バタフライエフェクト・イン・クライモリ

バタフライエフェクト・イン・クライモリの画像・ジャケット写真
バタフライエフェクト・イン・クライモリ / ジョエル・エドガードン
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
ジャンル:

「バタフライエフェクト・イン・クライモリ」 の解説・あらすじ・ストーリー

映画「スター・ウォーズ エピソード」シリーズのジョエル・エドガートン主演によるサスペンスホラー。森でバックパッカーの遺体を発見した高校生3人組は、犯人を捜し出してもう一度殺人を犯させる計画を企て、同級生のゲーリーをターゲットに仕向ける。

「バタフライエフェクト・イン・クライモリ」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: オーストラリア
原題: ACOLYTES

「バタフライエフェクト・イン・クライモリ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バタフライエフェクト・イン・クライモリの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
REARD056 2011年05月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

60点(凡作)ネタバレ

投稿日:2011/05/30 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

くそぉ〜騙されたぁ・・「あの」バタフライとは全然違う全く別の作品・・この題名インチキだ!!!

主役の男子生徒2人と彼女1人。暗い森で死体を発見。
殺人鬼の家を突きとめ、ある兄さんを殺せと命令。が、それがキッカケに命を狙われる・・

んん・・て〜っきりバタフライ第4弾かと思い事前情報を完全遮断して借りて観てガ〜ッカリ・・
怒りが収まらないぃぃ・・こ〜んな日本の駄作映画観た事あるような無いような・・

画像はC級を観ているような感覚。退屈無駄なシーンが多過ぎる。駄作って程ではないが観なくて結構!

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんな邦題つけちゃダメ!どちらの要素もありまへん!

投稿日:2011/05/28 レビュアー:KASPAR

オーストラリア産ホラーやし、トレーラーがなかなか面白そうやったので、
『バタフライエフェクト・イン・クライモリ』を観てみました(°∀°)b

なかなか面白いっす!なかなか面白いっすけど、この邦題ヒドすぎる。。。
どっちの映画の要素も無いやん!
過去に戻る?パラレル?変態家族もの?サバイバル?って、むっちゃ邦題にミスリードされてもーたやん!

【森から立ち去る車のタイヤカバーに蝶の柄がある。】
↓ ↓ ↓
【バタフライエフェクト・イン・クライモリ】

うん、納得!・・・・って、出来るか!あほ!

◇◆◇

で、まぁ作品についてなんすけど、ちょっと粗いけど、なかなか楽しめるサスペンスっすね!

傷だらけ女の子が下着姿で森の中を彷徨うオープニングシーンがなかなかの上手さやね♪
観客をビクッっとさせつつも、適度に違和感散りばめて、ツカミ+物語の推進力(謎)を成立させてるすね!
このオープニングの素晴しさだけで、最後まで見せきられたといっても過言やないっすよ(°∀°)b

山ほど拙いとこはあるんやけど、ま、なんやかんやでOKレベルやね♪
女の子がエレン・ペイジ似でカワイイし、男の子はイライジャ・ウッド似と若きクリスチャン・ベイル似やしね♪
・・・って、それが何の関係あんねんwww

相当若い監督さんかな?と思って調べてみたら、監督。。。50歳超えとるしwwww
50歳越えで、この拙さはあかんような気もするけど、まぁええかwww

◇◆◇

オススメするほどではないっすね!でもそんなに悪くも無いです(°∀°)b
もう少し、映像が良ければなぁ〜・・・

個人的満足度 65点! オススメ度 60点!

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦題が素晴らし過ぎて笑っちゃいました。ネタバレ

投稿日:2011/05/30 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ストーリーはサスペンス・ホラー風なので面白いです。
でも、最初は惹き込まれますが、テンポが良くないので飽きて来ます。
その1つの理由は、セリフが少なめなので観てる側が考えなくてはいけないのがカッタルイのです。
主人公は、高校生3人組で男子2人に女子が1人です。
森の中で1人の男子が不審な男を発見する。男が走り去る車のスペアタイヤ・カバーには大きな蝶の絵が・・・。
そこで、3人は男が埋めた穴を掘るとなんと死体が発見されたのです。
警察には届け出ず自分たちで殺人犯を利用する計画をたてます。
その計画とは、幼い頃に同級生のゲーリからひどいイジメを受けたので、殺人犯にゲーリを殺させようと言うものです。
しかし、そんな安易な考えがうまく行く筈がありません。とんでもない生死をかけた戦いが待っていました・・・。
なぜか私、途中で睡魔に襲われ気がつくと男子高生がギャーギャー騒いでいるシーンでした。
改めて途中から観なおしましたが、学園物が好きな私でもこの調子でしたから
暇潰しに観るくらいがいいのではないかと思いました。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最初と最後だけは許せる。。でも中身スカスカ!!

投稿日:2011/05/29 レビュアー:ホラーいいよネ〜

“クライモリ”・・・森か林か判らないが場所としては合っている。
“バタフライエフェクト”・・・蝶のマークの事でしょうか。。

『クライモリ』シリーズ、『バタフライエフェクト』シリーズとは全く関係ないバッタもん作品。。

オープニングの掴みはいいのですが、その後が・・・よく解らない展開。
月曜日、火曜日・・・と曜日が表示されるのですが、意味が無いような気がします。
人物の関係とかも、説明がままならないので非常に難解。ですから作品に感情移入出来ません。。
オチには意外な真相を持ってきてますが、作品中盤が引き込まれる展開では無いので、なんとも腑に落ちない。

普通に面白くない作品でした。。(とほほ〜ぉ〜)

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

バタフライエフェクト・オブ・ザ・デッド・イン・クライモリ

投稿日:2017/12/04 レビュアー:みなさん(退会)

『クライモリ』シリーズにあやかったオーストラリア製のサスペンス・スリラー。但し、『クライモリ』とは縁もゆかりもないし、『バタフライ・エフェクト』とも関係ない。カスリもしていない。こんな酷い邦題をつけたヤツの気が知れない。バカみたいだ。(苦笑)

――或る日、高校生のマークは、森の中で、何かを埋めている男の姿を目撃する。何を埋めているのかを気になった彼は、友人のジェームスとチェイスを誘って、掘り起こしてしまう。すると、土の中から出て来たのは、行方不明になっていた女子高生の遺体だった。
マークたちは、警察に届けるのを止めて、これを利用しようと考える。犯人を見つけ、“代理殺人”をさせる。ターゲットは、刑務所から出所して来たゲーリー。子供の頃、マークとジェームスは彼にレイプされた恨みがあった。自らの手を汚さずに復讐を果たす計画だ。
計画は順調なように思えたが、やがて彼らの思いも寄らない方向へと転がり始める。
……というお話し。

『AVP』とか『フレディVSジェイソン』、果ては『貞子VS伽椰子』みたいな路線だったら良かったのに、と思う。過去に戻る能力を持った男が、森の中で異形の三兄弟に襲われ、何度も過去に戻ってやり直そうとするストーリーだったら面白かったのではないか。対決モノが好きなアメリカで、作ってくれないかなぁ。(笑)
或いは、『バタフライエフェクト・オブ・ザ・デッド』とか『クライモリ/新起動〈ジェネシス〉』なんてのもイイな。楽しそうだ。アサイラムさん、お願いします。(笑)

正直、スペアタイヤのカバーに蝶のマークが描かれていたから『バタフライエフェクト』なのか、森の中に遺体を埋めるから『クライモリ』なのか、命名者に話しを聞いてみたい気もする。どんなところにインスピレーションを得たのだろう。
高校生を主人公にしたサスペンス・スリラーのヒット作ならいくらでもあったはずだ。『スクリーム』や『パラサイト』、『ラストサマー』でもいいな。この際だから、『スクリーム・オブ・パラサイト・アット・ラストサマー』なんて邦題に変えてみたら? それにしても、ケビン・ウィリアムソンの脚本ばっかだな。(笑)

本作品は、脚本にSP・クラウゼとシェイン・アームストロングの名前が連なっている。ケヴィン・ベーコンとラダ・ミッチェルが共演した『ダークネス』も彼らの作品だった。

監督さんは知らない人だが、製作には見知った名前が見受けられる。
グラント・ブラッドレーは、『ミノタウロスの秘宝/シンドバッドと迷宮の獣神』の方。『ジョーズ・イン・ツナミ(JIT)』なんてのもある。こちらはTVM。
『JIT』で一緒だったリチャード・スチュワートの名前もある。
ゲイリー・ハミルトンは『ウルフクリーク/猟奇殺人谷』や『パニック・スカイ』の方。
オーストラリアもポンコツ映画の宝庫なんだなぁ。(笑)

オススメはしないけど、欧米人の制服姿に惹かれる方は、観て下さい。(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

バタフライエフェクト・イン・クライモリ

月額課金で借りる

都度課金で借りる