ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズン

ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズンの画像・ジャケット写真

ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズン / ティム・ロス

全体の平均評価点:(5点満点)

19

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

“微表情”からウソを見抜く科学者の活躍を描いたサスペンスシリーズの最終シーズン第1巻。天才科学者が心理学の観点から“ウソ”を分析し、事件の真相を明らかにしていく。主演は『海の上のピアニスト』のティム・ロス。第1話と第2話を収録。※一般告知解禁日:8月19日

「ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: LIE TO ME

「ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

奴らに深き眠りを

アメリカン・クライム

シカゴ・ファイア

ヴィヴィアン・マイヤーを探して

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全19件

とうとうファイナル

投稿日:2012/02/08 レビュアー:ぽんぽん玉

これにて【ライ・トゥ・ミー】終了。
視聴率低迷の要因はなんだったのでしょう。
多分、独特な作りだったに違いない。
インタビューでティム・ロスが言っていた言葉が心に残ります。
【ウソを見抜くだけで裁くわけではない】
どうも、これこそが今作品の魅力でもあり敗因でもあったように思うのです。
ウソを見抜く場面はハラハラドキドキしますが、その後、犯人を追い詰めていく過程はあっさりとしています。
そのせいでハラハラドキドキ感が持続しない。事件の動機となる部分の印象が薄くなってしまうのです。
あくまでも【微表情】にこだわった作りが、裏目に出てしまった感が否めない。
例えて言うなら、【CSI】がラボで鑑識だけをしていたり、【クリミナルマインド】がプロファイリングだけをしていたらどうだろう。
それじゃぁ、ただの専門チャンネルでしかない。
専門知識を駆使して【犯人を追い詰める】からこそ面白いのだ。
そのピンポイントの作りがマンネリを生んでしまった。
登場人物が魅力的だっただけに残念な結果となってしまった。
せっかく、カルとジリアンの関係を匂わせて視聴者の興味を持たせようとしたが、シーズン4につながるほどは注目されなかったらしい。
視点が面白かっただけに、途中で方向性を変えてでも生き残る道を模索してほしかった。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

終わってしまった・・・ ネタバレ

投稿日:2012/01/09 レビュアー:やまっち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズン1から大ファンで、毎回ドキドキしながら見てました!!
最終回なのに今まで通りの感じでさらっと終わってしまい、らしいといえばらしいですが、ちょっぴり残念です。
カルとジリアンの関係がどうなるかはずーっと気になっていたのに、そこもあいまいな感じでちょっと消化不良でした・・。
続編でてほしい〜〜〜〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

あれ・・・ ネタバレ

投稿日:2012/01/13 レビュアー:yougaku_pv_fan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ファイナルシーズン・・・急激に面白くない。

脚本家が変わったのか?ネタ切れ? !?なつまんないエピソードばかり。
カルもただのひねくれたおっさんで魅力がなくなってる。
脇のメンバーも寂しくなった(元嫁とか出てこない・・・)

肝心のうそを見抜くシーンも、だんだんと事務的で手抜きになり
作り手のテンションが落ちてるのがみえみえ、終わり方もひどい。

ファーストシーズンがピークでシーズンが進むにつれて、
パワーダウンしていく海外ドラマによくある悪いパターン。

一致団結して、大きな組織や権力者に立ち向かって真実を追究していき、
強者を打ち負かし弱者を救う、的な感じが良かったんだけど、だんだん
エピソードもショボくなり、新鮮さも痛快さも無くなっていった気がする。

このチームも途中からは、何か部下と上司はギクシャクしてるし、
ボスは相棒と元嫁以外の女に手を出してるし
必要か?って感じの新人を加えてみたり、何がやりたいのかよく解らなかった。
スッキリしない終わり方。

結構好きなドラマだったので、この終焉は残念・・・。

ファースト 77点
ファイナル 67点
ジリアン  100点w

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱり終わったか

投稿日:2012/09/23 レビュアー:Kavi

ハウスと違って、なんかこの博士、
弱味がなくて可愛げがなかった。
ティム・ロスの好感度も下がった。

周辺のキャラクターも中途半端なまま。

結局、警察に協力するしか、
この手の研究の生かし方がなく、マンネリだったんだよね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

柳の下にドジョウは2匹いないだろう ネタバレ

投稿日:2012/07/04 レビュアー:しづちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1巻の1,2話しか観ていませんが、あの「ドクター・ハウス」をアレンジしたような作品のように思える。

主人公のカル・ライトマンがあのハウスに似たような性格の悪さ。そして助手達もハウルの助手と同じようなパターン。
ハウスがヒットしたので、便乗したのでしょうか。

私がイメージしていたのは精神行動分析学からの分析で犯人を追及する方法で、細かく説明のあるちょっとインテリ風の男性をイメージしていました。
見た目も格好良くてシャープな感じの長身の40才代の男盛り。

男としての魅力を振りまきながら精神行動分析学から事件を解明する…そんな格好よさを期待していました。故に、この映画はこれで打ち止め。
どうにも主人公の性格が気に入らない。娯楽で観ているドラマに嫌悪感を抱くようでは娯楽にならないから。

でも、そんなこと気にならない方にはそれなりに楽しめる作品かと思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全19件

ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 ファイナル・シーズン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:19件

とうとうファイナル

投稿日

2012/02/08

レビュアー

ぽんぽん玉

これにて【ライ・トゥ・ミー】終了。
視聴率低迷の要因はなんだったのでしょう。
多分、独特な作りだったに違いない。
インタビューでティム・ロスが言っていた言葉が心に残ります。
【ウソを見抜くだけで裁くわけではない】
どうも、これこそが今作品の魅力でもあり敗因でもあったように思うのです。
ウソを見抜く場面はハラハラドキドキしますが、その後、犯人を追い詰めていく過程はあっさりとしています。
そのせいでハラハラドキドキ感が持続しない。事件の動機となる部分の印象が薄くなってしまうのです。
あくまでも【微表情】にこだわった作りが、裏目に出てしまった感が否めない。
例えて言うなら、【CSI】がラボで鑑識だけをしていたり、【クリミナルマインド】がプロファイリングだけをしていたらどうだろう。
それじゃぁ、ただの専門チャンネルでしかない。
専門知識を駆使して【犯人を追い詰める】からこそ面白いのだ。
そのピンポイントの作りがマンネリを生んでしまった。
登場人物が魅力的だっただけに残念な結果となってしまった。
せっかく、カルとジリアンの関係を匂わせて視聴者の興味を持たせようとしたが、シーズン4につながるほどは注目されなかったらしい。
視点が面白かっただけに、途中で方向性を変えてでも生き残る道を模索してほしかった。

終わってしまった・・・

投稿日

2012/01/09

レビュアー

やまっち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズン1から大ファンで、毎回ドキドキしながら見てました!!
最終回なのに今まで通りの感じでさらっと終わってしまい、らしいといえばらしいですが、ちょっぴり残念です。
カルとジリアンの関係がどうなるかはずーっと気になっていたのに、そこもあいまいな感じでちょっと消化不良でした・・。
続編でてほしい〜〜〜〜

あれ・・・

投稿日

2012/01/13

レビュアー

yougaku_pv_fan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ファイナルシーズン・・・急激に面白くない。

脚本家が変わったのか?ネタ切れ? !?なつまんないエピソードばかり。
カルもただのひねくれたおっさんで魅力がなくなってる。
脇のメンバーも寂しくなった(元嫁とか出てこない・・・)

肝心のうそを見抜くシーンも、だんだんと事務的で手抜きになり
作り手のテンションが落ちてるのがみえみえ、終わり方もひどい。

ファーストシーズンがピークでシーズンが進むにつれて、
パワーダウンしていく海外ドラマによくある悪いパターン。

一致団結して、大きな組織や権力者に立ち向かって真実を追究していき、
強者を打ち負かし弱者を救う、的な感じが良かったんだけど、だんだん
エピソードもショボくなり、新鮮さも痛快さも無くなっていった気がする。

このチームも途中からは、何か部下と上司はギクシャクしてるし、
ボスは相棒と元嫁以外の女に手を出してるし
必要か?って感じの新人を加えてみたり、何がやりたいのかよく解らなかった。
スッキリしない終わり方。

結構好きなドラマだったので、この終焉は残念・・・。

ファースト 77点
ファイナル 67点
ジリアン  100点w

やっぱり終わったか

投稿日

2012/09/23

レビュアー

Kavi

ハウスと違って、なんかこの博士、
弱味がなくて可愛げがなかった。
ティム・ロスの好感度も下がった。

周辺のキャラクターも中途半端なまま。

結局、警察に協力するしか、
この手の研究の生かし方がなく、マンネリだったんだよね。

柳の下にドジョウは2匹いないだろう

投稿日

2012/07/04

レビュアー

しづちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1巻の1,2話しか観ていませんが、あの「ドクター・ハウス」をアレンジしたような作品のように思える。

主人公のカル・ライトマンがあのハウスに似たような性格の悪さ。そして助手達もハウルの助手と同じようなパターン。
ハウスがヒットしたので、便乗したのでしょうか。

私がイメージしていたのは精神行動分析学からの分析で犯人を追及する方法で、細かく説明のあるちょっとインテリ風の男性をイメージしていました。
見た目も格好良くてシャープな感じの長身の40才代の男盛り。

男としての魅力を振りまきながら精神行動分析学から事件を解明する…そんな格好よさを期待していました。故に、この映画はこれで打ち止め。
どうにも主人公の性格が気に入らない。娯楽で観ているドラマに嫌悪感を抱くようでは娯楽にならないから。

でも、そんなこと気にならない方にはそれなりに楽しめる作品かと思います。

1〜 5件 / 全19件