神弓−KAMIYUMI−

神弓−KAMIYUMI−の画像・ジャケット写真
神弓−KAMIYUMI− / パク・ヘイル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

18

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「神弓−KAMIYUMI−」 の解説・あらすじ・ストーリー

韓国で2011年の年間興行成績第1位に輝いた歴史アクション大作。戦乱の17世紀を舞台に、清国に捕らえられた妹を取り戻すため、伝説の<神弓>を手にたった一人で10万の軍勢に戦いを挑む主人公の活躍を、弓による多彩かつ迫力の戦闘アクション満載に描き出す。主演は「黒く濁る村」のパク・ヘイル。監督は「極楽島殺人事件」のキム・ハンミン。17世紀。目の前で父を処刑された幼い兄妹ナミとジャインは人目を忍んで成長する。13年後、弓の名手となり、妹の幸せのみを願って生きていたナミ。ジャインの結婚が決まったのを機に村を去ることを決意。ところが、侵攻してきた清国の兵士によって、ジャインは捕虜にされてしまう。ナミは父の形見である家宝<神弓>を手に、妹の救出へと向かうが…。

「神弓−KAMIYUMI−」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: 韓国
原題: WAR OF THE ARROWS/BOW THE LAST WEAPON

「神弓−KAMIYUMI−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

神弓-KAMIYUMI-の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
122分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/韓国語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 1000351759 2012年12月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 2人 0人

【Blu-ray】神弓-KAMIYUMI-(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
122分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 1000351762 2012年12月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全18件

追跡者〜しなる弓ネタバレ

投稿日:2012/12/10 レビュアー:ken_ken

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ブルーレイで鑑賞。これは映画館で観るべきだったなとつくづく思いました。
というのも、30年前ぐらい?当時、映画国としてはどこの馬の骨ともわからん(ごめんねオーストラリア!)映画を劇場で観たときの、えっ!えっええのえぇぇぇ〜!
「マッドマックス」を思わせる迫力ある追跡劇で、ああいう驚きが味わえたかもと思ったからです。

時代は17世紀、中国の2つの勢力、滅び行く「明」と新勢力の「清」と適当にうまくやっていた朝鮮王朝が(韓ドラ知識なのでさだかではない・・)、
清に反旗を翻したことで、清の侵略ににさらされる。
この時、多くの朝鮮人が中国(満州)に奴隷として連れ去られた。
朝鮮政府はその横暴をただ見ているだけで清のいいなり、逆に中国から逃げ出した朝鮮人は逆賊とするという宣言さえする。
ここいらが時代背景になっています。

国を思って、ちょっと政府に意見を出したっぽい?父親が謀反人(逆賊)として殺害されるシーンから始まります。
逃げ延びた子供のナミとジャンウ兄妹は、田舎の村に引きこもっている父親の友人を頼って、そこで隠れるようにして成長します。
その妹も美しく成長し、育ててくれた恩人の息子と婚礼が決まり、もうお役目は終わったとばかり、村を後にしたとき、
村は清の襲撃に遭い、村民すべて捕虜に連れ去られてしまいます。

たった一人で、妹奪還!
ナミは弓の達人だった父親の形見の神弓を手に、清の精鋭部隊を追います…

その弓がすごい!
ナミの弓は、決して大きなモノではなくて、射る矢も風を計算した曲芸まがい、直球じゃなく変化球です。
射られる方は矢が目の前に来て始めて見えるので、避けられないということです。
対する清国精鋭部隊の弓は大きく、矢尻は、ノミの先端みたいで重量もかなりあり、人間の体を貫通するほど威力があります。

ナミはパク・ヘイルが演じたことで、ちょっと変人ぽいところが出ていて個性的だったかなと思います。
馬とか弓のシーンとか、カメラもあるんでしょうが、どんくさいと思っていたパク・ヘイルが身軽で運動神経が良さそうなのが意外でした。

追いつ追われつのドラマなので、蛮族みたいないでたちの清・精鋭部隊のメンバーの顔ぶれが個性的なのがよかった。
特にカリスマあふれる隊長役のリュ・スンリョンが光りました。
彼のイメージとしては、お気に入り韓ドラ「個人の趣向」のゲイの館長さんなんですけどね。
いろいろ、やっていますね。

ナミとジャイン兄妹の関係とか、ジャインのお婿さんが遊び人なのか、どんな人間なのか。
演じたキム・ムヨルの印象良かったから、そこいらあたりがもう少し判ってくると、もっと面白くなったかも知れないけど、、、
弓という飛び道具のアイデアが新しい娯楽作品でした。

恐怖に打ち勝つためには、恐怖と向き合え。
父親が一括するほどナミが弱い人間とは思えませんが、なんとなくわかったような・・
野球は直球勝負!あっこれは弓でしたぁ〜

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最終兵器 弓

投稿日:2012/12/16 レビュアー:マオ

原題は『最終兵器 弓』
2011年、韓国で8/11 の封切りからわずか4日で100万人を動員し、3ヶ月のロングランを経て
最終的に観客動員800万人を上回り2011年度韓国興行成績年間ナンバー1を記録した歴史アクション大作

10万人vs1人(ちょっとオーバー過ぎる@@;)なんてキャッチコピーついてたしCG満載の中国映画みたいなイメージを持っていました
でも、やっぱり韓国映画だった!!
 
とても映画って感じがしました!!
3Dで見たら迫力あって良いだろうな〜 躍動感溢れてる!!
ホームシアター環境がある方は絶対に使用すべき 音声はサラウンドスピーカー!! 
ダイナミックにいきたい映画だ

人物像を深く掘り下げてないので登場人物に感情移入する時間がない。
客観的鑑賞
主人公にヒーロー的要素なんてない シンプルと言えばシンプル
そのシンプルさが活きた作品だと思った

いきなり訪れるパニックに、主人公が生涯全うすべき信念が描かれた作品です

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

父が託した神弓で妹を守りぬいた兄ネタバレ

投稿日:2012/12/19 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

逆賊として追われた一家、子供たちの目前で父は殺されてしまいます。
その時、弓の名手だった父は兄のナミにたったひとりの妹ジャウンを父のように守れと弓を手渡します。
ナミとジャウンの兄妹は父の友人である家族に迎え入れられ、大人になり美しく成長したジャウンはその家族の息子の願いで結婚を許されます。
妹の幸せを願い、この地から旅立とうとする兄。
婚礼の日、丙子胡乱により多くの血が流され、ジャウン達は捕らえられ満州へと捕虜として連行されてしまいます。

父のように弓の名手であるナミは小さな弓を武器に妹を助けるべく、必死に後を追いながら、立ちふさがる清軍を次から次へと神業のように弓をあやつり、ひとり、ふたりと倒していくのです。

このナミの打ち抜く矢はどこから放たれたのかわからぬほどスピード感が凄くて
飛んでくる矢を見ているこちらまで身がきゅっと緊張するほど迫力があります。
狙いをはずさない確かな腕に感嘆してしまいます。
敵軍も次第に彼に恐怖心も芽生え、追いつ追われつの緊張感のあるつくりになっています。

弓の名手を演じたパク・ヘイルさん。いつも少年のようなおじさんだと思ってみていましたが
今回はまったくの別人ぶりでした。
意外に面白かったのが弓を射るのも神業だったけど、逃げるのも神業(?)だったところ。
弓対弓の対決がこれほど迫力がある映像になるとは嬉しい誤算でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なかなかいい

投稿日:2013/01/10 レビュアー:ケイアイ

 10万の大軍に一人で挑む、というのは、墨攻のイメージを思い出してしまいますが、これはちょっと違います。間違いです。10万の大軍に弓ひとつで勝てるはずがありません。戦いの相手は、数十人です。ところが、その数十人の相手がなかなか手ごわい。北斗の拳にでてくるような屈強な相手です。

 弓の速さと疾走感はいい。ほんとに飛んでるって感じが伝わります。銃ではわからないことです。それに弓が貫通しても死なないのね。神弓っていうから、ものすごい秘術が隠されているかと思ったら、それはごく普通だった。

 あまり目にしない、戦いの場面で、なかなか新鮮な面白さがあった。単純に面白いと思える。スケールの大きさはない。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

神弓−KAMIYUMI−ネタバレ

投稿日:2016/05/04 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 中国に攻められた韓国で妹を連れていかれたので、連れ戻すために頑張る弓の達人の話。

 戦闘シーンの迫力はなかなかかっこよかったですが、特によかったのは清国の主人公を追いかける戦闘集団が熱くて私利私欲でなく単純に強い男同士の戦いとなっている構図が面白かったです。敵側も仲間がやられそうになると助けに行ったり、守ろうとしたり。そのため主人公に対して何としても殺してやるという信念ができて、それでいてごつい男たちがスピード感いっぱいの動きをしてプロな戦士という表現もできていて熱かったです。

 対する主人公もパワーの敵に対してスピードで挑み、罠を仕掛けたり虎と戦ったりとトリッキーな戦いを挑むのも面白く見ることができました。序盤の弓矢の訓練で、外したと思っていた弓が隣の的に当たっていたという伏線がクライマックスにあるのも燃えました。

 ただ、話のほうが退屈で。特に序盤のセットアップの段階でぐったりしてしまいました。その理由は、アバンタイトルで主人公の子ども時代の虐殺が描かれますが第1幕の終わりの清国侵攻も同じ展開で同じシーンの繰り返しにみえて退屈でした。襲われる父、殺されて見ていた息子、スクリーム。これがまた起こちゃってました。物語が動き出すまでが長く感じました。

 主人公とその妹と婚約者の話も、特にこれとった目新しさがなく。清国の王様みたいな人物の会話も恐ろしく退屈でした。
 それに映画なのでしょうがないですが、主人公は弓矢で肩を射抜かれたりボロボロになっていきますが。ほとんど関係ないという。ダメージないのか。とも思ってしまいますがそこらへんは目をつむるしかないです。

 アクションシーンの迫力があったし、敵の魅力もあったのに退屈な序盤がもったいなかった映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全18件

神弓−KAMIYUMI−