1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. エリザベス:ゴールデン・エイジ

エリザベス:ゴールデン・エイジ

エリザベス:ゴールデン・エイジの画像・ジャケット写真

エリザベス:ゴールデン・エイジ / ケイト・ブランシェット

全体の平均評価点: (5点満点)

114

エリザベス:ゴールデン・エイジ /シェカール・カプール

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

シェカール・カプール監督とオスカー女優ケイト・ブランシェットが再びコンビを組んだ歴史ドラマの続編。無敵艦隊を擁するスペインとの宗教戦争や忍び寄る暗殺計画、そして禁断の恋など様々な試練と向き合いながら黄金時代を築いていく女王エリザベスの雄姿を壮大なスケールで描く。1585年、プロテスタントの女王としてイングランドを治めるエリザベス1世。彼女は揺るぎない信念で王の威厳を保っていたが、スペイン国王フェリペ2世やスコットランド女王メアリーなどカトリックを信奉するものたちの謀略が渦巻いていた。そんなある日、エリザベスの前に、新世界から帰還したばかりの航海士ウォルター・ローリーが現われる。

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

イギリス/フランス

原題:

ELIZABETH: THE GOLDEN AGE

受賞記録:

2007年 アカデミー賞 衣装デザイン賞

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ハモンハモン

ラスト ナイツ

リトル・フィッシュ

ロビン・フッド

ミッシング

ユーザーレビュー:114件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全114件

エリザベスの内面と葛藤 ネタバレ

投稿日:2008/07/18 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作にも増して、人間ドラマ系娯楽作です。

ヴァージン・クイーン、まさに名のとおり国家と結婚してしまった女王の話です。
偉人を一人の生身の人間として、感じさせることには、成功していると思います。

ヴァージンクイーンとして、誓いを立てた彼女は、ローリー卿との恋は、許されない恋。
侍女ベスとローリー卿を巧に近づけたものの、自分の姿と重ね恋の喜びを味わっていたのも束の間で、二人の間に子供を宿したと知った時のエリザベスの嫉妬・・・二人の裏切りへの怒りは、正直怖いものがありました。
でも、ここで感じたのは、女王としての顔ではなく、一人の女性なのだと・・・。

もう一つ、巧みなのは、プロテスタントの女王エリザベスと、カトリックでスコットランド女王のメアリー・スチュアートとの禍の関係も興味深く、メアリー・スチュアートの処刑にエリザベス自らの運命を重ねて、不安を増幅させていくあたりが、醍醐味といってもよいのではないでしょうか?
複雑な血縁関係、王位を巡る策略など、歴史物につき物の要素がいっぱいでした。
欲をいえば、ライバルとしてのメアリー・スチュアートとの確執をもっと描いて欲しかったかな〜?と思います。
今回は、エリザベスが良心的な人間として描かれていて、メアリーの魅力が全くといっても良いほど描かれていませんでした。彼女の波乱万丈の人生ももう少し観たかったような気がします。

それにしても、引き立つのは、ケイト・ブランシェットの迫力ある演技と、強いクイーンだけれども、その中身を掘り下げた彼女の表情が素晴らしかったです。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

ゴールデンエイジと言う割りには時代が見えない

投稿日:2009/07/28 レビュアー:JUCE

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

ケイトの勝利

投稿日:2008/12/04 レビュアー:詩乃

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

66pts/100pts ネタバレ

投稿日:2008/08/14 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

エリザベス1世の人生を描く本作品。

少し前に見た、マリー・アントワネットと対照的で、
マリー・アントワネットは、
普通に持つマリ・アントワネット像と、全く違うものを描くことにこだわりすぎるあまり、
作品の意図が薄っぺらいものになってしまっていたが、
こちらは、現代の人が、エリザベス1世の持つイメージである、
威厳とか、神聖とか、新時代の女王とか、
そういうイメージを、土台に、
彼女の持つ苦悩を描くという、製作の意図と、
エリザベス1世を演じたケイト・ブランシェットとが、
よく一致している感じがして、好感を持てた。

イメージがそのままだけに、話には、入りやすく、
非常にわかりやすい。

時代として、500年以上前のことを描いているから、
もちろん、身近に感じるような作品ではないけれど、
英国が大英帝国を気づくその礎となった、この時代に、
その象徴的な女王が、
どのような人だったのか、
どういう生き方をしたのか。
その一端の一つの意見として、説得力があった。

絢爛さと、権力とを、手中に収めながら、
手に入らなかった、家庭というものを、
メアリー・スチュワートとの比較は、ありきたりだけど、
もうひとりのエリザベスを登場させて、
対比するのは、なかなか、面白い発想だと思った。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

★★★★ 絵になる女 ネタバレ

投稿日:2008/11/28 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主演のケイト・ブランシェット。登場したその瞬間から女王の佇まい。射抜くような鋭い目をして、誰も寄せ付けぬオーラを身にまとっている。やはり、歴史上の人物を描くのですから、主人公にはこれくらい存在感がないと。徹頭徹尾ケイト・ブランシェットの映画。それでいいんです。スケール感がずいぶん増していて、前作「エリザベス」より私は好きですね。「スペインとの一騎打ち」と「好きな男を女官にかっさらわれる苦悩」。前作よりも物語の進行がシンプルゆえに力強いです。また、よりじっくりと女王の心理描写に力を入れているのが伝わってきます。

宮殿内、苦悩するエリザベスをとらえるロングショットが効果的です。また、王座に座る場面はどしんと正面から捉えたり、大勢の家臣をたずさえ廊下を歩く際にはクレーンで追いかけたり、様々なカメラワークも楽しい。パープルローズさんはダメ出しの(笑)カメラが360度回るシーン。これは私はアリです。もう「これでもか、これでもか」って言う過剰ぶりを楽しんでしまいました。次々とお披露目されるエリザベスのドレスとヘアスタイルにも釘付け。あのカツラは現代の感性で見れば、奇妙な造形なんですが、あれをかぶっていても威厳があるケイトがすごい。

海賊ローリーとのラブストーリーという側面から見れば、甘い部分も多々あるんですけれども、当時の女王がいかに絶大なる権力を持っていたか。そして、その権力の行使にいかに魂を削られていたのかという面においては、すごく感情移入してしまった。全ての人々の生き死にが自分の決断ひとつにかかっている。決断の美学ってんですかね。やはり、自分が全責任をかぶって、何事かを決めるって、女性としてはしんどいこと。虚勢を張って、デキる女に見せて、男どもに突っかかるように生きてる姿は、まるで「働きマン」みたいなんだもん。せっかく、そんな自分を包み込んでくれる器のでかそうな男が現れたと思ったら、あれでしょ。ラストに至っては、その孤独を背中で語ってましたね。ケイト、あっぱれ。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全114件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:114件

エリザベスの内面と葛藤

投稿日

2008/07/18

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作にも増して、人間ドラマ系娯楽作です。

ヴァージン・クイーン、まさに名のとおり国家と結婚してしまった女王の話です。
偉人を一人の生身の人間として、感じさせることには、成功していると思います。

ヴァージンクイーンとして、誓いを立てた彼女は、ローリー卿との恋は、許されない恋。
侍女ベスとローリー卿を巧に近づけたものの、自分の姿と重ね恋の喜びを味わっていたのも束の間で、二人の間に子供を宿したと知った時のエリザベスの嫉妬・・・二人の裏切りへの怒りは、正直怖いものがありました。
でも、ここで感じたのは、女王としての顔ではなく、一人の女性なのだと・・・。

もう一つ、巧みなのは、プロテスタントの女王エリザベスと、カトリックでスコットランド女王のメアリー・スチュアートとの禍の関係も興味深く、メアリー・スチュアートの処刑にエリザベス自らの運命を重ねて、不安を増幅させていくあたりが、醍醐味といってもよいのではないでしょうか?
複雑な血縁関係、王位を巡る策略など、歴史物につき物の要素がいっぱいでした。
欲をいえば、ライバルとしてのメアリー・スチュアートとの確執をもっと描いて欲しかったかな〜?と思います。
今回は、エリザベスが良心的な人間として描かれていて、メアリーの魅力が全くといっても良いほど描かれていませんでした。彼女の波乱万丈の人生ももう少し観たかったような気がします。

それにしても、引き立つのは、ケイト・ブランシェットの迫力ある演技と、強いクイーンだけれども、その中身を掘り下げた彼女の表情が素晴らしかったです。

ゴールデンエイジと言う割りには時代が見えない

投稿日

2009/07/28

レビュアー

JUCE

ケイトの勝利

投稿日

2008/12/04

レビュアー

詩乃

66pts/100pts

投稿日

2008/08/14

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

エリザベス1世の人生を描く本作品。

少し前に見た、マリー・アントワネットと対照的で、
マリー・アントワネットは、
普通に持つマリ・アントワネット像と、全く違うものを描くことにこだわりすぎるあまり、
作品の意図が薄っぺらいものになってしまっていたが、
こちらは、現代の人が、エリザベス1世の持つイメージである、
威厳とか、神聖とか、新時代の女王とか、
そういうイメージを、土台に、
彼女の持つ苦悩を描くという、製作の意図と、
エリザベス1世を演じたケイト・ブランシェットとが、
よく一致している感じがして、好感を持てた。

イメージがそのままだけに、話には、入りやすく、
非常にわかりやすい。

時代として、500年以上前のことを描いているから、
もちろん、身近に感じるような作品ではないけれど、
英国が大英帝国を気づくその礎となった、この時代に、
その象徴的な女王が、
どのような人だったのか、
どういう生き方をしたのか。
その一端の一つの意見として、説得力があった。

絢爛さと、権力とを、手中に収めながら、
手に入らなかった、家庭というものを、
メアリー・スチュワートとの比較は、ありきたりだけど、
もうひとりのエリザベスを登場させて、
対比するのは、なかなか、面白い発想だと思った。

★★★★ 絵になる女

投稿日

2008/11/28

レビュアー

ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主演のケイト・ブランシェット。登場したその瞬間から女王の佇まい。射抜くような鋭い目をして、誰も寄せ付けぬオーラを身にまとっている。やはり、歴史上の人物を描くのですから、主人公にはこれくらい存在感がないと。徹頭徹尾ケイト・ブランシェットの映画。それでいいんです。スケール感がずいぶん増していて、前作「エリザベス」より私は好きですね。「スペインとの一騎打ち」と「好きな男を女官にかっさらわれる苦悩」。前作よりも物語の進行がシンプルゆえに力強いです。また、よりじっくりと女王の心理描写に力を入れているのが伝わってきます。

宮殿内、苦悩するエリザベスをとらえるロングショットが効果的です。また、王座に座る場面はどしんと正面から捉えたり、大勢の家臣をたずさえ廊下を歩く際にはクレーンで追いかけたり、様々なカメラワークも楽しい。パープルローズさんはダメ出しの(笑)カメラが360度回るシーン。これは私はアリです。もう「これでもか、これでもか」って言う過剰ぶりを楽しんでしまいました。次々とお披露目されるエリザベスのドレスとヘアスタイルにも釘付け。あのカツラは現代の感性で見れば、奇妙な造形なんですが、あれをかぶっていても威厳があるケイトがすごい。

海賊ローリーとのラブストーリーという側面から見れば、甘い部分も多々あるんですけれども、当時の女王がいかに絶大なる権力を持っていたか。そして、その権力の行使にいかに魂を削られていたのかという面においては、すごく感情移入してしまった。全ての人々の生き死にが自分の決断ひとつにかかっている。決断の美学ってんですかね。やはり、自分が全責任をかぶって、何事かを決めるって、女性としてはしんどいこと。虚勢を張って、デキる女に見せて、男どもに突っかかるように生きてる姿は、まるで「働きマン」みたいなんだもん。せっかく、そんな自分を包み込んでくれる器のでかそうな男が現れたと思ったら、あれでしょ。ラストに至っては、その孤独を背中で語ってましたね。ケイト、あっぱれ。

1〜 5件 / 全114件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

エリザベス:ゴールデン・エイジ