ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたいの画像・ジャケット写真
ゴースト もういちど抱きしめたい / ソン・スンホン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

47

  • DVD
ジャンル:

「ゴースト もういちど抱きしめたい」 の解説・あらすじ・ストーリー

世界的大ヒット作「ゴースト/ニューヨークの幻」を松嶋菜々子、ソン・スンホン主演でリメイクしたファンタジー・ラブストーリー。命を落としゴーストとなったヒロインの遺された恋人への一途な愛が、やがてひとつの奇跡を起こすさまを描く。会社経営者の星野七海はある夜、陶芸家志望の韓国人青年キム・ジュノと出会い、恋に落ちる。しかし出会いから1年後の七海の誕生日、彼女は事件に巻き込まれて命を落としてしまう。やがて七海の魂は、天国へは行かずにゴーストとしてジュノのそばにとどまる道を選ぶ。そして間もなくジュノもまた、自分の命を奪った男から狙われていることを知る。何とかして危険を知らせねばと焦る七海は、ある霊媒師のもとを訪ねるのだが…。

「ゴースト もういちど抱きしめたい」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「ゴースト もういちど抱きしめたい」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ゴースト もういちど抱きしめたいの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
116分 日(聴覚障害者用) 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日(一部韓)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ120501 2011年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
45枚 3人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

ラブファンタジーというよりコメディ

投稿日:2011/05/22 レビュアー:ミルクチョコ

オリジナルの「ゴースト ニューヨークの幻」を基にしたラブ・ファンタジーと言いたいところですが、どうもこれはコメディ要素が強くて、今一つでした。
ソン・スンホンが出るので期待しすぎたせいもあると思いますが、いろんな意味で今一つ。脚本もしっかり練っているとは思えず、ご都合主義が目立ちます。
事件の怪しい人物は、最初からバレバレで、サスペンス色は薄まっています。終盤の、犯人を追い詰めるシーンは何か学芸会レベルで、思わず苦笑してしまいました。いくらなんでも無茶苦茶です。

幽霊になった女性がいかにして恋人に意志を伝えるのか、それがサスペンスの焦点になるはずですが、七海が壺に描く絵ときたら、可愛らしくていいんですけどね。これじゃ女子高生です。成功した会社経営者というイメージはないですよね。

やはりゴーストといえば霊媒師。ウーピー・ゴールドバーグの日本版は・・・樹木希林が出て来たとたんに完全にコメディです。切ないお話でしんみり静着な話!なのについ笑ってしまいます。
キャスト的には芦田愛菜ちゃんが良いスパイスになっていました。

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リメイクのコメディ作(日本ならでは)

投稿日:2011/04/25 レビュアー:マオ

劇場に足を運びました。名作『ゴースト』のリメイクだし、ソンスンホンだし、ラブファンタジーだし。。。

どーしたものか、、、樹木希林と鈴木砂羽のせいか 感動するはずの映画がコメディに感じてしまい。。
リメイクの大失敗作を見た感じだ。男女逆設定というアイディアもあるのだが。。

樹木希林はどんな役も樹木希林になってしまう 奇妙で灰汁が強すぎる
あまりに強烈すぎて劇中 笑いのツボに入り堪えるのに必死(冷汗)
鈴木砂羽は安っぽいメロドラマにしてしまう。
ベタすぎる演技と設定に劇中 震えが止まらない可笑しさ(脂汗)

松嶋菜々子とソンスンホン 2人の出会いから始めるより深い付き合いからの設定の方がよかったと思います
物語に深みが感じられません

ソンスンホンはカッコイイので一人別世界の住人のようだ。ひたすらカッコイイ////それが救い

本家ゴーストとは別物と思い挑んだ方がいいでしょう。

ああゴーストってこんな話だったな とか、、
樹木希林の独壇場 自由劇が見たい方は期待しても良い マニアにはツボでしょう♪

松嶋菜々子主演なのに、、私の中で樹木希林と鈴木砂羽が大暴れしてくれたので印象が薄い(この作品をダメにした容疑者2名)
こんなレビューで却って見たくなる人が急増したら面白いな

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

たとえもう逢えなくても君を愛し続ける・・by ジュノネタバレ

投稿日:2011/05/03 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品は、楽しみにしていたので映画館で鑑賞しました。
「ゴースト ニューヨークの幻」のリメイクと言うことですが、そんな感じはあまり感じられなく別物と言ってもいいくらいでした。まず、オリジナルが男性が死んでゴーストになるのに対し、こちらは反対で女性が死んでゴーストになります。そのゴースト役のヒロインには松島奈々子。ヒーローには韓国男優のソン・スンホンです。
ラブ☆サスですが、どちらかと言うとラブの方に比重があります。そうそう霊媒師役の樹木希林が登場するシーンはコメディでした。
会社経営者の星野七海(松島奈々子)と陶芸家志望のキム・ジュノ(ソン・スンホン)が出会ったのは、七海がバースディパーティの帰り泥酔している時でした。そんな彼女をを見たジュノは車に乗せ彼女を自宅に送り届けるつもりだったが、寝込んでしまったので家に連れ帰ったのです。その後、お互い惹かれ合いジュノがプロポーズをする。そしてチャペルで永遠の愛を誓う。
出逢いからちょうど1年が経った七海の誕生日の夜。ジュノはお祝いの準備をし待っているが七海が帰って来ない。七海はバイクに追突されバッグを奪われそのまま転倒、帰らぬ人となった・・・。
ここからサスペンスに突入。七海の莫大な資産の受取人がジュノであることがわかり、警察が動きます。同時にバイクで七海を撥ねた男が絡みジュノが殺されるらしい。ゴーストになった七海はそれを知りジュノに何とか知らせようとしますが・・・。
七海は天国に行く前にジュノに伝えておきたいことがあった。ジュノも七海をもう一度抱きしめたいと思っている。
ラストで、平井堅の歌声が切なく流れます。久し振りに切なくも美しい純愛ドラマに出会い感動しました。そして胸が熱くなり涙が溢れました。
さすがにソン・スンホンはとても素敵でした。でも、いつもの実力がいまいち発揮出来ない作品だったのはないのかなって思いました。
それと、相手役は松島奈々子ではない方が良かったかな・・・。ちょっと違うような気がしました。
ソン・スンホンファンの方は彼を見るだけでも幸せな気分になると思います。是非、ご覧になってください。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この温度差って何??ネタバレ

投稿日:2011/04/27 レビュアー:ステファニー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 私もレビューチングマオさんと同じく劇場で観た一人です!!韓流に目覚め始めた友達が『あのカッコイイソン・スンホンの太い眉毛をスクリーンで観たい』と一緒にいつものお○場で観ましたが…ラブストーリーだけあり、周りはカップルが多かったです!!

 本家本元のハリウッド映画はうろ覚えだったけど…キャストとストーリーは、ほぼ似ていました!!ただハリウッド版は確か男性がゴーストだったけど日本のは女性がゴーストにそれ以外は違いがないはずだけど。。。。
 何か見ていると所々で苦笑したくなるシーンが多々あり、これどうしたものか???

 せっかくの映画なのにこれって映画にしなくても2時間ドラマで良かったような気がするほど大スクリーンではちょっともったいないと感じちゃいました!!!

 出会いからして…30代過ぎのバリバリのキャリアウーマンで女社長七海は、誕生日の日にパーティーでほろ酔いの彼女は、大好きな公園の噴水で出会った素敵な韓国男性と意気投合してしまう。
 朝起きた時には、見知らぬ場所のベットの上で。。。。おいおい展開早くねぇーーもうベットイン?!と最初から突っ込みどころ満載の出だし!!

 七海と韓国人ジュノが恋に落ちるまでも何かロマンチックな展開ならもっと良かったけど安易な感じがしてちょっとドキドキが沸いてこない。。

 七海役の松嶋菜々子がちょっと老けて見えるせいか彼女を好きになるジュノが素敵すぎて何か釣り合わない。。。
 どうにか七海として自分を置き換えながらも必死で観たけどね!

 あんなんで死ぬのもビックリですが…そこは目をつぶったけど!!

 一番ダメだったのが出てくる脇キャラの面々の個性の強さ!!!2人のラブストーリーを邪魔したのはマオさん同様にこの樹木希林と鈴木砂羽しかいないでしょ!!!

 砂羽のジュノを落とすベタなテクニックに爆笑し、希林とジュノのチークダンスに失笑したりと七海なしでもこの2人だけでやっていけるほど面白かった!!!

 パソコンでの砂羽と七海のやりとりに笑い声を殺しながら見ていた私と友達!!!ありえないーー!


 見終わった時にこれって何の映画だっけ???と思うほど2人の存在にソン・スンホンと松嶋菜々子が薄くなってしまったのが残念です。。。

 韓国でも上映されたけど…韓国人はこれを見てどう思っただろう???ラブストーリーとして見てくれたのか??それともコメディーと思ったか。。

 韓国ドラマや映画では本当に男らしくてカッコイイあの韓流スターソン・スンホンが日本の映画に出てくれたのに上手く料理できていないのが悲しいですね!!

 日本語だって凄い上手かったし、やっぱりスクリーンで見ると輝きを放っていたのに…

 これを機にもう日本のドラマや映画出なくなったら困るなーーーとそんな心配までしてしまった私と友達。。。

 ハリウッド版の感動をもう一度…と手に取る方にはこれは別物です!!と伝えたいです。。

 やっぱり名作は名作だけにして変にリメイクとかしちゃいけないですよね。。それも日本で!!!

 でもソン・スンホン観たさならどうぞどうぞ!!!カッコいいのは変わらないからね!!!!

  

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あちゃちゃちゃちゃw コメディっすよね?wネタバレ

投稿日:2011/07/04 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いや〜、笑いましたが、苦笑ですよ、苦笑(>_<)
でも本家が大好きな人はちょっと腹立つんじゃないかな〜(汗
私は本家は確か中学生ぐらいの時に観たと思うんですが、そないに感動もせず・・・w
2年ほど前にまた観たんですが、これまた感動もせず・・・(^_^;)
そんな私でさえ、ちょっとこの映画は笑いに走ってしまってる気がしてならなかった。
私には確実にスベッてましたけども。。。

いやね、別にリメイクする必要がない訳で、だからそないに期待なんてしてなかったんです。
相手役の男性を韓国の俳優さんにする意味も分からないし。
まぁ、それも別段引っ掛ってはなかったんですよね。
これだけだと、普通のラブストーリーな訳ですし。

この映画をコメディーにしちゃってるのが、鈴木砂羽と樹木希林のお二人でしょうか。
それぞれは至って真面目にやってると思うんですがね。
途中までは鈴木砂羽に関しては普通に観れてたんですが、パスワード云々の話になってからが…w
ジュノの家でコーヒーぶっ掛けるのなんて正直、、、(*≧m≦*)ぷぷっ
会社でパスワードが変更されてて、松嶋菜々子が書いたパソコンのメッセージを見て
「自分に教えて」ってのをパソコンに書いちゃうのなんて、笑いが止まらなかった(爆笑
いやいや、これはコメディーじゃないから!!!って何回思ってもダメだった。。。
樹木希林に関してはもう、致し方なしって感じですかね。
演技派だから!!!って事なんだろうか。ウザさが目に余ると言いますかね。

あの悪役の人が地獄に…のシーンなんて物凄く安っぽくて、最後まで観た感想は・・・。
ん〜、安っぽいコメディー映画を観たんだなってのしか感じませんでした。
まぁ、いいよ。それは分かってた事なんだから。不満を持つ方がダメなんだwww

ラブストーリーを観ようと思って本作を選択すると「あれれ?」となるでしょうw
それを心して観れば、意外と・・・いや、無理だろな( ̄∇ ̄)

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全47件

ゴースト もういちど抱きしめたい

月額課金で借りる

都度課金で借りる