リンカーン弁護士

リンカーン弁護士の画像・ジャケット写真
リンカーン弁護士 / マシュー・マコノヒー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

48

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リンカーン弁護士」 の解説・あらすじ・ストーリー

人気ミステリー作家マイクル・コナリーの同名ベストセラーを「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のマシュー・マコノヒー主演で映画化した法廷サスペンス。多額の報酬目当てに資産家の息子の弁護を引き受けた異端弁護士が、思いもよらぬトラブルに巻き込まれていくさまとその顛末を緊迫感溢れる筆致で描き出していく。監督は「ハード・クライム」のブラッド・ファーマン。司法取引をまとめて軽い刑に収めることを得意戦略にするやり手弁護士、ミック・ハラー。ある時、資産家の御曹司ルイスの弁護というおいしい話が舞い込む。事件はルイスが女性を殴打し重傷を負わせたとされるもので、いつものように司法取引をまとめるだけで高額の報酬が舞い込むはずだったが…。

「リンカーン弁護士」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: THE LINCOLN LAWYER

「リンカーン弁護士」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リンカーン弁護士の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
119分 日 吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
90DRN10127 2013年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:48件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全48件

次期ポール・ニューマン?

投稿日:2012/12/20 レビュアー:ミルクチョコ

高級車リンカーンの後部座席を事務所代わりにしている型破りな弁護士を主人公にした法定サスペンスです。
リンカーンに乗ってLA中の法廷を駆け巡る弁護士ミック(マシュー・マコノヒー)は、お金のためなら、胡散臭い相手からの依頼でも引き受けるちょいワル男。
今回請け負ったのは、女性への暴行事件で訴えられた資産家の息子ルイス・ルーレ(ライアン・フィリップ)の弁護。簡単に大金が入りそうだと踏んで引き受けた事件は、調べていくうちに、ミックが過去に担当した殺人事件と絡みあっていたことが分かります。やがてミックは自分が巧妙なワナにはめられたことを知ります。
ミックは、どう反撃するのか〜?

今回と4年前の二つの事件が絡みあい、窮地に陥った主人公が、戦略を考え出していく裏技が面白く、ルイスの裁判を通じて描いて行きます。
弁護士は職務上知りえた秘密を決して明かしてはならないという守秘義務。ミックは過去の事件についてもそれを外部には漏らせません。過去の失敗と倫理の板挟みになりながらも、何とか打開策を見つけていこうともがくジレンマが面白いです。
展開の面白さと言い、弁護士ゆえに陥る罠や犯してしまう過ち、そして身近に潜む悪を、ハードボイルドタッチで描いていて、中々面白かったです。
マシュー・マコノヒーは、「評決のとき」では正義感あふれる新米弁護士でしたが、今作では清濁併せ持つクセ者弁護士が嵌っています。ミックの元妻で検事のマリサ・トメイと彼の親友で私立探偵役のウィリアム・H・メイシーなど、脇役も良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

かっこいいんですけど!!!

投稿日:2012/11/03 レビュアー:KEE


ものすごい秀作。


オープニングからソウルフル。「ドライヴ」を観たときも思ったんだけど、この設定は現在なのに、古っぽさを感じさせる演出が、かっこいいんだよね。
やられた!って感じ。

大体、「リンカーン弁護士」という邦題がいいよね。
直訳してるところが、センスいいし、この映画のテイストにあっている。

音楽もかっこいいわけよ。

キャスティングの豪華さもさることながら、私にとってはかなり懐かしい、Matthew McConaugheyが素晴らしい演技を見せている。
ダーティなところが素敵よね〜。
このひと、ちょうど私がアメリカで大学生やってるときに、ブレイクしていて、「またか?」っつ〜くらい映画に出てました。
最近、あんまりみかけないな、と思っていたら、まあ、すごい。
これ以上ない、というくらいのキャラクターが出来上がっております。

この映画、全米でサプライズヒットとなったようですが、本当にサプライズ。
驚きの完成度。

好きだなあ。


Marisa Tomei演じるマギーとの関係性がなかなかみえてこないところもいいね。


Ryan Phillippe、あまり劣化を感じさせません。やっぱ全体的にこの映画のキャスティングさえも、10数年前のメンバーですか?と錯覚しそう。

Josh Lucasにおいては、一瞬わかりませんでした(笑)

法廷サスペンスものはもともと好きですが、主人公のキャラが抜群にたっていて、Plotも効果的。

全編とにかく、かっこいい。

おすすめです。続編もありそうですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

NTGUILTY

投稿日:2013/01/12 レビュアー:パンケーキレンズ

一昔前に比べると、めっきり減ったイメージの法廷サスペンス

ほんでもって、これまた出演作がめっきり減ってしまったイメージのマシュー・マコノヒーですが
この弁護士役は、カッコよかった♪

ラブコメの彼はあんまり好きじゃなかったけど、いや〜、これはよかったです!

このジャケからして、いいですよね〜

ワルですよね〜w

ただの、弁護できるワルじゃなくて
女心を揺さぶるワルなんです♪

ちょっと調べてみたら、イーストウッドの『ブラッド・ワーク』も、同じ原作者
あの時も思ったのですが、犯人像とか、動機なんかが印象深いんですよね
犯人が捕まれば全てよし、っていうサスペンスではなく
主人公を追い込んでいく心理描写が特徴的
今回だって、追い詰められたマシューの目のくぼみが凄くてw
一瞬ガイコツに見えるシーンが、ありましたので(笑)

犯人が分かってるのに・・・っていう
ある意味崖っぷちの法廷シーンは、なかなかの緊迫感でした

タイトルにもなってるリンカーンの描写が、意外なほどあっさりしていましたが
全編にわたってソウルフルなカッコよさが漂ってます♪

マリサ・トメイが、これまた大人セクシー☆

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

条理ある疑いの彼方

投稿日:2013/05/16 レビュアー:裸足のラヴァース

なかなかいい感じのタイトル出だしで 車のリンカーンもしょぼくて目立たないのがまたナイス 「バークにまかせろ」のロールスロイスではありませんね 
ボクの乗っている29.8ニーキュパのプレオ貨物バンに近いです 近くないか

さて何故にリンカーンなのか スピルバーグの「リンカーン」は何故にこの時期に製作されるのか 何か生誕何年とかあるの? アメリカ大統領とは
何の関係もないリンカン弁護士は紛らわしいのですが しかし「リンカーン」「ジャンゴ」とこの作品には近似的な何かがあります それはどちらも
<法>の領域あるいは契約の履行不履行のお話なのです 「リンカーン」はアベ政権のレベルの低い改憲策動など茶番に見せる高度な法の闘争ですし 
「ジャンゴ」はアンチアメリカを法のアイロニーの視点導入で描いています タラちゃんもまた大変 頭がよろしい

政治的裏読みなど何もない「リンカーン弁護士」の方は ちょい悪おやじマシューマコノヒーの魅力で見せます 「キリングショット」で思い切り
変態シェリフだったので余計に好印象 弁護士の職務に忠実にアメリカの訴訟社会の裏をかいていきます えげつなくダーティなPC社会アメリカを
生き抜かなければならないのです

一時間15分まで引き延ばしてルイス君が無罪になり そのあと怒涛の法廷闘争となると思いきや 一時間待たずしてルイス君の悪党ぶりが露見してしまいます 
もうちょい構成を考えてほしかったのですが そして肝心の法廷場面の演出は凡庸でいけてません その後の二転三転のプロットでごまかしてます 星半分が減点です

まあそんなこんなですが 無事に弁護士として依頼人との関係をパーフェクトに遂行しつつ まんまと極悪母子をはめてしまう手腕にせいせいします 
ああ そういえば悪党役のライアンフィリップ君は どっかで見たなあと思っていたら「父親たちの星条旗」の主演の彼ね これでスピルバーグ タラちゃん 
イーストウッドと連想の輪が拡がるわけなのよ

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

はまり役

投稿日:2013/01/27 レビュアー:パープルローズ

出演作は多いのに、「これ!!」といった代表作のなかったマシュー・マコノヒー。
この映画は今まででいちばんのはまり役ではないかと思います。
思えば、1996年の「評決のとき」で若くて理想に燃えた清廉潔白な弁護士を演じた彼。
15年以上の時を経て、清濁あわせ持つ弁護士役というのも、なんかいいですね。

現代の設定なのになんとなく古い映画っぽいところとか、けっこう入り組んだ話なのに混乱なくまとまっているところもよかったです。

ウィリアム・H・メイシーがますます汚らしいのもいいね(笑)。(ドラマの「シェイムレス」の汚らしさが尋常じゃありません。)

「リンカーンの後部座席を事務所代わりに」といいつつも、自宅がわりときちんとしてて、オフィスらしき部屋があるのがちょっと難点かな。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全48件

リンカーン弁護士

月額課金で借りる

都度課金で借りる