1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 邦画のDVDレンタル
  4. TVドラマのDVDレンタル
  5. きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディション

きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディション

きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディションの画像・ジャケット写真

きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディション / 窪田正孝

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「片腕マシンガール」「ロボゲイシャ」の井口昇が原案、監督、構成を手掛けたTVシリーズ「古代少女ドグちゃん」をスペシャル・ムービー・エディションにて劇場公開。土偶の神様“ドグちゃん”が土偶の相棒ドキゴローとともに、1万年の時を超え現代に甦り、妖怪たちを退治ししていくヒロイン・アクション・コメディ。主演はグラビアアイドルの谷澤恵里香、共演に「ケータイ捜査官7」の窪田正孝。

「きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディション」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

日本

「きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

おいら女蛮

音女

ドラマスペシャル 「スペシャリスト2」

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

これでも神様でぇ〜す

投稿日:2010/11/28 レビュアー:奇怪伯爵

谷澤恵里香嬢が1万年の眠りから覚めた神『古代少女ドグちゃん』に扮し、現代に蘇りし妖怪を退治するお色気コメディアクション。
トリンプも作らないであろう土偶ブラ&パンツのコスチュームが、谷澤嬢の健康美と快活さを際立たせる。

露出多いコスチュームでこなす太鼓叩きのポーズや踊りに遅れを取るも、引き籠り青年・誠を演じる窪田正孝君のハマり具合や、上川=大河ドラマ=隆也さんのコメディ芝居など、あながちおバカ扱いできない要素も混在。
ソニンさんや斉藤由貴さんも妖怪役(斉藤さんは誠の母親でもある)で出演という嬉しい配役。

谷澤嬢の胸の谷間がやたら強調される作品には違いないが、マスコット兼パワーアップアイテム・ドキゴローの最期や、ラストのドグちゃんとの別れなど、なかなか味のある演出もしっかり。
不覚にも、私は涙を流しそうになった。ドグちゃんで泣くという失態は避けたかったので、必死に堪えましたがヤバかったです。
ちなみに妖怪のデザインは、ベスト・オブ・チープ。特にソニンさんの鯉は、失笑モノ。

そして運命の後半、西村喜廣監督によるパイロット版。
スポンサー・プレゼン用らしいが、はっきりいってヤバい出来。
特にテレビ版を知った後の各キャラクター対比は、ビフォーアフター級。
亜紗美さん演じるドグちゃんは、谷澤版を陽とするならば明らかに陰。
ヤンキー口調のセリフまわしに、仮面ライダー・アマゾン以上の獣性の開放。
白目まで剥いての、死霊級演技に戦慄すら覚えるでしょう。
妖怪のデザインも、男性局部を模した開き直り造形で、都市伝説級の出来にて候。

まあ、総じて万人ウケする作品ではないことを予め申し上げておきます。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

実質評価ゼロ。西村喜廣監督作品が好きな人向けなので注意

投稿日:2010/05/30 レビュアー:キカタンLOVER

 『古代少女ドグちゃん』の総集編的作品に、パイロット版に値する西村喜廣監督の『古代戦士ドグちゃん』をくっつけた一応劇場公開作品。
 もっとも劇場版と言っても、撮りおろされているのは、谷澤恵里香の馬鹿パート中心。この一応アイドルなのに馬鹿を平気でやってくれるノリを井口昇が気に入っているって感じの悪ふざけ。『古代戦士…』の方は、テイストが別モノの作品で、谷澤恵里香の立ち位置も違うし、アイドル主演の特撮コメディではありません。ちなみにドグちゃん役は「亜紗美」。
 西村監督好きなら気に入るとは思いますし、こっちの作品における「ドグちゃん」も面白いとは思うのですが、作品としてはエログロ表現しておきゃいいだろって感じの浅い作品で、何に向けたパイロット版なのか、さっぱりわからない駄作。
 井口&西村監督作品や谷澤恵里香の全仕事を把握しておかなきゃ気が済まない人にしかオススメできません。予告編にもあるのですが「こんなハチャメチャみたことない」です。悪い意味ですけどね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

面白い!

投稿日:2012/01/03 レビュアー:タカシ

前半は、テレビ版ドグちゃんのおさらい
後半は、西村監督のドグちゃん
私が想像していたドグちゃんですねぇ
グロイ!エロイ!強い!
アマゾネスのようなドグちゃん、面白いぃ〜
これもっと見たいですぅ〜
続きないのかなぁ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

前半はドラマの編集版なので楽しみは後半パートのみ!?

投稿日:2017/12/25 レビュアー:伝衛門

『古代少女ドグちゃん』は’09年10月から12月の間、毎日放送で制作された作品で
リアルタイムで鑑賞していたわけではありませんでした。

アイドリングに関する知識もほとんど無く、主演の谷澤恵里香さんがアイドルとして
どのくらい人気があったのかも知りませんでした。

井口昇さん原案・監督を務めたテレビドラマの再編集版と
西村喜廣さんが監督を務めたパイロット版の2本立ての構成映画が制作されたということを知り、
手にした作品です。

初見時は、ドラマ版を再編集しただけの前半パートも未見だったので新鮮に映りましたが、
ドラマ版と続編の『古代少女隊ドグーンV』を全話鑑賞し終えた現在においては、
楽しみは後半パートかと!

どういったネライのパイロット版だったのか未だに疑問ですが、
ヒロインが 亜紗美嬢に、ドキゴローが斎藤工さんという時点で、
誰をターゲットにしているのかは一目瞭然っ!?

西村ワールド全開過ぎて、このパイロット版で誰の心を動かすことができたのかが気になります。
よくここからアイドル主演の特撮ドラマに軌道修正できたものだと(笑)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

あ〜あ

投稿日:2013/02/23 レビュアー:4410

後半 無理だわ
ついていけない

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

きょーれつ!もーれつ!!『古代少女ドグちゃんまつり!』スペシャル・ムービー・エディション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

これでも神様でぇ〜す

投稿日

2010/11/28

レビュアー

奇怪伯爵

谷澤恵里香嬢が1万年の眠りから覚めた神『古代少女ドグちゃん』に扮し、現代に蘇りし妖怪を退治するお色気コメディアクション。
トリンプも作らないであろう土偶ブラ&パンツのコスチュームが、谷澤嬢の健康美と快活さを際立たせる。

露出多いコスチュームでこなす太鼓叩きのポーズや踊りに遅れを取るも、引き籠り青年・誠を演じる窪田正孝君のハマり具合や、上川=大河ドラマ=隆也さんのコメディ芝居など、あながちおバカ扱いできない要素も混在。
ソニンさんや斉藤由貴さんも妖怪役(斉藤さんは誠の母親でもある)で出演という嬉しい配役。

谷澤嬢の胸の谷間がやたら強調される作品には違いないが、マスコット兼パワーアップアイテム・ドキゴローの最期や、ラストのドグちゃんとの別れなど、なかなか味のある演出もしっかり。
不覚にも、私は涙を流しそうになった。ドグちゃんで泣くという失態は避けたかったので、必死に堪えましたがヤバかったです。
ちなみに妖怪のデザインは、ベスト・オブ・チープ。特にソニンさんの鯉は、失笑モノ。

そして運命の後半、西村喜廣監督によるパイロット版。
スポンサー・プレゼン用らしいが、はっきりいってヤバい出来。
特にテレビ版を知った後の各キャラクター対比は、ビフォーアフター級。
亜紗美さん演じるドグちゃんは、谷澤版を陽とするならば明らかに陰。
ヤンキー口調のセリフまわしに、仮面ライダー・アマゾン以上の獣性の開放。
白目まで剥いての、死霊級演技に戦慄すら覚えるでしょう。
妖怪のデザインも、男性局部を模した開き直り造形で、都市伝説級の出来にて候。

まあ、総じて万人ウケする作品ではないことを予め申し上げておきます。

実質評価ゼロ。西村喜廣監督作品が好きな人向けなので注意

投稿日

2010/05/30

レビュアー

キカタンLOVER

 『古代少女ドグちゃん』の総集編的作品に、パイロット版に値する西村喜廣監督の『古代戦士ドグちゃん』をくっつけた一応劇場公開作品。
 もっとも劇場版と言っても、撮りおろされているのは、谷澤恵里香の馬鹿パート中心。この一応アイドルなのに馬鹿を平気でやってくれるノリを井口昇が気に入っているって感じの悪ふざけ。『古代戦士…』の方は、テイストが別モノの作品で、谷澤恵里香の立ち位置も違うし、アイドル主演の特撮コメディではありません。ちなみにドグちゃん役は「亜紗美」。
 西村監督好きなら気に入るとは思いますし、こっちの作品における「ドグちゃん」も面白いとは思うのですが、作品としてはエログロ表現しておきゃいいだろって感じの浅い作品で、何に向けたパイロット版なのか、さっぱりわからない駄作。
 井口&西村監督作品や谷澤恵里香の全仕事を把握しておかなきゃ気が済まない人にしかオススメできません。予告編にもあるのですが「こんなハチャメチャみたことない」です。悪い意味ですけどね。

面白い!

投稿日

2012/01/03

レビュアー

タカシ

前半は、テレビ版ドグちゃんのおさらい
後半は、西村監督のドグちゃん
私が想像していたドグちゃんですねぇ
グロイ!エロイ!強い!
アマゾネスのようなドグちゃん、面白いぃ〜
これもっと見たいですぅ〜
続きないのかなぁ

前半はドラマの編集版なので楽しみは後半パートのみ!?

投稿日

2017/12/25

レビュアー

伝衛門

『古代少女ドグちゃん』は’09年10月から12月の間、毎日放送で制作された作品で
リアルタイムで鑑賞していたわけではありませんでした。

アイドリングに関する知識もほとんど無く、主演の谷澤恵里香さんがアイドルとして
どのくらい人気があったのかも知りませんでした。

井口昇さん原案・監督を務めたテレビドラマの再編集版と
西村喜廣さんが監督を務めたパイロット版の2本立ての構成映画が制作されたということを知り、
手にした作品です。

初見時は、ドラマ版を再編集しただけの前半パートも未見だったので新鮮に映りましたが、
ドラマ版と続編の『古代少女隊ドグーンV』を全話鑑賞し終えた現在においては、
楽しみは後半パートかと!

どういったネライのパイロット版だったのか未だに疑問ですが、
ヒロインが 亜紗美嬢に、ドキゴローが斎藤工さんという時点で、
誰をターゲットにしているのかは一目瞭然っ!?

西村ワールド全開過ぎて、このパイロット版で誰の心を動かすことができたのかが気になります。
よくここからアイドル主演の特撮ドラマに軌道修正できたものだと(笑)

あ〜あ

投稿日

2013/02/23

レビュアー

4410

後半 無理だわ
ついていけない

1〜 5件 / 全6件