パラノーマル・エンティティ 4

パラノーマル・エンティティ 4の画像・ジャケット写真
パラノーマル・エンティティ 4 / デヴィン・クラーク
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「パラノーマル・エンティティ 4」 の解説・あらすじ・ストーリー

P.O.Vホラーの人気シリーズ第4弾。34年前に長男が一家全員を惨殺する事件が起きた邸宅に、ある家族が移り住む。だが数日後、その家族は遺体となって発見された。遺体と共に映像が発見されたが、その内容は想像を絶する恐ろしいものだった。

「パラノーマル・エンティティ 4」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: THE AMITYVILLE HAUNTING

「パラノーマル・エンティティ 4」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

パラノーマル・エンティティ 4の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
87分 日 日(大字幕) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ALBD7040 2012年08月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
5枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

POVですが……ネタバレ

投稿日:2012/12/28 レビュアー:奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

リアルさに欠けます。
演出や演技が不自然ですね。
一応、霊の姿も映るのですが、胡散臭さ100%。

実は、原題が気になって鑑賞しました。
アミティビル・ホーンティングでピンとくる方、ホラーマニアですね。
そう、アミティビルは『悪魔の棲む家』の舞台です。
なんと本作は、後にその家を購入したベンソン一家の悲劇を描いているのです。

この一家、娘の素行が悪く、一年半に5回も引っ越しをしたらしい。
そして金がなくなり、いわくつきの物件である件の家を購入。
そしたら、やっぱり超常現象が起きちゃったというわけ。

常にカメラを回すウザい小僧テイラー。
親父に信用されない長女。
うるさいだけの母親。
見えないお友達とのトーク全開少女。
何をやっているのか分からない親父。
濃すぎるキャラ設定は、作品を別の次元へと運びます。

前振りとして、若者グループのパートあり。
POVのくせにサービス・シーンを盛り込み、悪魔をも恐れぬ行為に至っています。
オー、こわっ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

パラノーマル・エンティティ 4