1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. 007/ユア・アイズ・オンリー

007/ユア・アイズ・オンリー

007/ユア・アイズ・オンリーの画像・ジャケット写真

007/ユア・アイズ・オンリー / ロジャー・ムーア
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

ジャンル :

「007/ユア・アイズ・オンリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

ギリシャ沖で遭難した英監視船には、東西均衡のバランスをも崩しかねないミサイル誘導装置ATACが積載されていた。引き上げの作業にあたっていた海洋考古学者が何者かに殺害されるに至り、ジェームズ・ボンドに出動の命が下った。主題歌シーナ・イーストン。 JAN:4988142301581

「007/ユア・アイズ・オンリー」 の作品情報

作品情報

製作年:

1981年

原題:

FOR YOUR EYES ONLY

「007/ユア・アイズ・オンリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

007/トゥモロー・ネバー・ダイ

007/美しき獲物たち

ブランク・ジェネレーション

007/死ぬのは奴らだ

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

果たされた原点回帰 ネタバレ

投稿日:2006/11/26 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

007/全作マラソン・レビュー、第12作目。大ヒットしたものの、前作でどうしょうも無いほどSF化した本シリーズを軌道修正すべく、様々な点に手を加えた。まずこれまで第二班(アクション)監督だったJohn Glenが監督に昇格。脚本はRichard Maibaumが復帰。極めつけは音楽監督に「ロッキー」のBill Contiを起用。秘密兵器の出番を極力抑え、生身の人間によるアクションを陸・海・空に渡って展開する、敢て此れまで築いてきたボンド像を打ち破る物語が秀逸だ。因みに原題は「閲覧のみ」と言う意味で、これは原作の「読後焼却すべし」へ転じる語呂合わせな意味合い、それでもなんとか原作との接点は維持している。本作では荒唐無稽な物語を排除し、むしろ今で言うなら「癒し系」な面白さがある。ボンド・ガールにソルボンヌ大学哲学科卒のフランス人Carole Bouquet抜擢、彼女は本作がデビューと言う訳ではないが、この後本格派として活躍し「美しすぎて」でセザール賞を獲得し、「シャネルNo.5」の専属モデルとしても有名。因みにご主人は「ヴィドック」のGerard Depardieuです。本作は彼女の清楚な魅力と、Roger Mooreの持つ甘い雰囲気が見事に調和して大人の鑑賞に耐えうる物語になっている。確かにスパイ映画としては地味かもしれないが、アクション映画として見た場合、とても洗礼された点は改めて見ても面白い。前作で独り舞台だったロータス・エスプリが一瞬で消えたり、アバン・タイトルでプロフェルドを抹殺するなど、過去の栄光を棄てるスタッフの心意気を感じました。出てくる悪役もなぜか憎めず、特にミロス・コロンボ役のTopolは印象的なキャラクターだったし、チラッと出てくるCassandra Harrisは後に指名を受けるPierce Brosnanの奥さんだ。正統派のアクションとロマンスに異国情緒を満喫できる「大人の007」。私的にはRoger Mooreの中でもベスト。トータルで見ても上位にくる傑作だと思います。本シリーズの良さは、こうしてダメだったら次作でしっかり軌道修正出来る所、プロデューサーAlbert R. Broccoliはやはり偉大だと思う。この勢いで次作も行きたかった訳だが・・・。

忘れちゃいけないSheena Eastonの主題歌、これも癒し系ですね。シリーズで唯一、登場しながら歌うタイトル・バックは反則気味ですが、その美しさに納得です。

このレビューは気に入りましたか? 25人の会員が気に入ったと投稿しています

長いことシリーズでやっていると。。。 ネタバレ

投稿日:2008/08/24 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いよいよ80年代に突入。本作は81年制作。81年といえば他に名作「郵便配達
は二度ベルを鳴らす」や「マッドマックス2」も公開されており、あの「インディ・ジョ
ーンズ」の第一作が公開されたのもこの年だ。
007シリーズは前作のムーンレイカーがとにかく凄かったので次回作となるこの
ユアアイズオンリーではどうなるのか興味津々。
今回は初期のころの007風。景色がよくて、世界中を旅しているような気にさせて
くれる。スキー場では悶着は前にもあった感じだけど(笑)前回はシャトルを奪った
やつらが敵でしたが今回はミサイル制御を行う装置が奪われたという設定。

全編通してこれまでの寄せ集め感があり、どれもこれもなんだか見たことあるような
印象。長らくシリーズをやっていればこういう作品もあるでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

戦うボンドガール

投稿日:2017/03/26 レビュアー:カマンベール

ボンドガールのキャロル・ブーケが、異色のボンドガールと
聞いていました。
実際に機関銃を担いでましたし、親の仇を殺したり・・・
確かに異色でした。
それにしてもキャロル・ブーケの美しい事!!
彼女よりセクシーなボンドガールは、あまたいますけれど、
美しさと気品では、グレース・ケリーに匹敵するのではないでしょうか?

この作品は1981年作ですが、サッチャー政権時代なのですね。
ラストシーンで、キッチンで旦那さまに夕食を作りながら、
ジェームズ・ホンドに労いの電話をかけます。
ところがボンドはブーケと夜の海に泳ぎに行って留守。
なんと電話を受けてるのは「お喋りするオウムくん」
最高に皮肉で傑作でした。
ソックリさんがサッチャー首相に瓜二つ!!

ハラハラドキドキのシーンはイッパイありましたが、崖っぷちの乗用車を、ボンドが片足で蹴落としたのには仰天しました。

海底に潜るシーンも素敵でしたが、北イタリアのスキーリゾートでの
アクション・シーンは、
ボブスレー・トライアスロン・モトクロス・ジャンプにスキーおまけにアイスホッケーまであって、オリンピックさながらでした。

ロジャー・ムーアのボンドは始めて観ましたが、
ソフトで紳士って感じで、良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

車や装備が古くってかえって新鮮!

投稿日:2009/01/30 レビュアー:ムーミンママ

これもテレビでやっていたから見たんですけど
007って積極的に映画館で見ようとは思わないけれど
テレビで見るとハズレがなくて、どれもある程度のクォリティがある・・・
そんな感じですね。

当時としてはハイテクだったんでしょうが、
パソコンやら機器類の様々な装備がすっかり古臭くなってますね。
それだけ技術の進歩が著しい分野なのですねぇ。

車も今の目で見ると、どれもなんだかショボくって
お世辞にもカッコいいとは言えません。
それでもまぁ、頑張ってカーチェイスとかやってるんですけどね。

でもね、最近のCGたっぷりの映像よりも
意外と面白いと言うか、味があるというか・・・
アクションも手作り感があって、嫌いじゃないですね。

それにしてもジェームズ・ボンドってスキーでもロック・クライミングでも
なんでもプロ級にできちゃうんですね。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

どうでも良いよ、007w ネタバレ

投稿日:2007/05/22 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

嫌いなわけではないんですよ。
暇なときに、ぼーっと見るにはこのシリーズは最適です。

特に
@途中で他にやることが出来そうなとき。
A何か映画を見たいのに、まあ、何でもいいやと思えるとき。
B相当暇なとき。

そんな方にはどうぞ。

私はたまたま上記3つに当たったため、見ることにしました。
もう、テレビで何度か見ているにもかかわらずw

話はミサイル誘導装置をKGBに売り渡す悪党(良い言葉だw)に立ち向かう007の話。

もちろん成功しますw

ロジャームーアーという俳優はヘタですね。
何故ヘタなのか。

@台詞にリアリティーが感じられない。
A台詞の後のリアクションが同じ。
Bしゃれた言葉を言った後のリアクションも同じ。

だから、べたついた演技に見えてしまうのですね。

唯一この映画で賞賛に値するところは、題名でしょうか。

最初、劇中に出てくるときは、YOU are only Eyesを
「読後焼却」と訳されます。「お前しか見るな、極秘事項だ」という意味なのでしょう。

次に出てくるときはボンドガールが裸になるとき。
(もちろん007のお約束で乳首は絶対見せません)

「あなたにしか見せないわよ」

全編にわたって、ギリシャに行きたくなるロケ現場が随所にちりばめられているのは嬉しい限りです。

一つだけロジックに突っ込ませてください!

一階だけ聞いた言葉をオウムが覚えてしゃべるか!

65点。家族でどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全25件

007/ユア・アイズ・オンリー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

果たされた原点回帰

投稿日

2006/11/26

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

007/全作マラソン・レビュー、第12作目。大ヒットしたものの、前作でどうしょうも無いほどSF化した本シリーズを軌道修正すべく、様々な点に手を加えた。まずこれまで第二班(アクション)監督だったJohn Glenが監督に昇格。脚本はRichard Maibaumが復帰。極めつけは音楽監督に「ロッキー」のBill Contiを起用。秘密兵器の出番を極力抑え、生身の人間によるアクションを陸・海・空に渡って展開する、敢て此れまで築いてきたボンド像を打ち破る物語が秀逸だ。因みに原題は「閲覧のみ」と言う意味で、これは原作の「読後焼却すべし」へ転じる語呂合わせな意味合い、それでもなんとか原作との接点は維持している。本作では荒唐無稽な物語を排除し、むしろ今で言うなら「癒し系」な面白さがある。ボンド・ガールにソルボンヌ大学哲学科卒のフランス人Carole Bouquet抜擢、彼女は本作がデビューと言う訳ではないが、この後本格派として活躍し「美しすぎて」でセザール賞を獲得し、「シャネルNo.5」の専属モデルとしても有名。因みにご主人は「ヴィドック」のGerard Depardieuです。本作は彼女の清楚な魅力と、Roger Mooreの持つ甘い雰囲気が見事に調和して大人の鑑賞に耐えうる物語になっている。確かにスパイ映画としては地味かもしれないが、アクション映画として見た場合、とても洗礼された点は改めて見ても面白い。前作で独り舞台だったロータス・エスプリが一瞬で消えたり、アバン・タイトルでプロフェルドを抹殺するなど、過去の栄光を棄てるスタッフの心意気を感じました。出てくる悪役もなぜか憎めず、特にミロス・コロンボ役のTopolは印象的なキャラクターだったし、チラッと出てくるCassandra Harrisは後に指名を受けるPierce Brosnanの奥さんだ。正統派のアクションとロマンスに異国情緒を満喫できる「大人の007」。私的にはRoger Mooreの中でもベスト。トータルで見ても上位にくる傑作だと思います。本シリーズの良さは、こうしてダメだったら次作でしっかり軌道修正出来る所、プロデューサーAlbert R. Broccoliはやはり偉大だと思う。この勢いで次作も行きたかった訳だが・・・。

忘れちゃいけないSheena Eastonの主題歌、これも癒し系ですね。シリーズで唯一、登場しながら歌うタイトル・バックは反則気味ですが、その美しさに納得です。

長いことシリーズでやっていると。。。

投稿日

2008/08/24

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いよいよ80年代に突入。本作は81年制作。81年といえば他に名作「郵便配達
は二度ベルを鳴らす」や「マッドマックス2」も公開されており、あの「インディ・ジョ
ーンズ」の第一作が公開されたのもこの年だ。
007シリーズは前作のムーンレイカーがとにかく凄かったので次回作となるこの
ユアアイズオンリーではどうなるのか興味津々。
今回は初期のころの007風。景色がよくて、世界中を旅しているような気にさせて
くれる。スキー場では悶着は前にもあった感じだけど(笑)前回はシャトルを奪った
やつらが敵でしたが今回はミサイル制御を行う装置が奪われたという設定。

全編通してこれまでの寄せ集め感があり、どれもこれもなんだか見たことあるような
印象。長らくシリーズをやっていればこういう作品もあるでしょう。

戦うボンドガール

投稿日

2017/03/26

レビュアー

カマンベール

ボンドガールのキャロル・ブーケが、異色のボンドガールと
聞いていました。
実際に機関銃を担いでましたし、親の仇を殺したり・・・
確かに異色でした。
それにしてもキャロル・ブーケの美しい事!!
彼女よりセクシーなボンドガールは、あまたいますけれど、
美しさと気品では、グレース・ケリーに匹敵するのではないでしょうか?

この作品は1981年作ですが、サッチャー政権時代なのですね。
ラストシーンで、キッチンで旦那さまに夕食を作りながら、
ジェームズ・ホンドに労いの電話をかけます。
ところがボンドはブーケと夜の海に泳ぎに行って留守。
なんと電話を受けてるのは「お喋りするオウムくん」
最高に皮肉で傑作でした。
ソックリさんがサッチャー首相に瓜二つ!!

ハラハラドキドキのシーンはイッパイありましたが、崖っぷちの乗用車を、ボンドが片足で蹴落としたのには仰天しました。

海底に潜るシーンも素敵でしたが、北イタリアのスキーリゾートでの
アクション・シーンは、
ボブスレー・トライアスロン・モトクロス・ジャンプにスキーおまけにアイスホッケーまであって、オリンピックさながらでした。

ロジャー・ムーアのボンドは始めて観ましたが、
ソフトで紳士って感じで、良かったです。

車や装備が古くってかえって新鮮!

投稿日

2009/01/30

レビュアー

ムーミンママ

これもテレビでやっていたから見たんですけど
007って積極的に映画館で見ようとは思わないけれど
テレビで見るとハズレがなくて、どれもある程度のクォリティがある・・・
そんな感じですね。

当時としてはハイテクだったんでしょうが、
パソコンやら機器類の様々な装備がすっかり古臭くなってますね。
それだけ技術の進歩が著しい分野なのですねぇ。

車も今の目で見ると、どれもなんだかショボくって
お世辞にもカッコいいとは言えません。
それでもまぁ、頑張ってカーチェイスとかやってるんですけどね。

でもね、最近のCGたっぷりの映像よりも
意外と面白いと言うか、味があるというか・・・
アクションも手作り感があって、嫌いじゃないですね。

それにしてもジェームズ・ボンドってスキーでもロック・クライミングでも
なんでもプロ級にできちゃうんですね。

どうでも良いよ、007w

投稿日

2007/05/22

レビュアー

ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

嫌いなわけではないんですよ。
暇なときに、ぼーっと見るにはこのシリーズは最適です。

特に
@途中で他にやることが出来そうなとき。
A何か映画を見たいのに、まあ、何でもいいやと思えるとき。
B相当暇なとき。

そんな方にはどうぞ。

私はたまたま上記3つに当たったため、見ることにしました。
もう、テレビで何度か見ているにもかかわらずw

話はミサイル誘導装置をKGBに売り渡す悪党(良い言葉だw)に立ち向かう007の話。

もちろん成功しますw

ロジャームーアーという俳優はヘタですね。
何故ヘタなのか。

@台詞にリアリティーが感じられない。
A台詞の後のリアクションが同じ。
Bしゃれた言葉を言った後のリアクションも同じ。

だから、べたついた演技に見えてしまうのですね。

唯一この映画で賞賛に値するところは、題名でしょうか。

最初、劇中に出てくるときは、YOU are only Eyesを
「読後焼却」と訳されます。「お前しか見るな、極秘事項だ」という意味なのでしょう。

次に出てくるときはボンドガールが裸になるとき。
(もちろん007のお約束で乳首は絶対見せません)

「あなたにしか見せないわよ」

全編にわたって、ギリシャに行きたくなるロケ現場が随所にちりばめられているのは嬉しい限りです。

一つだけロジックに突っ込ませてください!

一階だけ聞いた言葉をオウムが覚えてしゃべるか!

65点。家族でどうぞ。

1〜 5件 / 全25件