白い春

白い春の画像・ジャケット写真
白い春 / 阿部寛
全体の平均評価点:
(5点満点)

13

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「白い春」 の解説・あらすじ・ストーリー

阿部寛主演、尾崎将也脚本によるヒューマンドラマ第3巻。さちが自分の娘であると確信した春男は、そのことを隠していた康史に腹を立て、殴り掛かる。しかし、康史に「人を殺した手でさちに触るな」と言われてしまい…。第5話と第6話を収録。

「白い春」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「白い春」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

白い春のシリーズ商品


1〜 6件 / 全6件

白い春 1

  • 旧作

阿部寛主演、尾崎将也脚本によるヒューマンドラマ第1巻。9年の刑期を終え刑務所を出所した春男。その足で定食屋に入った彼は、ふとした隙に金を盗まれてしまう。仕方なく店を逃げ出した彼は、ある女性との過去を思い出していた。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE73392 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 2人 1人

白い春 2

  • 旧作

阿部寛主演、尾崎将也脚本によるヒューマンドラマ第2巻。さちの持っていた写真が飛ばされ、木に引っ掛かってしまう。泣きながら帰る彼女を見つけた春男が写真を取ってやると、そこには彼が昔付き合っていた真理子が写っていて…。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE73393 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 1人

白い春 3

  • 旧作

阿部寛主演、尾崎将也脚本によるヒューマンドラマ第3巻。さちが自分の娘であると確信した春男は、そのことを隠していた康史に腹を立て、殴り掛かる。しかし、康史に「人を殺した手でさちに触るな」と言われてしまい…。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE73394 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

白い春 4

  • 旧作

阿部寛主演、尾崎将也脚本によるヒューマンドラマ第4巻。康史と佳奈子が病院に向かった直後、さちが学校を早退して帰って来る。それを知った春男は心配でならず、さちの自宅である2階に上がってしまい、あれこれと世話を焼く。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE73395 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

白い春 5

  • 旧作

阿部寛主演、尾崎将也脚本によるヒューマンドラマ第5巻。刑務所を出所した主人公・春男は、ひょんなことから出会った少女・さちが昔付き合っていた女性・真理子との子供であることを知る。しかし、さちには“父親”がいて…。第9話と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
90分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE73396 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 1人 0人

白い春 6

  • 旧作

阿部寛主演、尾崎将也脚本によるヒューマンドラマ第6巻。殺人罪で9年間刑務所にいた元ヤクザ・春男と、彼が自分の娘とは知らずに出会ってしまった少女・さちとの不器用ながらも心温まる触れ合いを描く。共演に大橋のぞみほか。最終第11話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
45分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBE73397 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 1人

1〜 6件 / 全6件

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

38pts. 【出演】大橋のぞみネタバレ

投稿日:2009/10/08 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

阿部寛と大橋のぞみの共演で、親子愛について描く。

ちんぴらだった男が、愛する人の病気の治療費のため、
敵方のやくさの親分を殺害して、服役する。

9年後、釈放された彼は、愛する人の消息を訪ねるが、
死亡していたことを知らされる。
自分が罪を犯したことに意味があったのか。。。
自問し、うなだれる彼を、怖がらずに近寄る少女がいた。

という感じで、スタートは悪くなかったのだが、
見え見えの親子関係に、
仰々しく、こんな事実がっぽい流れになり、
テンポも、とても悪く、正直、よかったのは1回目だけというドラマだった。

根本的に、
なぜ、大橋のぞみが、怖がらずに、
いかにもやくざな、阿部寛に近づいたのか、
まったく説明がない。
それは、親子だから。。。
ということなんだろうけど、、
それだけじゃねぇ。。。

ま、それは、一億歩ゆずって、OKとしても、
大橋のぞみの家、パン屋が、
阿部寛を雇うことになるのだが、
殺人を犯し、誤解から、嫌がらせまでしていた男を、
雇う理由が、まったくわからない。

親子については、吉高の親を出して、
そちらは、親子関係に気づかない親という設定にして、
帳尻を合わせたり、
パン屋に雇う件も、白石に反対させて、
帳尻を合わせようとしているのかもしれないが、
まったく意味不明。

なんか、もうちょっと、テンポ良く、
こういうあほな展開を入れなければ、そこそこなドラマになった気がするね。

大橋のぞみに関しては、
こういうドラマの主要登場人物としては、初かなと思うけど、
ま、いまいちかなぁ。。。
ところどころ、いい演技もあるので、合格点とは思うけど、
他にも、これぐらいできる子、いそうだよね。。。
でも、同じぐらいなら、ネームバリューがある、
彼女の方を抜擢する方が、プロデューサーとしては、いいわけで、
そういう意味では、OKかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

号泣したし・・・★★★★★★★★

投稿日:2009/11/07 レビュアー:SNOW

全巻観た感想。

やられたぁ〜
親子モンだし、泣かせるドラマって前置きあるし、
当然、覚悟して観たんだけど、
思惑通り、泣かせて頂きました。

阿部寛と遠藤憲一、このキャスティング、誰が考えたんでしょう。

ドラマって、ある意味、キャスティングで良し悪しが決定しちゃうから、人気のある俳優を使えばイイってモンじゃない。

アイドル系を使って、視聴率を稼ごうって魂胆には
もう飽き飽きしてて、ちゃんと演技で見せるドラマじゃなきゃ
毎週観たいと思えない。

だから、最近は、評判を聞いて、DVDで一気に観る。

そういう意味では、このドラマ、毎週でも飽きないだろうな。

ちょっと泣いてみるか、って気分の時にはお勧めデス。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

“ガマン”

投稿日:2010/03/16 レビュアー:Kavi

日本のドラマは、ほとんど見ない。
でも、遠藤憲一が出てるから、ガマンして見ました。
“ガマン”です。

残念ながら、遠藤さんの良さは今ひとつだったかと。
阿部さんばっかりが立って、遠藤さん引き立たなかった。

のぞみちゃんは、可愛かったけど、
全然うるうるこなかった。
だって、最後、卑怯だもん。
3話目ぐらいから、この物語の着地は見えてたけど、
やっぱりなぁ〜〜って。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何も持たない男ネタバレ

投稿日:2009/08/02 レビュアー:ナビ助

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

愛する女のため人を殺めた元ヤクザ。
金も無く、行く宛ても無い彼はかつて愛した女の死と彼女に託した
金がいつの間にか消えていることを知る。
そして自分の血を引く幼い少女の存在までも。。。

その少女の育ての親が金を着服したと思い込んだ主人公はその男の
営むパン屋に嫌がらせに行くうちに、店の裏方として雇われること
になる。
雇い入れの条件は「娘に実の親であることを打ち明けないこと」

生みの親と育ての親、ともに思い描くのは「娘の幸せ」
阿部の演じる春男はひねくれ者で無愛想。
遠藤の役どころは無宿者の実の父親から必死に娘を遠ざけようと
いつも目を三角にしている小心もん。
大橋のぞみは無邪気で元気な子。そのまんまですね。

後に大きな役割を担う脇役で吉高由里子も出ています。
ここんとことことん地味な役が多い阿部ちゃん。
でも、いい味出してます。

対する遠藤憲一さんも深夜TV「ドラマ「湯けむりスナイパー」の
従業員役でいい味出してました。
共通点は「無口で不器用な生き方」
高倉健さんみたいな渋いのとは真逆なんですけど。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★「動物と子役には勝てない」

投稿日:2011/08/09 レビュアー:ザ★ウォーカー

阿部チャン&エンケンが上手いのはもちろんだけど…「動物と子役には勝てない」という定説通り、このドラマも、大橋のぞみちゃんが、やっぱり泣かせるんだよな〜♪

…ただこのドラマも、ラストがねぇ〜。オヤジはとにかく最近のドラマのラストに関しては、正直?がついてしまう。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全13件

白い春

月額課金で借りる

都度課金で借りる