機動戦士ガンダムUC

機動戦士ガンダムUCの画像・ジャケット写真
機動戦士ガンダムUC / 内山昂輝
全体の平均評価点:
(5点満点)

82

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「機動戦士ガンダムUC」 の解説・あらすじ・ストーリー

福井晴敏の小説をアニメ化した「ガンダム」シリーズの新章第7巻。遂に在処が判明した“ラプラスの箱”を奪取するためフル・フロンタルが動き出す。バナージはその後を追い掛けるが、彼の前にリディとアンジェロが立ち塞がり…。最終第7話を収録。

「機動戦士ガンダムUC」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: 日本

「機動戦士ガンダムUC」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

機動戦士ガンダムUCのシリーズ商品


1〜 7件 / 全7件

機動戦士ガンダムUC 1

  • 旧作

作家・福井晴敏の小説をアニメ化した第1巻。『〜逆襲のシャア』から3年後の宇宙世紀0096年。少年、バナージ・リンクスの成長と純白のモビルスーツ・ユニコーンガンダムとの出会い、禁忌の箱“ラプラス”をめぐる抗争を描く。第1話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
58分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR2619 2010年07月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
158枚 12人 5人

機動戦士ガンダムUC 2

  • 旧作

人気作家・福井晴敏の小説をアニメ化した「ガンダム」シリーズの新章第2巻。「ラプラスの箱」の譲渡を決意したビスト財団の宗主・サイアムは、現党首のカーディアスにネオ・ジオン残党軍の“袖付き”との会談を計画させる。第2話「赤い彗星」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
59分 日 英 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR2620 2011年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
158枚 11人 11人

機動戦士ガンダムUC 3

  • 旧作

人気作家・福井晴敏の小説をアニメ化した「ガンダム」シリーズの新章第3巻。パラオにUCガンダムと共に拘束されたバナージ。ロンド・ベルの強襲揚陸艦・ネェル・アーガマは、UC奪還とバナージ救出作戦を開始する。第3話「ラプラスの亡霊」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
59分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR2621 2011年08月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
139枚 14人 9人

機動戦士ガンダムUC 4

  • 旧作

作家・福井晴敏の小説をアニメ化した「ガンダム」シリーズの新章第4巻。“ラプラスの箱”をめぐる争乱が地上に波及。地球連邦政府のローナン・マーセナスは、ロンド・ベル隊司令、ブライト・ノアに接触する。第4話「重力の井戸の底で」を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
59分 日 英 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR2622 2012年03月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
191枚 5人 13人

機動戦士ガンダムUC 5

  • 旧作

作家・福井晴敏がストーリーを手掛ける人気SFアニメシリーズの新章第5巻。拘束されたバナージは“ラプラスの箱”への座標を秘匿し続ける。その態度にブライトは、歴代のガンダムパイロットに似た矜持と可能性を見る。第5話「黒いユニコーン」を収録。※一般告知解禁日:10月25日12:30

収録時間: 字幕: 音声:
53分 日 英 2://日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR2623 2012年12月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
242枚 11人 5人

機動戦士ガンダムUC 6

  • 旧作

作家・福井晴敏の小説をアニメ化した「ガンダム」シリーズの新章第6巻。対連邦の秘策を明かすことで“ラプラスの箱”への次の座標を聞き出そうとするフロンタル。そこで語られる未来の非情な酷薄さに、バナージとミネバは慄然とする。第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
59分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR2624 2013年11月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
456枚 6人 7人

機動戦士ガンダムUC 7

  • 旧作

福井晴敏の小説をアニメ化した「ガンダム」シリーズの新章第7巻。遂に在処が判明した“ラプラスの箱”を奪取するためフル・フロンタルが動き出す。バナージはその後を追い掛けるが、彼の前にリディとアンジェロが立ち塞がり…。最終第7話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR3336 2014年10月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
875枚 6人 4人

1〜 7件 / 全7件

関連作品

ユーザーレビュー:82件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全82件

哀しき強化人間・12番目のプル。

投稿日:2011/08/26 レビュアー:ぴよさん

 
(ネタバレあり)  第三話『ラプラスの亡霊』

 さて、いよいよ人々の思惑が錯綜してくる。リディとオードリーは、独自にネェル・
アーガマを離れ、地球に下りて政治工作をしようと試みる。カーディアス亡き後の
ビスト財団も、財団の権勢維持に動きだす。

 ユニコーン奪回の為、エコーズと連携してコロニーパラオを急襲する連邦軍。だが
それは、ラプラス・プログラムを解析出来なかったフル・フロンタルによる誘い込み
の計略でもあった。クシャトリアに対峙して、UCシステムを発動させるバナージ。
だがトドメを刺す寸前、マリーダとニュータイプ感応を起こす。
 
 クシャトリアのパイロット、マリーダの正体が語られる。彼女は「プル・トゥエルブ」
あのエルピープルの12番目のクローン。ZZでの「第一次ネオ・ジオン抗争」終盤、
ハマーンのキュベレイ部隊に投入されたクローン兵の最後の生き残りだったのだ。

 バナージが彼女に感応して一瞬読み取る「マスター」の姿は、グレミー・トトか。
オリジナル・プルが持っている記憶を、当然そのままトレースしているということ。
 その後、少女娼婦として娼館に売られ、残酷な仕打ちを受けたことが示唆される
(これはララァと同じ身の上) ガンダムオペラの中で、強化人間に用意されるのは
いつも悲惨な道ばかり。 たまには、幸せにしてやれよ脚本家!と思う。

 エコーズのダグザと、バナージ。プロの軍人と民間人の子供。全く考え方の違う
二人が、ぎこちなくも一瞬心を通わせる。それは擬似的な父と息子の姿。 

 父子の関係が不完全なのが、ガンダムストーリーの裏設定だ。多くの登場人物が
親との不完全な関係が故に、人生を狂わせている。だが、まだ親がいるだけいいの
かもしれない。

 マリーダに親は存在しないのだ。


このレビューは気に入りましたか? はい 50人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

美少年よりオヤジ!ネタバレ

投稿日:2010/08/13 レビュアー:ぴよさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 
 いやぁ、やはり安彦さんの絵は(原案だけど)安心出来る。久しぶりに、変に気が散らずに観られるってもんだ。
やっぱオッサンがいいんだよ。美少年よりオッサンだ。

 「シャアの反乱』から三年後の、宇宙世紀0096。コロニー・インダストリアル7に拠点を構えるビスト財団に、ネオ・ジオンの残党が接触を図る。彼らの目的は、「ラプラスの箱」と呼ばれる強大な力を持つ「何か」 それを妨害せんと地球連邦軍とロンド・ベルの部隊が、コロニーを強襲する。

 『UC』の主人公は、ややカミーユ系の少年バナージ。第一話から、ドラマはサクサクと展開する。そりゃ一介の学生を、60分でガンダムに乗せなきゃいけないからね、急がなきゃ(笑)
 
 ファースト・ガンダムと連続した世界にある為、『Ζ』『ΖΖ』との関連もちゃんとある。ブライトはロンデニオンに居るようだし、ネェル・アーガマも健在。マリーダの操るクシャトリアは、その形状やファンネルの型から、キュベレイの後継機に見える。
(オードリーは…ミ○バ・ザビなの? やっぱり…)

 冒頭のクシャトリアとロンド・ベルのMS戦が震える。ニュータイプ機に臆することなく立ち向かうロンド・ベル側パイロットの「操縦桿指使い」が見ものだ。


 まずは、新正統派ガンダムの発動に乾杯。あんまり人間離れしないでね。あとMSも、あんまり無茶苦茶な機能付けないでね。どうか地道にやって下さいな。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 26人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シャアが来る!

投稿日:2011/02/25 レビュアー:ぴよさん


第二話 『赤い彗星』

 軍事バランスを覆す『ラプラスの箱』 その発動の鍵となるRX−0、UCガンダム。
前回の続き(しかしリリースの間が空きすぎ…)RX−0のNT−Dシステムが発動した
場面から、話は再開。ラプラスの箱奪取の為、ネオジオン艦から飛び立ったのは、
赤いモビルスーツ「シナンジュ」を駆る仮面の男 フル・フロンタルだ。

 「通常の3倍のスピードで接近!」…これはいかにも、1stガンダム第2話でシャアが
ホワイトベースを襲撃するシーンを彷彿とさせる。
「当たらなければ、どうということはない」「見せてもらおうか、連邦のMSの性能を」
あの時と同じセリフを言い放つ池田秀一!いやシャアいやフルフロンタル。わくわく♪

 連邦は、スペースノイドの不満の捌け口としてネオ・ジオンを半ば容認していたが
ビスト財団が「ラプラスの箱」をジオンに託そうとした判断により、パワーバランスが
崩れることになる。連邦、ネオ・ジオン、その他の勢力の思惑が絡んで事態が動き出す。

 
 未熟で、少し頭でっかちな少年が、運命に弄ばれることで、現実を知ってゆく。そんな
いつもの図式に加えて、今回は登場人物が背負う自らの出自という要素が加わる。
バナージはビスト財団、リディは名門マーセナス家、オードリーはザビ家。若者達は好む
と好まざるに関わらず、その運命のラインに囚われ続ける。
 大局の中、彼らの進むべき道は!?


 しっかし、RX−0。NT−Dモードで5分がパイロットの限界。しかも鉄壁の防御
のハズが、捕まって直に殴られたらパイロット失神って…  ちと、欠陥商品? 






このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったです。

投稿日:2010/08/02 レビュアー:一昔前のガンダム好き

最近のガンダムは、なんか絵についていけず、08小隊以降見てなかったんですが(面白かったらごめんなさい)、ようやく私の知っていたガンダムの絵が帰ってきて、楽しみに借りて見てみました。予想以上に面白かった!なにより懐かしかった・・・。60分収録されてますし、連作モノでも1巻で充分見ごたえ感じました。これからの続きが楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

宇宙世紀!

投稿日:2010/11/17 レビュアー:K

久々の宇宙世紀。
往年のガンダムファンにとっては基礎知識十分なので、専門用語が出てもすんなりと見れる作品ではないだろうか。

ただ逆にファースト・Z・ZZを見ていない人にとってはどのように映るか?

この1巻はまだ序章なので謎となる部分がほとんど。そのためガンダムを見たことない人もまだ見れるが話が進み、謎が解かれていくにつれてどうなることか。

全6巻とのことで、各巻出るまでの期間がかなり空くのでその期間を利用してファースト・Z・ZZ・逆シャアを見てみるのが良いかも。
(それでも昔のOVAに比べて出るペースは早いかな。昔は1年以上次巻を待たされるケースもざらだったからな〜。)


冒頭の戦闘シーンついてはセル画タッチなのが『○』。もちろん迫力もありです。

ジェガンとクシャトリアの戦闘は「おぉ!」というものです。

ジェガンは懐かしく、クシャトリヤはあの大型MSの後継機なので、あのシルエットを上手く引き継いでおります。

戦闘シーン以外も綺麗であり、そちらもよく動きます。

次巻におおいに期待が持てます。


この流れで映像化されていない「閃光のハサウェイ」や「シルエットフォーミュラ」「ガンダムセンチネル」が映像化されればと思う。
(あとゲーム発だが、「THE BLUE DESTINY」も個人的には映像化希望!)

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全82件

機動戦士ガンダムUC

月額課金で借りる

都度課金で借りる