WWE ヘル・イン・ア・セル2010

WWE ヘル・イン・ア・セル2010の画像・ジャケット写真
WWE ヘル・イン・ア・セル2010
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「WWE ヘル・イン・ア・セル2010」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「WWE ヘル・イン・ア・セル2010」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「WWE ヘル・イン・ア・セル2010」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・出演者/監督・スタッフ情報は、ただいま準備中です。

WWE ヘル・イン・ア・セル2010の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
160分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
JSBR1126 2010年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

闇夜に白光ネタバレ

投稿日:2011/01/21 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「D・ブライアンvsミズvsJ・モリソン」USチャンピオンシップ
エニウェア・サブミッション・マッチ
関節技でギブアップを奪うことでしか勝利できないルール。
しかも場所はリング以外でもいい。
どこでもいい。
この三人で関節技をフィニッシュホールドにしているのはブライアンのみ。
あまり気持ちが盛り上がらない。
この三人ならリング上での攻防のほうが遥かに面白かったハズ。
なぜ「エニウェア」にしたのかが疑問。
そのせいで散漫な雰囲気に。
ミズとモリソンがいつもはほとんど使わないサブミッションホールドを使っているのも「新鮮味」というよりは「感情移入できない」に気持ちが傾く。
これはルールが失敗。
結末も予想通り。

「シェイマスvsR・オートン」WWEヘビー級チャンピオンシップ
ヘル・イン・ア・セル・マッチ
何気にシングルマッチでクリーンに負けたことのないシェイマス。
今回の敗北は初の「ちゃんと負けた」試合ってことになるんでしょうか。
今度のオートン政権は長引きそうな予感。
是非ともレッスルマニアまでチャンピオンでいてほしいところです。
オートンのRKOは最早、ストーンコールドのスタナー級ではないか。
観客の期待度。
技が出たときの興奮度。
そして爽快度。
全てにおいてスタナーに引けを取らないレベルまできています。
ヒールテイストを残したままベビーという、誰もが出来るわけのないダークヒーローに進化したオートン。
まだまだゾクゾクを与えてくれそうです。

「エッジvsJ・スワガー」
唐突に決まったこの試合。
この二人の試合がちゃんとしたストーリー展開もナシに組まれるのはなんとも勿体無い話です。
しかもエッジの立ち位置が微妙。
最近ロウの謎のGMと確執があり、なんとなくベビーっぽい雰囲気も出したりしてる。
それがあまり似合ってなくて。
観客も意識がかなり散漫。
集中できてません。
二人のリズムも噛み合わず。

「J・シナvsW・バレット」
シナが負ければネクサス加入。
バレットが負ければネクサス解散。
個人的にはネクサスは無くなってほしいけど。
この時期でのネクサス解散はどう考えても有り得ない。
首脳部が何をもってして「成功」と思ってるのかもわからないけど。
ヒット商品ってどうして思えるのかもわからないけど。
とりあえず継続。
使える人材の少ないネクサスは淘汰されて欲しいんだけどねぇ。
さて、シナは内側からネクサスを破壊するのか。
それとも首脳部は禁断の果実に手を出すのか・・・
シナのヒール・ターン。
女子供以外に絶大なブーイングを浴びてるからって。
それはかなりの冒険だと思う。
以前もストンコで失敗して痛い目みてるのに・・・
さて、シナのチョイスは・・・

「M・マクールvsナタリア」統一ディーバチャンピオンシップ
箸休め〜です。
会場にいたのなら、トイレ休憩です。
ナタリアが挑戦者ってのが既に、流れから外れているのでレイ・クールの時代が終わるとは考えにくいですね。
もうちょっとこの二人を遊ばせてみましょう。

「ケインvsジ・アンダーテイカー」世界ヘビー級チャンピオンシップ
ヘル・イン・ア・セル・マッチ
闇夜に白光。
まさかまさかの二連敗。
テイカーが同じ相手に二連敗なんて、ちょっと記憶にない・・・
言葉になりません。
過去最大の兄弟喧嘩は、父親であるポール・ベアラーも巻き込んでの血で血を洗う骨肉の争いへ。

今回のPPVは試合数がいつもより少ないということもあってか、非常にゆったりとした進行でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

WWE ヘル・イン・ア・セル2010