1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. わたしの可愛い人−シェリ

わたしの可愛い人−シェリ

わたしの可愛い人−シェリの画像・ジャケット写真

わたしの可愛い人−シェリ / ミシェル・ファイファー

全体の平均評価点: (5点満点)

10

わたしの可愛い人−シェリ /スティーヴン・フリアーズ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「わたしの可愛い人−シェリ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

「ヘンダーソン夫人の贈り物」「クィーン」のスティーヴン・フリアーズ監督が、フランスの女性作家コレットの代表作『シェリ』を、「危険な関係」のミシェル・ファイファーを主演に迎えて映画化した文芸ラブ・ロマンス。1906年、繁栄のパリ。ココットと呼ばれる高級娼婦たちは美貌と教養を兼ね備え、まぎれもないセレブとして名声を博していた。そんなココットの中でももっとも成功した一人であるレアは、引退後は悠々自適な日々を送っていた。ある日、レアの元同業者で友人のマダム・プルーから、彼女の19歳の息子フレッドが女遊びが過ぎて手がつけられないと相談を受ける。そこでレアは、彼女がシェリと愛称で呼ぶフレッドの面倒を見ることにするのだが…。

「わたしの可愛い人−シェリ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

イギリス/フランス/ドイツ

原題:

CHERI

「わたしの可愛い人−シェリ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ミザリー

インフェルノ

アウトバーン

監獄ロック

恋するレシピ〜理想のオトコの作り方

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

想像してたより、おもしろかったです。

投稿日:2011/04/04 レビュアー:パープルローズ

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

老いた元高級娼婦を演じたアニタ・パレンバーグに存在感があった…

投稿日:2022/04/27 レビュアー:コタロウ(!)

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

料理の名前かと思った

投稿日:2011/10/03 レビュアー:ポッシュ

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ココットとコケットリーは語源同じなんでしょうか?どなたか教えて! ネタバレ

投稿日:2011/09/21 レビュアー:忙中有閑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

コレットの原作は(もちろん)読んでませんが、とにかく贔屓のミシェル・ファイファーなんで観ないワケにはいかない。この前観た「ラブ・クライム」と同じ2009年製作でミシェル51歳です。いちいち女性のトシにこだわる嫌味なヤツと思われるかもしれませんからちょっと言い訳しておくと(笑)、最近自分がトシをとったせいかヒトの年齢が殊のほか気になるようになってるんです。対人関係における年齢差意識の影響、育った時代の違いと常識の差異、人生経験の人生観への反映度合、等々が複雑に入り組んでる「人間関係」ってものが面白くてしょうがない。
「ラブ・クライム」でミシェルはアシュトン・カッチャー演じる24歳の若造と恋仲になっちゃいますが、今回の相手はルパート・フレンドってフザケた名前(お友達)の27歳(製作当時)のイギリス人俳優演じる「お子ちゃま」です(設定は19〜25歳。ミシェルは43〜49歳を演じてます)。しかし私の「気のせい」かもしれませんが、最近「アラフォー」や「アラフィフ」の女性が若造やお子ちゃま男と恋愛(?)する映画がエラく多いように思われますねぇ。いや、別にそれに文句付けるつもりはありません(笑)。何せ今や世の「映画ファン」は圧倒的多数がこの年齢の主婦層、またはその予備軍ですから、この層にウケる映画作らないと「当たり」は取れないんでしょう(笑)。
しかし、この映画は原作が1920年に出版されたフランスの有名な「問題」小説ですから、主役のレア(ミシェル)は最近のラブコメ・ヒロインとはかなり毛色が違いますし(何せ「ココット」と呼ばれる高級「娼婦」です)、舞台も「ベル・エポック(良き時代)」のパリ社交界なんで、現代のアラフォー女性にはあまり参考にならないかもしれませんねぇ。私は結構楽しめましたけど(笑)。オハナシ自体はこの時代背景とレアの「職業」からすれば当時は特に「問題」にもならない(と思われる)ユルい展開です。少年時代から放蕩三昧の男シェリが25歳になって18歳の娘と結婚して暫く大人しくしてたけど、6年一緒に暮らしたレアが忘れられなくて悩んだ末、「そうだ!二股掛ければいいんだ!」って「名案」思いついて、レアに「お願い」に行きます。ところがレアは「彼はやっぱり自分の元に帰ってきた!」って舞い上がっちゃって・・・、ってアホなオハナシなんですね。
しかしこの映画が現代の女性に伝えようとしているメッセージはかなり明確だと思います。それは「中年女性と若い男の恋愛」というのは限り無く「母子相姦」に近似している、ということなんですね。原作がどうなってるか知りませんが、少なくともこの映画はあからさまにそこをテーマにしてる。レアは自分がトシをとったことに気付いたからショックを受けたんじゃない。自分がシェリを「愛して」いたのは「男」に「恋」してたんじゃなくて、シェリという「息子(の代わり)」を「愛玩」していたに過ぎないことに気付いたからであり、シェリもまたレアという女性と「恋愛」していたのでは無く、ただ「母(の代理)」に甘えていたのだ、ということに気が付いてしまう。「恋」をしていると思い込んでいたときのレアは本当にキレイで輝いているイイ女ですが、そこに「気が付いて」しまった瞬間から彼女は「母」の顔になって急激に分別臭い老け顔に変わります。ここの演出、演技はちょっと凄まじいくらいですから、作者の意図はほとんど明白ですね。
ファンの私としては最後まで「イイ女」のミシェルを眺めていたかったんですが、ラストでショボンとなってしまいました。これならあのアホ「ラブ・クライム」のほうが良かったかなぁ、なんて(笑)。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ミシェル・ファイファー ネタバレ

投稿日:2011/02/25 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 うーん我ながらあまりこういうタイプの映画観に行かないんですけど、確か時間がちょうど合ったんですよね。東京で言うとテアトル銀座かル・シネマでかかる映画って、ちょっと苦手なんですよ。そうひどいのもないんですけど、かといって感動することもないというか……。
 それで期待はしていなかったんですけど、退屈はしませんでした。お話はもう古色蒼然たるもので、大きな波乱もなく、そういう点ではどうということもないです。演出は割合しっかりしていて、きちんと物語を騙っています。しかしやはり演出面で感動するところはわずかだったと思います。印象に残っているのは、レア(ミシェル・ファイファー)に去られてしまったフレッドが、彼女の館を訪ねて行って、主のいない館の窓を見上げるあたりでしょうか。館のよそよそしい感じがよく出ていたと思います。
 見どころはミシェル・ファイファーとキャシー・ベイツでしょうか。ちょっとベイツはコミカルなオーバーアクト過ぎる感じがしますが、画面をよくもたせています。ファイファーは往年の美しさには陰りが見えますが、それでも20歳前の男の子とのあれこれに違和感がないというのはすごい。彼女の容色のおとろえは、終盤で残酷に表現されていて、はっとしました。フレッドの嫁になるお嬢さんの、ちょっとどんくさい感じも良かったと思います。50点。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

想像してたより、おもしろかったです。

投稿日

2011/04/04

レビュアー

パープルローズ

老いた元高級娼婦を演じたアニタ・パレンバーグに存在感があった…

投稿日

2022/04/27

レビュアー

コタロウ(!)

料理の名前かと思った

投稿日

2011/10/03

レビュアー

ポッシュ

ココットとコケットリーは語源同じなんでしょうか?どなたか教えて!

投稿日

2011/09/21

レビュアー

忙中有閑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

コレットの原作は(もちろん)読んでませんが、とにかく贔屓のミシェル・ファイファーなんで観ないワケにはいかない。この前観た「ラブ・クライム」と同じ2009年製作でミシェル51歳です。いちいち女性のトシにこだわる嫌味なヤツと思われるかもしれませんからちょっと言い訳しておくと(笑)、最近自分がトシをとったせいかヒトの年齢が殊のほか気になるようになってるんです。対人関係における年齢差意識の影響、育った時代の違いと常識の差異、人生経験の人生観への反映度合、等々が複雑に入り組んでる「人間関係」ってものが面白くてしょうがない。
「ラブ・クライム」でミシェルはアシュトン・カッチャー演じる24歳の若造と恋仲になっちゃいますが、今回の相手はルパート・フレンドってフザケた名前(お友達)の27歳(製作当時)のイギリス人俳優演じる「お子ちゃま」です(設定は19〜25歳。ミシェルは43〜49歳を演じてます)。しかし私の「気のせい」かもしれませんが、最近「アラフォー」や「アラフィフ」の女性が若造やお子ちゃま男と恋愛(?)する映画がエラく多いように思われますねぇ。いや、別にそれに文句付けるつもりはありません(笑)。何せ今や世の「映画ファン」は圧倒的多数がこの年齢の主婦層、またはその予備軍ですから、この層にウケる映画作らないと「当たり」は取れないんでしょう(笑)。
しかし、この映画は原作が1920年に出版されたフランスの有名な「問題」小説ですから、主役のレア(ミシェル)は最近のラブコメ・ヒロインとはかなり毛色が違いますし(何せ「ココット」と呼ばれる高級「娼婦」です)、舞台も「ベル・エポック(良き時代)」のパリ社交界なんで、現代のアラフォー女性にはあまり参考にならないかもしれませんねぇ。私は結構楽しめましたけど(笑)。オハナシ自体はこの時代背景とレアの「職業」からすれば当時は特に「問題」にもならない(と思われる)ユルい展開です。少年時代から放蕩三昧の男シェリが25歳になって18歳の娘と結婚して暫く大人しくしてたけど、6年一緒に暮らしたレアが忘れられなくて悩んだ末、「そうだ!二股掛ければいいんだ!」って「名案」思いついて、レアに「お願い」に行きます。ところがレアは「彼はやっぱり自分の元に帰ってきた!」って舞い上がっちゃって・・・、ってアホなオハナシなんですね。
しかしこの映画が現代の女性に伝えようとしているメッセージはかなり明確だと思います。それは「中年女性と若い男の恋愛」というのは限り無く「母子相姦」に近似している、ということなんですね。原作がどうなってるか知りませんが、少なくともこの映画はあからさまにそこをテーマにしてる。レアは自分がトシをとったことに気付いたからショックを受けたんじゃない。自分がシェリを「愛して」いたのは「男」に「恋」してたんじゃなくて、シェリという「息子(の代わり)」を「愛玩」していたに過ぎないことに気付いたからであり、シェリもまたレアという女性と「恋愛」していたのでは無く、ただ「母(の代理)」に甘えていたのだ、ということに気が付いてしまう。「恋」をしていると思い込んでいたときのレアは本当にキレイで輝いているイイ女ですが、そこに「気が付いて」しまった瞬間から彼女は「母」の顔になって急激に分別臭い老け顔に変わります。ここの演出、演技はちょっと凄まじいくらいですから、作者の意図はほとんど明白ですね。
ファンの私としては最後まで「イイ女」のミシェルを眺めていたかったんですが、ラストでショボンとなってしまいました。これならあのアホ「ラブ・クライム」のほうが良かったかなぁ、なんて(笑)。

ミシェル・ファイファー

投稿日

2011/02/25

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 うーん我ながらあまりこういうタイプの映画観に行かないんですけど、確か時間がちょうど合ったんですよね。東京で言うとテアトル銀座かル・シネマでかかる映画って、ちょっと苦手なんですよ。そうひどいのもないんですけど、かといって感動することもないというか……。
 それで期待はしていなかったんですけど、退屈はしませんでした。お話はもう古色蒼然たるもので、大きな波乱もなく、そういう点ではどうということもないです。演出は割合しっかりしていて、きちんと物語を騙っています。しかしやはり演出面で感動するところはわずかだったと思います。印象に残っているのは、レア(ミシェル・ファイファー)に去られてしまったフレッドが、彼女の館を訪ねて行って、主のいない館の窓を見上げるあたりでしょうか。館のよそよそしい感じがよく出ていたと思います。
 見どころはミシェル・ファイファーとキャシー・ベイツでしょうか。ちょっとベイツはコミカルなオーバーアクト過ぎる感じがしますが、画面をよくもたせています。ファイファーは往年の美しさには陰りが見えますが、それでも20歳前の男の子とのあれこれに違和感がないというのはすごい。彼女の容色のおとろえは、終盤で残酷に表現されていて、はっとしました。フレッドの嫁になるお嬢さんの、ちょっとどんくさい感じも良かったと思います。50点。

1〜 5件 / 全10件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

わたしの可愛い人−シェリ