記憶の中の僕たちへ

記憶の中の僕たちへの画像・ジャケット写真
記憶の中の僕たちへ / パク・チェジョン
全体の平均評価点:
(5点満点)

4

  • DVD
ジャンル:

「記憶の中の僕たちへ」 の解説・あらすじ・ストーリー

450年前に書かれた手紙をめぐる実話をモチーフに描く感動ラブロマンス。リストラに遭い市民センターの写真講師として働くことになったウンギョは、下宿先で夢に出てくる女性にそっくりなインウと出会う。インウにとってウンギョは憧れの先輩だった…。

「記憶の中の僕たちへ」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 韓国
原題: TRY TO REMEMBER

「記憶の中の僕たちへ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

記憶の中の僕たちへの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
101分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FMDR9398 2012年01月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

安東のプロモーション映画?ネタバレ

投稿日:2011/12/15 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウリ マンナン ジョギインナヨ?「私たち会ったことありますか?」というのが原題です。
今月の衛星劇場「韓流メガシアター」で放送されました。
ラブレターを巡る感動の実話をモチーフにした,時空を超えたラブ・ロマンスです。
解説の田代親世さんによりますと,この手紙は朝鮮時代に妻が夫に送った手紙で,1998年安東(アンドン)で実際に発見されたものだそうです。
“時空を越える”のは韓流の得意技で,作品的にあまりハズレが無いのが特徴ですが,本作でも安東の伝統家屋など,情緒ある景色と美しい自然がマッチした映像が独特の雰囲気を醸し出しています。
映画は,若手カメラマンのウンギョ(パク・ジェジョンssi)がリストラされて,安東にある市民センターの写真講師として働くことになり,そこで偶然イヌ(ユン・ソイssi)と出会います。驚いたのはイヌがいつも見る同じ夢の中に出てくる女性にそっくりだったことで,おまけに市民センターの職員という設定ですから,ここで二人が恋に落ちるというだけの話なら面白くも何ともないのですが,そこは韓流,難病と時空を引っ掛けてきました。
二人は,博物館で偶然450年前の女性のラブレターを目にし,どちらが先にということもなく見つめあい心を奪われてしまいます。「君は僕の運命」のパク・ジェジョンssiが映画初出演とは思えない魅力的な演技で,ユン・ソイssiとの静かな愛を育みます。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

静かな静かなラブストーリー♪ネタバレ

投稿日:2013/04/04 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

感動じゃなく、
しみじみ来る…、実に、素敵なお話でした♪♪

要するに、お互いがお互いを強く想っていて…
それぞれに、相手の顔で、生まれ変わった二人のお話。

前世では、夫に先立たれ…
生まれ変わったら、先に逝かせないと願う妻…
現世で、念願かなったのは良かったけど…

でも、やっぱ、
せめて、気持を伝え合う事が出来れば…、良かったのに…。
切ない…… (ノ_・。)

とはいえ、本人達は、
お互いに、相手の姿で生まれ変わってるってだけで、
想いの強さは、充分、解り合えてるのかな……。

*****
「誰かを心から想うと、来世でその人の姿で生まれ変わる」
…なんかステキだよね (*^ ^*)

「どこかで会っていませんか?」
「会ってますよ、はるか大昔にね」
…くぅ〜、言うね〜〜 (≧〜≦)

定番かもしれんけど、
生まれ変わりとか、相手を思う気持とか…
こういうのグッときます♪♪♪

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラストが

投稿日:2016/10/15 レビュアー:サキ

とても雰囲気がよくて素敵な映画でした。ラストが私の好みではなかったけど。パク・ジェジョンさんがとても良かった!ユン・ソイさんももちろんですけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ベタベタです。ネタバレ

投稿日:2014/04/29 レビュアー:キヨ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

だけど嫌いじゃないです。(笑)

開発地から墓が発見され、420年前に書かれた手紙と女性の髪を編み込んだ草鞋を抱いた遺体も発見された。←これは実話らしいです。その正体は夭逝した夫を哀れんだ妻らしいです。で、それをベースにして儚くも美しい恋愛映画を作った…てのが、本作品。

期待していたよりも前世の話が小さいです。(笑)最後に駆け足で…てか、走馬灯で謎が解き明かされます。(笑)妻が男に生まれ変わっていたのは定番でしたけどね。臓器移植の伏線がそこで活かされるかって意外性はあったのっす。

しかし、どの世界でも、いつの時代でも、純粋に人を愛するってのは美しいものです。コテコテ思ってもどこか惹かれてしまうわ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

記憶の中の僕たちへ

月額課金で借りる

都度課金で借りる