赤い指

赤い指の画像・ジャケット写真

赤い指 / 阿部寛

全体の平均評価点:(5点満点)

18

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「赤い指」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

東野圭吾原作、阿部寛主演で人気を博したミステリー『新参者』の主人公・加賀恭一郎の明かされなかった“秘密”を描いたスペシャル版。ある平凡な家庭に起こった事件を捜査することになった刑事・加賀恭一郎の前に、深い過去の闇が立ちはだかり…。

「赤い指」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「赤い指」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

快楽学園 禁じられた遊び

プラトニック・セックス

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章

1000年刻みの日時計 牧野村物語+京都鬼市場・千年シアター(2in1)

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全18件

正月には観たくないドラマ

投稿日:2013/04/10 レビュアー:みなさん(退会)

ドラマ『新参者』の好調を受けて作られた特別番組。加賀恭一郎シリーズの2作品目になる。正月(2011年)に放送されたと聞いて、「こんな心のない作品をおめでたいお正月に流すなんて……」と愕然としてしまった。優れた作品でもなし、正直なところ、私には腹立たしくて仕方なかった。(怒)

幼女殺害事件を隠蔽しようとする家族のお話しである。現代のキーワード“引きこもり”や“痴呆症”“家庭内介護”を用いている。けれど、まるで出来の悪い噺家がひねり出した三題噺のように、事件の真相はかなり無理矢理だ。アクロバットと言っていい。最後は“お涙頂戴”でまとめてヒューマニズムを気取っているが、誤魔化されてはいけない。解き明かされた真相は、説得力が皆無である。ドンデン返しをしたいがために辻褄を合わせたようにしか見えなかった。

事件は、郊外の一軒家で起きる。留守中に見つかった幼女の絞殺遺体を巡り、一家の主は犯罪の隠蔽を画策する。犯人は明らかなので、本作品の主軸は、誰に罪を着せるかにある。夫婦が下した結論は、幼稚としか思えないものだった。一応、ミステリーなので詳しくは記さないが、この幼稚さは、社会病質者と同等だ。
子供は11歳くらいまで善悪の区別が曖昧だ。少しづつ倫理観が形成されて大人になって行く。そういう意味では、この夫婦の倫理観は、10歳以下だ。尤も、こういう夫婦だからこそ、倫理観の欠如した子供が育ってしまったのかも知れない。

この家庭の有り様は、すべてママゴトのようで、あっけに取られる。コメディではない、杉本哲太さんと西田尚美さんがマジメに演じている。「でも、それって違うんじゃない?」と思うことしきり。欠陥のある夫婦だ、ストレートに描くと誤解を招くおそれがある。案の定、キャッチコピーは“最愛の人が殺人を犯したら!? 加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは”だ。大間違いでしょ。

原作は読んでいないので大きなことは言えないが、加害者に対してドラマと同じようなアプローチをするならば、とんだ愚作である。
この一家の倫理観に欠けた姿を“狂気”として描いてくれていたなら納得できる。テーマは親子の愛ではない。現代の家庭が内包する反社会的な狂気だ。

『新参者』から遡ること 2年前という設定。お馴染みの登場人物を同じキャストが演じている。加賀刑事の父親との軋轢なども描かれて、ドラマとしては冗漫な出来映えだった。いくら正月の特別番組とはいえ、 2時間オーバーは長すぎでしょ。
加賀刑事の父親役に山崎努さん、看護士役に田中麗奈さんが登場している。

本作品に本当のことがあるとすれば、母親が息子が子供の頃に作った名札を大事に持っていた、ということだけである。後はニセモノだ。
あと味の悪い作品だった。映画『赤い糸』でも感じたように、現代社会の問題を興味本位で扱ったようで腹が立つ。オススメ致しません!
−−こういうレビューを書くと自分が悪人になったような気がして、イヤだなぁ。A-_-;

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

可もなく、不可もなく。 ネタバレ

投稿日:2011/09/03 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本作は東野圭吾の推理小説。加賀恭一郎シリーズの第7作だそうだ。
阿部寛主演で人気を博したミステリー「新参者」の主人公でもある加賀恭一郎の
明かされなかった「秘密」を描いたスペシャル版とのこと。
ドラマをあまり見ない私だが、「新参者」はロケ地がちょっと気になっていたので
何度か見たことがあるが全体は全く把握しておらず。。。w

で、設定は2年前。
で、痴呆の老婆と、引きこもりの中学生かな?がいる家で、
幼女の死体を、妻が見つける。
そして。。っていうような展開なんだけど、これって何だか似たテイストをみたことがある。
そうそう、あれだ「レイクサイドマーダーケース」だ。
まぁ、親は隠したくなるんだろうな、この状況じゃ。当然、あってはいけないことなんだけど。

その事件と平行して、阿部寛演じる加賀恭一郎の父親の死期のエピソードをからませて
るわけだけど、相乗効果は望めずちょっとチグハグ感が。
全体としては、一般的な、刑事物のストーリー展開で、突飛なところはないものの、見や
すい作品に仕上がっている。そもそも、東野圭吾ってそういう作家ですしね。
作品数が多く、一気に読めて、全てがそれなりに面白い。
東野作品は小説もあまりたくさんは読んでないけど、途轍もなく面白い!って作品に
出会ったことないし。。。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

家族の守り方

投稿日:2015/04/27 レビュアー:kazupon

TBSドラマ「新参者」の刑事・加賀恭一郎が、人形町に赴任して来る2年前の事件を扱っています。
加賀恭一郎の事件解決に対する姿勢や、元刑事で今は病床にある父親との確執なども描かれています。
また、タウン誌の新人記者・青山亜美との出会いや、「新参者」で青山が使っていたボールペンの話にも触れられていて、その辺は興味深かったのですが、肝心の事件は不愉快なものでした。
事件が起きたのは前原家で、サラリーマンの夫とその妻、引きこもりの中3の息子、認知症の母親の4人が前原家の家族です。
妻からの取り乱した電話に残業を切り上げて帰宅した夫は、家の中の異臭に気づき、庭に見知らぬ少女の死体が横たわっているのを見つけます。
前原家の家族の犯行であり、それが誰かは直ぐに分かるのですが、家族を守るために事件を隠蔽することにし、夫が少女の死体を公園のトイレに捨てに行くのです。
家族を守るとは言いますが、こんな方法でその場を凌いだとしても、一生背負っていかなくてはならない罪の意識はどうするつもりだったのでしょう。
最初、夫自身は警察に通報しようとしていただけに、その後の展開が腹立たしく不愉快でした。
前原家を訪れた時から真相に気付いていた加賀恭一郎でしたが、「真相の解明は、いつ、どのようにされるかも大切なのだ」という持論に従い、自首させるに至ったのは見事でした。
私には、事件そのものよりも病床の父親の将棋のエピソードの方が印象深く、感動しました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

嘘は真実を写す鏡

投稿日:2011/07/08 レビュアー:こうさま

評価73点(100点満点)
東野圭吾の原作をTVドラマ加賀恭一郎シリーズのスペシャルとして放映されたもので、東野圭吾らしいミステリーだがミステリー好きには少し物足らないかもしれない。人は誰でも嘘をつく。この場合の嘘は愛する人を守るための嘘、しかし加賀恭一郎に嘘は通じない。そしてだんだんと真実が明かされてゆき、更にその奥に驚きの真実があるという二段構え、設定に少し違和感を覚えるがなかなか面白い。本作では同時に「家族」というものにもスポットを当てて老齢化社会に向けていろんな問題提起をしていると同時に加賀恭一郎とその父親の確執も描いているが、こちらはちゃんとオチがついている。東野圭吾が描く刑事加賀恭一郎、「いかに多くの人を救うことができるかが刑事の本質だ」という台詞もなかなか決まっている。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

68pts. 【主演】阿部寛 ネタバレ

投稿日:2011/05/29 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

東野圭吾らしい、刑事物。

TVドラマシリーズの”新参者”より、時間が前という設定。
ウィキペディアによると、2年前という設定のようです。

で、痴呆の老婆と、引きこもりの中学生かな?がいる家で、
幼女の死体を、妻が見つける。

夫と、いまいち、うまくいってなかったものの、
夫に電話し、すぐに帰ってきてもらう。

行動を考えると、その引きこもりの中学生が幼女をつれてきて、
なんらかの状況下で、殺害したことは明白。

夫は、警察に自首させようとするが、
妻は、そんなことをしたら、子供の一生が台無しになる、
夫がそうするのだったら、私はここで死ぬと錯乱する。

そんな彼らは、幼女の死体を、不審者が出るという噂の、
近くの公園のトイレに遺棄し、様子を見るが、
阿部寛扮する刑事が、この家があやしいことを、つきとめていった。

そんなこの夫婦が取った行動は?

というのが、話の骨子。

その事件と平行して、
阿部寛演じる加賀恭一郎の父親の死期の、
エピソードをからませて、話を絡ませている。

ま、全体としては、一般的な、刑事物のストーリー展開で、
突飛なところはないものの、見やすい作品に仕上がっている。

私が、東野圭吾らしいなと思ったのは、
ネタばれになるので、見るつもりの人は、読まないで欲しいが、





結局、この夫婦は、呆けている母親に罪をかぶせようとするわけだが、
この母親は、結果として、本当は、呆けていないのだが、
そんな場合、よくある刑事物では、この母親が、
孫の罪を被ろうとして、お涙頂戴的な展開にもっていく場合が多い気がするが、

母親の立場に立って考えると、
そんな殺人の罪を、被ろうとする確率は、非常に小さい。

また、この夫婦にしても、なんとか隠そうとするが、
自分たちが罪を被ろうとはしない。

そういう、不用意なお涙頂戴にはせずに、
でも、本質的に、お涙頂戴的な展開をさせるところに、
彼らしさを感じた。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全18件

赤い指

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:18件

正月には観たくないドラマ

投稿日

2013/04/10

レビュアー

みなさん(退会)

ドラマ『新参者』の好調を受けて作られた特別番組。加賀恭一郎シリーズの2作品目になる。正月(2011年)に放送されたと聞いて、「こんな心のない作品をおめでたいお正月に流すなんて……」と愕然としてしまった。優れた作品でもなし、正直なところ、私には腹立たしくて仕方なかった。(怒)

幼女殺害事件を隠蔽しようとする家族のお話しである。現代のキーワード“引きこもり”や“痴呆症”“家庭内介護”を用いている。けれど、まるで出来の悪い噺家がひねり出した三題噺のように、事件の真相はかなり無理矢理だ。アクロバットと言っていい。最後は“お涙頂戴”でまとめてヒューマニズムを気取っているが、誤魔化されてはいけない。解き明かされた真相は、説得力が皆無である。ドンデン返しをしたいがために辻褄を合わせたようにしか見えなかった。

事件は、郊外の一軒家で起きる。留守中に見つかった幼女の絞殺遺体を巡り、一家の主は犯罪の隠蔽を画策する。犯人は明らかなので、本作品の主軸は、誰に罪を着せるかにある。夫婦が下した結論は、幼稚としか思えないものだった。一応、ミステリーなので詳しくは記さないが、この幼稚さは、社会病質者と同等だ。
子供は11歳くらいまで善悪の区別が曖昧だ。少しづつ倫理観が形成されて大人になって行く。そういう意味では、この夫婦の倫理観は、10歳以下だ。尤も、こういう夫婦だからこそ、倫理観の欠如した子供が育ってしまったのかも知れない。

この家庭の有り様は、すべてママゴトのようで、あっけに取られる。コメディではない、杉本哲太さんと西田尚美さんがマジメに演じている。「でも、それって違うんじゃない?」と思うことしきり。欠陥のある夫婦だ、ストレートに描くと誤解を招くおそれがある。案の定、キャッチコピーは“最愛の人が殺人を犯したら!? 加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは”だ。大間違いでしょ。

原作は読んでいないので大きなことは言えないが、加害者に対してドラマと同じようなアプローチをするならば、とんだ愚作である。
この一家の倫理観に欠けた姿を“狂気”として描いてくれていたなら納得できる。テーマは親子の愛ではない。現代の家庭が内包する反社会的な狂気だ。

『新参者』から遡ること 2年前という設定。お馴染みの登場人物を同じキャストが演じている。加賀刑事の父親との軋轢なども描かれて、ドラマとしては冗漫な出来映えだった。いくら正月の特別番組とはいえ、 2時間オーバーは長すぎでしょ。
加賀刑事の父親役に山崎努さん、看護士役に田中麗奈さんが登場している。

本作品に本当のことがあるとすれば、母親が息子が子供の頃に作った名札を大事に持っていた、ということだけである。後はニセモノだ。
あと味の悪い作品だった。映画『赤い糸』でも感じたように、現代社会の問題を興味本位で扱ったようで腹が立つ。オススメ致しません!
−−こういうレビューを書くと自分が悪人になったような気がして、イヤだなぁ。A-_-;

可もなく、不可もなく。

投稿日

2011/09/03

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本作は東野圭吾の推理小説。加賀恭一郎シリーズの第7作だそうだ。
阿部寛主演で人気を博したミステリー「新参者」の主人公でもある加賀恭一郎の
明かされなかった「秘密」を描いたスペシャル版とのこと。
ドラマをあまり見ない私だが、「新参者」はロケ地がちょっと気になっていたので
何度か見たことがあるが全体は全く把握しておらず。。。w

で、設定は2年前。
で、痴呆の老婆と、引きこもりの中学生かな?がいる家で、
幼女の死体を、妻が見つける。
そして。。っていうような展開なんだけど、これって何だか似たテイストをみたことがある。
そうそう、あれだ「レイクサイドマーダーケース」だ。
まぁ、親は隠したくなるんだろうな、この状況じゃ。当然、あってはいけないことなんだけど。

その事件と平行して、阿部寛演じる加賀恭一郎の父親の死期のエピソードをからませて
るわけだけど、相乗効果は望めずちょっとチグハグ感が。
全体としては、一般的な、刑事物のストーリー展開で、突飛なところはないものの、見や
すい作品に仕上がっている。そもそも、東野圭吾ってそういう作家ですしね。
作品数が多く、一気に読めて、全てがそれなりに面白い。
東野作品は小説もあまりたくさんは読んでないけど、途轍もなく面白い!って作品に
出会ったことないし。。。

家族の守り方

投稿日

2015/04/27

レビュアー

kazupon

TBSドラマ「新参者」の刑事・加賀恭一郎が、人形町に赴任して来る2年前の事件を扱っています。
加賀恭一郎の事件解決に対する姿勢や、元刑事で今は病床にある父親との確執なども描かれています。
また、タウン誌の新人記者・青山亜美との出会いや、「新参者」で青山が使っていたボールペンの話にも触れられていて、その辺は興味深かったのですが、肝心の事件は不愉快なものでした。
事件が起きたのは前原家で、サラリーマンの夫とその妻、引きこもりの中3の息子、認知症の母親の4人が前原家の家族です。
妻からの取り乱した電話に残業を切り上げて帰宅した夫は、家の中の異臭に気づき、庭に見知らぬ少女の死体が横たわっているのを見つけます。
前原家の家族の犯行であり、それが誰かは直ぐに分かるのですが、家族を守るために事件を隠蔽することにし、夫が少女の死体を公園のトイレに捨てに行くのです。
家族を守るとは言いますが、こんな方法でその場を凌いだとしても、一生背負っていかなくてはならない罪の意識はどうするつもりだったのでしょう。
最初、夫自身は警察に通報しようとしていただけに、その後の展開が腹立たしく不愉快でした。
前原家を訪れた時から真相に気付いていた加賀恭一郎でしたが、「真相の解明は、いつ、どのようにされるかも大切なのだ」という持論に従い、自首させるに至ったのは見事でした。
私には、事件そのものよりも病床の父親の将棋のエピソードの方が印象深く、感動しました。

嘘は真実を写す鏡

投稿日

2011/07/08

レビュアー

こうさま

評価73点(100点満点)
東野圭吾の原作をTVドラマ加賀恭一郎シリーズのスペシャルとして放映されたもので、東野圭吾らしいミステリーだがミステリー好きには少し物足らないかもしれない。人は誰でも嘘をつく。この場合の嘘は愛する人を守るための嘘、しかし加賀恭一郎に嘘は通じない。そしてだんだんと真実が明かされてゆき、更にその奥に驚きの真実があるという二段構え、設定に少し違和感を覚えるがなかなか面白い。本作では同時に「家族」というものにもスポットを当てて老齢化社会に向けていろんな問題提起をしていると同時に加賀恭一郎とその父親の確執も描いているが、こちらはちゃんとオチがついている。東野圭吾が描く刑事加賀恭一郎、「いかに多くの人を救うことができるかが刑事の本質だ」という台詞もなかなか決まっている。

68pts. 【主演】阿部寛

投稿日

2011/05/29

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

東野圭吾らしい、刑事物。

TVドラマシリーズの”新参者”より、時間が前という設定。
ウィキペディアによると、2年前という設定のようです。

で、痴呆の老婆と、引きこもりの中学生かな?がいる家で、
幼女の死体を、妻が見つける。

夫と、いまいち、うまくいってなかったものの、
夫に電話し、すぐに帰ってきてもらう。

行動を考えると、その引きこもりの中学生が幼女をつれてきて、
なんらかの状況下で、殺害したことは明白。

夫は、警察に自首させようとするが、
妻は、そんなことをしたら、子供の一生が台無しになる、
夫がそうするのだったら、私はここで死ぬと錯乱する。

そんな彼らは、幼女の死体を、不審者が出るという噂の、
近くの公園のトイレに遺棄し、様子を見るが、
阿部寛扮する刑事が、この家があやしいことを、つきとめていった。

そんなこの夫婦が取った行動は?

というのが、話の骨子。

その事件と平行して、
阿部寛演じる加賀恭一郎の父親の死期の、
エピソードをからませて、話を絡ませている。

ま、全体としては、一般的な、刑事物のストーリー展開で、
突飛なところはないものの、見やすい作品に仕上がっている。

私が、東野圭吾らしいなと思ったのは、
ネタばれになるので、見るつもりの人は、読まないで欲しいが、





結局、この夫婦は、呆けている母親に罪をかぶせようとするわけだが、
この母親は、結果として、本当は、呆けていないのだが、
そんな場合、よくある刑事物では、この母親が、
孫の罪を被ろうとして、お涙頂戴的な展開にもっていく場合が多い気がするが、

母親の立場に立って考えると、
そんな殺人の罪を、被ろうとする確率は、非常に小さい。

また、この夫婦にしても、なんとか隠そうとするが、
自分たちが罪を被ろうとはしない。

そういう、不用意なお涙頂戴にはせずに、
でも、本質的に、お涙頂戴的な展開をさせるところに、
彼らしさを感じた。

1〜 5件 / 全18件

同シリーズ作品を借りる