ロスト・イン・スペース

ロスト・イン・スペースの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・スペース / ウィリアム・ハート
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

24

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ロスト・イン・スペース」 の解説・あらすじ・ストーリー

60年代に人気を博した米TVシリーズ『宇宙家族ロビンソン』を、最新のSFXを駆使して映画化。宇宙空間で迷子となったある家族の冒険劇を、危機また危機の連続でスリリングに描く。『ジュラシック・パーク』の2倍以上という超ド級のSFX映像が圧巻。ウィリアム・ハート、ゲイリー・オールドマン共演。2058年、人類が生きてゆく為の新たなる星“アルファ・プライム”を調査するためのモデル家族として、宇宙に飛び立ったロビンソン一家。だが、同じ宇宙船に乗り込んでいた反乱軍のスパイにより、彼らは宇宙で迷子になってしまう。

「ロスト・イン・スペース」 の作品情報

製作年: 1998年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN SPACE

「ロスト・イン・スペース」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・スペースの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
130分 英語 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSV941 2002年12月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 3人 0人

【Blu-ray】ロスト・イン・スペース Blu-ray(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:DTS/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRN8591 2010年12月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全24件

【警告、危険!! スペース・ロックンロール】

投稿日:2008/01/11 レビュアー:ゆっちゃん♪ルンルン

★往年のTVシリーズ「宇宙家族ロビンソン」のリメイク。
アニメと実写が有るが、楽しめたのは勿論実写版の方だ。

妨害工作で航路を外れ太陽に向かって行く、死ぬよりましとハイプ(ハイパー・ドライブ)に突入するが、
原題通り「宇宙の迷子」になってしまう。
冒頭のドッグファイトや宇宙グモが出てきたり見所満載。SFXや♪音楽♪もいい.
そして未知のドームで見たものとは…。

★ロボットについて。
英語では台詞も字幕も只「ロボット」だが、日本語では台詞字幕共「フレンディ」になってる。
TVでは小説「ロビンソン・クルーソー漂流記」と同じ「フライデー」だ。
スマートな流線型に変ってるが、後半見覚えの有る頭部は「超懐かピー」。
「警告、警告!危険、危険!!」ってのはお約束の台詞。

★タイム・パラドックスについて。
ハイプ経路の違いか、後から出発したものが先に到着したり、ドームが有ったりと、凝ったストーリーになってる。
宇宙と時間を両方扱う、盛り沢山な内容になってる。
時間テーマ好きがこれを見逃す手はない。

★宇宙大作戦(元祖スタートレック)と宇宙家族ロビンソン。
宇宙大作戦は、米3大放送網CBSに売り込もうとされるが失敗し、CBSは宇宙家族ロビンソンを採用してしまう。
そこでライバルのNBCから放送される事になる。
結果はどっちが勝ったんでしょうかね?今となっては、差は歴然としている。
全世界に熱狂的スタートレックのファン、トレッキーを生み出し、TVの新シリーズや映画が続々と作られているのに、こっちはこれ1本。

★リクエストについて。
とはいえ、TV宇宙家族ロビンソン実写版は宇宙船が動かない割にはかな〜り面白かった。
やっと1件落着したと思ったら、ラストで新たな危機が出現し、「来週に続く…」となる。
これ1回見逃すとメッチャ悔しいのよね〜。
ヤッパ、もう1度見たくなっちゃったりなんか、したりして。
ツタヤさんに置いて貰えるよう、皆さんもリクエストして下さいね。
私も1票入れときました。

私的評価 v(^o^)v イェィ −−−−> SF好きもそうじゃない人もかなり楽しめる。TV版を知ってれば面白さ256倍(でも最高評価は乱発しない)。

参考:私的評価の目安[5段階]
(★o★) キラ〜ン −−−−> 何を置いても見るべき、見なきゃ損。
v(^o^)v イェィ −−−−> 面白い、楽しめる。
(・ω・) シ〜ン   −−−−> 良くも悪くもない、普通。
( ●`ε´●) ブ〜 −−−−> ツマラン、金と時間の無駄、止めた方がいい。
(x⊥x)\(∂⊥∂) バシッ −−−−> ぬゎんなんだ、こりぃは

これに感動マーク (ToT)  が付加される事も有る。
注)評価欄以外の顔文字は気分で使ってるので、私的評価とは無関係です。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スタートレック以上に

投稿日:2006/06/13 レビュアー:ケイアイ

スペースシップのはでな戦いが見られる映画です。期待させておいてはでな戦いがないスタートレックはいらいらしますが、この映画の宇宙のシーンはなかなかすばらしいものです。
 物語りも、だれもが楽しめる健全でありながらも、はらはらワクワクの映画となっております。
 昔見たときに、けっこう面白かった印象が残っていたので、今回再度見直したしだいですが、大画面でみるとより迫力があると思います。家族向けではありますが、よくできたSF映画だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大変おもしろい CGを凝らしたSF映画です。

投稿日:2003/09/09 レビュアー:こーちゃん

30年以上も前のテレビシリーズで見ている方は、おそらく少ないと思いますが、借りられるのをわくわくして待ちました。宇宙の果てへ新天地を求めて宇宙旅行をするロビンソン一家、どんな冒険が待っているか。期待の連続でした。
時代は変わって作られた映画、格段に技術の進歩のすさまじさに驚かされました。
 もう少し家族愛や人類の期待を背負った責任感などを見せてくれるとよかったかなと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

温故知新

投稿日:2003/06/22 レビュアー:guiyh

何か、古新しいところが新鮮でよい。これって、1998年当時より今の方が受けるんじゃないのかな?続編が作成されていないのは、何か事情があったのでなければ、きっと興行成績が振るわなかったからなんだろうけど(実際、ここでの星も2つとちょっとしかないし--2003/06/21現在)。
ペニー役のレイシー・シャベールのキュートさもいいね。エンディングのこれまたちょっと時代を外している(わざとだよね?)ロック調のテーマもイカしているし。
タイムマシンといい、爆発する星を突き抜けて脱出するラストとか、そのハチャメチャさが、この作品の真骨頂でしょう。この作品見て理屈こねる方が無粋の極み。
ま、SFXはちょっと、あれだけど、仕方ない。ぜひ、続編が観たい一作。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

母は強し、なのだ。

投稿日:2008/11/19 レビュアー:タクシードライバー

『宇宙家族ロビンソン』…懐かしい、っていうか懐かし過ぎる!
だってオジサンが小学校3,4年の頃ですもん。当時、うちの父ちゃんは洋モノのTVドラマをよく観ておったのですが、スパイ物とか探偵物が多かったですね。『スパイ大作戦』とか『0011ナポレオン・ソロ』とか(『0013アンクルの女』なんつうのもあったが、当然見せてくれなかった)。そんな中、本格的な(?)SF物はかなり珍しかったと記憶しておりますが、時代設定は30年後の世界ということでした。つまり、ちょうど映画版が製作された頃…さすがに科学の進歩もそこまでは早くなかったようで、ドハハハハ。しかし、シーズンも最後の方では「ウルトラ怪獣」モドキのオンパレードでさすがに飽きたもうたね。『コンバット』もそうだったけど、カラー版になるとある種の神秘性が失せて急につまらなくなる。

…ま、そんな昔のヨタ話はさておき、本作。
ベーシックな部分ではTV版の粗筋を忠実に再現してオールド・ファンに目くばせをする一方、『スター・ウォーズ』に始まって『エイリアン』『タイムマシン』そして最近流行のCGモンスター物など多くの作品からエキスを頂戴して見せ場の中華丼状態。
CGは部分部分でやや稚拙さを感じるものの、10年前の作品にしては違和感はない。テンポも意外に早く、『ブレードランナー』しか認めないというお堅い御仁でなければ許容範囲の1本ではないでしょうか。登場人物の中ではドクタースミス氏に注目が集まっているようですが、個人的はあの母親が一番印象に残る。夫とパイロットが口喧嘩しているところ割って入って「もういいわ、二人とも私の命令に従いなさい!」って(笑) 夫が脱出に間に合わないとわかった時も涙をこらえながら残された子供たちを救うため毅然とした態度で「出発して!」…うーん、やっぱり“家族モノ”の主役はお母さん。時代は変わっても母はやっぱり強しなのだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全24件

ロスト・イン・スペース