エアベンダー

エアベンダーの画像・ジャケット写真
エアベンダー / ノア・リンガー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

96

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「エアベンダー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督が、米国の人気TVアニメを実写映画化したファンタジー・アドベンチャー。戦乱の世に調和をもたらす最後の希望となった一人の少年の成長と活躍を描く。氣・水・土・火の4つの王国によって均衡が保たれていた世界。各王国には、それぞれ国の要素“エレメント”を操る使い手“ベンダー”がおり、中でも4つ全てのエレメントを操ることができる唯一の存在“アバター”のみが世界に調和をもたらすことができた。氣の国の民で“エアベンダー”の少年アンは、アバターとして生まれたものの、やがてその重責から逃げ出した末、100年ものあいだ氷の中に閉じ込められる事態に。その間に、世界は火の国の反乱によって戦乱の時代を迎えてしまう。

「エアベンダー」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: THE LAST AIRBENDER

「エアベンダー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

エアベンダーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分 日 英 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ118931 2010年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
43枚 4人 3人

【Blu-ray】エアベンダー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV119889 2010年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:96件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全96件

シャマラン流 思いの外華流

投稿日:2010/12/02 レビュアー:ミルクチョコ

シャマラン監督といえば、トンデモなスリラーをオリジナル脚本で、バカげたネタを真剣に撮っていたりして、私は結構好きな監督さんですが、今回はどんでん返しを封印してアクションファンタジーです。
原作は、アニメ・シリーズ『アバター・伝説の少年アン』という、世界で120ヶ国以上で放映されているオリジナル・アニメ・シリーズらしいです。
有史以前、世界には気、水、土、火の4つの王国が存在し、均衡を保つ世界。けれど火の国が反乱を起こして、世界に乱れが。その戦乱の世に調和をもたらす「エアベンダー」の少年アンの戦いを描いたものです。

ハリウッドが作るアジアっぽさを入れた映画は、どこか勘違いな部分も多くて、履き違えた映画に不満を感じますが、本作は、流石にインド系の監督だけあって、随所にリアルなアジア的神秘感が根づいていてその辺は気持ち良く見れました。
主人公の少年アンを演じるノア・リンガーも、火の国の王子役のデヴ・パテルもテコンドーの達人というだけあって、動きは美しく見応えがあります。火の国の王に見捨てられたズーコ王子を演じるのはスラムドッグ$ミリオネアでジャマール役で有名になったデヴ・パテールと伯父役のショーン・トーブが、とても良い味を出していました。
また、このズーコ王子の大人に成り切っていない繊細な青年という役どころも、中々良かったです。抱えた心の屈折をどう乗り越えて成長するのか?楽しみです。
物語半ばで、プッツリと終わってしまいましたが、王子の妹で才能がある分だけ底意地も悪そうなキャラがどれだけ立派な悪役になるか?この辺も含めて次回作に期待します。
監督の新たな挑戦を見守りつつ次回に期待したいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 40人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シリーズ物だったんだ

投稿日:2011/01/07 レビュアー:JUCE

全くの予備知識が無かったので、完全に一本で完結する作品だと思っていたら、
途中でエンドロールが始まって「あれっ?」となってしまいました。
シャマランなので実はすべては氷の中で死んでいく少年の夢物語のオチ、
そんなところか?なんて想像していたバカは私です。


あれ、そう言えば4元素がどうとかで、
世界の平和が云々というハリウッド映画随分前に観たなぁ。
思い出せない・・・。

自分の過去レビューを探してみる。

あった。
『インビンシブル』とな?
内容は殆ど思い出せないですが、つまらなかったよう微かな記憶が・・・。
なんだかオリエンタルなエッセンスは盛り込んだがちょっとズレている
そんな感じ。

その点この『エアベンダー』は結構オリエンタルな雰囲気は様になっていたと
思います。
私は元のアニメを知らないので単純にそう感じたのですが、原作ファンには
「主要キャラクターを白人に変えた。レイシストだ」というような批判も
あるようですね。

でも元々のアニメも想像するに、日本のアニメの影響を受けたものなんじゃ
ないでしょうか。例えば『ドラゴンボール』とか。
私は主人公のアンが『ドラゴンボール』のクリリンに見えて仕方ありませんでした。
「クリリン、お前もついに主役をはれるまでにせいちょうしたんだな」という感じ。
なんだか話はグダグダしていて締りがないのですが、不思議と腹も立たずに
すんなりと楽しむことが出来ました。
まあ劇場で見ようとは思いませんが。

見所と言えばILMのCGでしょうか。もともとCGは自然現象が結構苦手で
水や火、土、それに風なんて全編にわたってCGをつくるなんてちょっと前までは
至難の業でした。それが今やこんなに自然に実写映像の中に溶け込むんですから
そういった点に関してはかなり感慨深いものがあります。

続編はもっともっと盛り上がっていくと良いですね、シャマラン監督。
とういか、続編出来るのかなぁ
。『ライラの冒険』の二の舞にならない事を祈ります。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

サカよ!ブーメランのみやのに、なんでそんなに強気なん???ネタバレ

投稿日:2010/10/26 レビュアー:KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

【劇場鑑賞、2D、字幕】

(何を血迷ったか)シャマラン監督がファンタジーアドベンチャー映画を撮った!っつーことで、どんなもんかなと『エアベンダー』を観てきました(°∀°)b

ほほー(・〜・)ふつーだ!!!なんとふつーにファンタジー娯楽映画だ!!!ツッコミ所満載やけど、それも含めてなかなか面白かったですш(`∇´*)ш

いつも良い意味で予想を裏切って驚かしてくれるシャマラン監督なんすけど、今回の驚きは"全くシャマランらしさがない"ということでした煤i・д・ノ)ノ

※2D字幕で観たのに、土のエレメントの戦いの場面で、むっちゃ映像が2重にブレるシーンがあったんやけど、あれは元々の演出?3D化したときのエラー的なもん?映写段階でのミス?どーなんやろ?知ってる人が居たら教えてください!

□■□■□

【ネタバレがあります】

まぁなんつっても見所は、サカ兄ちゃんと水の国の王女ユエさんっしょ(´艸`)

【サカ】

・ベンダーでは無い(ただの人間)
・強く無い!(火のベンダーにブーメランで対抗!・・・出来るわけ無いって!)
・賢く無い!(基本、行動がバカです)
・カッコ良く無い!(実際の俳優はカッコ良いけど)
・狩りが下手!(全くの役立たず)

しかし・・・なぜかむっちゃ強気!なんでお前はそんなに強気なんだ!?"王女は自分が守る!"ってお前強くないやん!何度"お前はなにもんやねん!"って突っ込みそうになったことかш(`∇´*)ш最後まで役立たずやし!

【ユエ王女】

・水の国の王女(多分そうと思われる!全く何もしてないけど)
・アゴがとんがってる!
・髪の毛が白い(聞いてもハァとしかおもわない理由が!)
・アゴがとんがってる!
・護衛無し!(なぜが誰も守りたがらない!王女を守るのはなぜか面識も無いサカ!)
・アゴがとんがってる!
・基本自由行動!(王女って戦争なっても何もすること無いのか!?)
・アゴがとんがってる!
・能力不明!(北の国の人はほとんどベンダーやのになぜか何もしない)

とにかくあごがとんがってます!!!とんがりコーンなみにとんがってます!!!そして良くわからないキャラのまま泣きのシーン担当になります・・・当然なんの感動もしません(σω-)。o ○

※そしてこの2人は、なぜか好き合ってるらしいのです!好きになったというエピソードは、なんと5秒ほどのナレーションですш(`∇´*)ш雑すぎーるやないかい!

□■□■□

えーっと、まだまだツッコミどころがある映画なんす全部書いたらキリがないのでこの2人のことだけで♪役立たずのサカ兄貴は、結構出ずっぱりなので最注目ポイントですш(`∇´*)шなんとなく貶してる感じなんすけど、そのツッコミどころも含めてなかなか面白い作品でした(°∀°)b

続編が公開されたらたぶん観に行くと思います♪そして主役の子の気持ち悪く成長してるであろう姿に酔いしれようと思いますш(`∇´*)ш

あ!そんなにオススメではないです(σω-)。o ○

個人的満足度 73点!!! オススメ度 65点!!!

※最近、この手のバカ映画にむっちゃ甘いような気がするけど・・まぁええかぁш(`∇´*)ш

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

80点(秀作)ネタバレ

投稿日:2011/07/28 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こ〜ゆうの好きだなぁ〜 「ドラゴンボール」や「北斗の拳」のような感じでオーモロ〜^^

この世は 気・水・土・火の4つの国から成りたっていた。
それぞれを操る者達を「ベンダー」と呼び、4つ全てを操る唯一の者を「アバター」と呼ぶ。
その「アバター」は子供。百年前に失踪し再び姿を現したのに子供のままだ^^
百年間の失踪中に4つの国の調和は崩れ火の国が世界を征服しようと侵略を繰り返していた。
そこで戦乱の世を鎮めるべく、水の国の少女ベンダーと共に「アバター」の果てしない冒険が始まる・・

要するに、救世主が登場し避けられない己の宿命に従う事を決意するまでのアドベンチャーである。
本作は「第1章:水」なので、もしかしたら4作までも製作可能と思える。
数々の日本アニメをパクリながらも、何だかインド映画に仕上げたような感じ^^
火の国の人は日焼け?してるせいかインド人ばっかり?^^
「アバター」少年はどう見ても「ドラゴンボール」の「クリリン」だろ^^
水を自由に操り人間を凍らす技は「星闘士 星矢」ぽい?(ダイヤモンドダストだっけ?^^

まぁ、子供映画なので緩過ぎる描写は仕方ないとして、全然オモロかったぁ^^

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3Dでなくても楽しめた

投稿日:2011/01/07 レビュアー:Maru

シャラマン色が少ない作品で、
何だか評価が分かれているみたいですが、
私は結構楽しめました。

ファンタジーの中にもアクションがあり、
人物背景も深く掘り下げて表現していて
私はなかなか好きな作品です。

前知識が無くレンタルしたので
これで完結だと思っていたら、
まだ続くんですね^^;

次回作も楽しみです♪

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全96件

エアベンダー

月額課金で借りる

都度課金で借りる