天使と悪魔

天使と悪魔の画像・ジャケット写真
天使と悪魔 / トム・ハンクス
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

204

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「天使と悪魔」 の解説・あらすじ・ストーリー

『ダ・ヴィンチ・コード』に続く、トム・ハンクス主演の大ヒットサスペンスシリーズ第2弾。宗教象徴学者のロバート・ラングドン教授は、ヴァチカンから秘密結社・イルミナティが画策する恐ろしい犯罪計画に関する捜査協力の依頼を受けるが…。※一般告知解禁日:8月20日

「天使と悪魔」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: ANGELS & DEMONS

「天使と悪魔」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

天使と悪魔の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD47404 2009年10月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
125枚 8人 6人

【Blu-ray】天使と悪魔 スペシャル・エディション(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR47404*B 2009年10月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 4人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:204件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全204件

予定調和の面白さネタバレ

投稿日:2009/12/16 レビュアー:AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

設定がSF的な科学と宗教を融合した点が面白いです。
特にヴァチカンの裏エピソードでどれがフィクションでどれがノンフィクションなのか、キリスト教の知識が乏しい私には判別つかないんで、結構楽しめました。実は全部フィクションだったりしてね^^;

物語は拉致られた次期法皇候補の4人の居場所とトンデモ物質の爆破を食い止めるタイムリミットサスペンスで、超ハイスピードで物語は進んでいきます。
相変わらずラングドンの推理は冴え渡り次から次へと謎を解く、さながらジェットコースタームービーの様。
この辺りは完全な予定調和で逆に安心して観れますね。
ただ、一本調子の展開でさすがに途中で飽きてきますが。
勿論どんでんもあるんですが、途中で重要であろう登場人物を殺したが為に完全に先読み出来るんですよね--;
とまぁ、僅かな瑕疵が見え隠れしますが、全般的にはエンタメ作品としては十分面白いです。
なんか、早送りでバチカンをバーチャル観光させてもらった感じも^^

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これってどうなん?(笑)ネタバレ

投稿日:2010/07/01 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作は読んでないですが、かなり端折ってるよね?多分
普通にサスペンスとして観れるけど、大作にしてはペラペラだった(苦笑)

う〜ん、結局イリュミナーティは何組織?
創始者がガリレオ・ガリレイとか言ってたけどw
どう見ても単独犯なんですが、、、あっ、使いっぱはいたけど(笑)
そして一番に目的が分からん、ホントに過去の復讐だけでやっちゃったんか?
こんな非合法なやり方は科学の根源を逆に否定すんちゃうんかな〜
歴史のある組織って順応しながら維持するのが第一目標だと思うんやけどねw
トム・ハンクスも要るんか要らんのか良く分からんし
犯人は目的を果たす事より、ゲームをしてる様にしか見えんよね
で、中盤以降怪しいのが死んでもて、消去法とキャスティングでネタバレw
結局、謎解きやなくてアクション作品やった。

どう考えても原作は謎解きサスペンスでしょ?(笑)
これじゃあ、世のイリュミナーティ達苦笑いしてるんやろうな〜
問題は組織を支援してるバックやと思うんやけど、一切触れてないねw
結局はヴァチカン引っ張り出して来ておきながら、裏事情は皆無
犯人は教皇に成りたかったんかな?、それなら諸々無理から納得やけどw
何か歴史的背景が一切語られへんし、只のテロリストにしか見えんかった
コンクラーベのシーンも宗教家というより企業の会合みたいやったしw
だから、これ見よがしのラストのテロップなんかな。(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジャック・バウアーばりの活躍ネタバレ

投稿日:2009/11/03 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

全編を貫くテーマは「科学対宗教」です。16世紀から存在する科学者の秘密結社「イルミナティ」が、カトリック教会に弾圧された中世の恨みを晴らそうと、その総本山バチカンに「反物質」と呼ばれる核兵器並の爆発物を仕掛ける。。。といった筋書き。
今回の敵は、400年前からカトリックと対立してきた科学者の秘密結社、イルミナティ。
コンクラーベ(教皇選挙)の日に、枢機卿を誘拐し、バチカン爆破を予定してきて、ラングドン(T・ハンクス)は、タイムリミットの深夜0時までに、暗号を解き、バチカンを救えるのか?という話です。

今回ラングドン要求されるのは、頭脳と共に体力です。次期教皇を選ぶコンクラーベの日に次々に起こる暗殺を阻止せねばならない訳ですから。
タイムリミットは24時間。時間と戦いながら、一瞬にして謎解きを解決をし、時に窒息しそうな大奮闘でローマ市内を駆け巡る。なので、ローマの名所旧跡を巡り、観光気分にも浸れます。
謎解きをするというモチーフを残しつつも、その実は、ジェットコースターに乗っているが如くアクション映画にしたことで、話は超スピードで進みます。
そのためか、難解な符合が示されても、彼はあっという間にその意味を理解して次へ進むのに、見ているこちらとしては、理解するのに、時間がかかり、やや置いてきぼりをくらってしまった感もありです。主人公が披露する薀蓄に耳を傾け、じっくり味わう余裕がないのがちょっと残念です。

カギを握るのはカメルレンゴ、法王代行のユアン・マクレガーが聖職者なのに、軍隊経験ありという意表もついていました。彼は複雑で強烈な人物だったのですね。中々盛り上げてくれました。
映画のラストに「宗教には欠点があるが、それは人間に欠点があるからだ」という言葉が印象深かったです。



このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オモロない

投稿日:2010/02/03 レビュアー:ホヨマックス

映画館で観たウチの社長によれば つまんない との事。
あのザビッチコートと同類のつまんなさ との事。

だから、借りる必要は無い って事!

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

それなりの出来(褒めてます)ネタバレ

投稿日:2010/03/09 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ダン・ブラウン原作のラングドン教授シリーズの映画化第二弾。
あくまで映画と前置きしたのは原作では順番が逆。
まるでダヴィンチコードの続きのようなセリフもでてきたけど、原作では
「天使と悪魔」⇒「ダ・ヴィンチ・コード」だ。
ちなみに第三弾の「ロスト・シンボル」も映画化が決定しているそうだ。

ダン・ブラウンは大好きな作家でもちろん「天使と悪魔」も原作を読んでいる。
「ダ・ヴィンチ・コード」同様に原作のほうが断然面白いという声が聞こえて
きそうだが、映画としてはよく出来ていると思う。
これは「ダ・ヴィンチ・コード」の時とよく似た感想だ。
もちろん原作を十分に描ききれてはいないのだけど、不満な出来ではない。
ダン・ブラウンの作品を十分描ききるにはた「24」ぐらいの長さが必要だ。
実際描かれている時間も24時間ぐらいのものだろう。

ほとんど前振りなく事件に巻き込まれたラングドン教授。
原作では誘拐された4人の枢機卿と反物質の捜索がからみあってスリリング
に展開していくが、反物質の捜索は枢機卿捜索の延長として扱われ、反物質
を映した映像もあまり使われていない。この緊張感がやや希薄。
さらには、終盤に一気に加速していきどんでん返しのように作られていたカメル
レンゴとリヒターだが、最初から登場も多くふたりとも怪しかったりそうでもなか
ったりと二転三転する。言葉悪くいってしまうと薄い創りともいえるのだが、
「ダ・ヴィンチ・コード」と同じく原作を逸脱はしていない。
ぶち壊すような演出もない。
そういった意味では原作ファンとしても十分に楽しめる作品といえる。

背景が好きでなければとっつきにいくい気もするが、「ダ・ヴィンチ・コード」
よりもアクション性が高まった分わかりやすかったのではないだろうか。
数珠繋ぎのようなラングドン教授の知識と推理はある程度堪能できた。
「ロスト・シンボル」の映画化が待ち通しい。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全204件

天使と悪魔