沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5

沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5の画像・ジャケット写真
沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5 / スティーブン・セガール
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5」 の解説・あらすじ・ストーリー

スティーヴン・セガール率いる秘密捜査官チームが犯罪者らを追い詰めるアクションシリーズ第5弾。中国人マフィアと結託した日本ヤクザが、対立する南米系マフィアを襲撃するという情報を事前に得た特別捜査課は、両組織の抗争現場に急行するが…。

「沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: TRUE JUSTICE: BROTHERHOOD

「沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
90分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
90DRN10095 2011年10月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

mmmm

投稿日:2011/12/15 レビュアー:エロエロ大魔神

日本だとセガールは確実に「特別公務員凌虐暴行罪」で確実に起訴されます

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

セガール、武士になる

投稿日:2016/03/12 レビュアー:みなさん(退会)

スティーブン・セガール製作によるTVシリーズ第5弾。全6作のうち5本目である。

シアトル市警の〈SIU〉のボス、イライジャ・ケインを演じるのは、S.セガール御大。
本作品では、ケインの“出生の秘密”が明らかになる。(笑)
――父親は在日米軍の軍人で、日本人女性との間に生まれた。母親は九州の古い武士の家系。父親が帰国した後、ケインは母方に引き取られ、祖父に溺愛されて育つ。祖父は偉大な剣士で、彼も幼い頃から武士としての教育を受けた。だから、ケインには“サムライ”の血が流れている。
その後は、イラクで従軍。特殊部隊を率いて戦った……。
まるで、私たちがセガール君に抱くイメージと、ぴったりではないか。もしかしたら、彼自身、本当にそう思っているのかも知れない。(笑)

TVドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』で“赤ずきん”を演じたミーガン・オリー。本作品では、ジュリエット・ソーンダーズを演じる。今回は、あまり出番がなかった。(微笑)

『アポロ18』に出演していたウォーレン・クリスティーが、ブレッド・ラトナーを演じる。今回は、あまり出番がなかったな。(失笑)

ウィリアム・ビッグスリープ・スチュワートが、アンドレ・メイソンを演じる。今回は、あまり出番がなかったな。(苦笑)

『フォレスト・オブ・ザ・デッド』のサラ・リンドが演じるのは、新人捜査官のサラ・モンゴメリ。今回は、あまり出番がなかったな。(爆笑)

――日本人ヤクザのタマブチ兄弟が南米マフィアのアジトを急襲する。情報を得て踏み込んだSIUのメンバー。銃撃戦の最中、ケインは1人の男を射殺する。その男はタマブチ兄弟の1人、カツオだった。
カツオの死を知ったタマブチ兄弟は、ケインへの報復を決意する。しかし、中国マフィアとの取引を間近に控え、長兄のイチロウはビジネスを優先する。
その頃、銀行がショットガンを持った男に襲われ、籠城事件に発展していた。犯人は、何故か交渉役にケインを指名する。
……というお話し。

この後、ケインは籠城事件を2時間ほどホったらかしにして、ヤクザを追う。これには笑った。人質もいて、ショットガンを持った男に脅されているのに、「すぐに駆けつけてやれよ!」と思ってしまった。(笑)

犯人は、自宅を差し押さえられた市民で、悪人ではない。間違った手段をとったが、ヤクザやマフィアではない。ギャングでもない。亡くなった息子が軍隊でケインの部下だったから、ケインを指名したに過ぎない。だから、この事件は穏やかに着地する。(笑)

後半は、ヤクザの武器密輸ルートを根絶すべく、アジトを襲撃する。工夫を凝らそうと、スナイパーを用意したりしている。微笑ましい。(笑)
ただ、ヤクザに重点を置いた描写が多く、レギュラー陣への掘り下げが足りなくなってしまった。残念。
ラドナーとサラの交際はどうなったのか、メイソンの奥さんは帰って来たのか、ジュリエットに彼氏は出来ないのか、……すっかり“お茶の間”状態。それはそれで、困ったものなのだが……。(笑)

監督は、前作に引き続きウェイン・ローズ。
相変わらず、分かりにくい。爆破シーンなんかは迫力満点なのだが、どうも物語を綴るのが苦手なようだ。

一般の方にもオススメしたいけど、やっぱりファンの方にだけオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もうだめ

投稿日:2011/10/14 レビュアー:ニーマンス

 今までセガール作品はすべて見たけどもうだめだ・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

沈黙の挽歌 TRUE JUSTICE PART5