NARUTO 疾風伝 五影集結の章

NARUTO 疾風伝 五影集結の章の画像・ジャケット写真
NARUTO 疾風伝 五影集結の章
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「NARUTO 疾風伝 五影集結の章」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「NARUTO 疾風伝 五影集結の章」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「NARUTO 疾風伝 五影集結の章」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

NARUTO 疾風伝 五影集結の章のシリーズ商品


1〜 6件 / 全6件

NARUTO 疾風伝 五影集結の章 1

  • 旧作

人気忍者活劇アニメ「〜疾風伝 五影集結の章」第1巻。跡形もなく崩壊した木ノ葉の様子に雲隠れのサムイ小隊は唖然とする。第417話・第418話「NARUTO疾風伝スペシャル〜動き出す時代!緊急招集五影会談〜」から第420話「ナルトの嘆願」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ANRB3411 2011年09月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 0人 0人

NARUTO 疾風伝 五影集結の章 2

  • 旧作

人気忍者活劇アニメ「〜疾風伝 五影集結の章」第2巻。暁に対抗するため、忍連合軍の結成を呼び掛けるミフネ。連合軍の指揮を火影に持たせたいと提案するが、それはダンゾウの策略によるものだった。第421話「苦渋の決断」から第424話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ANRB3412 2011年10月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 0人 0人

NARUTO 疾風伝 五影集結の章 3

  • 旧作

人気忍者活劇アニメ「〜疾風伝 五影集結の章」第3巻。四人の影たちの前に突如現れたマダラは、救い出したサスケを時空間忍術で隔離すると、自らが掲げる“月の眼計画”の詳細について語り始める。第425話「宣戦布告」から第428話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ANRB3413 2011年11月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

NARUTO 疾風伝 五影集結の章 4

  • 旧作

人気忍者活劇アニメ「〜疾風伝 五影集結の章」第4巻。風影たちからの情報を受け、今後の行動を決めるカカシたち。カカシがサクラを止めに向かい、ヤマトとナルトは先に里に戻ることになったが…。第429話「ダンゾウの右腕」から第432話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ANRB3414 2011年12月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 0人

NARUTO 疾風伝 五影集結の章 5

  • 旧作

人気忍者活劇アニメ「〜疾風伝 五影集結の章」第5巻。宿で休息をとるナルトは、友としてサスケに何をすべきか考える。大切なものを得た喜び、それを失う痛みを経験したナルトはある決意をする。第433話「失われた絆」から第436話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ANRB3415 2012年01月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 1人 1人

NARUTO 疾風伝 五影集結の章 6

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
120分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ANRB3416 2012年02月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 0人

1〜 6件 / 全6件

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

サスケとダンゾウの激闘と志村ダンゾウの死に様に注目ネタバレ

投稿日:2012/10/07 レビュアー:松橋和也

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ファン待望の「ダンゾウVSサスケ編」を全て収録されています!この巻の見所は、何といっても「サスケVSダンゾウの激闘」でしょう。甲田正行氏のスピード感のあるサスケのアクションを堪能できます。(429話「ダンゾウの右腕」)作画ファンとしては、甲田正行氏の成長ぶりには思わず圧巻です。本当に原画レベルのクオリティが向上していて本当に嬉しい限り。テレビ版アニメでは実質、山下宏幸君がキーアニメーターのような存在になっていますが、他のレビューで書いている通り、劇場版の制作時期になるといつも劇場班に行ってしまうので(実力が有るので劇場班に引き抜かれてしまう)本編に参加できなくなる時期があります(よりにもよって、大切な原作内容を制作している時に限って不在になる事が多い)山下宏幸氏の不在期間には、今後は甲田正行氏がキーアニメーター的な役割を担っていくようになると思うと、頼もしい限り。
431話「志村ダンゾウ」では、伊達カントク御本人がコンテ切って演出もなされてますが、心理描写に定評がある伊達さんなだけあって、ダンゾウの死に様を描くシーンの創りは完璧。ダンゾウの青年時代の任務においての精神的葛藤・また最も親しい友である猿飛ヒルゼン(三代目)との確執等のシーンが秀逸。中でも特筆されるべき箇所として、ダンゾウが死ぬ直前の走馬灯で少年時代の自身と友・ヒルゼンを思い出すシーンも秀逸。外見的にはダンゾウはとても醜い死に方をしているのだが、死ぬ直前に自身と友である・ヒルゼンの幼き日々を思い出すカットを挿入する事によって「醜くとも綺麗で美しい死に様」がリアリティに描かれている。さすが、伊達カントクです。朝井聖子さんの美しい繊細な作画も手伝って、ダンゾウの人生の終末としても、良い。甲田君とは違うベクトルで「綺麗な創り」を堪能できる良回。この回は時間と予算を割いているだけはある。
本編を見れば分かりますが、それにしても回想シーンが多すぎです。でも、これにはちゃんと理由があります。
回想シーンは主に第一部の原作パートをリテイクして使ってますが、これは第一部を知らない「NARUTO初心者」にも、出来る限り分かり易く観てほしいという伊達カントクの配慮であり演出でもあります。
もうひとつの理由として「回想シーンやBANK()を多用する事により1話あたりの作画負担を減少させて、その1話分における作画クオリティを向上させる」という手法、というか意向があったからです。
毎年言われているように、肝心な原作内容をテレビで放送する期間に、よりにもよって劇場版のNARUTOの製作期間と重複してしまい、結果としてテレビ版NARUTOの作画が正直云えば「さすがにこれはちょっと・・」という作画になっているのが現状でした。(サスケの蛇結成編とペイン編が特に顕著にその影響を受け、目も当てられない作画になってしまった回もありました)
それで劇場版が終わりオリストになったらぴえろ本社の原画マンが戻ってきて、オリストの方が作画が良好という本末転倒な事態に陥ってました。
そして、やはり毎度の如く、今年も劇場版と重要な原作内容本編の制作時期が見事に重複しました。そこで、編み出された対処法が「回想シーンの多用」だったのです。今回こそは、例年の課題をどうにかしようと一考したおかげで、原作ファンも作画ファンにも満足できる仕上がりになっています。
この巻の作画方面での見所は、433話「失われた絆」のNARUTO本編初となる松竹徳幸氏の作画監督としての仕事の出来栄え。そして一番の見所はやはり436話「一流の忍」が一押しでしょう。原作内容を楽しめるのと同時に、甲田正行さんと河合滋樹さんの作画に注目して頂きたいです。
肝心な本編のおススメは439話「火影はたけカカシ」です。コミカルなギャグを得意とする千葉克彦氏の脚本が秀逸な上に、作画監督はぴえろ本社の実力派原画マン甲田正行氏が務めているので、作画的にも尚更期待ができる。絵コンテ・演出はゴールデンコンビの相方である拙者五郎氏ではないものの、全編にわたり甲田修正が行き渡り「コミカルな絵の動き」を堪能してほしい

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

NARUTO 疾風伝 五影集結の章

月額課金で借りる

都度課金で借りる