007/ムーンレイカー

007/ムーンレイカーの画像・ジャケット写真
007/ムーンレイカー / ロジャー・ムーア
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

21

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「007/ムーンレイカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

イギリスへ輸送中の、アメリカのスペース・シャトル、ムーンレイカーが何者かによって奪われた。事件の調査に乗り出したボンドは、背後に、人類抹殺を計画する組織があることを突き止める……。前作でも登場した、鋼鉄の歯を持つ殺し屋ジョーズが不死身の大活躍をみせる。主題歌シャーリー・バッシー。 JAN:9999202330457

「007/ムーンレイカー」 の作品情報

製作年: 1979年
原題: MOONRAKER

「007/ムーンレイカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

007/ムーンレイカーのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

007/ムーンレイカー 特別編

  • 旧作

イギリスへ輸送中の、アメリカのスペース・シャトル、ムーンレイカーが何者かによって奪われた。事件の調査に乗り出したボンドは、背後に、人類抹殺を計画する組織があることを突き止める……。前作でも登場した、鋼鉄の歯を持つ殺し屋ジョーズが不死身の大活躍をみせる。主題歌シャーリー・バッシー。

収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GXBR16203 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

007/ムーンレイカー デジタルリマスター・バージョン

  • 旧作

007シリーズの第11作。スペースシャトル“ムーンレイカー”が盗まれるという事件の調査に当たったボンドは、ムーンレイカーを開発した科学者・ドラックスの恐るべき企みを知る。音声・映像共にグレードアップしたデジタルリマスター・バージョン。

収録時間: 字幕: 音声:
127分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//英語
3:ドルビーデジタル//英語
4:ドルビーデジタル//日本語
5:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MGBR29256 2006年11月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
5枚 2人 2人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】007/ムーンレイカー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
127分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MGXR29256*B 2009年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全21件

時代背景が色濃く反映されてるが・・・ネタバレ

投稿日:2006/11/26 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

007/全作マラソン・レビュー、第11作目。いよいよ問題の作品に突入した(笑)。前作で賭けに勝ったAlbert R. Broccoliは、勢いを増して当時ムーブメントだった「スター・ウォーズ」を今で言うインスパイア(笑)して本作を制作。もはや原作と掛け離れてるのは毎度お馴染みで、原作ファンは離れる一方だ・・・。因みに本作から製作にMichael G. Wilsonが参加、法律と会計が専門の彼が後に本シリーズを支えるキー・パーソンと成る。本作の評価が悪いのは荒唐無稽が過ぎた事もあるが、ボンドの描き方が再び「ドリフ」に成ってきた事に尽きるだろう。この周期は今後も繰り返される訳だが、漫画チックもやり過ぎは良くないぞ、と思う。少し前のレビューで、007はファンタジーと書いたが本作は「アホ」一歩手前の脚本が不味い訳で、演出としての完成度は娯楽性が高いだけに残念だ。Michel Lonsdaleの「セコイ」悪役ぶりも悪くないし、Lois ChilesとCorinne Clery!のボンド・ガールもシリーズ屈指だと思うのだが・・・、なぜか評価は低い。まあ「おいおい、ボンドが宇宙に逝っちゃうのかよ」で全てが台無し。再登板のジョーズことRichard Kielも最後は友達になっちゃう展開も×でしょう。前作で素晴らしい脚本を書いたChristopher Woodが、2度と起用される事なく去っていったのも当然。日米双方で大ヒットしたにも関わらず、後世の評価は厳しいのだった。しかし良い点としては、初めてスペース・シャトルが登場した大作でもあり、評価の低い視覚効果も実は「サンダーバード」の影の生みの親とも言えるDerek Meddingsが担当、本作では残念ながらOscar視覚効果賞はノミニーで終わったが、それも同年に、あの「エイリアン」が有ったから。彼は後に「バットマン」のバット・モビールでもいい仕事をしてる。個人的に好きな主題歌は3度目の登板で最後となるShirley Bassey、オープニングは「しっとり」と。エンディングは、これまた流行のディスコ風味と楽しませてくれる。本作は興行的には成功でも、作品の質は大幅に低下した。それに気づいて修正できるから「こそ」の本シリーズだが、再び原点回帰は成功するのか・・・。

007マニアならご存知の通り、エンド・ロールで次の作品が「しっかり」案内される(この頃までは)。前作の「私を愛したスパイ」では次の「ユア・アイズ・オンリー」がアナウンスされていた。この順番が「もし」逆だったら、どうなってたか判らないほど質の違う作品ですが・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 24人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

SFチックな007

投稿日:2008/07/30 レビュアー:ムーミンママ

007シリーズはそんなに見たことがありません。
多分、今までに3,4本かなぁ。
なんだかたくさんありすぎて、手が伸びないというか・・・

この「ムーンレイカー」も夏休みでなかなか映画を見る
時間が作れない中で、HDDに撮りためた中から
お手軽に見られる’午後のロードショー’だったから
選んだ1作なんですね。
ゆっくりと時間が取れないときには、ホント便利なんです。

007シリーズの真のファンの方にはあまり評価されないかもしれませんが、笑えるアクションエンターテイメントムービーとしては
まぁ結構いいんじゃないでしょうか?
ただ、当時はきっとスターウォーズのパクリだとか
きっといろいろ言われたんじゃないかと思えるSFチックなノリ。
今見るから笑えるっていうのもあるかもしれませんね。

いつでもどこでも、どんな時でも、すぐにお色気シーン(そう呼びたくなります)になってしまうのは、やっぱり笑えます。
そんなにドギツイお色気シーンではないので、なんとか子供と
一緒に見ても大丈夫かな?
小2の次男が’あの人、変なところで変なことしてる!そんな場合じゃないでしょう!!’ってちょっと恥ずかしそうに笑ってました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

鉄腕アトム並みの未来図ネタバレ

投稿日:2008/08/15 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いやいや、今回の007はすごい。全編通してこれでもか!これでもか!と未来
的なシーンのオンパレード。つかみは空中戦(といっても生身です!)。ヴェニス
のゴンドラでのバトルはゴンドラがモーターボードに早代わりし、さらにはホバー
クラフトになり地上を走ってしまう。それからロープウェイバトル。これもかなり笑え
る映像もあるが真剣に作っているところがまたなんともいえない。更には、ジョー
ズに彼女ができるというオマケまでついている。

お次はアマゾンの奥でのボートバトル。火気満載のボートで追尾式の爆弾まで
発射!!最後に滝に追い込まれてのピンチはハングライダーでの脱出。
とにかくバトルと仕掛け満載。

極めつけは宇宙ステーションでの戦い。スペースシャトルをうちあげまくり、宇宙
ステーションに人類再生をもくろむやつらが集結し、地球に向け細菌をばらまく
計画。宇宙空間ではキャプテンウルトラ(古い(笑))ばりのバトルが繰り広げられ
007の活躍でなんとか阻止するという壮大な展開。

とにかくバトルだらけ、研究所が開発する新型武器も当然あり、宇宙を舞台にした
夢のような展開。公開時期を考えると007って本当にすごいかもしれない。
笑っちゃうような映像もたくさんあるけど、これは致し方ないというよりは、この時期
なんだから凄いといわざるえないのでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

完見度:最後まで

投稿日:2004/02/02 レビュアー:aiai

007シリーズのお約束として、度肝を抜く(笑)ファーストシーンがありますです。本作品を初めて見た時、どうやって撮影したんだろうって真剣に考えました。このシーンは後に、シュワちゃんの「イレイザー」など、他のアクションものにちょこちょこ取り入れられているようです。まあ、ムーンレイカーという題からして、おして知るべしで、この次の作品はどこに行くんだろうと心配なぞしたもんです。
ところでジョーズ(鮫じゃなくてね笑)さん、今何やってんでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アクション、成長期♪

投稿日:2013/09/20 レビュアー:パンケーキレンズ

当時のSFブームに乗っかっての、シリーズ11作目♪

ボンドがとうとう宇宙に進出です!

ここまで順番で観てきて思いました!
007の歴史=アクション映画の歴史、でもあるんですね
(気付くのが遅いっ!!www)

冒頭の、空中パラシュートアクションや
途中の、ロープウェイでのシークエンスなど
今回は特に、空(宙)でのアクションが目玉♪
その他、定番となったボートでのチェイスなど
空中と水中に於ける、所狭しの見所満載!

アクション成長期ともいえる、技術の飛躍的な進歩が
素人の私にも一目瞭然♪

そのかわりっ!

ストーリー自体は、なんのこっちゃないんですよねwww
美女をとっかえひっかえ、世界旅行
ついでに、消えたムーンレイカーの情報を、ちと集め・・・みたいな(笑)

内容物の軽量化が、ハンパないです♪

そこに、神出鬼没の大男ジョーズ

前作に続いて出演の、この敵役
この作品は、彼のスピンオフ的な役割とでも言えそうな内容
銀歯がとてつもなくキモチワルかった大男も
終盤ともなれば愛着が湧いてくるから、脚本の妙ですな〜

殺しのライセンスを持った007
スコープを覗く標的に、銃を打ち込む、お馴染みの冒頭ガンバレルシークエンス
なのに、今回、一発も銃を撃ってなかったような・・・
クライマックスの、スペースシャトルからの攻撃も
まるでTVゲームのようで、ラストの割には地味でしたw

まぁ、お決まりの(下)ネタで着地♪

ソッチの任務に精力的なボンドに、しびれを切らしたようなラストのM
残念なことに、それが最後のシーンとなってしまいました・・・

M役のバーナード・リー、長い間お疲れ様でした・・・

そして
マネーペニー、老けてた・・・(なんで最後にそれを言うっ!)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全21件

007/ムーンレイカー