T−フォース べトコン地下要塞制圧部隊

T−フォース べトコン地下要塞制圧部隊の画像・ジャケット写真
T−フォース べトコン地下要塞制圧部隊 / マイケル・パレ
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
ジャンル:

「T−フォース べトコン地下要塞制圧部隊」 の解説・あらすじ・ストーリー

『ハウス・オブ・ザ・デッド』などのゲームソフトの映画化で知られるウーヴェ・ボルが監督を務めた戦争アクション。1967年、ベトナムに進駐していた米軍は、神出鬼没なベトコンに頭を悩ませていた。そんな折、ジャングル内に地下トンネルを発見し…。

「T−フォース べトコン地下要塞制圧部隊」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: カナダ/ドイツ
原題: 1968 TUNNEL RATS/TUNNEL RATS

「T−フォース べトコン地下要塞制圧部隊」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

T-フォース べトコン地下要塞制圧部隊の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CFTD303 2010年05月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

地下道には

投稿日:2010/05/06 レビュアー:エロエロ大魔神

毒蛇やら爆弾などのトラップがあります

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★ ラジー賞的ベトナム戦の描き方ネタバレ

投稿日:2010/08/27 レビュアー:カポーン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ベトナム戦争におけるベトコン地下壕掃討戦を題材にした、アクション映画。ただ、確かにベトナム戦争を背景に戦闘シーンなどアクション性もあることはあるのだが、ミステリーやホラー的な、なんとも言えない不思議な雰囲気が漂う映画でもあった。ストーリー性は確かにあるし、アクションシーンもまあまあの出来なのだが、結末と言い、映画の目指す方向性がどうにも不可解で、消化不良なのだ。これは、製作した監督を見て納得(笑)。このボル監督、なにやら 2008年にワーストディレクターとしてラジー賞を獲得した方で、過去にはゲーム作品の映画化を連発して酷評を買っているのだそうだ。本作はゲーム作品から締め出されてシリアス系の再出発といったところのようだ。

 ストーリー自体は、ベトコンの地下トンネルの捜索、掃討戦を実施する米陸軍小隊ということで、それなりの臨場感と緊迫感を感じることができる。酷評されるほどのものでもないな・・・と思っていたが、次第に雲行きが・・・。とにかく、死ぬ、死ぬ、死ぬ(笑)。これでもか、というくらい残忍、あっけない死の連続描写で、結局生き残ったのは・・・・(下記あらすじでネタバレ)。もうとにかく希望も救いもない・・・。従って、せっかくの中盤までの戦争映画的なアクションが、終盤になって台無しになっていく。結局、何を描きたかったのか不明で、ホラー的な要素が色濃くなり、最終的には戦争らしさもベトナムらしさも吹き飛んでしまった。

 小隊がメインとなるが、登場人物は十数名で名前と顔が一致しにくい。性格付けも結構浅めで、小隊長のハリボード中尉がキーマンかと思ったが、それほどでもない。ベトコン兵士側もそれなりに人間的に描き、終始浅めのヒューマンドラマが繰り返される。なんとも形容しがたいが、心のないヒューマンドラマといった感じか。確かに、人の死をベトコンと米軍兵の戦闘を通して語ろうとしているようにも見えるのだが、そこには重みが感じられないのだ。結局は米軍、ベトコン兵士たちを題材に、さまざまな「死」を享楽的に描きたかったのではないかとさえ思える。本作では「死」に満ち溢れているが、それが心に突き刺さることはない。

 ロケ地は南アフリカだそうだ。ジャングルらしい雰囲気は多少出ているが、ちょっと灌木風のものが多い感じはする。問題は米軍小隊の拠点基地。ジャングルの中に突然テントやら機銃陣地やらが林立している。その周囲には有刺鉄線もないし、監視所もない。いきなりベトコンに襲撃を受けるのだが、これじゃ全滅するのも当たり前だ(笑)。そもそも、ベトナム戦争ではベトコンゲリラに備えて、開放地に幾重もの有刺鉄線をまわし、こんな前線基地はなかったはずだ。このあたりはリアリティに欠けている。
 ベトコンの地下トンネルはいろいろな仕掛けや工夫が凝らされていてそこそこの出来。せっかくなので、もう少しこのあたりに力を入れてみたら面白かったのに。登場する兵器はヘリでUH-1イロコイがある程度。小隊の所属はパッチから第1騎兵師団のようだが、その他のパッチは良くわからない。

 全般的に残念でしたの出来。ベトナム戦を期待してもダメ、トンネル内の緊迫感もあまりなし。ひたすら死が見たい人にはいいかも。まあ、そんな人はほとんどいないだろうけど。   

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

辞めた方が良い

投稿日:2010/11/22 レビュアー:heath

この映画を見るのは。

ちょwww

内容が酷いにも程がある。

逆にお金を貰って見るレベル。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マカロニ・プラトーン好きの方にはお勧め

投稿日:2010/05/26 レビュアー:45口径

よく調べずに借りた自分が悪いのですが・・・地雷でした・・・ユニフォームも装備も徽章の類も超適当(ピスヘル位調達してこいや)。ヨーロピアン臭漂う登場人物達、だけどFuckini、Shit連呼すりゃ米兵ぽいだろ的なセリフ回し。軍事オブザーバー無用のGO!GO!トンネル大捜査。リアリティの無さはグロシーンでカバー。頭の痛くなる90分をありがとうボル監督、総予算800万ドルでよく頑張った。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うーん

投稿日:2010/05/20 レビュアー:カラス

リアルの戦争映画が好きな方はOK^^最後は穴かい・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

T−フォース べトコン地下要塞制圧部隊

月額課金で借りる

都度課金で借りる