

本作と似たような映画「ザ・レッジ 12時の死刑台」がある。
そっちは死ぬために窓外の縁に立つ訳だが高所の恐怖感は無い。
こっちは自分の無実を晴らすために窓外の縁に立つ。

窓外で無実をただ叫んだ所で頭の悪い単なる自殺志願者にしか見えないが
警察や犯人の全視線を自分に向けさせといて
実はその間に他の場所で無実の証拠探しをさせていると言う賢い話。
ただ・・あまりにも簡単に?泥棒できちゃったり・・
それまでの手に汗握るじっくりマジメ演技から
ラストはエンタメ系?に180度回転・・

ハラハラするので居ても立ってもいられず何度も起き上がったりしたぜぇ^^

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

"ノンストップ・アクション・サスペンス"面白かったです!((^^))!♪

投稿日:2013/01/27 レビュアー:mikitty.

「アバター」「タイタンの戦い」のサム・ワーシントン主演で贈るノンストップ・アクション・サスペンスです。
NYの歴史あるルーズベルトホテル21階の外壁に立ち今まさに飛び降りようとしている男がいる。彼は元NY市警の警察官ニック(サム・ワーシントン)です。
実は、ダイヤ横領の罪を着せられ服役中だったが脱獄し、その後、ホテルにチェックインする。そしてメモを残し指紋を拭き取り窓から出たのだ。
ニックに気がつき大勢の野次馬と報道関係者が押しかけた。そんな群集が見守る中、交渉人には過去に失敗もある女刑事リディアを敢えて指名する。
ニックは、素性が知られるとそれとなくリディアに潔白を訴える。そんな中、実は密かに、ある人物たちと1年前から練っていた計画を進めていたのです。
これがとてもスリルがありハラハラドキドキしました。それにクライマックスでのニックの派手なアクションも見逃せません。まさに手に汗握る展開でした。
ラストは超スッキリ、面白かったです。おススメいたします。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

座って見てられないほどスリリング!ネタバレ

投稿日:2013/01/27 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主人公が刑務所を脱走、ホテルの21階の窓の外に立って自殺を図ろうとする…という衝撃の展開ですが
わりと早いうちにおおまかな展開と結末が読めてしまいます(ディズニー映画だし、スカッと明るく終わるよね?!)
でもハラハラして座っていられないほどでした^^;

しかし、協力者のあの2人のコミカルさはなんなの?緊迫シーンであんなこと言うか?^^; …とは思いましたが、
主人公のシリアスさと対照的で、メリハリがつくというか、効果的だったと思います。
なんせ彼女がいなかったら、作戦は成功しなかったね。あの度胸と明るさはラテン系特有のものかも(^o^)

エド・ハリスは極悪人のはずなのに、なんか憎めなかった…「チワワがしゃべったぞ」のセリフや
投げキッスのシーン、かわいかったです♪

きわめてシンプルな物語ですが、かなりエキサイトして引き込まれました。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

熊さんみたいな手

投稿日:2012/12/10 レビュアー:パープルローズ

マンハッタンの高層ホテルにチェックインしようとするひとりの男。
オファーされた広い部屋よりも、眺めのいい部屋を選んだ男は、ルームサービスの食事を済ませると、ナイフやフォークの指紋をぬぐい、メモを残しす。
そして男は窓枠を乗り越え、今にも飛び降りそうなそぶりをみせる。

サム・ワーシントンって好みじゃないんですよねえ。最近ますますおっさん臭くなってきた気がします。
食事のシーンで手が写し出されるのですが、まるで熊さんみたいな手で、爪がまん丸。あ〜、いやだいやだ。
客席はガラガラで、公開3週目ですでに上映回数はぐっと減らされてましたが、やっぱり主役がいまいちパッとしないからじゃないかな。


男の「飛び降り」は、なんらかの計画を隠すための人寄せパンダ的な行動であるだろうことは、予告編から容易に想像でき、全くその通りの展開ではありました。

そのある「計画」の真の実行者は、男の弟ジェイミー・ベル。
ジェイミーといえば、いつまでたっても「リトル・ダンサー」のビリーのイメージが抜けないので、セクシーな彼女とエッチな会話をしてるとこなんか、「え〜、やめて〜!!」と思ってしまうんだけど、この人ももう20代後半。最近結婚しちゃいましたよね(泣)。

人の目をひきつけるために、あんな高層階の足元がゾワゾワとするような場所に長時間いるのと、実際に計画を実行するのと、どっちが大変かなあと考えながら観てしまいました。
サム・ワーシントンは高所恐怖症らしいですが、後半では壁を飛ぶように渡ってみたり、果ては決死のダイブで、(スタントだろうけど)頑張ってました。
最後の「指輪」と「お父さん」は、それはないやろ?と思っちゃったけど、けっこう楽しめました。
かえすがえすも、主役がこの人でなければ。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全74件

崖っぷちの男