ソラニンの画像・ジャケット写真

ソラニン / 宮崎あおい

全体の平均評価点: (5点満点)

77

ソラニン /三木孝浩

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ソラニン」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

浅野いにおの同名コミックを宮崎あおいと高良健吾の主演で描いた青春音楽ラブ・ストーリー。希望を見出せない世の中で夢を追って懸命に生きる若者たちの青くて純粋な日々を繊細に綴る。都内の会社に勤めるOL2年目の芽衣子は、大学の軽音サークル時代からの恋人で夢を諦めずバンドを続けている種田と同棲中。そんなある日、芽衣子はやりがいの持てない今の仕事に疑問を抱き、会社を辞めてしまう。逆に種田は、バイトで食いつなぐ日々に次第に将来への不安が募っていく。しかし、芽衣子にハッパを掛けられ、改めて音楽と真剣に向き合い、背水の覚悟で『ソラニン』を書き上げた種田。さっそくデモCDをレコード会社に持ち込み、結果を待つ種田と芽衣子だったが…。

「ソラニン」 の作品情報

作品情報

製作年:

2010年

製作国:

日本

「ソラニン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

高橋泉

原作:

浅野いにお浅野いにお

撮影:

近藤龍人

音楽:

entent

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ワナワナ。

星砂の島のちいさな天使〜マーメイドスマイル〜

想い出にかわるまで

連続テレビ小説 はね駒(こんま)

恋空(テレビドラマ)

ユーザーレビュー:77件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全77件

年齢を重ねて得たものと失ったもの

投稿日:2010/09/21 レビュアー:JUCE

このレビューは気に入りましたか? 26人の会員が気に入ったと投稿しています

夢が夢で終わってもいいじゃない ネタバレ

投稿日:2010/08/22 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

浅野いにおの同名コミックを映画化した青春ラブストーリーです。
確かなものが手に入りにくい現代の片隅で、音楽への夢をあきらめきれずにもがき苦しむ青年達の姿を、音楽というモチーフから浮かび上がらせています。

大学も卒業したし、夢を追うにはちょっと厳しく、しかし夢を諦めるのは、ちょっと悲しい、厳しい現実に直面して戸惑う青春のひとコマを捉えた作品だと思います。
大学の軽音サークル時代からの恋人で夢を諦めずバンドを続けている種田(高良健吾)と同棲中のOLの芽衣子(宮崎あおい)。芽衣子は、種田に背中を押されてやりがえのない仕事を辞めてしまいます。
一方、先の見えないバンドに不安を募らす種田。そんな種田を信じて一緒に夢を見ている芽衣子。しかし彼女の期待に応えようと押しつぶされそうになってしまうことも事実です。
期待に応えられずに黙って家出をしてしまった種田が、もう一度やり直そうと電話をした後に、交通事故にあってしまいます。

種田のいなくなってしまって初めて、本当の意味で自分自身と向き合うことになったのかもしれません。
恋人の死という耐えがたい現実から、芽衣子をもう一度その気にさせたのは、種田が創った「ソラニン」に込められた前向きなメッセージに気付き、歌いたいと思ったのだと思います。
登場人物の気持ちが痛いほどに伝わってきます。がむしゃらになって何かに取り込むことの大切さ。突き進むしかない現実。それがたとえ夢で終わってしまっても、今をがむしゃらに生きていればいいじゃない。
宮崎あおい演じるライブシーンは、決して上手ではないものの、何か心が打たれるものを感じました。
若いって素晴らしいですね。世間の歯車に組み込まれることに抵抗しつつ、自分らしく生きることを模索しているそんな若者を応援したくなりました。

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

知らせ ネタバレ

投稿日:2010/11/10 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画を観てて、ふと・・
「あ。この人、これから死んでしまう・・」
と感じることはないでしょうか。
ふとした瞬間に、そう思ってしまう。
そう感じてしまう。
そしてそれは、ほぼ100パーセントの確率で当たってしまう。
そんなことありますよね。
例えば、その人物が新たな旅路へ向かおうとしてる時だったり。
例えば、愛する人のもとへ帰ろうとしている時だったり。
状況は様々で、その「感じる」知らせもたくさんありますが、それでもちゃんと感じてしまい、当たってしまい、その人物は物語から消えてしまうことになる。
今回で言えば種田。
せっかく「これから」が照らされてきた矢先だったのに。
電話が終わって、唐突に遠めからのショットになる。
違和感を感じます。
これが「知らせ」。
なんだか嫌な予感がする・・・・
この遠めのショット長い・・・
長すぎる・・・・
ああ、イヤだ・・・・・
「知らせ」を含んだ違和感のあるシーンは心がざわめいて。
まるで怒られるとわかっていて、先生や親を待っているかのような気持ちになる。
このあとに決して楽しくない・決してハッピーになれないことが起こるとわかっていて「待っている」心境ってすごく疲れます。
なんで殺しちゃうの?
人が死なないと成立しない物語って好きじゃない。
(そんなこと言ったって、そういう映画で泣いたり、感動もしたりするんですが・・・)
特にこういう若者が主役の物語なら尚更。
わかるんです。
わかってるんですよ。
種田が死なないと芽衣子が唄うこともなかっただろうし。
ビリーの「泣ける」チャリンコでのシーンもなかったんだから。
わかってるんだけど・・・・
やるせないんです。
やりきれないんです。

あおいちゃん。
どんどんステキになっていきますね。
以前は全くファンではなく、「映画とか出てるとイイと思うけど」なんて感じでしたが、いまや完全にファンです。
大好きです。
完敗です。
乾杯です。
唄ってる姿も含め、全てが素晴らしい♪

桐谷。
サイコーですねぇ。
やっぱこういうのですよね。
ドラム叩く姿がめちゃめちゃカッコイイ♪
革ジャンにチャリンコ。
新感覚。

高良くん。
「フィッシュ・ストーリー」の時も唄が凄く良かったので、願わくば今回も種田版の「ソラニン」がちゃんと聴きたかったなぁ。

サンボマスターのベースの人。
イイじゃないですか♪
ステキですねぇ。
演技もいけます。
サンボでベース弾いてるときから「なんてカッコイイ人なんだ」と思ってたけど、やっぱカッチョイイ!

伊藤歩さん
色っぽい。

ソラニン。
なんか「アジカン」みたいな曲調だなぁ・・って思ってたらアジカンの曲なのね。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

一つ違うこと ネタバレ

投稿日:2010/09/15 レビュアー:あしっどまん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

漫画に忠実でこの作品好きです。
一つほかのレビュー見てて、これだけはと思うことがあったので書かせていただきます。
種田君は自殺です。事故ではありません。
それが、このお話の一つのキーでもありますのでそこが違うのはいかんのではないかと思いました。
赤信号でブレーキかけずにアクセルをふかしたらそれは事故じゃないでしょう。
自分自身は自殺を悪いものと考えていないので割合気にならないのですが、自殺が悪いものと考えている人は最近「事故」にしたがりますね。
戦って、戦って、それでも負けた者が、自殺することはそんなにいけないことでしょうか?

昔、「汚い大人にはなりたくない」と考えていた人たちに見てもらいたい。
資本主義社会の中では少数の勝つものと、大多数の負けるものに構造上なりますが、汚い大人にならないための自殺という選択をした種田君に、「お前まだ戦うの」と涙してしまいました。
自分は汚い大人やってます。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ある意味、ネタバレ。 ネタバレ

投稿日:2010/09/20 レビュアー:ta-k

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

基本、
NANAだったり、
東京フレンズだったりが好きな俺の感想ですが。

いい。

映画としても、
分かりやすい内容で、
作りもいい感じで。

何よりも宮崎あおい。(・_・;)

以下、映画の批評でなくなりますが。
本人がかわいく見せる方法を知っているのか、
かわいい映像を集めているのか。
もはや、宮崎あおい写真集、
であった。(・_・;)
反則だよ。。。


で、最後のライブ。
NANAの中島みかや、
東京フレンズの大塚愛みたいに、
ずっとアーティストを目指してきた感のある、
本物の歌手と一線を隠した、『素人』の本気が。。
完全に、ソレまでのストーリー、
100分間がフリだもんな、すごい。

なかなか、
好きな映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全77件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:77件

年齢を重ねて得たものと失ったもの

投稿日

2010/09/21

レビュアー

JUCE

夢が夢で終わってもいいじゃない

投稿日

2010/08/22

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

浅野いにおの同名コミックを映画化した青春ラブストーリーです。
確かなものが手に入りにくい現代の片隅で、音楽への夢をあきらめきれずにもがき苦しむ青年達の姿を、音楽というモチーフから浮かび上がらせています。

大学も卒業したし、夢を追うにはちょっと厳しく、しかし夢を諦めるのは、ちょっと悲しい、厳しい現実に直面して戸惑う青春のひとコマを捉えた作品だと思います。
大学の軽音サークル時代からの恋人で夢を諦めずバンドを続けている種田(高良健吾)と同棲中のOLの芽衣子(宮崎あおい)。芽衣子は、種田に背中を押されてやりがえのない仕事を辞めてしまいます。
一方、先の見えないバンドに不安を募らす種田。そんな種田を信じて一緒に夢を見ている芽衣子。しかし彼女の期待に応えようと押しつぶされそうになってしまうことも事実です。
期待に応えられずに黙って家出をしてしまった種田が、もう一度やり直そうと電話をした後に、交通事故にあってしまいます。

種田のいなくなってしまって初めて、本当の意味で自分自身と向き合うことになったのかもしれません。
恋人の死という耐えがたい現実から、芽衣子をもう一度その気にさせたのは、種田が創った「ソラニン」に込められた前向きなメッセージに気付き、歌いたいと思ったのだと思います。
登場人物の気持ちが痛いほどに伝わってきます。がむしゃらになって何かに取り込むことの大切さ。突き進むしかない現実。それがたとえ夢で終わってしまっても、今をがむしゃらに生きていればいいじゃない。
宮崎あおい演じるライブシーンは、決して上手ではないものの、何か心が打たれるものを感じました。
若いって素晴らしいですね。世間の歯車に組み込まれることに抵抗しつつ、自分らしく生きることを模索しているそんな若者を応援したくなりました。

知らせ

投稿日

2010/11/10

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画を観てて、ふと・・
「あ。この人、これから死んでしまう・・」
と感じることはないでしょうか。
ふとした瞬間に、そう思ってしまう。
そう感じてしまう。
そしてそれは、ほぼ100パーセントの確率で当たってしまう。
そんなことありますよね。
例えば、その人物が新たな旅路へ向かおうとしてる時だったり。
例えば、愛する人のもとへ帰ろうとしている時だったり。
状況は様々で、その「感じる」知らせもたくさんありますが、それでもちゃんと感じてしまい、当たってしまい、その人物は物語から消えてしまうことになる。
今回で言えば種田。
せっかく「これから」が照らされてきた矢先だったのに。
電話が終わって、唐突に遠めからのショットになる。
違和感を感じます。
これが「知らせ」。
なんだか嫌な予感がする・・・・
この遠めのショット長い・・・
長すぎる・・・・
ああ、イヤだ・・・・・
「知らせ」を含んだ違和感のあるシーンは心がざわめいて。
まるで怒られるとわかっていて、先生や親を待っているかのような気持ちになる。
このあとに決して楽しくない・決してハッピーになれないことが起こるとわかっていて「待っている」心境ってすごく疲れます。
なんで殺しちゃうの?
人が死なないと成立しない物語って好きじゃない。
(そんなこと言ったって、そういう映画で泣いたり、感動もしたりするんですが・・・)
特にこういう若者が主役の物語なら尚更。
わかるんです。
わかってるんですよ。
種田が死なないと芽衣子が唄うこともなかっただろうし。
ビリーの「泣ける」チャリンコでのシーンもなかったんだから。
わかってるんだけど・・・・
やるせないんです。
やりきれないんです。

あおいちゃん。
どんどんステキになっていきますね。
以前は全くファンではなく、「映画とか出てるとイイと思うけど」なんて感じでしたが、いまや完全にファンです。
大好きです。
完敗です。
乾杯です。
唄ってる姿も含め、全てが素晴らしい♪

桐谷。
サイコーですねぇ。
やっぱこういうのですよね。
ドラム叩く姿がめちゃめちゃカッコイイ♪
革ジャンにチャリンコ。
新感覚。

高良くん。
「フィッシュ・ストーリー」の時も唄が凄く良かったので、願わくば今回も種田版の「ソラニン」がちゃんと聴きたかったなぁ。

サンボマスターのベースの人。
イイじゃないですか♪
ステキですねぇ。
演技もいけます。
サンボでベース弾いてるときから「なんてカッコイイ人なんだ」と思ってたけど、やっぱカッチョイイ!

伊藤歩さん
色っぽい。

ソラニン。
なんか「アジカン」みたいな曲調だなぁ・・って思ってたらアジカンの曲なのね。

一つ違うこと

投稿日

2010/09/15

レビュアー

あしっどまん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

漫画に忠実でこの作品好きです。
一つほかのレビュー見てて、これだけはと思うことがあったので書かせていただきます。
種田君は自殺です。事故ではありません。
それが、このお話の一つのキーでもありますのでそこが違うのはいかんのではないかと思いました。
赤信号でブレーキかけずにアクセルをふかしたらそれは事故じゃないでしょう。
自分自身は自殺を悪いものと考えていないので割合気にならないのですが、自殺が悪いものと考えている人は最近「事故」にしたがりますね。
戦って、戦って、それでも負けた者が、自殺することはそんなにいけないことでしょうか?

昔、「汚い大人にはなりたくない」と考えていた人たちに見てもらいたい。
資本主義社会の中では少数の勝つものと、大多数の負けるものに構造上なりますが、汚い大人にならないための自殺という選択をした種田君に、「お前まだ戦うの」と涙してしまいました。
自分は汚い大人やってます。

ある意味、ネタバレ。

投稿日

2010/09/20

レビュアー

ta-k

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

基本、
NANAだったり、
東京フレンズだったりが好きな俺の感想ですが。

いい。

映画としても、
分かりやすい内容で、
作りもいい感じで。

何よりも宮崎あおい。(・_・;)

以下、映画の批評でなくなりますが。
本人がかわいく見せる方法を知っているのか、
かわいい映像を集めているのか。
もはや、宮崎あおい写真集、
であった。(・_・;)
反則だよ。。。


で、最後のライブ。
NANAの中島みかや、
東京フレンズの大塚愛みたいに、
ずっとアーティストを目指してきた感のある、
本物の歌手と一線を隠した、『素人』の本気が。。
完全に、ソレまでのストーリー、
100分間がフリだもんな、すごい。

なかなか、
好きな映画でした。

1〜 5件 / 全77件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ソラニン