花を宿す女

花を宿す女の画像・ジャケット写真
花を宿す女 / チェ・ミンソ
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
ジャンル:

「花を宿す女」 の解説・あらすじ・ストーリー

『鬘 かつら』のチェ・ミンソが初ヌードに挑んだエロスドラマ。ある夢がきっかけで突然菜食主義者になり、それが原因で夫と離婚したヨンヘ。引きこもりになった彼女の下を訪れた姉の夫・ミノは、ヨンヘの体に花の絵を描いて撮影したいと申し出て…。

「花を宿す女」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 韓国
原題: ●(Vegetarian)

「花を宿す女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

花を宿す女の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
113分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
OHDR0219 2011年11月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

れっきとした文学作品です。ネタバレ

投稿日:2011/10/02 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

邦題が「花を宿す女」で,このジャケットですと「あのチェ・ミンソssiが脱いだ?」という話から,エロスドラマ(実際に作品紹介にはこうかいてあります)だと早合点しそうですが,原作の硬いストーリーを土台に芸術性の高い作品として完成させた,れっきとした文学作品の映画化です。
原作は漢江(ハンガンssi)が書いた「菜食主義者」「蒙古斑」「木の花火」という連作小説で,韓国の芥川賞といわれて最も権威ある文学賞(イ・サン文学賞)を受賞し,ベストセラーとなった代表作です。
英題は“Vegetarian”で,原題はこのジャケットにハングルで「チェシッチュイジャ」(菜食主義者)と小さく書かれています。

映画は,ごく平凡な生活を送ってきた女性ヨンヘ(チェ・ミンソssi)が,ある日突然肉食を拒否,日に日にやせ細っていく姿を見つめる夫を描いた「菜食主義者」,次に,妻から妹のヨンヘが20歳まで蒙古斑が残っていたという話を聞いて,ヨンヘを芸術的・性的対象として狂おしいほど求める姿を描いた「蒙古斑」,そして,変わり果てた妹,出て行った夫,幼い息子など,崩れ落ちそうになる日常生活の中で懸命に生きようとする姉インヘを描いた「木の花火」,この三連作が3人の目を通して語られます。


おまけ:確かに30歳を前にしたチェ・ミンソssiが,役作りのために8キロ減量し,初のオールヌードできわどいシーンを果敢に熱演したことが話題になりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

、、、

投稿日:2011/10/17 レビュアー:エロエロ大魔神

以前、中国人女性の全身刺青女をみた!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映像化に成功したとは 思えない

投稿日:2012/01/20 レビュアー:Jiro

たぶん この映画を見た限りですが 原作は純文学系の小説なんだろうなぁ
でも 芸術家・芸術を映像化するのは 難しい 小説では自分の想像で納得出来るけど
この映画では なんだかなぁとしか思えない 
チェ・ミンソさんの8キロ減量オールヌードにしても 役柄とはいえ痛々しいとしか思えなかった

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

花を宿す女

月額課金で借りる

都度課金で借りる