赤道の男

赤道の男の画像・ジャケット写真
赤道の男 / オム・テウン
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
ジャンル:

「赤道の男」 の解説・あらすじ・ストーリー

『魔王』のオム・テウンと『太陽の女』の脚本家、キム・イニョンがタッグを組み、壮絶な復讐劇を描いたドラマ。親友だったソヌとジャンイルの運命は、復讐と罪悪、嫉妬と愛を重ねて大きく崩れ落ち始める。

「赤道の男」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: 韓国

「赤道の男」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

赤道の男のシリーズ商品


1〜 10件 / 全10件

1 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
128分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10866 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 0人 0人

2 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
129分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10867 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 0人

3 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10868 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

4 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
129分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10869 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 1人 0人

5 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
129分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10870 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 1人

6 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
128分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10871 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

7 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
127分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10872 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

8 赤道の男

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
127分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10873 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 0人

9 赤道の男

  • 旧作

『魔王』のオム・テウンと『太陽の女』の脚本家、キム・イニョンがタッグを組み、壮絶な復讐劇を描いたドラマ。親友だったソヌとジャンイルの運命は、復讐と罪悪、嫉妬と愛を重ねて大きく崩れ落ち始める。

収録時間: 字幕: 音声:
128分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10874 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

10 赤道の男 <完>

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
138分 日本語 1:ドルビーデジタル//韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10875 2013年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

1〜 10件 / 全10件

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

親友から敵対へ

投稿日:2012/12/21 レビュアー:サランヘ

出生の秘密に記憶喪失、三角関係に視力喪失までプラスして、親友だったジャンイル(イ・ジュニョクssi)とソヌ(オム・テウンssi)が、ヨンベ(イ・ウォンジョンssi)とノシク(キム・ヨンチョルssi)のせいで敵対関係となって復讐の炎を燃やすという、推理小説顔負けの展開が視聴者を惹きつけます。
「復活」といい本作といい、オム・テウンのこの手のドラマでハズレは有りませんね。
本作では4話からのオム・テウンにバトンタッチするまでの少年時代を演じたイ・ヒョヌ君がピカイチでした。復讐の種蒔きとなったドラマのツカミ部分を見事に演じて、一気に視聴者の関心を集めました。
中盤の第10話でソヌの視力は回復しますが、空白の13年間が以前のソヌからは想像もできないほどの男に変えています。
ドラマ自体は、どいつが悪でどいつが善かはっきり色分けできますので、後は復讐のための手段をどうするかですね。(見てのお楽しみ)
鍵を握るのは一体だれか、歯車のようにつながる相関関係と、その中の人物間の繊細な心理描写がきっとあなたを虜にするはずです。
人気番組が集中した同時間帯の水・木ドラマにあって、15%の視聴率を獲得して頂点に立った人気作をお楽しみください。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

力作です!ネタバレ

投稿日:2012/12/16 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

名作「復活」の「オム・テウン」が再び「復讐劇」に登場ということで、個人的に期待が高かったドラマです。

序盤、少年時代の主人公ソヌとジャンイルの友情。そして裏切り。決別あたりがまず視聴者の心をつかむでしょう。
主人公である高校時代のソヌが、人間的にとても清潔で男らしく素敵なんですよ!
貧しい中でもソヌと父親にはしっかりした絆があり、ソヌには絵が上手なスミやちょっと太めのグムチュルという友達もいます。
(釜山での生活が、ソヌには一番幸せだったんだろうなあ。)
子役から大人の俳優になってからは、目が不自由なソヌ「オム・テウン」と元お嬢様の大学生ジウォン「イ・ボヨン」の「声による心の通い合い」がとても印象的でした。
(普段あまり演技には感心しない「イ・ボヨン」なんですが、この時代の彼女の演技はとても好感が持てました。)
前半は、複雑に絡み合う人間関係が丁寧に描かれ、ハラハラ感は12話、13話あたりがピークだったかしら。
復讐が本格的に始まってからは、追い詰められてゆく検事ジャンイル「イ・ジュニョク」が気の毒で痛々しく、私の中では熱がやや冷めてしまいました。

「復讐」せざるを得ないけれど、徹底的に相手を叩きのめすと結局自分が壊れる。というのが、「復讐の鉄則」なのではないでしょうか。
「復讐をどこで思いとどまりますか?」
逆に「どこで、逃げることをやめ心から謝りますか?」
その主人公たちの葛藤に心を痛め、なりゆきを見守り納得感があると「見ていてよかった」と思える「復讐劇」になる気がします。
(このドラマは終盤が私には納得感が足りませんでした。)
力作だけに、惜しいな。もったいないな。というのが、正直な感想なんですが、、、。
例によって、期待が高すぎたせいかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

復讐とヘミングウェイネタバレ

投稿日:2013/06/28 レビュアー:ken_ken

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「赤道の男」って・・B級アクションか?な〜んか、食欲をそそられそうにもないタイトルだな・・
と思ったけど、病床に臥せっていたときにBS放送を垣間見たのがきっかけで、本格参戦してしまいました。
なぜかと言うと、オム・テウン(ソヌ役)ですよ!決して好みのタイプではないんですけど、
個性的ですよね!
特に前半の目が不自由なときの表情、斜視が入ったりしてすごい。
魅せられるぅぅ〜
また、お相手が最近絶好調のイ・ボヨン(ヘミングウェイのヘミングさん)。
この人も好きなタイプじゃなかったんですけど、前々作の「愛情万々歳」はよかったし、
現在の「いとしのソヨン」がまたいい。
で、これがそれ以上にぐーんといい!と来ている。
「ソヨン」は前髪で眉が隠れているんだけど、ここではキリリとした眉が全開で、
より、クールビューティーさが増している。
オム・テウンととても似合ってる。
まあ、私はこの前半だけで★は4.5なんだけど、復讐に走る後半がな、、、

どうも復讐の親玉のチン会長(キム・ヨンチョル)が憎めない。
婚約者だったソヌ母への狂おしい愛ゆえの憎しみで、ソヌ母も親友も破滅させてしまうバカな男。
事業家としては成功してもな、こんな人生ありなのかな?憐れに思えてしまう。
キム・ヨンチョルがうまかったのか?愛の心情が自分のフィーリングにマッチしちゃって、
どうも悪く思えない、私の方がバカか?

それに比べて、ソヌ友のジャンイル(イ・ジュニョク)とその父親。同情の余地がない!
全編中ほとんど身勝手の自分主義。
子役時代はソヌをイ・ヒョヌ、ヘミングさん子役が一目ぼれするのがわかる、男気あって爽やか。
ジャンイル子役はハンサムなシワン君が演じているんだけど、この時代から野心的で、シワン君には悪いけど今回は好感度はない!

後半は、罪の意識におののきながら、出世街道を行くジャンイルの暗さに参ってしまった。
父子の小市民的な気の弱さが好みではない!
ああ、さっさと吐けやァ〜あやまらんかァ〜
こんな感じで観ていました。

「赤道の男」、タイトルはヘミングウェイをイメージしてつけたんですね。
ヘミングさんが録音した「老人と海」のオーディオブックをソヌが耳にするときやっと気が付きました。
それで、最後は「キリマンジャロの雪」風で締めくくり。
おまけ、くるくる回ってのキスシーンは最高の私好み。

思わぬ拾い物でした。
やっぱ、先入観はいかんとですよ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

赤道の男廃人ネタバレ

投稿日:2013/01/31 レビュアー:アスパラ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作品、み終わっても頭から離れず、しばし「赤道の男廃人」化しておりました。
昨年、韓国で放映され高視聴率をマークして、ソヌ役のオム・テウンさんの鳥肌たつ演技が話題になっていたので早速レンタルさせて頂きました。
子役さん時代から、始まるので大人の俳優さんにバトンタッチした時に、オム・テウンさんが断然年上だったのでちょっと違和感がありましたが、そんなこと忘れさせる作品でした。
回が進むにつれて先が観たくて観たくて・・・敵役のキム・ソヌ(オム・テウン)とイ・ジャンイル(イ・ジュニョク)さんは、もちろんの事、知っているのか知らないのか
解らない人たちとの腹の探り合い。その会話の緊張感がたまらなく、色んな人たちとの心理戦に引き込まれます。
主役だけではなく、周りの人それぞれの人生が「えぇ〜〜」って思うぐらい絡み合っています。「赤道の男」ワールドにどっぷりハマってみて下さい。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1巻〜10巻までを視聴後の感想ネタバレ

投稿日:2013/01/21 レビュアー:sakuchan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オム・テウンの瞳孔の演技、見えない状態から見えてるのに見えない振りをするときの眼の焦点が合う瞬間とか、イ・ジュニョクのテウンを恨む顔の演技
イ・ウォンジョンの憎たらしい顔の縁起は素晴らしいと思います。女優陣は・・さほどすごいと感じた人はいませんでしたが。。。

オム・テウンの復讐ものはすごく好きなので「復活」「魔王」に続けて楽しみにしていました。
面白くてあっという間に見てしまいましたが、最後の詰めは甘いように思いました。(残念)
韓国の放送中、19話で放送事故があり最後の10分でぷっつり切れてしまったと聞きました。
そのせいなのかわからないけど、最終話の最初は前回のあらすじが10分くらい、最後はオム・テウンの髪型が
コロコロ変わってしまい、同じとこに滞在している短い期間での髪変化??がとっても内容が薄くて残念でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

赤道の男

月額課金で借りる

都度課金で借りる