THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>

THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>の画像・ジャケット写真

THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン> / サイモン・ベイカー

全体の平均評価点:(5点満点)

26

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

『プラダを着た悪魔』のサイモン・ベイカー主演によるサスペンスドラマの第2シーズン第10巻。複合メディア会社の新CEO就任パーティーで、前CEOの息子・ザンダーが殺害される。彼のオフィスからあるファイルがなくなっており…。第20話と第21話を収録。

「THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: THE MENTALIST

「THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2

ZOO−暴走地区− シーズン1

ヴァンパイア・ダイアリーズ <セカンド・シーズン>

WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!<フォース・シーズン>

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

第2シーズンもやっぱ面白い!!

投稿日:2011/11/14 レビュアー:け−な

私は実家でCSを見れるので
先に鑑賞しました(*´∀`*)ゞ
皆さんがこの感想でワクワクしてくれたらと思い
簡単に書きたいと思います笑

まずジェーンさんは相変わらず・・
素敵に好き勝手やってます笑

普通に相手をバカにしたりからかったり
お湯沸かして勝手にブレイクしたりして
キャラクターが際立って面白かったです(´ε`●)
しかも・・シーズン1でも出てきたあの彼女と
なんかいい雰囲気・・キイィィヽ(`Д´)嫉妬しちゃう笑

レッドジョンの捜査が違うグループに横取りされて
ジェーンさん他チームの皆が納得いかないんですが・・・
凄い展開で物語展開していきます☆

後・・・あの2人がいよいよ・・分かりました??
もぉやっとお互い心を開いたね〜♪
って思った矢先問題もあるんですね・・これが(*´Д`)=3

この作品を去っていくキャラもいて
新しい人も入ってくるんですが・・
これがまた強敵でヽ(´Д`)ノ
出来るやつだが・・ムカつくキャラです!!

レッドジョン・・これ気になりますよね!!
姿を現すのか・・・対決するのか・・これは見てのお楽しみですね(●´艸`)

私は前半の方が面白く感じました
後半はちょっとだれる感じもありましたが楽しめました♪
ぜひ借りてジェーンさんの皮肉を楽しみましょ(pq*vωv)

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

総評

投稿日:2014/04/27 レビュアー:ぽんぽん玉

シーズン2まで46話を見終わりました。
でも、まだまだジェーンという人物が好きになれない私がいます。。。
妻子を殺されたという過去を持っている割には、人の死についてシビア。
仲間が死んでもケロッとしているのはなぜなのだろう。
ジェーンにとって、犯人を捕まえる事だけが大事だとでも言いたげで、それ以外の事は何とも思わない節がある。
たとえ、それで人を傷つけようとも、苦しめようとも、犯人さえ捕まれば【大成功!】なのだ。
妻子を殺されて心が凍り付いてしまったのならまだしも、その事件からは未だに立ち直っていない。
レッド・ジョンに対する復讐心だけは燃えているものの、その他の人間に対しては至ってシビア。
同じ境遇の人にも同情する事はないのだ。
その辺がどうもちぐはぐで、感情移入できない要因かもしれません。
まだまだレッド・ジョンとの対決は続きそうなので、ジェーンの動向に注目していきたいと思います。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

愛か仕事か(VOL9のレビュー) ネタバレ

投稿日:2014/04/27 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

リグスビーとヴァンペルトの関係がハイタワーに知られ、仕事か愛かの決断を迫られる2人。
今回のリグスビーはかっこよかった。
リズボンに話した時は、【自分の首は安泰】と高をくくっていたリグスビーも、ヴァンペルトと同じ時間を過ごすうちに、色々と思うところがあったようですね。
自ら転勤を希望し、【愛】をとったリグスビー。
反面、ヴァンペルトは【仕事】をとりました。
でも、リグスビーに対する思いが仕事を下回ったわけではなく、【愛をとった事で、いつか私を恨む日が来る】と言うのが理由。
何だか、とっても奥が深い。でも、愛っていつでもMAXではないから、ヴァンペルトの考えの方が正しいとも言える。
なんか、切ないなぁ。。。
っていうか、こうなる事が分かっているのに、みんなでけしかけたんだよね。かわいそうじゃん。。。
チョウ!責任とれっ!!




今回のゲスト。
第19話【ブラッド・マネー】
シルヴァンは【バーン・ノーティス シーズン5〜6】のマット・ベイリー。
ハンクは【デスパレードな妻たち シーズン2】のユージーン・ビール。
オーデンタールは【24 シーズン5】のマイルズ・パパジアン。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

同類?詐欺師?(VOL11のレビュー)

投稿日:2014/04/27 レビュアー:ぽんぽん玉

再登場のクリスティーナ・フライ。
この人物はなかなか興味深い。
前回は、【霊能者】という触れ込みでありながらも、偽物っぽいニオイがプンプンしていた。
ところが今回はそうではないのだ。
洞察力では説明がつかない事も多く、ジェーン自身が判断がつきかねているのが面白い。
どんなに偽物と言われても意に介さないクリスティーナ。
霊能者を語って人を騙した挙げ句、妻子を殺されたジェーンにとっては、クリスティーナの能力は受け入れがたい事でしょう。
なんとしても、偽物であると証明したい反面、心の支えとなり得るだけに複雑な思いがあるようです。
そんな2人の掛け合いはなかなか面白く、結構いいコンビだったりするのですwww




今回のゲスト。
第22話【赤いメール】
ビグローは【ボーンズ】のエジソン。
イルサは【ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン3】のエスター。
カルメンは【ゴシップ・ガール シーズン3】のゾーイ。
リンチは【スーツ】のルイス・リット。
第23話【夜明けの赤い空】
マーゴは【ER】のクロエ・ルイス。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ピエロって怖い?(VOL10のレビュー)

投稿日:2014/04/27 レビュアー:ぽんぽん玉

日本人にはあまり馴染みのないピエロも、アメリカではポピュラーな存在。
誕生日パーティーには、よくピエロを雇うそうな。
大人はピエロを呼んで子供が喜んでいると思う。でも大抵は子供にとってピエロって嫌いな存在らしい。
このギャップが面白いのか、アメリカのTVドラマではしばしばピエロが登場する。
おかげでどこかで見たようなシチュエーションになってしまうのだ。
今回、ピエロに扮した犯人は、自分で集めた大勢のピエロに紛れて現場から逃走する。
以前、どっかでまったく同じシチュエーションを見た記憶があるなぁ。
何のドラマだったか。。。
ま、別に【ピエロ】じゃなくても全然問題なかった話ではあるが。

それにしても、またしても今回、勝手に人の家でティーブレイクするジェーン。
前に人の家で勝手にお茶を飲んで犯人に逃げられているのに、まったく懲りない人だわね。。。
思えば、記念すべき第1話では、勝手にサンドイッチを作って食べてたっけ。よく考えたら、とんでもない奴。。。




今回のゲスト。
第20話【赤い血だまり】
スタイルズは【HEROES】のダニエル・リンダーマン。
セイディは【シカゴ・ホープ シーズン1】のマギー・アトキソン。
エドは【ギルモア・ガールズ シーズン6】のフィン。
ザンダーは【24 シーズン6〜】のイーサン・ケニン。
第21話【赤い鼻の恐怖】
オリバーは【アメリカン・ホラー・ストーリー】のカイル・スペンサー。
トールマンは【LOST シーズン4〜6】のジョージ・ミンコフスキー。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全26件

THE MENTALIST/メンタリスト <セカンド・シーズン>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

第2シーズンもやっぱ面白い!!

投稿日

2011/11/14

レビュアー

け−な

私は実家でCSを見れるので
先に鑑賞しました(*´∀`*)ゞ
皆さんがこの感想でワクワクしてくれたらと思い
簡単に書きたいと思います笑

まずジェーンさんは相変わらず・・
素敵に好き勝手やってます笑

普通に相手をバカにしたりからかったり
お湯沸かして勝手にブレイクしたりして
キャラクターが際立って面白かったです(´ε`●)
しかも・・シーズン1でも出てきたあの彼女と
なんかいい雰囲気・・キイィィヽ(`Д´)嫉妬しちゃう笑

レッドジョンの捜査が違うグループに横取りされて
ジェーンさん他チームの皆が納得いかないんですが・・・
凄い展開で物語展開していきます☆

後・・・あの2人がいよいよ・・分かりました??
もぉやっとお互い心を開いたね〜♪
って思った矢先問題もあるんですね・・これが(*´Д`)=3

この作品を去っていくキャラもいて
新しい人も入ってくるんですが・・
これがまた強敵でヽ(´Д`)ノ
出来るやつだが・・ムカつくキャラです!!

レッドジョン・・これ気になりますよね!!
姿を現すのか・・・対決するのか・・これは見てのお楽しみですね(●´艸`)

私は前半の方が面白く感じました
後半はちょっとだれる感じもありましたが楽しめました♪
ぜひ借りてジェーンさんの皮肉を楽しみましょ(pq*vωv)

総評

投稿日

2014/04/27

レビュアー

ぽんぽん玉

シーズン2まで46話を見終わりました。
でも、まだまだジェーンという人物が好きになれない私がいます。。。
妻子を殺されたという過去を持っている割には、人の死についてシビア。
仲間が死んでもケロッとしているのはなぜなのだろう。
ジェーンにとって、犯人を捕まえる事だけが大事だとでも言いたげで、それ以外の事は何とも思わない節がある。
たとえ、それで人を傷つけようとも、苦しめようとも、犯人さえ捕まれば【大成功!】なのだ。
妻子を殺されて心が凍り付いてしまったのならまだしも、その事件からは未だに立ち直っていない。
レッド・ジョンに対する復讐心だけは燃えているものの、その他の人間に対しては至ってシビア。
同じ境遇の人にも同情する事はないのだ。
その辺がどうもちぐはぐで、感情移入できない要因かもしれません。
まだまだレッド・ジョンとの対決は続きそうなので、ジェーンの動向に注目していきたいと思います。

愛か仕事か(VOL9のレビュー)

投稿日

2014/04/27

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

リグスビーとヴァンペルトの関係がハイタワーに知られ、仕事か愛かの決断を迫られる2人。
今回のリグスビーはかっこよかった。
リズボンに話した時は、【自分の首は安泰】と高をくくっていたリグスビーも、ヴァンペルトと同じ時間を過ごすうちに、色々と思うところがあったようですね。
自ら転勤を希望し、【愛】をとったリグスビー。
反面、ヴァンペルトは【仕事】をとりました。
でも、リグスビーに対する思いが仕事を下回ったわけではなく、【愛をとった事で、いつか私を恨む日が来る】と言うのが理由。
何だか、とっても奥が深い。でも、愛っていつでもMAXではないから、ヴァンペルトの考えの方が正しいとも言える。
なんか、切ないなぁ。。。
っていうか、こうなる事が分かっているのに、みんなでけしかけたんだよね。かわいそうじゃん。。。
チョウ!責任とれっ!!




今回のゲスト。
第19話【ブラッド・マネー】
シルヴァンは【バーン・ノーティス シーズン5〜6】のマット・ベイリー。
ハンクは【デスパレードな妻たち シーズン2】のユージーン・ビール。
オーデンタールは【24 シーズン5】のマイルズ・パパジアン。

同類?詐欺師?(VOL11のレビュー)

投稿日

2014/04/27

レビュアー

ぽんぽん玉

再登場のクリスティーナ・フライ。
この人物はなかなか興味深い。
前回は、【霊能者】という触れ込みでありながらも、偽物っぽいニオイがプンプンしていた。
ところが今回はそうではないのだ。
洞察力では説明がつかない事も多く、ジェーン自身が判断がつきかねているのが面白い。
どんなに偽物と言われても意に介さないクリスティーナ。
霊能者を語って人を騙した挙げ句、妻子を殺されたジェーンにとっては、クリスティーナの能力は受け入れがたい事でしょう。
なんとしても、偽物であると証明したい反面、心の支えとなり得るだけに複雑な思いがあるようです。
そんな2人の掛け合いはなかなか面白く、結構いいコンビだったりするのですwww




今回のゲスト。
第22話【赤いメール】
ビグローは【ボーンズ】のエジソン。
イルサは【ヴァンパイア・ダイアリーズ シーズン3】のエスター。
カルメンは【ゴシップ・ガール シーズン3】のゾーイ。
リンチは【スーツ】のルイス・リット。
第23話【夜明けの赤い空】
マーゴは【ER】のクロエ・ルイス。

ピエロって怖い?(VOL10のレビュー)

投稿日

2014/04/27

レビュアー

ぽんぽん玉

日本人にはあまり馴染みのないピエロも、アメリカではポピュラーな存在。
誕生日パーティーには、よくピエロを雇うそうな。
大人はピエロを呼んで子供が喜んでいると思う。でも大抵は子供にとってピエロって嫌いな存在らしい。
このギャップが面白いのか、アメリカのTVドラマではしばしばピエロが登場する。
おかげでどこかで見たようなシチュエーションになってしまうのだ。
今回、ピエロに扮した犯人は、自分で集めた大勢のピエロに紛れて現場から逃走する。
以前、どっかでまったく同じシチュエーションを見た記憶があるなぁ。
何のドラマだったか。。。
ま、別に【ピエロ】じゃなくても全然問題なかった話ではあるが。

それにしても、またしても今回、勝手に人の家でティーブレイクするジェーン。
前に人の家で勝手にお茶を飲んで犯人に逃げられているのに、まったく懲りない人だわね。。。
思えば、記念すべき第1話では、勝手にサンドイッチを作って食べてたっけ。よく考えたら、とんでもない奴。。。




今回のゲスト。
第20話【赤い血だまり】
スタイルズは【HEROES】のダニエル・リンダーマン。
セイディは【シカゴ・ホープ シーズン1】のマギー・アトキソン。
エドは【ギルモア・ガールズ シーズン6】のフィン。
ザンダーは【24 シーズン6〜】のイーサン・ケニン。
第21話【赤い鼻の恐怖】
オリバーは【アメリカン・ホラー・ストーリー】のカイル・スペンサー。
トールマンは【LOST シーズン4〜6】のジョージ・ミンコフスキー。

1〜 5件 / 全26件