監禁アマゾネス

監禁アマゾネスの画像・ジャケット写真

監禁アマゾネス / トム・ロング

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「監禁アマゾネス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

欲望に駆られた女たちが、ひとりの男を監禁し性的に陵辱する様を描いたエロティックサスペンス。カリスマバレエダンサーのダニエルは、路上で何者かに拉致される。目を覚ますと手足は拘束されており、覆面姿の女たちが肉体的・精神的に彼を弄び始め…。

「監禁アマゾネス」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

オーストラリア

原題:

THE BOOK OF REVELATION

「監禁アマゾネス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命

ザ・プレイヤー

推定無罪

ポエトリー、セックス

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

、、、、、

投稿日:2011/06/25 レビュアー:エロエロ大魔神

アマゾネス て言葉にピン!とくるのは俺だけだろうか?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

どちらかといえば肯定派 ネタバレ

投稿日:2011/08/04 レビュアー:こっしー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シネパトスやシアターNでやってそうなのを見ようと思ったらシャンテだった、みたいな気分にさせられます。笑
基本的に男が解放されて、回想で綴られるので監禁もののサスペンスは弱め。ターゲットが女性なのか、アートっぽいつくりになっていて、レイプされた男の感情の彷徨のようなまじめな流れについていければいいんでないでしょうか。
それはともかく、前半の俳優陣の目の芝居がたまらなくよいです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

中途半端 ネタバレ

投稿日:2011/07/18 レビュアー:REI

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

B級映画で良くある中途半端な終わり方。これは特にひどいと思いました。予算が足りなくなったのかな・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

途方もない犯人捜しの”戦い”?それとも”闘い”の始まり??

投稿日:2017/06/13 レビュアー:伝衛門

お気に入りの女子アナ・木村優子さんに似ていることで好きだった
グレタ・スカッキさんが出演していることと、
『監禁アマゾネス』という扇情的な作品タイトルにまんまと引っかかって手にした次第…(・・。)ゞ

イントロを読めば、監禁されるのは美女ではなく男性であることにすぐに気づくことができ、
期待していた映像作品ではないことは一目瞭然なはずなのですが、
女性からするとある種扇情的な映像なのかも?

男の私からみてもトム・ロング演じるカリスマ・ダンサーの色気はすさまじい…w(゚o゚)w

AV作品の調教モノでありがちな展開かもしれませんが、レイプされた主人公の犯人への復讐心と
自我の目覚め的な着眼は面白く感じました。
ただ如何せん、そこに至るまでが長過ぎたのかも…(・・。)ゞ

刑事が諭す”最初から説明しろ”は、
この映画の展開においてはもたつき感を増長させるだけで残念な結果になったかも?

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

監禁アマゾネス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

、、、、、

投稿日

2011/06/25

レビュアー

エロエロ大魔神

アマゾネス て言葉にピン!とくるのは俺だけだろうか?

どちらかといえば肯定派

投稿日

2011/08/04

レビュアー

こっしー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シネパトスやシアターNでやってそうなのを見ようと思ったらシャンテだった、みたいな気分にさせられます。笑
基本的に男が解放されて、回想で綴られるので監禁もののサスペンスは弱め。ターゲットが女性なのか、アートっぽいつくりになっていて、レイプされた男の感情の彷徨のようなまじめな流れについていければいいんでないでしょうか。
それはともかく、前半の俳優陣の目の芝居がたまらなくよいです。

中途半端

投稿日

2011/07/18

レビュアー

REI

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

B級映画で良くある中途半端な終わり方。これは特にひどいと思いました。予算が足りなくなったのかな・・・

途方もない犯人捜しの”戦い”?それとも”闘い”の始まり??

投稿日

2017/06/13

レビュアー

伝衛門

お気に入りの女子アナ・木村優子さんに似ていることで好きだった
グレタ・スカッキさんが出演していることと、
『監禁アマゾネス』という扇情的な作品タイトルにまんまと引っかかって手にした次第…(・・。)ゞ

イントロを読めば、監禁されるのは美女ではなく男性であることにすぐに気づくことができ、
期待していた映像作品ではないことは一目瞭然なはずなのですが、
女性からするとある種扇情的な映像なのかも?

男の私からみてもトム・ロング演じるカリスマ・ダンサーの色気はすさまじい…w(゚o゚)w

AV作品の調教モノでありがちな展開かもしれませんが、レイプされた主人公の犯人への復讐心と
自我の目覚め的な着眼は面白く感じました。
ただ如何せん、そこに至るまでが長過ぎたのかも…(・・。)ゞ

刑事が諭す”最初から説明しろ”は、
この映画の展開においてはもたつき感を増長させるだけで残念な結果になったかも?

1〜 4件 / 全4件