ダーティハリー 2

ダーティハリー 2の画像・ジャケット写真
ダーティハリー 2 / クリント・イーストウッド
全体の平均評価点:
(5点満点)

28

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ダーティハリー 2」 の解説・あらすじ・ストーリー

組織の大物や悪党など、法の目をかいくぐってきた犯罪者たちが次々と何者かに殺されていく。サンフランシスコ市警のハリー・キャラハン刑事は、射撃大会で優勝を争った白バイ警官デイヴィスと3人の仲間が犯人であることを突き止めるが、彼らは法に代わって制裁を行っているだけだと主張。ハリーの協力が得られないと知るや、今度はハリーの命までを狙うようになる。友人の警官や、相棒である黒人刑事スミスまで犠牲になるに及び、ついにハリーは上司であるブリッグスに全てを明らかにしようとするのだが…。

「ダーティハリー 2」 の作品情報

製作年: 1973年
製作国: アメリカ
原題: MAGNUM FORCE/UNA 44 MAGNUM PER L’ISPETTO

「ダーティハリー 2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダーティハリー2の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
130分 英語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・日本語・中国語・タイ語・ハングル語 英語・フランス語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21510 2003年03月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 1人

【Blu-ray】ダーティハリー 2(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
122分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY15701 2010年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全28件

孤高のカタ破り刑事

投稿日:2010/09/01 レビュアー:蒼生



ほんとに、カッコいいなー
毎回この言葉ばっかり書いてても、
レビューになってないと思いますが、
書きたい気持ちが止められないほどカッコよいです。
なんか食べながら喋ってても絵になるし。
パイロットのコスプレですよぉ、もう。

誰とは言いませんが、というより今思いつきませんが
若い時男前でも、残念な年の取り方をする俳優さんもいるのに
彼は今でも素敵ですもんねー。
他にもそういう俳優さん、たくさんいますけど、プロですねー。

と、子どもがわんさか出てきて、「嘘?!!!」
ハリー、結婚してたの?しかも子だくさん?
ダメダメそんなの絶対ダメ!
彼女はいてもいいけど、結婚自体がダメ!似つかわしくない!
と、心配してたら違った。よかった。

イーストウッドがカッコいいのか、ハリーがカッコいいのか。
両方か。

ラストシーン、これが刑事としてやっていいことかどうかなんて
どうでもいいです。その台詞と容貌がカッコいいので、
それでいいのです。



このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダーティハリー症候群

投稿日:2012/06/13 レビュアー:ykk1976

アメリカには、「ダーティハリー症候群」というものがあるらしいです。
「現実社会において、正義の執行者を自任し、“悪党に生きている資格はない”という判断、正義感によって、目の前の現行犯人をたとえ微罪でも射殺し、逮捕に抵抗するからだと正当化してしまう」
というようなもので、銃の使用について、比較的寛容なアメリカではこれに罹患してしまう警察官が多いそうです。
そもそも、ハリー・キャラハン刑事は、正義の執行者として、犯人を処刑してはいません。
どちらかというと、本作の犯人の姿に、ダーティハリー症候群の定義にある「正義の執行者」の姿が描かれています。

今回は、「警察の暗部」ともとれるような重いテーマを扱っていますが、第一作よりコメディ要素が増した分、気楽に見られる雰囲気になっています。
刑事VS犯人のストイックな構図の際立った第一作もいいですが、ハリーのキャラクターを縦横無尽に生かした本作もなかなかの仕上がりです。
例の「Good afternoon!」のシーンなんて、悶絶してしまいました。
ハリウッドヒットの法則、「女」と「子ども」も入っていますし、明らかに大当たりを狙った映画のように思えます。
でも、そこもなんか愛嬌があって許せちゃう映画なんです。いいじゃん、かっこいいもんハリーはさ、と観客は納得いってしまうんです。

芸術性より観客に配慮した本作は、オープニングも凝っています。
これをここに持ってくるかぁ〜、やられちまったなという感じです。思わず映画にひきこまれるオープニングです。音楽もかっこいいです。

このころのクリント・イーストウッドは細身で手足も長く、その上ハンサムですが、
男って見た目だけじゃないかっこよさがあるんだよな・・・というのに気づいてしまいます。男のかっこよさは奥深いです。
私自身は、ハリーを愛してやまないという種類の「ダーティハリー症候群」に罹患してしまっているようです。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

回避する映画(重大なネタバレあり)

投稿日:2007/11/30 レビュアー:よふかし

イーストウッド演じるハリー・キャラハンは、タイトルの「ダーティ」もあってか法を無視したハチャメチャ刑事という印象が強いのだけれど、前作やこの続編を見ても分かるように、実は基本的にきちんと法の範囲内の職業倫理を持っている。
 コンビ捜査もきちんとして、ハリーは最初から暴走しているわけではないのだった。前作で法を無視して「さそり」を屠り、バッジを投げ捨てたハリーの行為は、今でも少なからぬ観客の共感を得るのではないかと思うのだが、当然のごとく「法を無視するファシスト」という批判を浴びたようだ。
 そのせいか、この続編の敵役に本当に法を無視した「マグナム集団」(原題)を設定した。テレビ『スタスキー&ハッチ』も懐かしいデヴィッド・ソウルがリーダー格を演じる暗殺白バイ集団である。映画が始まってしばらくは、彼らがしていることは前作のラストでハリーがしたのとほとんど変わらない。彼らがあくまで、法の抜け穴を駆使して逃げる犯罪者に天誅を下す必殺仕事人の位置にとどまっていれば、ハリーは自分の鏡像と戦うことを余儀なくされ、葛藤せざるを得なくなっただろう。
 ところが、映画はそのような魅力的な選択はせず、白バイ集団が単に殺しに魅せられた異常者の集団に過ぎないと描いてしまう。あまつさえ、銃の名手ぞろいのはずなのに、郵便受けに爆弾を仕掛けるという姑息な手段でハリーを狙う始末である。さらに、中盤に面白い射撃大会のシーンもあり伏線めいているけれど、ソウルとイーストウッドのどちらがより銃の腕前がいいのか、ついにはっきりしない。最後の対決はなんとバイクで決着がつくからだ。
 こうしたこの映画の特徴的な、決着を回避する姿勢に不満がないではないが、それゆえにこそ、本作が軽いエンタテインメントになり得ていることも確かではないだろうか。いくつものシーンは、前作とソックリで、プールでの殺人、車両の上にしがみつくハリー、口に食べ物を頬張りながら歩くハリーなどほぼ同じである。終盤の戦いも、追跡劇は開放感溢れる戸外から、雑然とした狭い室内での銃撃戦となり、再び戸外に出て、最後は落下のアクションで閉められるという構成が、まったく同一である。
 つまり『2』は見た目はほぼ『1』をなぞっていながら、批判を呼んだハリーのキャラクターをエンタテインメントのヒーローとして無害化した作品であるとは言えないだろうか。ドン・シーゲルとのタッグで生み出した強烈な個性を、無害な娯楽作品の主人公に変貌させるには、作家性のある監督よりも、テレビ出身で職人的なテッド・ポストが相応しかったということなのだろう。イーストウッドの戦略は実にしたたかである。本作は大ヒットした。50点。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

このシリーズ観てると、銃発をカウントするクセがつきそう・・・(笑)

投稿日:2011/05/08 レビュアー:パンケーキレンズ

一丁のマグナムが悪を成敗する
そのマグナムが繋ぐハリーと若き警官たち
履き違えた正義・・・

今回は内々なる敵と闘うハリー刑事

一作目の銀行強盗に次いで、今回は飛行機ジャック
ハリーがハンバーガーをかじれば事件が起こるという・・・(笑)
それを、平常心で鎮圧してしまうハリー、素敵です♪
パイロット姿も☆!

ただ、取って付けたような意味不明のアジアンビューティーには、ちと困惑w

上司に何度も「勝手なマネはするな〜!」って言われるたび
勝手なマネしておくれ〜って変な感情が湧いてきますw えぇ・・・

一見、はみ出し者で無茶をしているように見えるハリーでも
彼は法律を重んじている
マグナムで悪人の息の根を止めるのが目的ではなく
彼らが正当な裁きを受けて、刑に処せられるのを望んでいる
法の無秩序に失望しながらも
今あるものを守らなければいけないんだというハリーの言葉が重い

そして、己のリミテイションを知るべきだというセリフが
後になればなる程、効いてきます

主役のマグナムを使わずしての決着のつけ方も、なかなかでした!

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

獅子身中の虫

投稿日:2006/02/15 レビュアー:ぶわつ

 一作目の脚本家ジョン・ミリアスとマイケル・チミノが共同執筆した本作の脚本をイーストウッドがいたく気に入り、マイケル・チミノを次作の監督(脚本も)に抜擢、結果出来上がった映画が『サンダーボルト&ライトフット』だというのは、まあ知られた話・・・かな。
 じゃあ、イーストウッドどこが気に入ったんやろ?ってところで、やっぱ東洋人女性とのラブシーン・・・なわけはなくて、たぶん“同じ警察内に、街にはびこる犯罪者たちを片っ端から射殺(しかもマグナムで)してまわるグループがいる”というプロットなのかなという気がします。
 ストーリーは、観る者には犯人グループをある程度明らかにした状態で進みます。
 ハリー・キャラハンを自分たちと同類とみなし、仲間に入れと誘う犯人グループと、おまえらと一緒にするなと突っぱねるハリー。
 この展開でいくなら、ラストは“てめえら、法の下で裁かれろ!”的なケリのつけ方を期待していたのですが、まあ、そこはダーティハリーだけに・・・といった決着になってます。
 そこまでの展開が、なかなかじっくり観れるおもしろい展開だっただけに、個人的にはやや不満が残りました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全28件

ダーティハリー 2