幸せになるための10のバイブル

幸せになるための10のバイブルの画像・ジャケット写真
幸せになるための10のバイブル / アダム・ブロディ
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
ジャンル:

「幸せになるための10のバイブル」 の解説・あらすじ・ストーリー

『ナイト・ミュージアム』のポール・ラッドがプロデュースする爆笑コメディ。スカイダイビング中に落下して地面に埋まってしまった男や、腹話術の人形に本気で恋をしてしまう女など、“モーセの十戒”に基づいた10の爆笑ストーリーを楽しめる。

「幸せになるための10のバイブル」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THE TEN

「幸せになるための10のバイブル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

幸せになるための10のバイブルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ENBR1007 2009年09月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

予感的中ネタバレ

投稿日:2009/09/24 レビュアー:しの吉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジェシカ・アルバやウィノナ・ライダーが出演しているのに日本で劇場公開されなかったということは、あまり面白くない映画なんだろうか・・・予感は的中しました。
最後まで見るのが苦痛なくらい、つまらない映画でした。
翻訳者の方のせいではなく、もともとこの手のコメディは日本人には理解しにくいのでしょう。
ジェシカ・アルバにつられて借りたのですが、ジェシカじゃなくてもいいような役で、なぜこんな作品に出演したのか、疑問が残ります。
借りて損した気分になる作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親父の琴線を・・・(^^)

投稿日:2009/10/08 レビュアー:釣り親父

ジェシカ・アルバ・・・(^^)
最近あまり作品に恵まれないですねぇ・・・
このままだと、微妙な感じですが、大丈夫かな?
アンジェに次ぐ「お好み女優」ジャシカちゃんのファンとしては心配ですねぇ。
そんなわけで、彼女の出ている作品はすべて見ることにしています。
本作も、面白くはないだろうと思いながら観ましたが、やはり予想どおり、ちっとも笑えませんでした。(TT)
この感覚でアメリカ人って笑うのだろうか???
国民性・感性が違うのか、民度が低いのか(どこかの政治家みたい)
そんな疑問が浮かびながら、観ましたが。
やはり日本人の私には合わないですね。
お目当てのジャシカちゃんだけが、救いかな?(笑)
彼女が恋人に言い寄るシーンなんか、羨ましい限り・・・
おいおい、そんないい加減で、ダサい男を好きになるなよ〜〜〜
って、忠告したい気持ちになりながら、「ああ、彼女が私の胸にすがり付いてくれたらどれだけ幸せだろうか・・」
なんてつい、思ってしまいました。
(^^)
まあ、ダサい親父のささやかな「夢」ですね・・・
ジャシカちゃんのファンの人はどうぞ。(^^)
可愛いよ〜〜〜〜〜!!!



このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ひとつのストーリーを観てやめた・・・

投稿日:2010/01/19 レビュアー:柊子

ひとつ観て、「もういいや」って思っちゃった。
いったい何を表現したかったのか、、、おもしろくなかった。
ホントにくだらないというか・・・微妙な空気が^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

文化の差?

投稿日:2009/10/14 レビュアー:katy

日本人の私には全く爆笑コメディだとは思えませんでした。
10ある話はすべてオチがありません。
これも私が大阪人のせいでしょうか。

いや、きっと日本とアメリカの文化の違いだと思います。
アメリカの映画館ではきっとポップコーン片手に大爆笑なんだとは思います。
実際、私が米国の映画館で映画を見た時は
一斉に大笑い、ものすごい野次、歓声でこっちがびっくりする、
ポップコーンだらけ…
きっときっとこの作品は日本以外の西洋では
大歓声なんでしょう。

個人的にエッチな話は好きですが
全体的に下ネタが多く、恥ずかくなります。
MCも嫁への愚痴だらけで
その嫁もすさまじく怖く見るに堪えません。

日本劇場未公開で本当に正解。
赤字になっていたことでしょう。

素晴らしい作品が多いアメリカの映画にあって
なぜお金をかけてこのような作品が誕生したのか。

と私としてはこんな感想ですが
どこが魅力かぜひとも教えて欲しいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

遠い目…

投稿日:2012/07/16 レビュアー:UCO

「ラブ・アクチュアリー」という傑作がある。
何組かのカップルやら親子やらがいろんな人生を歩む中、その一つ一つをアンサンブルのように積み上げて出来上がる一つの作品。「ラブ・アクチュアリー」があまりにもよくて、それに形を似せた作品をその後多く見るようになったけど、どれもこれも失敗だと思う。今回もその典型じゃないだろうか。一人でもファンの俳優さんがいれば目当てで見るかもしれないけど…ちょっとこれは厳しいなあ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

幸せになるための10のバイブル

月額課金で借りる

都度課金で借りる