マンイーター アンレイテッド・バージョン

マンイーター アンレイテッド・バージョンの画像・ジャケット写真
マンイーター アンレイテッド・バージョン / ラダ・ミッチェル
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

18

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「マンイーター アンレイテッド・バージョン」 の解説・あらすじ・ストーリー

長編デビュー作「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」が世界的に評判となったオーストラリアの新鋭グレッグ・マクリーン監督が贈る戦慄の生物パニック・ホラー。人喰い巨大ワニが棲息する流域の小島で孤立した観光客たちを待ち受ける衝撃の運命をサスペンスフルに描く。主演は「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル。オーストラリアの世界遺産、ノーザンテリトリーにあるカカドゥ国立公園。アメリカ人旅行ライター、ピートは、人気のリバー・クルーズを取材するため、ケイトがガイドを務める小型船スザンヌ号に他の8人の観光客とともに乗り込む。川を遡上しながら美しい大自然を満喫する一行だったが、途中で救命信号弾が上がるのを目撃、確認のためコースを変更して上流へと向かうことになるのだが…。

「マンイーター アンレイテッド・バージョン」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ/オーストラリア
原題: ROGUE

「マンイーター アンレイテッド・バージョン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マンイーター アンレイテッド・バージョンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP72609 2012年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 0人

【Blu-ray】マンイーター アンレイテッド・バージョン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXP70084 2012年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全18件

それなりに見どころもありましたが…

投稿日:2012/09/11 レビュアー:みなみ

「マンイーター」って何かすごい生き物が出てくるのか?!と思ったら、ワニでした。
巨大なワニは、重量感があって、戦うシーンは迫力ありましたが、私はあまり面白くなかったです。

それは人物の魅力のなさにあるのだと思います。
まず主人公のアメリカ人ライターの男はあまり特徴がないし、いけ好かない感じです。
クルーズの案内人であるケイトにも好感が持てません。この地が好きだからずっといるという割には
ワニの怖さもあまりわかっていないように見えるし、客の命を預かっているという責任感にも欠けている。
二人のどちらかが共感できる人物だったらよかったんだけど。

あと、ツアー客の中にミア・ワシコウスカ(ティム・バートン監督「アリス・イン・ワンダーランド」のアリス役)がいて
彼女は年老いた両親と来てる子どものような扱いでしたが、見た目は大人っぽく見えるし、はっきりしないんですよね。
この場合ははっきり子供に見える子の方がよかったのでは…?

あまり気が乗らずに見てた私がついつい身を乗り出したのは2か所。

1、サム・ワーシントンの登場シーン

ちょっと笑っちゃいました。えーっこんな役??と思ったけど、この映画は2007年作品。
「ターミネーター4」でのブレイク前の作品だったんですね。納得。

2、犬が危険な目に…??

こういうパニック映画では、犬と子どもは必ず助かるのが鉄則。ところが意外な所で
犬に危機が迫る…果たしてどうなるのか??と息をのみました。

なんて、全然参考にならないコト書いてすみません^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

低予算なんで魅せるシーンはありませんねんっと思わせといて!?

投稿日:2012/07/13 レビュアー:KASPAR

どーせ無名時代の有名俳優が出てるから公開されただけの超低予算映画やろ?
っと、全く期待せずに「マンイーター」を観てみました!

舐めて観たのが正解!
なにがなにが、これはこれで全然面白いやんか!

ツボを抑えた演出&展開はなかなかのもん(脚本も監督)で、敵を見せずに引っ張る度合いも抜群に上手いです!

「低予算なんで見せるシーンはありませんねん、へへへ」という演出を何度も重ねた所で、
予算を惜しまずつぎ込んだと思われる本格的な魅せシーンを入れてくれるので、
「おおおっー!魅せシーンあるやん!気合入ってるやん!」って俄然盛り上がります!

このぐらいの規模の映画では軽視しがちな引きの画もキッチリ入れてるし、時間や空間の提示もなかなか上手いです!

まぁ、ちょっと王道過ぎるキライはあるけど、この規模でこのレベルなら十分でしょう!

ありがとう!←何が!?

個人的満足度 73点! 予想以上には良かった!
オススメ度 70点!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マンイーターネタバレ

投稿日:2015/01/07 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 95分ほどの映画ですが、ワニがアタックしてくるまで開始30分もあってそれまでひたすらオーストラリアのジャングルクルーズを見せられても恐ろしく退屈でした。この1幕目は何とかならなかったのでしょうか。ひたすらクルーズしている登場人物たちを眺めてるだけの序盤。

 そして、救難信号が遠くであったってんで行ってみたら巨大ワニに襲われて船は沈没。小島に避難します。ここで後はひたすら待機。サム・ワーシントン演じるチンピラがさっきまではトラブルメイカーだったのに、急に自己犠牲を発揮してさらにサバイバル術まで持っているという急変するのも驚きです。性格が変わりすぎなのはギャグなのかと笑ってしまいました。

 小島から岸までロープを張って1人ずつ渡る作戦になりますが、なぜか1番最初におばちゃんが渡ることになり真ん中まで来た途端「やっぱり無理」とストップ。そこでいきなり家族のお父ちゃんが「娘は守るんだ!」と発狂。娘と父、ロープを渡る。でも真ん中でおばちゃんストップしてるのに。見てれば「いやいや、渋滞起こるぞ」と思ってると案の定3人詰まる。「馬鹿なの? この人たち」と全く理解できない行動をとるので見ていられないです。そしてロープ切断。作戦水の泡。

 んでおとり作戦でみんなが泳いで渡ることに。したら主人公のお姉ちゃん襲われて姿を消します。主人公のお兄さん穴に落ちると、そこはワニの巣。なぜかそこにお姉ちゃんが生きてるっつう。何でなんだ? そしてワニとタイマンするというクライマックス。他の乗客たち描かれず。

 せっかくワニの映像は凄い迫力なのに。トンデモ展開にのんびり展開が退屈な映画でもったいなかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

小粒な凶暴動物パニック。出演者が意外です!

投稿日:2012/09/16 レビュアー:みむさん

これ、公開したの最近なのに、2008年の映画なんですね。

アバター前のサムワーシントン
アリス前のミアワシコウスカ
なんかが出てます。

主演はドラマ「エイリアス」でなかなかよかったマイケルヴァルタン。
なかなか爽やかなイケメンです。

ストーリーは想像通り
恐怖のジャングルクルーズ
といったところ。

観光客がジャングルクルーズ中に
緊急事態発生。

ジャケ写と予告編でもおわかりのように、
人食いワニが登場して大パニックになります。

「ジョーズ」や「ピラニア」と同じ感じ。

観てる間はけっこう怖いけど、
ジャングルに行かない限り思い出さない類の映画ですねえ(苦笑


暇つぶしにはもってこいです♪

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アニマルパニック「デス・ロール」!!

投稿日:2018/06/10 レビュアー:なんの因果

(2006年製作・アメリカ・オーストラリア)
オーストラリア最大の国立公園・ノーザンテリトリーにあるカカドゥ国立公園。
岩だらけの急斜面や断崖、滝、熱帯雨林を縫う河川。特に撮影を許可されたという奥地までカメラは入り込む。
大きな角を備えた水牛、まだ若いのか目がクリクリして、のんきそうに鳥たちを見上げている。
とそこへ、いきなり水しぶきをあげて何者かが近づき、あわれ水牛は一瞬にして水中に引きずり込まれた・
何者かは姿を見せず、「ROGUE」ローグ(悪党、ごろつき)のタイトルがバーン!と画面に現れる。

8人乗セザンヌ号に乗り込んでリバークルーズを楽しむはずだった。
ところが帰路、救助信号みたいなものが見えると客の一人が言い、ボートの船長ケイトは
コースと予定を変えて近づく事にする。時間がないという客、薬を飲まなくてはと反対する客を無視して断行するケイト。(無責任だのぉ、客を守るという意識はないんかい?アンタに命まで預けた覚え、ありまへんで。)
案の定、ボートを下からワニに突き上げられて客らは投げ出され、感潮河川とかで
早く移動しないと水に埋もれる。そのうちどっぷりと日は暮れる。
危険な中洲から陸の方に移動しようと樹と樹にロープを渡し、自衛隊の綱渡りみたく移動することに。
ところがなぜか、第一走者は太めのオバチャン。
うんこらせと頑張るもロープの半ばで「もう動けない」と半泣きに。
それを見た細めのジジイが、後先考えず「渡れ、渡れ」とロープにぶら下がり始める。(お前ら地獄のカンダタか?)
渡ったところで、太めオバチャンが妨害してるもの・・そしてやはりロープはブチッと切れた。
落下着水する客たち。
我に帰ったジジイが「すまん・・」とつぶやいた瞬間!! あぁ・ジジイは──。
次の作戦はこうだ、俺がワニを──と、いろいろ客たちが奮闘するお話でございます・

ワニは序盤は気配だけの恐怖。中盤から姿を表し、人間を怖がらせます。
ワニのアップがすごい。トゲトゲしたあれウロコ?その巨体、全容はただ、おそろし!!
ワニって獲物を口にくわえると、くわえたままブンブン振り回すのね、
いわゆる「デス・ロール」。ロールケーキじゃないよ、デス・ロール!!
で、乗客たちどうなったか?そんなの私の口からは言えませんよ!

しかし、「マンイーター」って発声すれば、エッチなトースターか「もういいかぁい?」
にしか聞こえない。やはり「ROGUE・ローグッ!」とピリッといってほしかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全18件

マンイーター アンレイテッド・バージョン

月額課金で借りる

都度課金で借りる