極道めし

極道めしの画像・ジャケット写真

極道めし / 永岡佑

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「極道めし」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

土山しげるの人気グルメ漫画を「ブタがいた教室」の前田哲監督で実写映画化。とある刑務所の雑居房を舞台に、“おせち料理”を巡って真剣勝負を繰り広げる受刑者たちのグルメ・トーク・バトルの行方をコミカルかつハート・ウォーミングに綴る。とある刑務所の204房に、懲役3年のチンピラ、栗原健太が新入りとしてやって来る。迎えたのは、4人のはぐれ者たち。やがて、刑務所めしに馴染めない健太をよそに、彼らはあるゲームを始めた。優勝賞品は、正月の“おせち料理”。そしてゲームの内容とは、各々が人生で一番うまいと感じた食べものの話を語り、どれだけ聞き手の喉を鳴らせるかを競うというものなのだが…。

「極道めし」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: 日本

「極道めし」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

MONDAY

実録・なにわ女侠伝

OTSUYU〜怪談 牡丹燈篭〜

大阪バイオレンス3番勝負 大阪蛇道

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

久々に笑いました

投稿日:2012/11/30 レビュアー:mitamita観た〜!!

お話はイントロが全てです^^もう、完璧。

刑務所の雑居房で5人の囚人が繰り広げる美味いものバトル。

出演者は知らない人もいたけど、相変わらずの勝村政信さんのひょうひょうとした演技が好きでしたね。
それに、麿赤兒さん、流石の存在感。首の演技?には笑いました。

主人公の永岡佑さん。どこかで見たことあるな、と思ったらゲゲゲの茂の弟だった方だったんですね。
木村文乃さんとのシーンは切なかったなぁ。そうそう、この人も梅ちゃん先生で、お兄さんのお嫁さんでしたね。
あの時は芯の強い大人の女、というイメージで30歳を超えているのかと思いきや、いがいに若くてびっくり。
ひたむきな素敵な女性を演じてました。

刑務所の中では3度の食事が楽しみなんでしょうね。
それにしても健康管理の出来た美味しそうな食事。

「大きな鯖やなぁ。うちのお客さんに出す朝食の鯖の3倍はあるでぇ。ご飯のおかわりは無いみたいやけど充分やな。」
「でも、何年も入ってる割にはこの人、太ってるやん。こんな健康食やったら痩せなぁ。」
と、突っ込み娘が感心しきり。

本当に健康的な食事。

極めつけはお正月に出るおせち料理。

豪華版ですね。

このおせちを賭けてグルメバトルになるんですけどね。

それにしても犯罪者に税金で食事を…
ちょっと複雑な気分です。

こんだけ至れり尽くせりなら、師走に暖を取るため、しなくていい犯罪を犯し刑務所へ入る人がいることに納得。
ほんと複雑な施設です。

人間にとって食事がどれほど大切かを実感しましたね。
お金があったら豪華な食事をとる事が出来る。
でも違うんですよね。
どんな環境で、どんな人と、その食事を楽しみ、感謝できるか。

それが人を育てるのかもしれませんね。

今日も親子4人でお膳を囲む事が出来た事を、感謝。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

おおお

投稿日:2012/05/23 レビュアー:エロエロ大魔神

おしりは大切に

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

娯楽のない世界設定でのきゅうきょく食事映画!

投稿日:2016/11/30 レビュアー:ムービードリンク

極道めし

某刑務所

毎日の楽しみの食事。受刑者達の楽しみにしているお正月のおせち料理の争奪戦。

自分が食べた自慢の美味しい物をどれだけ人に伝えて優勝した者はおせち料理の好きなものをもらえる大会をする。

刑務所内の話なのにアットホームで面白かった。規制された場所での美味しい話は想像力をかきたてられ、どストレートなひねりのないおバカコメディーでした。

71点 オススメできませんが飯映画なので普通に面白い。

★彡もっと任侠だと思っていたが、まあたまにはいいか感。
★彡ラーメン食べたくなりました。ゴクリ(笑)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

スープと麵が、うまく絡んでいない

投稿日:2013/12/10 レビュアー:Toma

年に一度のおせち料理を楽しみに、毎日
メシの話で盛り上がる囚人たち。

イタリアでは囚人がシェイクスピアを演じているというのに
(『塀の中のジュリアスシーザー』最近観ました!)、
日本の刑務所では、今までで食べた一番うまかったものの話
で、真剣に競い合っている。
(それがまた、どうにも美味しそうにみえない)


あまりの低予算(風な)作りに愕然とするが、
徐々にその空気に馴染み始めると、今度は
やっと、木村文乃が登場し、ドラマらしい
ものが始まる。

ここからの展開は、ベタな話ではあるが
でも、彼女が可愛いから許せてしまう。
(あんな娘、ラーメン屋の厨房で見たことないけどね)

ただ、彼女が出てくるエピソードと、獄中の世界が
あまりにアンバランスで、
スープと麵が、うまく絡んでいない感じでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

極道めし?ムショ飯?

投稿日:2012/08/05 レビュアー:ゆうさん

よく刑務所の食べ物を「臭い飯」なんて言いますが、実際にはかなり美味しいらしいです
(受刑者も食べ物くらいしか楽しみが無いから不味い物を出すと暴動まで起こりかねないって事らしいです)
それにしても、むかし見た「私は貝になりたい」(旧作)のエンディングでも過去に食べたものが美味しかったという話しを延々としていましたが、人間は極限の状態になると最後は食べ物の事ばかりが気になるのかなって思いました。
ヒロイン役の「木村文乃」ってだれ?って思って調べてみたら、化粧品やdocomoのCMには出てるんですね
すごく綺麗な女優さんだから要チェック!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

極道めし

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

久々に笑いました

投稿日

2012/11/30

レビュアー

mitamita観た〜!!

お話はイントロが全てです^^もう、完璧。

刑務所の雑居房で5人の囚人が繰り広げる美味いものバトル。

出演者は知らない人もいたけど、相変わらずの勝村政信さんのひょうひょうとした演技が好きでしたね。
それに、麿赤兒さん、流石の存在感。首の演技?には笑いました。

主人公の永岡佑さん。どこかで見たことあるな、と思ったらゲゲゲの茂の弟だった方だったんですね。
木村文乃さんとのシーンは切なかったなぁ。そうそう、この人も梅ちゃん先生で、お兄さんのお嫁さんでしたね。
あの時は芯の強い大人の女、というイメージで30歳を超えているのかと思いきや、いがいに若くてびっくり。
ひたむきな素敵な女性を演じてました。

刑務所の中では3度の食事が楽しみなんでしょうね。
それにしても健康管理の出来た美味しそうな食事。

「大きな鯖やなぁ。うちのお客さんに出す朝食の鯖の3倍はあるでぇ。ご飯のおかわりは無いみたいやけど充分やな。」
「でも、何年も入ってる割にはこの人、太ってるやん。こんな健康食やったら痩せなぁ。」
と、突っ込み娘が感心しきり。

本当に健康的な食事。

極めつけはお正月に出るおせち料理。

豪華版ですね。

このおせちを賭けてグルメバトルになるんですけどね。

それにしても犯罪者に税金で食事を…
ちょっと複雑な気分です。

こんだけ至れり尽くせりなら、師走に暖を取るため、しなくていい犯罪を犯し刑務所へ入る人がいることに納得。
ほんと複雑な施設です。

人間にとって食事がどれほど大切かを実感しましたね。
お金があったら豪華な食事をとる事が出来る。
でも違うんですよね。
どんな環境で、どんな人と、その食事を楽しみ、感謝できるか。

それが人を育てるのかもしれませんね。

今日も親子4人でお膳を囲む事が出来た事を、感謝。

おおお

投稿日

2012/05/23

レビュアー

エロエロ大魔神

おしりは大切に

娯楽のない世界設定でのきゅうきょく食事映画!

投稿日

2016/11/30

レビュアー

ムービードリンク

極道めし

某刑務所

毎日の楽しみの食事。受刑者達の楽しみにしているお正月のおせち料理の争奪戦。

自分が食べた自慢の美味しい物をどれだけ人に伝えて優勝した者はおせち料理の好きなものをもらえる大会をする。

刑務所内の話なのにアットホームで面白かった。規制された場所での美味しい話は想像力をかきたてられ、どストレートなひねりのないおバカコメディーでした。

71点 オススメできませんが飯映画なので普通に面白い。

★彡もっと任侠だと思っていたが、まあたまにはいいか感。
★彡ラーメン食べたくなりました。ゴクリ(笑)

スープと麵が、うまく絡んでいない

投稿日

2013/12/10

レビュアー

Toma

年に一度のおせち料理を楽しみに、毎日
メシの話で盛り上がる囚人たち。

イタリアでは囚人がシェイクスピアを演じているというのに
(『塀の中のジュリアスシーザー』最近観ました!)、
日本の刑務所では、今までで食べた一番うまかったものの話
で、真剣に競い合っている。
(それがまた、どうにも美味しそうにみえない)


あまりの低予算(風な)作りに愕然とするが、
徐々にその空気に馴染み始めると、今度は
やっと、木村文乃が登場し、ドラマらしい
ものが始まる。

ここからの展開は、ベタな話ではあるが
でも、彼女が可愛いから許せてしまう。
(あんな娘、ラーメン屋の厨房で見たことないけどね)

ただ、彼女が出てくるエピソードと、獄中の世界が
あまりにアンバランスで、
スープと麵が、うまく絡んでいない感じでした。

極道めし?ムショ飯?

投稿日

2012/08/05

レビュアー

ゆうさん

よく刑務所の食べ物を「臭い飯」なんて言いますが、実際にはかなり美味しいらしいです
(受刑者も食べ物くらいしか楽しみが無いから不味い物を出すと暴動まで起こりかねないって事らしいです)
それにしても、むかし見た「私は貝になりたい」(旧作)のエンディングでも過去に食べたものが美味しかったという話しを延々としていましたが、人間は極限の状態になると最後は食べ物の事ばかりが気になるのかなって思いました。
ヒロイン役の「木村文乃」ってだれ?って思って調べてみたら、化粧品やdocomoのCMには出てるんですね
すごく綺麗な女優さんだから要チェック!

1〜 5件 / 全6件